ドキュメンタリー映画「パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー<永遠の3秒>」@シネリーブル梅田

c0108673_1234936.jpg


ロベール・ドアノーって、1934年に結婚して以来、モンルージュ(パリ近郊の町)での
暮らしを基盤にしていたのね。

監督がドアノーの孫娘であるクレモンティーヌ・ドルディルということが
功を奏して、信念を貫く写真家としての側面と、家族愛に満ちた
おじいちゃんとしての側面が描かれている。
公私の境目が緩やかに感じたのは、孫目線ゆえかもしれないけれど
いいおじいちゃんだったんやろうな。

代表作「パリ市庁舎前のキス」が偶然のスナップではなく、演劇学生の恋人同士に
モデルになってもらった写真と肯定されていて、小気味良い。
このありふれた奇跡の1枚は、LIFE誌の”フランスの愛〈アムール〉”特集のために
撮影されたそう。
編集室では撮影の経緯など気にも留めず、掲載に至ったのね。
仕事人やな、ドアノー。


パリ近郊で日々の暮らしを精一杯営む市民の暮らしのを切り取った写真や、
著名人をユーモラスに撮った写真だけじゃなく
ヴォーグでのファッション写真やドキュメンタリーフォトなど
こんなのも撮ってはったんやー。や、撮影現場の映像を見て
こんな風にして撮ってはったんやー。など反応する箇所がいくつも。

映画にも出てはった、ドアノーの写真をコレクションしている何必館館長のおかげで
今までに何度かドアノーの作品を目にして来た。
ピカソのパンは、くすっと笑えて印象的だし、暮らす町で撮った日常への磨耗しない愛と
好奇心いっぱいの写真が好き。

c0108673_13285934.jpg

c0108673_14234672.jpg


ルノーで広告写真家→フランス軍に入隊→終戦→フリー写真家・・・。
映画はいくつかの章に分けた構成になっていて、章のはじめに出てくるイラストが
”エスプリ”。

「感嘆する瞬間は、永遠から獲得した数分のうちの1秒。
今まで成功した写真が300枚として、1枚が1/100秒だとすると、50年で3秒。」
って、数字分析が好きな人やったんかな。


トラックバックURL : http://mintjam.exblog.jp/tb/26813008
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mint_jam | 2017-07-12 23:28 | movie | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧