鎌倉紀行>>材木座海岸へ

材木座海岸って不思議な名前。
材木座って何に由来しているんやろ?
座って楽市楽座の座?
由比ヶ浜から歩いたら30分くらいかな。

c0108673_2323497.jpg

c0108673_23232310.jpg

c0108673_23244996.jpg


眺めのいいお店が点在。
c0108673_23263681.jpg

c0108673_23263752.jpg


たばこ向かって左は対面販売、右は自動販売機。
c0108673_23263917.jpg


洗濯屋さん。
c0108673_23291681.jpg


何の提灯?
c0108673_23303638.jpg


c0108673_23303192.jpg

c0108673_2331341.jpg


オイチイチって?
検索したら、惣菜・ビール・ケータリングのお店やった。
c0108673_23332166.jpg


昭和なパン屋さん。
c0108673_23345962.jpg

c0108673_23464988.jpg

c0108673_23353047.jpg


c0108673_23465360.jpg


+++++
材木座wikiより
京都の堀川は平安時代末期より諸国から集まった木材の販売で賑わってきたが、南北朝時代頃より祇園社を本所とする左方・右方の2つの材木座が成立した。彼らは同社の神人の身分を得て丹波国や近江国、美濃国などの周辺の国々や遠く四国方面から入ってきた材木を独占的な販売権を有していた。
一方、奈良郊外の木津にも興福寺の寄人身分を獲得した木守たちが同様の座を組織していた。木津は伊賀国に近く、更に水運を経由して四国方面の材木が入ってきたため、同地を経由して奈良に入る材木を独占的に扱うことが出来た。更に奈良の地でも木津から入ってくる材木を扱う材木座が存在していた。
また、堺や鎌倉などの都市にも材木座が結成された。鎌倉市に現在も残る材木座海岸は鎌倉の材木座とつながりがあったという説がある。
トラックバックURL : http://mintjam.exblog.jp/tb/26814522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mint_jam | 2017-07-14 23:23 | travel | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧