「写真家Robert Frankの魅力とプロジェクトの現代的意味」@ギャラリー島田

2週間前、台風で延期になった、ギャラリー島田の火曜サロン
「写真家Robert Frankの魅力」を再予約。
ロバートフランクの作品展@kiitoに向けての思いを
総合プロデューサー、インディペンデント・キュレーター・林寿美さんから
伺う。

昨年東京藝術大学の敷地にある美術館 陳列館1階、2階で行われた
Robert Frank: Books and Films, 1947-2016を見た林さんは
この感動を神戸でも、と思われたと言う。
展のタイトルは、Robert Frank: Books and Films, 1947-2017 in Kobe」展。
2017年に撮った写真も展示する意味を込めての2017。

この世界巡回展は、ロバート・フランクの写真集「The Americans」を出版している
STEIDL(シュタイデル)社を立ちあげた、世界で一番美しい本を作る男・
ゲルハルト・シュタイデルさんの企画・指揮による展示と
93歳、今尚現役、ロバート・フランクの最新作が早く見たい。

c0108673_23184245.jpg

c0108673_23212272.jpg


ギャラリー島田地下1階では、ミニアチュール神戸展 vol.17 わたしのかふか」
開催中。
元永定正+中辻悦子ご夫妻の愛娘・元永紅子さんのブルー作品。
好みだなぁ。
c0108673_23141179.jpg


偶然現地集合した3人で飲むは、酒肆(しゅし)大関。
ドーハン出勤と思しき男女が会計を終え立ち去った果て。
c0108673_22421589.jpg


とりとめのない、けど、たわいのある話。
有意義というのは大層やけど、こういう時間を大切にしたい。
SNS上のつきあいではなく。
c0108673_025354.jpg

c0108673_03439.jpg


c0108673_2322277.jpg


映画「Don't Blink ロバート・フランクの写した時代」


ドイツの出版社シュタイデルのドキュメンタリー映画「世界一美しい本を作る男」

トラックバックURL : http://mintjam.exblog.jp/tb/26844027
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mint_jam | 2017-07-25 23:59 | art | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧