兵庫県公館

c0108673_23594864.jpg

暑いので、冷を求めて公館に入る。
夏、ここに来ると、万博のカナダ館を思い出す。
それは1970年、暑い夏に並ばず入れた、ガラガラのカナダ館で
心ゆくまで涼んだ記憶が、ひっそりとした公館と連動するからなんだけど。
c0108673_010136.jpg


会議室の奥には、白髪一雄さんの”瑠璃変”。
c0108673_0195793.jpg


随所に絵や書、陶芸などが飾られている。
虫っぽい照明器具と鴨居玲さんの”コメット”。
c0108673_020767.jpg

c0108673_020142.jpg

c0108673_0203625.jpg


県花・ノジギクをイメージした照明器具。
c0108673_020373.jpg

c0108673_0204176.jpg


今年春頃2階で個展を開催していた中辻悦子さんの”残像 ひとのかたち”。
c0108673_020423.jpg


+++++
兵庫県公館は、明治35年(1902)年に兵庫県本庁舎として建設され、
永きにわたり県政の歩みを刻んできた歴史的文化遺産です。
昭和60年(1985)年に、迎賓館と県政資料館を併せ持つ
兵庫県公館として整備されてからは、内外からの賓客の接遇、
県政の重要な会議や式典に利用されるとともに、県政の歩みや
兵庫の姿などを紹介しています。
トラックバックURL : http://mintjam.exblog.jp/tb/26853765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mint_jam | 2017-07-28 23:21 | architecture | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧