榎忠展「拡がる彫刻 熱き男たちによるドローイング」@BBプラザ美術館

c0108673_0381580.jpg


拡がる彫刻 熱き男たちによるドローイング、完結は榎忠さんの作品展。
会場に入るまでの通路で点描ドローイングを見ていると榎忠さんが、
そっとそばに来られた。
私は、「あっ!」と小さくつぶやき、軽く会釈をし、会場に踏み入る。

張り詰めた神聖な空気を感じ、息を飲む。
神聖と感じたのは、いったいどうしてなのか。
初めて見る小さな作品ばかりの忠さんの展示。
受付でいただいたレジュメには鉄の庭、盆栽の間と書かれているが
まるで瀬戸内に浮かぶ諸島のよう。
そしてそれらはすべて無人島。

鉄と向き合う真摯な姿勢の忠さん。
作りたいものを作る自由を守るため、アマチュアでい続ける忠さん。
「ボクはね、美術家と呼ばれているけど、プロじゃないからね。」

偶然から生まれる必然の作品。
やりたいことをやるための生活の糧を得る仕事を持ちながら
制作を続けることは、なんて神々しいのだろう。
73歳にして、かもしだす色っぽさ。
世界の中の、日本の立ち位置への憤りが作品にこもっている。

「ボクはね、人間の持つ”悪”を描きたいんです。」
「鉄はね、何億光年前から核としてこの地球に存在している。
それをね、包丁として使うか、戦争の武器として使うかってことやね。」

「(植松奎二さんもJUN TAMBAさんもメイン会場にドローイングを展示してはったけど
忠さんはそうされていないのですね。」
入り口に展示した絵は20年以上前に描いたものだけど、砂鉄みたいやから
今回出してみたの。」
「砂鉄はね、播州の海岸で取ったの。」
「鉄は地球の核やね。」
「ボクの作品は、立体であり平面であり、なのよ。」


c0108673_0205328.jpg

c0108673_0202067.jpg

c0108673_021043.jpg

c0108673_02119.jpg

c0108673_0211221.jpg

c0108673_0211347.jpg

c0108673_0212255.jpg

c0108673_0212344.jpg

c0108673_0215729.jpg

c0108673_0215848.jpg

c0108673_022099.jpg

c0108673_0222015.jpg

c0108673_0222242.jpg

c0108673_0222443.jpg

トラックバックURL : http://mintjam.exblog.jp/tb/27375947
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mint_jam | 2017-09-06 21:04 | art | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧