2015年 04月 18日 ( 1 )

尼崎市立大庄公民館・・・A面

旧大庄村役場として建てられた尼崎市立大庄公民館での会合のあと
普段は解放していない貴賓室や屋上などを見せていただく機会を得る。

設計は村野藤吾。
村野さんは渡辺節さんのところにいてはって、関西でもたくさん手がけてはるけど
一番有名でお世話になっているのは梅田の一等地にある換気塔やね。

地上3階、地下1階の鉄筋コンクリート造で直方体を組み合わせたアンシンメトリーな前面。
西洋風の塔屋があって、村中に鐘が鳴り響いているのを想像してみる。

c0108673_23571560.jpg


Rを付けた後方。

c0108673_23591235.jpg


公民館長によると「玄関の上にある鳩とオリーブ、側壁にある架空生き物グリフィン
(上半身が鷲、下半身がライオンのレリーフ)は、室戸台風で大きな被害を受けたこの地に
復興の象徴として設計するにあたって思いを現したもの。
洪水にあったノアがオリーブの枝をくわえて飛んできた鳩を見て、水が引いたことを知った、
旧約聖書にあるノアの方舟のお話ね。

c0108673_23574132.jpg


村野設計らしく階段や手すりにもRが使われていて、写欲そそられる〜。

c0108673_23565890.jpg

c0108673_23565699.jpg


迎賓室。

c0108673_23501049.jpg


外壁のレリーフと相対するヒーターのレリーフ。

c0108673_2348281.jpg


意匠的な床貼り。

c0108673_2345773.jpg


当時村野さんは茶室に詳しくなかったため、炉を切っていない迎賓和室。

c0108673_23505344.jpg


暖房のための石炭が置かれていたという地下室。
セントラルヒーティングやってんね。

地下室の天井の明かり取り。

c0108673_23552869.jpg


外から見てみる・・・ふむふむ。

c0108673_23545432.jpg


地下室の壁の明かり取り。

c0108673_23554045.jpg


外から見てみる・・・エッ! あの窓、道路と同じ高さ?!(笑)

c0108673_23471719.jpg


公民館ちっくじゃない照明器具@後で施工したと思われるエレベーターの天井。
(笑)

c0108673_23464288.jpg


「光化学スモッグ」って・・・1階に置かれていたけど、今でも登場する事があるんやろうか?
と、検索したら今でも測定は続けられているようです。
ソラシラナンダ。
光化学スモッグのQ&A@尼崎市

c0108673_05569.jpg


B面に続く・・・。
 
by mint_jam | 2015-04-18 23:16 | architecture | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧