映画「バンコクナイツ」@新開地アートビレッジセンター

c0108673_0562589.jpg


いくつか持ち帰った映画のちらしの中にあった「バンコクナイツ」。
地方から出て来て性を売る若い女の子たちが空虚な族ということで、映画タイトルの
漢字表記が空族(くうぞく)と勘違いしていたけれど、日本の映画制作集団
空族」(くぞく)が作った映画なのね。(^^;

”バンコク”に反応し、タイ東北部〜ラオスオールロケに反応し、
富田克也監督の「日本を考えるには外から見なきゃわかんないこともあるっていうか・・・。
アジアっていう視野に立たないと日本のことが語れないっていうか・・・。」という
言葉に3歩反応しつつも、”タニヤの歓楽街”で2歩下がり、けど、
豊田勇造さんがエンディングテーマ「満月」を演奏しているというので
予備知識なく見る。

ほぼ1年に1度訪れるバンコク。
ここ数年、洒落たレストランカフェやBarで、学歴と年収を兼ね備えた
社会人だけでなく、フツーのタイ人がフツーに飲食を楽しんでいる経済発展
めざましいバンコクを通して、東北出身者が多い東京に思いを馳せる。
けれど、夜のタニヤ通りには行ったことはなく、日本人男性の歓楽街で
過ごすことのない私には、ひな壇で男性客を待つ、
体型抜群のタニヤ嬢を見るのも、簡単にヤクを手に入れているのを見るのも
初めてで、驚きの連続。

日本語の看板がネオンに踊るタニヤ。
「いらっしゃいませー。ここにいるよー。」タニヤ嬢の片言の日本語と
「お金を払ってヤル間は、まだまだですよ。」と宣(のたま)う、
イケテない日本人男の言葉がタイの現実を突きつける。

テーマは“娼婦・楽園・植民地”。
大家族の大黒柱として、タイとラオスの国境の町、ノンカーイからバンコクに
出稼ぎに来た、店”人魚”のナンバー1のタニヤ嬢・ラックと、
アジアでフラフラ気のままに暮らす、元自衛官のオザワの恋愛機微を軸に
話は展開する。
タニヤ嬢と彼女たちをお金で買う日本人男性たち、その背景にあるのは、
ベトナム戦争時、アメリカがタイに米兵の慰安を求めた名残なのね。

元自衛官のオザワと、兵士志望のラックの異父弟の交叉など、大きく
スポットライトが当たらないシーンを思い返す。
素人っぽいセリフの言い回しや編集に興ざめしたり、3時間あるとは知らず、
途中で「まだ終わらへんの?」とダレたけど、タイだけではなく近郊の国にも
入り込んでいて、何度も涙が、じわぁ。
性観光地化されたバンコクの一角を描きながら、実はイサーン地方を、
タイ女性が本来持っていた貞操を、ゴールデントライアングルを、
タイとアメリカの関係を、アジアが負って来た戦争によるキズを描いているところと
エンドロールに流れるメイキングシーンが肝(ちむ)に来る。


劇中に流れるモーラムやルークトゥンの曲が絶品。
地上に出た途端、〜若者はバンコクまで出稼ぎに 娘たちは街に立ち愛を売る〜
西岡恭蔵さんの「コンケーンのおじいさん」がmpodをグルグル。

# by mint_jam | 2017-05-22 21:25 | movie | Trackback

かくたみほ:MOIMOIそばにいる 刊行記念展@iibaGALLERY

c0108673_22325489.jpg


ビジュアル好きが講じてグラフィックの世界に入ったのち、写真家に転身した、
かくたみほさんの写真展。
今回の作品展の撮影地は、ライフワークとして撮り続けているフィンランド。
ロケ仕事をきっかけにライフワークとして訪れた四季折々を見入る、聞き入る。
本物を買って長く使う、中古品を贈り物するような非消費文化と
自然に逆らわない暮らしぶりは魅力的。

愛機:ハッセルブラッドで真四角に切り取ったサーミ族(最北緯度に住むトナカイ放牧民)の
暮らしや、湖水に反射する逆光、夏に出たオーロラが、ツボ。
自分で操作できないものを操作せず撮る快感が伝わってくる写真は、手焼きの色彩が
心地よい良い。

かくたさんからのお土産付きも嬉しく、ギャラリー・オーナー・伊庭さんの話の
持って行き方も流暢で、再びフィンランドを訪れることがあれば、北を目指そうと
思ったトークショウやった。

<かくたみほさんの金言>
写真集のページすべてにコメントがあるけれど、それは出版社の意向だそうで
「撮っているときは夢中で、言葉は浮かびません。言葉は後付けです。」

完全に真っ暗にならないフィンランドの夏の夜。
その物憂げな光が美しい。
moi!=hi!=ola!
c0108673_18212662.jpg


お土産にいただいたのは、Biokiaのドライビルベリー入りのmorisのMOIMOIサブレと
フィンランドの森で取れたベリーパウダー。
c0108673_21143051.jpg


+++++
かくたみほさんのコメント
+++++
c0108673_19231449.jpg


日本と似ているフィンランド。わかりやすい例だと靴を脱いで
生活するでしょうか。
大きなカメラをぶら下げて旅行者丸出しの私に、
道を案内してくれたり治安の良い・・・作品撮りしやすい国でした。
白夜と極夜の光と色の風景は美しく湖が鏡のようになる景色が好きです。
自然信仰の文化もあり、森や湖からの恵みに感謝して暮らす人々の
素朴な生き方にも共感を覚えました。
首都に暮らす人々も身近に群島や森があり、私も真似て長靴を
持参して森に入り、
火を囲むのがとても楽くて10年通っています。
すべて中判カメラで撮影してきたフィルムより手焼きプリントした
作品を展示します。
# by mint_jam | 2017-05-21 23:29 | art | Trackback

初対面の人のスナップ@中崎町

初対面の人のスナップかポートレート。という課題に向けて
好きな服を着ている女子に声をかけて撮らせていただく。
プリンセスプリンセスの「ダイヤモンド」の
〜好きな服を着てるだけ 悪いことしてないよ〜
ってフレーズがすっごく好きで、そこだけよく口ずさむんだけど
2人を見ていたら、知らぬ間に口を付いて歌っていた。
c0108673_23435036.jpg

c0108673_005130.jpg


WARARAでナポリタン。
c0108673_041529.jpg

c0108673_0411019.jpg


ケーキは うてな喫茶店で食べようと珈琲も飲まずにお店を出たけど、満席。
チーズケーキモードを引きずって、散策。
c0108673_019573.jpg

c0108673_0443269.jpg

c0108673_0443955.jpg


トマソンやん♪
c0108673_044629.jpg

# by mint_jam | 2017-05-20 23:35 | art | Trackback

糸川燿史さん「映像トークライブ」@ヴィクター

糸川耀史さんの写真展「PARIS 1973」開催中のヴィクターで
糸川さんの映像を見たり、アニメーション作家の植村泰之さんと
「私の制作の発想」というテーマで話されるのを伺う2時間。

ヴィクター、初詣。
アイコンとも言うべき、大きく活けられたユリと黒田征太郎さんの絵が描かれたコースター。
c0108673_2284995.jpg

c0108673_2285179.jpg


シリーズ「レモンセッケン#18」(主演:嘉門達夫さん)のロケ地のひとつが
ヴィクター。
店主の知子さんも出演されていて、ロケ地で見る映像というのは面白いもので、
映っているレモンのお酒が、同じ位置にあって、お客さんから大ウケ。
c0108673_21513838.jpg


有山じゅんじさんと上田正樹さんの「ぼちぼちいこか 08」や、光玄さんが初めて
天王寺動物園を訪れるレモンセッケンは見るたびに発見がある。
80年代にNHKの番組をされていたときの「天誅組滅亡の里」や、
初期のレモンセッケンは、計算され尽くしていなくて遊び心が
いっぱいあって、ワクワクする。
意味のないものを繋げていくことで、思わぬ何かが生まれる
ということを学ぶ。
c0108673_22522780.jpg


植村さんの会社は、アニメーションのキャラクターデザインで
実物を作り、映像にして、制作過程にまつわるお話と、実写に。
へーーー。ほぉーーー。
アニメーションはパラパラ漫画から脱しないからこそ
どれほどコンピュータ化が進んでも、根気がいるんだ。
植村さんのアニメキャラクラーたち。
c0108673_2223494.jpg

c0108673_2223360.jpg


映画「東京ダンシング!アフリカ」(糸川耀史監督の砂川正和さんのジャンベ
ドキュメンタリー)上映会のときもお元気そうだったけれど、この日も
興味深いお話してくださった。

スクリーンに絵を描いておられるのは貴地邦さん。
c0108673_21501858.jpg


狐の影絵は、みやこちゃん。(コン!)
c0108673_2520100.jpg


トークショーでは写真の話をされなかったので、終了後伺い感激しかり。
もうすぐ始まる糸川燿史写真展「大阪芸人ストリート」@10w gallery。
糸川燿史写真展「大阪芸人ストリート」”お笑い”が産湯やった私には
なんば花月、泣いてどうなるのか♪状態。
c0108673_21553838.jpg


俺の借金、ぜんぶでなんぼや♪

# by mint_jam | 2017-05-19 23:04 | art | Trackback

杏花村>>いつまでもあると思うことなかれ

c0108673_054687.jpg


トアロードX下山手通の西北角にあった、広東料理・杏花村の跡地が
更地になっていた。
しばらく立ち尽くし、厨房があった黒く焦げた壁を見据え
名物?!加里飯=カレーライスを思い出す。

最初に食べたのは学生時代、同級生と。
「何、このカレーライス!」
ルウはさらっと目で薄黄色、スパイス薄目。
具材は玉ねぎと豚肉。
不味くはないけど、食は広東にあり!に偽りあり、ちゃうん。(笑)

広東→香港→イギリス領→イギリス→東インド会社→インド→カレー→
食文化英国文化圏に拡散→香港→広東、の図式がグルグル。
こんなカレー、食べたことないーーー。が初めて食べた時の感想。
ところがその後、ユキさんち@与那国島のカレーを食べて、
わぁーーっ、この味、杏花村やん!!(@@)ってびっくりした。
沖縄と中国の食文化の相互往来がカレーにまで及んでいたとは。

最後に食べたのは、やはり同級生と。
2年ほど前の同級生たちが出るライブをvaritに見に行った時やった。

創業1945年。
中華街ではなく、異人館と居留地を結ぶトアロードの真ん中に店を
構えたのは、異人さん目当てだったのでしょうか。
# by mint_jam | 2017-05-18 01:09 | f&b | Trackback

旧グッケンハイム邸@塩屋

改修された旧グ邸

c0108673_2256687.jpg

c0108673_22562350.jpg

c0108673_22562918.jpg

c0108673_22563166.jpg

c0108673_22565555.jpg

c0108673_2310450.jpg

c0108673_22564491.jpg

c0108673_22581236.jpg

c0108673_22581559.jpg

c0108673_22581785.jpg

c0108673_22584214.jpg
c0108673_231485.jpg

c0108673_22585129.jpg

c0108673_22585934.jpg

c0108673_22593740.jpg


+++++
森本アリさんのコメント
4月で旧グ邸に携わって10年になります。この10年というよりは
それ以上に人生を振り返る本が出ます。

神戸の西にある小さな町「塩屋」。海沿いにある築100年超の洋館、
「旧グッゲンハイム邸」建築の再生と、まちづくりの物語。

『旧グッゲンハイム邸物語 
未来に生きる建築と、小さな町の豊かな暮らし』
森本アリ・著|ぴあ:1500円+税|3月15日発売|
四六判|256ページ|ISBN:978-4-8356-3812-6

僕が単著を出すなんて一生に一度のことだと思います。
この10年のグ邸での試行錯誤から町にコミットするあれやこれや、
さらにそれ以前の全てがグ邸の保存活用運営に結ばれているあんなこと
こんなこと、極めて受動的に生きてきた結果なぜかいろんなものを背負
ってさらになぜか率いているのが面白い。

表紙:グレアム・ミックニー
編集:和久田善彦
帯:木皿泉
対談1:島田陽×森本アリ
対談2:二階堂和美×森本アリ
写真:片岡杏子
デザイン:藤原幸司

塩屋周辺の溢れる才能と仲の良い利用できる人を
しっかり使っておんぶに抱っこの鉄壁の布陣!
もちろんアマゾンでも取り扱ってますが
全国書店にて!どうぞよろしくお願いします!
# by mint_jam | 2017-05-17 23:28 | architecture | Trackback

ワンダカレー@塩屋

c0108673_064273.jpg


塩屋に来ると、あの店にもこの店にも行きたいと思いながら
結局やっぱり、ワンダカレー。
それも、プレーンな、すじ肉with温泉卵。
c0108673_024385.jpg

c0108673_065570.jpg


細い坂道にへばりつくように建て込む住宅。
海と山の接近率が頭の中で一番かも。
c0108673_075698.jpg


厚揚げ売ってる細い路地の商店街を山側へ。
必買・ゆし豆腐もある田仲豆腐店。
c0108673_075476.jpg

c0108673_011751.jpg


30年前、塩屋に住みたいと思ったことがある。
塩屋と言えば、80年代の刷り込みが未だ消えず。
塩屋異人館倶楽部とウェザーリポートと大江千里さん。
いくつかの物件を見て回った。
当時の私には、葉山や鎌倉の心地よさと、長崎の出島のような異国感が
同居した町だった。
c0108673_012495.jpg

c0108673_0215774.jpg

c0108673_0222061.jpg

c0108673_022132.jpg

c0108673_17154697.jpg

c0108673_23394050.jpg


「こんにちは。」
小さな女の子の挨拶に0.001秒戸惑い「こんにちは!!」って、健康そうに
大きな声で返す。
今時のことやから、知らない人に話しかけないように。って指導されているんじゃ
ないの?
c0108673_17155520.jpg

# by mint_jam | 2017-05-16 23:14 | f&b | Trackback

糀や DE 記者会見を

c0108673_2120186.jpg


ハルイチには行かなかったけど、「えっ、ほんまかいな?」と2度聞きするような
撮影に関する事象を当事者から教えてもらうが、メールでは機微が伝わらず、
その始終を見ていた友だちを誘って「糀や」@中崎町で質疑応答、記者会見開催。

写真撮影に関しては、一時期に比べて厳しくないような事前告知だった
にも関わらず、ステージにかぶりついてでもない位置から出演者を撮影していたら
いきなり主催者からカメラを取り上げられそうになり、挙句退場を言い渡されたという。
主催者の写真なんか撮っていないで音楽を聴けという趣旨は理解できる。
それなら退場ではなく、ひとまず喚起すればよかったのではないか。
その上、自分の演奏を撮影している人たちを咎めることなく、むしろ好意的なのは、
節操がない。
70年代から権力に反抗してきた(と思っていたけどそうじゃなかったのかも)
主催者が理不尽に権力を振りかざすなんて、残念なことやなぁ。

とうもろこしとクレソン、ツナの白和え。
しらすと塩玉ねぎ、ズッキーニ、竹輪、ミョウガの和風サラダ。
c0108673_229482.jpg


福井サーモンバジルソース。(おかわり、あり)
c0108673_22111449.jpg


まぐろハラモと塩玉ねぎの煮こごり。
c0108673_23441889.jpg


せせりと玉ねぎの味噌煮込み。
c0108673_23483576.jpg



きゅうりのぬか漬け。
c0108673_2233611.jpg


黒毛和牛ハッシュドビーフ。
c0108673_2252018.jpg


日本酒の品揃えに感服。
c0108673_22152827.jpg

c0108673_22152530.jpg


これもバックフォト。
c0108673_22163656.jpg


銘柄名に偽りなし。
山椒の瓶と韻を踏む”酔候”で酔って候。
c0108673_22131120.jpg


孔雀柄のネクタイで記者会見に臨んだ立ち飲み同行しよう会会長と
c0108673_22122641.jpg


どんだけ飲むねん!>>あるだけ〜♪の蜘蛛の巣会会員。
c0108673_2342502.jpg


件の主催者が飲みに来ているとは知らず、撃沈の私と別れた2人は天国に向かって
歩き出した。
c0108673_23164216.jpg


私たちはハルイチが好きだし、気持ちよく過ごしたい。
それは主催者だって同じだろう。
天国へろへろ掲示板への天国店主の投稿を反芻。
「春一の反省会とこれからの春一への希望がいろいろ出ました。
風太さん、参考になれば幸いです。」
c0108673_23165787.jpg

# by mint_jam | 2017-05-15 23:35 | f&b | Trackback

サントリー山崎蒸溜所&山崎界隈

ひと樽、ひと樽に物語がある。
芳醇な香りと旨味は、樽それぞれ。
ブレンダーという職人への尊敬の念は果てしなく・・・。
c0108673_062421.jpg


c0108673_011774.jpg

c0108673_08526.jpg

c0108673_085848.jpg

c0108673_09411.jpg


ツアー内容ははシュッとしているし、有料やし、山崎グラスのお土産ないし。
しばらくご無沙汰している間に、工場見学のシステムが変わってたー。
c0108673_0161446.jpg


しびれるような香いっぱいの、琥珀色した飲み物。
誰もがご陽気になって、見学ツアー最後に訪れるお土産物コーナーで
散財してしまう、山崎ルンバ♪
c0108673_016156.jpg


毎日ブログを見ているけれど、会うのは何ヶ月かぶりの友だちが
掬い取った何かを掬い撮る。
c0108673_018544.jpg


お昼ご飯を食べようと西国街道をのんべんだらりんと歩く。
「トイレないけど、いいですか?」
「はぁ、いいですぅ。」
今までに京都で食べたお好み焼きにハズレナシ。
大阪人に対抗する気などサラサラないけれど、関西人ゆえお好み焼きを手中に
入れておきたいという複雑怪奇な京都人の思いがグルグル。
c0108673_02412100.jpg


山崎はいいとろこ。
c0108673_0253647.jpg

c0108673_0253876.jpg

c0108673_0255063.jpg

c0108673_0255869.jpg

c0108673_026310.jpg

c0108673_0311432.jpg

# by mint_jam | 2017-05-14 23:47 | art | Trackback

村元武著「プレイガイドジャーナルよ」発売記念トークセッション@ジュンク堂書店大阪本店

「プガジャ」の愛称でおなじみのプレイガイドジャーナルは
地域密着月間情報誌のハシリやったけど、高校生の頃から慣れ親しんだのは
”欄外の鬼さん探し”のエルマガジン。
プレイガイドジャーナルは本屋さんで見たことはあったけれど、1度も買わなかったのは
当時10代の私には食指が動かなかったからだけれど、後に編集長だった村元武さんと
出会い、関西サブカルのお父さん的存在と知り、尊敬の念を新たにしたのでした。

おふたりが一緒にプガジャ旅したアメリカやパキスタンなどの話が興味深い。
パキスタンでの情景を歌った名曲「 花の都/ペシャワール」が作られた
エピソードを交た雑談のあと、豊田勇造さんが同曲を歌われる。
勇造さん自身も「名曲」と自画自賛してはるけど、勇造さんらしい、ええ曲。
歌詞の中に出てくる「柔らかいパキスタニ」という歌詞に心を持っていかれ
あるとき、柔らかいパキスタン人に会いにパキスタンに行った。
「地球の歩き方」が創刊されたかどうかの頃にインドネパールのガイドブックを
発刊したのもプガジャやった。
そう思い返せば、私も間接的にプガジャに影響を受けて育ったのね。

プレイガイドジャーナルは、村元さんにとって子供のような存在なんやろうな。
今年はハルイチには行かなかったけれど、村元さんに会ったからそれで十分。

何の気なしにSDカードのデータを削除したのか、写真は携帯電話で撮った
この1枚だけ。(^^;
c0108673_20572674.jpg

# by mint_jam | 2017-05-13 23:36 | book | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧