カテゴリ:travel( 534 )

フィリピン紀行>>路上に眠り、夜を舞う

c0108673_21273323.jpg


昼。
路上生活者は風景の一部と言っても過言ではないこの町で、港に近い
コンテナが積まれた殺風景な歩道の脇で、ひとり眠っている。
ダンボールではなく簡易ベッドだ。
全荷物と思われるショッキングピンクのデイバッグが、演劇の小道具に感じられた。
現実なのに、演劇のひとこまを見ているように思えたのは、少女の無防備さゆえ
だったのだろうか。
c0108673_23313421.jpg


夜。
中央分離帯がある、6車線の大きな通り。
上半身はあちこちに穴が開き、肌が見える白いカットソー。
下半身は太ももが透けて見える薄い化繊のロングスカート。
不安定な服装で体をくねらせ、ゆっくり大きく踊っている。
足元にはセミダブルベッドほどの大きさのダンボールが敷かれ
その四辺は10cmほど立ち上がっているが、布団らしき布はない。
彼女は、なぜ人通りの多い薄暗闇で踊っているのか。
男を誘っているのか。
それとも他に目的があるのか。
c0108673_084366.jpg


商店街を歩いていて声をかけられたとき、一瞬身構えた。
1人が声をかけ、それに気を取られている間にもう1人がカバンの中の
ものを盗む手口かと思った。
ところが彼は、私がバンダナを落としたことを教えてくれたのだった。

マニラの宿をチェックアウトしたのは9時50分を過ぎていた。
宿から徒歩1分のところにあるリムジンバスのバス停で10時の出発を待っていた。
もう出発というそのとき、見覚えのある宿のスタッフが座席にいる私を見つけ
バッテリーチャージャーを大きく翳した。
「サラマートゥ サラハット(どうもありがとう)♪」
チェックアウトしてすぐに、部屋を点検してくれたのだ。
これからどんな乗り物に乗って、どこに向かうかなんて、誰にも言って
いなかったのに、急いで宿を出た様子から、10時発のリムジンバスに
乗るじゃないか?と推測してくれたのだろう。
もし彼女が機転を利かしてくれていなければ、危うくカメラは無用の
重い荷物となっていたに違いない。

ヘドロ色の海と、肺の奥まで壊れそうな排気ガス。
美しい夕陽と、星降る夜。
世界中からダイバーが集まる美しい海と、椰子の葉がたなびく長閑な村。
高層ビル群と、高級住宅街。
バラック群と、窓ガラスがない家。
穴の空いたTシャツと、市場にあふれる新鮮な食材。
連れて帰りたいほど美味しい焼き鳥と、ココナツジュース。
キティちゃんと、ノラ犬と首に鈴を付けた飼い猫。
町を往来する変顔ジプニーと、乗り合わせた人たちのくったくない表情。
c0108673_23264114.jpg

c0108673_22293034.jpg

c0108673_23234110.jpg

c0108673_22445748.jpg


フィリピンで治安の悪さを感じなかったのは、幸運だった。
何人もの親切な世話焼きさんに助けられた。
貧しいの基準は何なのだろう。
国民総所得 (GNI=Gross National Income)= 国内総生産+海外からの
所得の純取得の合計か。
貧乏な人とは、少ししか物を持っていない人ではなく、無限の欲があり、
いくらあっても満足しない人のことだ。
ホセ・ムヒカ元・世界一貧しい大統領@ウルグアイがおっしゃる、「無限の欲があって
いくらあっても満足しないことだとしたら、フィリピンで暮らす多くの人たちを
貧しいと言えるだろうか。
そんなことを考えながら、絶品の焼き鳥を頬張り最後の夜を過ごす。
c0108673_094942.jpg

c0108673_095142.jpg


全27話:完。
by mint_jam | 2017-04-27 20:31 | travel | Trackback

フィリピン紀行>>行列が出来る職人さん、いい仕事 してますね。

「何をやってはるんですか?」
何人もの列の先にいるおっちゃん。
刃物研ぎ師さんなんですね。
ウイリアムは本名?それとも屋号ですか?
c0108673_933268.jpg


手に手に何本ものハサミや包丁を、中には理髪店の店主と思しきお客さんも。
c0108673_20543786.jpg


路面店といえば、エルメスやルイ・ヴィトンを思い浮かべるけど
職人の路面店、カッコイイな。
c0108673_20543466.jpg


ケイタイ修理屋のおにいちゃんトコにもお客さんがいっぱい。
c0108673_2172227.jpg

c0108673_2172320.jpg


料理人の周りにもたくさんのお客さん。
c0108673_23141527.jpg

c0108673_23143128.jpg



大きな交差点にあるビルの外壁がRになっている。
植民地の名残なんやろうか???
建築好きは、興味深々。
c0108673_21102941.jpg

c0108673_21105445.jpg

c0108673_21144317.jpg

c0108673_2115358.jpg


信号のふもとには物乞いの人がいるんだけど、こんなトコじゃぁ立ち止まりにくいし
目立たないから移動した方がいいんじゃないですか。
c0108673_21105790.jpg


レゴみたい。
c0108673_21102570.jpg


マクドナルドの赤と黄色の韻を踏んでいるジプニーやぁ。
c0108673_21191160.jpg

by mint_jam | 2017-04-26 23:58 | travel | Trackback

フィリピン紀行>>みんな大好き、ジョリー・ビー

c0108673_21243431.jpg


Jollie beeってよく見かけるけど、ファミリーレストラン?
気にはなるけどフィリピンに来てまで行くとこでもなさそうな・・・。
ところがジョリー・ビーは、世界有数のファスト・チェーン:マクドナルドを押しのける
売り上げを誇る人気店。
フィリピンの外食界のママの味と言っても過言でないほどと知る。

それは食べなくてはいけません。(小枝探偵風に)
朝マック的、朝ジョリー・ビーの人気メニューは、フランクフルト&
ガーリックライス&目玉焼き。
この組み合わせがフィリピン人の心を鷲掴み?!笑
注文したのは夜の人気メニュー、ミートソースとフライドチキン。
フィリピン人がこよなく愛するバナナ入りのケチャップ味が想像通りの甘さで、
ビヨオオオオーーーん。
この店は幹線に面していることもあり、ドライブスルーも完備され、注文するのにも
並ぶ人気ぶり。
c0108673_21332090.jpg


これは別の日に食べた、フィリピン料理・カレカレ。
カレーじゃなくて、勢された雄牛の尻尾の煮込み。
c0108673_21433860.jpg


ビールも飲みましたよ。
c0108673_21561712.jpg


ハロハロ(フィリピンの氷菓アラモード)のデータがなくなった?!(悲)ので
アイスクリームを。
c0108673_21445045.jpg


パパイヤは大好きな果物だし、好みでお客さんがかけている黒い液体にも
興味があって買ってみる。
お醤油かと思ったら黒酢やね。
フィリピンでは発酵したパパイヤ(漬物?!)もたくさんいただいた。
パパイヤは東南アジアでは一般的な果物やけど、お酢で食べたのは初めて。
c0108673_22161657.jpg

c0108673_2216183.jpg


マンゴも大好き。
kg売りだけど食べられないし「1つ欲しい。」って言ったらくれはった。
ごちそうさま。
c0108673_22315848.jpg


朝食支度中@セブの宿。
7時から10時まで、忙殺され続けるもなにのその、懸命に働くスタッフ女子。
c0108673_21581462.jpg


ある日の朝食。
お米好きの国民ゆえ、パン食はほぼ外国人。
バターとジャムは申告制。
容器からほじほししてパンに置いてくれるバターが可愛い。
c0108673_2205451.jpg


ジョリー・ビーの愛されキャラクター&ロゴ。
c0108673_22403167.jpg

by mint_jam | 2017-04-25 22:41 | travel | Trackback

フィリピン紀行>>ノスタルジックな食堂

ボホール島〜バングラオ島があまりに田舎(いなた)良すぎて泊まりたかったけれど
明日帰国するから、泣く泣くタクビララン港でセブに帰る切符を買い、港使用税を払う。
出航までにはまだ時間があるから、近くにある高床式の食堂に行ってみる。
c0108673_21235471.jpg


お店の中に入ると、がらぁーーーーーん。
閉店時間が過ぎたのか、お客さんの代わりに長く伸びた夕陽がテーブルを席巻している。
c0108673_2129494.jpg


ハワイ島やマウイ島にある食堂と重なる風景に埋もれる。
c0108673_2129629.jpg

c0108673_21333145.jpg

c0108673_21333999.jpg

c0108673_21412679.jpg

c0108673_21334845.jpg


何、一点を見つめてるの?
c0108673_21341143.jpg


スマートフォンに国境なし。
21世紀の象徴やぁ。
c0108673_21345025.jpg


小学生の頃に高床式住居や正倉院について習ってからずっと、高床式に憧れている。
ずっとずっと前のことやけど、タイの田舎で高床式で過ごす機会をみつけたときの
感動ったら。
c0108673_21363716.jpg

c0108673_21363989.jpg

c0108673_21414323.jpg

c0108673_21414562.jpg


港に戻って船に乗る。
来た時より上等な船。
バタバタバタ。
「これ、何? 鶏?」
「そう、けど食べる鶏じゃなく、フィリピン名物・闘鶏の鶏。」
だから一羽づつカゴに入っているのね。
c0108673_21453778.jpg


セブシティのおうちに帰ろう。
c0108673_2146420.jpg

by mint_jam | 2017-04-24 22:13 | travel | Trackback

フィリピン紀行>>ママ、ごはんまだ?

台所だけの独立した建屋で黙々と炊事をするお母さんと出会う。
お邪魔したのは洗い物が終わる頃。
一青妙原作、白羽弥仁監督の映画「ママ、ごはんまだ?」を彷彿させる情景に
台湾料理ではないけれど、アジアの片隅という共通の湿度を感じる。
簡素だけど殺風景じゃない。
きれいに片付けられた台所が気持ち良い。
c0108673_19234120.jpg


美味しい料理を作るのとキッチンの豪華さは比例せず。
得意料理な何なんやろう。
(^^)
c0108673_22531420.jpg

c0108673_22532758.jpg

c0108673_22554014.jpg

c0108673_22535825.jpg

c0108673_2253596.jpg

c0108673_22534619.jpg

c0108673_19244436.jpg


高床式住居。
c0108673_2305967.jpg


台所がある別棟。
c0108673_2257110.jpg


どこからどこまでが自分ちの土地なんやろ?
c0108673_22534416.jpg


プール・バーもあるし、地主さん?
c0108673_19241948.jpg


京都のお寺と同じくらい犬の歩き隙もないくらい、教会が点在。
c0108673_2354392.jpg


あっ、飛行機。
c0108673_238594.jpg


橋を渡るとボホール島だった。
c0108673_239097.jpg

by mint_jam | 2017-04-23 23:15 | travel | Trackback

フィリピン紀行>>楽しい寄り道@パングラオ島

トライシクルの運転手がチョコレート・ヒルズに誘ってくる。
「今からチョコレートヒルズに行ったら、今日の船でセブに帰れなくなるやん。」
「そしたら、教会は?」
見せられた写真にそそられたけど、今より港から遠ざかる位置にあるんやん。
「6時の船に乗りたいから教会じゃなく、このビーチに寄って、いくつか
私が写真を撮りたい場所に停まって港に連れて行って。」
地図を見せると、「なんでこんな何もないひなびたビーチに行きたいの? 」
他のトライシクルにしようと動き出すとようやく「わかったよ。」と。
2時間半チャーターの値段交渉をして出発。
車窓より見学。
c0108673_0403556.jpg


最初に停めてもらったのは、惹かれた家の前。
c0108673_0572984.jpg

c0108673_057488.jpg


道路を挟んで向かいにある、よろずや併設の食堂。
c0108673_0574614.jpg

c0108673_0595891.jpg


なんでこんなとこで停まりたいねん。
きっと運転手さんはそう思いながら私が帰ってくるのを待っているのだろう。
c0108673_10942.jpg


c0108673_114798.jpg

c0108673_114547.jpg

c0108673_115641.jpg


なんてオシャレなカーテンなんでしょう。
c0108673_12123.jpg


家が好きなんやね。
c0108673_1124719.jpg

c0108673_1124944.jpg

c0108673_1125120.jpg

by mint_jam | 2017-04-21 23:41 | travel | Trackback

フィリピン紀行>>アロナビーチ@パングラオ島

雨粒に代わって、泳ぎたくなるほどの光の粒が降って来た頃アロナビーチに着く。
「ここからはトライシクルは入れないから歩いてね。」
港から1時間くらい乗っていたんや。

白い砂が綺麗。
どんなに観光化されているのかと想像を膨らませていたけど、大音量の音楽が
流れていることもなく、静かなでほ程よい賑わい感があるビーチやね。
c0108673_22384526.jpg


温度も湿度も風のゆらぎも心地良いな。
c0108673_22385844.jpg


@ビー・ファーム。
自家畑で取れた有機野菜とお花と蜂蜜が美味しいと、地元っ子にイチオシされた
だけのことはある。
眺めのいい2階。
c0108673_2247249.jpg

c0108673_22472729.jpg

c0108673_22461193.jpg


スタッフのオススメを注文したら、注文していないものが出てきたんやけど、
突き出し?
アボカドバターとハニーバター、甲乙つけ難き美味しさ。
c0108673_2246958.jpg


レモングラスジュースの中に貨物船は通らず。(^^)
c0108673_22402070.jpg


名物、自家製花のサラダ。
柔らかいし。菊みたいに苦味がなくて食べやすい。
こんなにたくさん花を食べるのは初めて。
c0108673_22401882.jpg


「これも食べて欲しい。」と言われた、魚介スパゲティ。
c0108673_22433166.jpg


名物のアイスクリーム。
ドリアン、ドランゴンフルーツ、パンダン。マンゴ、ココナッツ、モリンガなど
どれも食べたい気持ちを抑え、迷いに迷ってウベとアボカド。
c0108673_2241994.jpg


ビーチに面したレストランでマニラからセブへの飛行機が同じだった、ダイバー3人を
見かける。
バングラオ島に来てはったんや。
三半規管が丈夫なら私も潜ってみたい。
c0108673_2258158.jpg


韓国人家族の旅行者が多いのには驚いた。
ハングルの看板が目立つし、通りすがりに「安寧(アンニョン)」と声かけされること、
数知れず。
こういうときは「マガンダン・ハポン(こんにちは)」とフィリピン語で返すことがあれば
「アニョハセヨ」って返すときもあるし、日本語で「こんにちは」って言うときもある。
スペインに統治されていた歴史があるのに「オラ!」は通じなかった。(昔過ぎやからか?)
c0108673_22415620.jpg


龍眼やね。
大好きやけど、お腹いっぱいやねん。
c0108673_22422994.jpg


高級ホテルもいくつかあるけど、ツンとすましていなくて、いいね。
雰囲気がいい、ヘナン・リゾート・ホテル。
c0108673_22413236.jpg


さて、観光化されていないビーチに行ってみよう。
c0108673_18482730.jpg

by mint_jam | 2017-04-20 23:40 | travel | Trackback

フィリピン紀行>>ボホール島からバングラオ島へ

c0108673_19203489.jpg

セブからタグラビララン@ボホールに行く船は、オーシャンジェット(船の会社です)
だけでも1日に12便運行しているし、他の会社も合わせるとかなりの便数。
そんなに行く人・来る人が多いのか?
拡声器を使って随時スタッフがタガログ語で伝えているアナウンスの内容がわからない。
「今から並んでも次の便には乗れませんよ。」かな?
欧米人が英語で教えてもらっているのを貰い聞きしたら、あぁ、やっぱり。
前売り券を買っていなかったので、発券してもらうのに30分以上並ぶ。
もっと早く来ればよかった。
ようやく自分の番が来たところで、小窓越しに、手でちぎったなんじゃこれ?な
小さな紙切れを渡され名前と年齢を書くように言われる。
転覆したらニュースに出るんやなぁ、と思い実年齢を書く。
c0108673_2155599.jpg

c0108673_19591422.jpg

c0108673_19442873.jpg

c0108673_19442644.jpg

c0108673_19444879.jpg

c0108673_1950358.jpg


搭乗口には流しのミュージシャンとマッサージ師が。
繁盛していて何より。
c0108673_19464896.jpg


1時間半の待ち時間は苦になるどころか、珈琲を飲みながら往来人を眺めたり
ボホールについて検索してると搭乗時間がやってきた。
c0108673_20574177.jpg


座席は指定で、乗ってからわかったけど私のチケットは1等だった。
旅行者はもれなく1等?
特等もあるのに、見た目で判断?
希望を聞かれもしないのに2等と思われなくてよかった・・・か。
船内は想像していたくらいの冷房はかかっていたけど、清潔で快適。
どの席からも見える位置には、映像を見ているだけで楽しめるアクションものの
映画が流れている。
c0108673_19591777.jpg


c0108673_2194628.jpg

ボホールで観光といえば、チョコレート・ヒルズとターシャ(猿)だけれど
限られた時間で往復するのは難しそうなので、橋で結ばれているパングラオ島の
南端にある、アロナビーチに向かおう。
アロナビーチ近くに住んでいるトライシクルで相席になった女性が、道中あれこれ
説明してくれる。
「有機野菜が美味しいbee farm(ビー・ファーム)の本店はこっちを行ったとこに
あるけど、アロナビーチにも支店があるから行ってみて!
アイスクリームも美味しいよ。」
ずっと都会ばかりにいたので、のんびりとした風景が新鮮。
島に着いた時には激しく降っていた雨が、やみそうな気配。
c0108673_19592373.jpg


「アロナビーチは観光化しているから、私は地元の人しか行かないビーチが好き。」
「それってこの近く?」
「うん。」
おなかが空いているし、先にアロナビーチのビーファームで何か食べよう。
書いてもらった地図を大切にしまう。
c0108673_2231726.jpg

by mint_jam | 2017-04-19 23:20 | travel | Trackback

フィリピン紀行>>Bo’s Coffeeの朝

気持ちよく目覚める。
花曇りだけれど、雨降りにならないことを願ってボホール島に向かおうと決め
セブ滞在中、毎朝飲みに行った珈琲屋へ。

湯気って、なんて幸せな気持ちにさせてくれるのだろう。
c0108673_21145036.jpg


オスメニャ通りに行かなくちゃ。
Bo’s Coffeeって珈琲屋へね。
なに、好きな珈琲を少しばかり。♪
(高田渡さんのコーヒーブルースのメロディで)
スターバックス風やけど、スタバより安いチェーン店としか思っていなかったけど、
帰国後検索してびっくり。
セブ発のBo’s Coffeeはスタバがフィリピンに進出してくる前から国内でチェーン
展開していたけれど、スタバに対抗するため、国産珈琲豆を使った独自の戦略を掲げ
フィリピンでは不動の地位を築いていたのだそう。
ソラシラナンダ。
宿の近くにBo’s Coffeeがあってよかった。
毎朝フィリピン産の珈琲が飲めたのだ。
滞在時に知っていたらお土産に豆を買ったのにね。
けど、旅ってそんなものだ。
国内で作った作物を国内で消費することに寄与して
フィリピンコーヒーに価値づけしたCEO:スティーブ・ベニテスさんに拍手。
英語やけど興味深いのでリンク。↓↓↓
How homegrown Bo's Coffee competes with Starbucks
c0108673_2272043.jpg


「お釣りがない。」と言われた時のためにいつも小銭は多めに持ち歩いているのだけれど
支払いの際つい面倒で紙幣を出してしまうので、夜には財布が小銭だらけになってしまう。
そんなわけで毎朝今持っている小銭を確認するのがBo’s Coffeeでの日課となっていた。
c0108673_2254668.jpg


毎朝挨拶していた朝食屋台。
おばちゃんが店主でおっちゃんは常連のお客さんやと思っていたら
c0108673_21434699.jpg


おっちゃんとおばちゃんって夫婦やったんや。(@@)
おっちゃんが働いているの、初めて見たーーー。笑
美味しそうに炊けたね。
フィリピンの人たちはご飯が大好きだよね。
麺より”ご飯とおかずの食文化”という印象だもん。
日本もお米の国だけど、今は食が多様化しているからフィリピンの方がお米の消費量は
多いかもしれないね。
c0108673_21453959.jpg


いつだって明るくにこやかな働き者のおばちゃん。
セブギターのTシャツがよく似合っている。
c0108673_2153814.jpg


火力不足で卵に火が通るまで時間がかかるのを気にしているおばちゃんに
英語説明力があれば、弱火料理で人気沸騰の料理家・水島弘史さんの
調理法を教えてあげたかった。
c0108673_21531084.jpg


卵とウインナー、炭水化物はパンではなく白ご飯。
c0108673_21532185.jpg


南に向かうジプニーを待っていると。
韓国やベトナムなどなど若い女性同士が手をつないでいる光景はよく見かけるけど、
ご年配の方もされるのね。
c0108673_23124973.jpg


ジプニーは挙手支払い制。
たいていはワンマンカーなので運転手さんが運賃の受け渡しをされるので
何人もの乗客がリレー形式で運転手さんにお金を届け、何人もの乗客がリレー
形式でお釣りを返すを繰り返す。
時には見知らぬ乗客同士が2人分、3人分を自分たちで精算しあって
まとめて払うこともあって、ここでもフィリピンの相手を思いやる世話焼き精神を
垣間見る。
このジプニーには珍しく運賃回収係が乗っていた。
儲かっているからか、運転と運賃回収一度に2つのことが出来ない運転手なのか
答えは風の中。
c0108673_23154561.jpg


港までは行かないジプニーを適当なところで降りる。
c0108673_23122081.jpg


手描きフォントに惹かれるわぁ。
どんなに綺麗にしてくれはるんやろ。
c0108673_231159.jpg


バナナ売りさん、どこに行きはったん?
誰も持って行ったりしないってことは、いいことだ。
c0108673_23123259.jpg


ご夫妻で仲良くモーニングですか?
c0108673_108569.jpg


窓ガラスがなくなったままの窓枠にかけられた布の奥には
どんな人たちがどんな佇まいで暮らしているんやろ。
c0108673_23423262.jpg

by mint_jam | 2017-04-18 23:04 | travel | Trackback

フィリピン紀行>>宿の近所で常連さんと乾杯

c0108673_23492093.jpg


「喉が乾いたし、ビールでも飲んで帰りたいな。」
夕暮れに差し掛かる頃宿の近くまで戻って来て、そう思ったものの
良さげなお店を見つけられずで、コンビニで何か買って帰って部屋で飲もうかと考えた。
路地を抜け道にして進んで行くと、食堂の前で20代と思しき数人の男女が何やら
楽しそうに集っている。
近づいてみるとお店の中にもお客さんがいてビールを飲んでいる様子。
吸い込まれるように店の中に入ったら、大きな冷蔵庫の結露したガラスの奥に1
リットルのビール瓶が見えた。
「小さなビールはないの?」
「ビールはこれしかないよ。」
「1リットルも飲めないしなぁ。」
「じゃ、私たちが飲んであげるやん。」

そうしてもらおう。
何ていいアイディアなんでしょう。
乾杯のあと、名前を教え合う。
覚えられないからメモメモ。
左から、ドレッサー、アクゥ、サマー、スゥーサン。
仕事帰りにスゥーサンの店で待ち合わせて飲んでいるらしい。
タガログ語なので何を話しているのかわからないけど
笑いが絶えないから職場のグチではなさそう。

と、そこに現れたのは、元気女子のドゥーリン。
「やぁ、遅くなってごめんねー。えっ、日本から来たの? どう、フィリピン?」
テーブルが一気に華やぐ。
ドゥーリンは私に気遣って英語で話し始めた。
フィリピンって日常的に英語を話す国やと思っていたので、その疑問を伝えると
「日常使うのはタガログ語。島がいっぱいあるから、いろんな言葉があるけど。
英語は理解できるし、私は仕事で使うけど自分たちの言葉じゃないからね。」と。
「才女なんだよ、ドゥーリンは。」とアクゥが教えてくれる。
c0108673_23555259.jpg

c0108673_063514.jpg

c0108673_064129.jpg

c0108673_064616.jpg

c0108673_09479.jpg


出会う人、出会う人、気さくで、親しみやすくて、友好的なのには驚くばかり。
フィリピンに暮らす人たちの心の根源は、どこにあるのだろう。
c0108673_064879.jpg


「明日もここに来る?」
「明日は晴れたらボホールに行くから来れないかな。」
「明後日は?」
「明後日は日本に帰る。」
「そっか・・・。 気をつけて帰ってね。」
「サラマット パァラム。(ありがとう。バイバイ)。」
宿に無事辿り着けるよう居住まいを正す。
なんてことのない出会いがずっとあとになって沁みてくる。
その日まで、この夜のことは熟成させておこう。
c0108673_0152870.jpg

by mint_jam | 2017-04-17 23:31 | travel | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧