カテゴリ:travel( 567 )

珈琲ふうを訪ねて犬山へ>>猫が逃げない町

昨年末に書いた2017年のTO DO LISTの中に、「珈琲ふう@犬山に行く」があって
夏の終わりに TO DO。

犬山と言えば、高校の生物の横田先生が授業中に話してくれた
犬山モンキーセンター(モンキーパーク)くらいしか知らなくて
「ふう」でライブをする何人かの唄旅ミュージシャンや、ライブを見に行った
音もだちから「ふう」の心地よさをお土産話で聞かせてもらったり
店主の小川さんからは、犬山は観光地と教えてもらっていたけど
犬山城についてさえ、今まで気にかけないでいた。

犬山に着き、路地にしては道幅が広い道に猫を見つける。
逃げないどころか近寄ると寝転ぶ始末。
おおらかな人柄の方が多いのだろう。
それが猫にも伝わっているのだろう。
そんな想像をしながら、「ふう」を目指す。
c0108673_2123629.jpg


ビアンキ アンソニー
お店? それとも・・・何かの看板?
検索したら、アメリカ人だけど日本国籍を取得した犬山市議会長やって。
(@@)
c0108673_2133995.jpg


ふうに着き、アイスコーヒーで一息。
荷物を置かせてもらって、散策に出かける。
「ビール祭りをやっているよ。」
お客さんに教えてもらって、お城へのメイン道路に向かう。
何箇所にも分かれて開催されているビール祭り。
c0108673_21131314.jpg

c0108673_21131188.jpg


鮎が名物なのか、あちこちで焼き鮎を見かける。
c0108673_21144191.jpg


忍者のシュリケン体験や鵜飼船の広告や五平餅。
c0108673_21243571.jpg


犬山って、岐阜の文化圏なんやろうか。
幕末のビール幸民麦酒って名前のビールをいただく。
c0108673_21213343.jpg


城下町らしい風情ある街並み。
c0108673_21261524.jpg

c0108673_21261816.jpg

c0108673_21262793.jpg

c0108673_21282815.jpg

c0108673_21282752.jpg


都会のコンビニくらいの圏内に小さいポストを見かける。
ポスト、あり過ぎ。
いや、メールではなく書簡を好む文化圏なのかも。
c0108673_21264013.jpg


並んでいる各戸のポストがお揃いの木製。
ポストに目がいく町。
c0108673_21423970.jpg


逃げない猫。
c0108673_21311378.jpg

by mint_jam | 2017-09-08 20:28 | travel | Trackback

祝⭐️ゴーゴーインド30周年@蔵前仁一旅の回顧展 

蔵前仁一旅の回顧展1986-2017が行われるのに伴い開催される
ゴーゴー・インド 30年 旅の記憶」に寄せて
500字以内の私的コメントを送った。
かつて蔵前さんが発行していた「旅行人」宛に旅先から絵葉書を送ったように。

+++++
+++++
「ゴーゴー・インド」。
30年前、バックパッカーの友人が差し出した本のタイトルに笑った。
「人生が変わるよ。」
海外旅行はツアーでしか行ったことがなかった私は、読了を期に
個人旅行者へと魅惑の変身を遂げた。
しかし、ネパール、パキスタン、スリランカとインドの周りには行っても
長らくインドを旅先に選ぶことはなかった。
それほどまでにゴーゴー・インドは私を怖じ気づかせた。
旅にはタイミングがある。
「一緒にインドに行かへん?」
私は友人の誘いに乗った。
聖地バラナシをたゆたゆと流れるガンジス河を見つめ、
死者が焼かれた匂いを吸い込む。
コルカタの喧騒に噎せ、ダージリンで軽い高山病になり、
シッキムではここもインドかと驚く。
いつ、どのプラットホームに乗りたい列車は来るのだろう。
待合で雑魚寝する人の群れを踏まないように爪先立ちで情報を探す。
寒さに震えながら何時間も待っているにも関わらず、
21世紀になっても、ゴーゴー・インドのまんまやん。と、ほくそ笑む。
理解に苦しむ善悪・正誤の仕組みに翻弄され、喜怒する日々は、
インド魔法にかかるかどうかの試験だ。
+++++
+++++

蔵前仁一さんのHPより。
9月29日(金)から10月4日(水)@早稲田奉仕園
80年代、当時の若者たちに、インド旅行ブームを起こさせた名著『ゴー ゴー・インド』。
それまでのシリアスな旅行記とは一線を画すライトな文体とイラストで、インドの日常風景の面白さと旅の喜怒哀楽をつづったこの作品は、多くの人たちに旅の楽しさを伝え続けてきました。
発刊30周年を迎える本年、その回顧展を行ないます。
 「ゴーゴー・インド」を飾った原画の数々や、蔵前仁一がインドなど世界各地の旅先で収集した数々の品を展示販売します。また、蔵前仁一と多彩なゲストによるトークイベントも行ないます。
ご来場をお待ちしております!
by mint_jam | 2017-09-07 23:32 | travel | Trackback

バンコク紀行>>アジアの子供に帰り始める

チャオプラヤ川には行かなかった。
それでもバンコクの空気を吸い込んで、ほんのひとときアジアの子供に帰った。
また来るね。

c0108673_22431320.jpg


c0108673_2246182.jpg


c0108673_22433234.jpg

by mint_jam | 2017-08-22 22:40 | travel | Trackback

バンコク紀行>>食べたり飲んだり

c0108673_21431041.jpg

ざぐろのジュース屋台を見かける機会が多かった。
サイアム駅を降りたところにもミカンのジュース屋台があったけど、屋台撤去推進に
伴って今はない。
次に来た時は、ザクロジュースを飲んでみよう。

屋台はまだまだ健在。
c0108673_2247168.jpg


c0108673_2282542.jpg


道端の炭火の上では鳥がグルグル。
c0108673_2291213.jpg


美味しいワインにオージービーフ。
パンに添えられたバターが、どうやって作っているのかめちゃくちゃ美味しい。
エシレよりずっと好みだな。
c0108673_2212491.jpg

c0108673_22121392.jpg


コンラッド・バンコクのアフタヌーンティ。
c0108673_22251857.jpg

c0108673_22252040.jpg

c0108673_22325484.jpg


c0108673_21232775.jpg

友だちに教えてもらったタイ料理のお店「タリンプリン」スクンビット店。
トゥクトゥクでのトンロー駅からの送迎は運転手がいないということで徒歩でGO。
遠くないけど、暑いから送迎があれば楽チンやったね。
手入れされた庭。
c0108673_213405.jpg


紫の飲み物は、アンチャン=バタフライピー=蝶豆。
髪や眼にも良いアンチエイジングが期待できるハーブだけど、1杯飲んだくらいでは・・・ね。
(^^:
c0108673_21291978.jpg


アンチャンの花も食べます。
葉包の五穀米カオニャオ(もち米)が嬉しかった。
カオニャオを食べると、タイに来たって気がする。
私のソウルフード。
c0108673_213748.jpg

by mint_jam | 2017-08-21 21:21 | travel | Trackback

バンコク紀行>>哀悼・プミポン国王

昨年秋に亡くなられた、ラーマ9世=プーミポン・アドゥンヤデート国王の
遺体は、安置されたまま、一周忌(10月25−29日)を前に火葬施設の建設が
進められているという。
あちこちで「母の日」のポスターを目にする。
母の日って5月じゃないの?
バンコク在住友が教えてくれたのには
8月12日はシリキット王妃のお誕生日。王妃は国民の母なので、タイでの「母の日」は
8月なのだそう。
王妃が生まれたのは金曜日(タイでは何曜日に生まれたかが重要。
曜日別にラッキーカラーがある)なので、ラッキーカラーは水色ね。
そして贈る花はカーネーションじゃなくジャスミン。

喪に服し黒い服を着ていたらり、黒リボンを付けている方が目に付く。
c0108673_23113327.jpg


ビルの屋上にお社(やしろ)があるように、タイの祠もあちこちにある。
ホテルのプールの敷地にある祠。
c0108673_23174581.jpg

c0108673_23183975.jpg


エラワン廟@エカマイ。
c0108673_2320541.jpg

by mint_jam | 2017-08-20 23:06 | travel | Trackback

バンコク紀行>>レバノン料理&インド料理:Al Saray@サラディーン

友だちに教えてもらったレバノン料理&インド料理のAl Saray@サラディーン。
今回のバンコク滞在旅のハイライトとなったのは、味はもとより居心地がよく
心から料理を楽しめたから。
その友だちは何年か前に別のレバノン料理の店に連れて行ってくれたことが
あった。
レバノン料理がバンコクにあるのは、スクンビット通り(御堂筋みたいな大きな通り)に
アラブ人街があるからかな。
山崎トオルさん似のスタッフの細やかな気遣いによる接客が素晴らしく、感激。
あれも食いたい これも食いたい、東海林さだお状態やけど、ぐっと我慢。
c0108673_22332125.jpg


突き出し。
c0108673_22255043.jpg


チキンのもも肉とカレー。
c0108673_22252328.jpg


レバノンのパン。
c0108673_22252855.jpg


マンゴクルフィ。
c0108673_2234038.jpg


ミントティ。(生ミントだぁ)
c0108673_22292088.jpg


側の席のお客さんが話しかけて来られた。
「こっち(向かって右)がモロッコで、こっちがトルコ。(向かって左)」
「写真撮ってよ。」
アラブ系の方って大阪人気質かのかも。
c0108673_2240473.jpg


c0108673_22423837.jpg

c0108673_22423914.jpg


帰りに駅からお店を見ると最上階に厨房があるのね。
窓越しに清潔感ある帽子、マスク、制服と白づくめの調理人さんが見えた。
再訪必至。
次回はラムやひよこ豆のコロッケ:ファラーフェル、パセリのサラダ:タブーリ
ナスのディップ:ババガヌーシュを食べよっと。
c0108673_22373358.jpg


駅前なのに出口番号を間違えたせいで迷ってしまった。
少し強面の屋台店主に訊くと丁寧に教えてくれ、すぐにたどり着けた。
飼い犬はいつのまに服を着るようになったのだろう。
八の字を描きながら動き続けるバンコクにいつの日か住みに来よう。
c0108673_22535999.jpg

by mint_jam | 2017-08-19 22:20 | travel | Trackback

バンコク紀行>>バンコクナイツ

眠らないバンコクで眠る。

c0108673_2143079.jpg


c0108673_214423100.jpg


c0108673_21444345.jpg

by mint_jam | 2017-08-19 21:42 | travel | Trackback

バンコク紀行>>アフタヌーンティ@サイアムケンピンスキーホテル

c0108673_22315895.jpg


都会の真ん中にある、リゾート感を持ち合わすドイツ資本のホテル、ケンピンスキーの
ハヌマーン・バーでアフタヌーンティ。
紅茶は60種類から選べます。
ハヌマーンってインドの神様のハヌマーンなのかな?

味も見た目も高質なスィーツやスコーン。
どんな職人さんが作ってはるんやろ。
c0108673_22465058.jpg


c0108673_22461726.jpg

c0108673_22461810.jpg

c0108673_22462066.jpg

c0108673_22463666.jpg


天井が高いね。
c0108673_22484749.jpg


c0108673_22475823.jpg


好みの味に仕上げてくれるチュコレート。
席の側で作ってくれます。
c0108673_2250447.jpg

c0108673_2250716.jpg

c0108673_22515631.jpg


サイアムとは思えない開放感。
裁縫必至。
c0108673_22524867.jpg

by mint_jam | 2017-08-18 22:25 | travel | Trackback

バンコク紀行>>トン・ロー界隈

トン・ローって、日本からの駐在員(富裕層)がたくさん住んでいるし
日本語看板がたくさんある地域だけど、素通りするくらいでは、
雑多な印象の方が大きい。

駅を降りたら、今が旬のドリアン屋台が♪
滞在中に食べる機会がなかったなぁ。
好きなんだけどね、ドリアン。
c0108673_055987.jpg


ぶどうもあります。
c0108673_0143125.jpg


定番の焼きバナナ。
バナナって剥いて食べるだけじゃなく、小ぶりのバナナは焼いたり揚げたり
干したりして食べるのよね。
c0108673_0113359.jpg

c0108673_0123791.jpg

c0108673_0125195.jpg


海鮮お好み焼き?
c0108673_0161036.jpg


竹籠屋台。
c0108673_0261787.jpg


緑の中に、リス発見。
c0108673_029195.jpg

c0108673_0292947.jpg

c0108673_0303064.jpg


友だちに教えてもらった、ベジタリアンの店「ブロッコリ―・レボリューション」
店内もオシャレ。
c0108673_032361.jpg


昨年亡くなられたタイの国王のイラストが掲示してあるけど
何のポスターなんやろ?
c0108673_0325894.jpg


このポスターも気になったけど、内容は謎のまま。
c0108673_0503613.jpg


こういう構えの中華屋は、美味しそう。
c0108673_0454552.jpg


どんな人が住んでいるのだろう。
間取りも知りたい。
c0108673_0515114.jpg

by mint_jam | 2017-08-17 00:11 | travel | Trackback

バンコク紀行>>18バーツの わんこタイ麺

c0108673_21563270.jpg

アンリデュナン通り沿い@サイアムに見つけた18バーツのチキンヌードル屋。
c0108673_010065.jpg


18バーツって日本円で約60円。
これは試し食べしてみなければいけません。(探偵ナイトスクープの小枝探偵風に)

エアコンなしの開放感みなぎる、入りやすい店。
注文は、スターバックス方式。
選ぶよ、選ぶ、どこまでも。
麺のサイズ。
XS(ベイビー)、M(アダルト)、XXL(ジャイアン)。
麺の種類。
米麺、卵麺、太麺、細麺、春雨、麺なし(without noodle)。←麺屋で麺なしって?!
スープ。
トムヤム(辛酸っぱい)、スープ(辛くない)、汁なし。
汁なしには別にスープが付く。
ウイスキーロックにチェーサーが付くみたいなもん?

スタン・バイ、OK♪
c0108673_0111630.jpg

c0108673_0112992.jpg


42杯は過去最高らしいけど、タイ麺、わんこそば計画化?!
c0108673_0122551.jpg

c0108673_0122295.jpg


「はい、はい、その件は確認して折り返しご連絡させていただきます。」
c0108673_0155368.jpg


テーブルに置かれた茹で卵とカノム トゥアイ(ココナツ蒸し菓子)。
食べた分だけ清算するのかな?
80年代、目の前に無料とも思えるお漬物が有料やった吉野家を思い出す。
c0108673_017974.jpg


ベイビーサイズ=18バーツを注文したら、安かろう、少なかろう。の好例。(笑)
けど味は、NO MSG (味の素不使用)で、優しく美味しいし、小腹充しにはもってこい。
お腹が空いていたら、いろんな味をちょこちょこ何杯か食べるのもいいね。
c0108673_21554973.jpg


タイの男の子たちは半ズボン(5部丈)やね。
@アンリデュナン通り。
c0108673_0243455.jpg


校則で禁止でも、買い食いは学生の世界共通言語やね。
c0108673_0242717.jpg

by mint_jam | 2017-08-16 00:35 | travel | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧