カテゴリ:travel( 554 )

鎌倉紀行>>角打ち”高崎屋本店” DE 憩う

c0108673_09344.jpg


御成商店街から見える引き戸が、角打ちに思えて
近づいてみると、やはりそうだ。
真昼間だというのに、ダークダックス状態。
角打ちの引き戸は、商店街にある高崎屋本店の勝手口なのね。
歴史、趣、店主の思いを感じる、家族経営の酒屋は
鎌倉の濱田屋の空気と連動。(^^)

c0108673_012666.jpg


「夜までやっていますからよかったら是非。」と声をかけていただき
夕刻に滑り込む。

どの日本酒にしようかと意気込んでいたら、常連さんに「ここは、ビールが美味しいよ。」
と促され、「とりあえず、ビール。」
で、常連さんは日本酒。(^^;
c0108673_20165241.jpg

c0108673_20164747.jpg

c0108673_20185393.jpg


「私ね、見合いで稲村からココに嫁いで来たんよ。ほら、ここ。
これ、実家。」
雑誌を見開き、娘時代に過ごした町を自慢してくださる。
c0108673_2024786.jpg


常連さんが持ち込んだソーセージの缶詰で話題沸騰♪
「鎌倉、どう?」
「行き止まりが多い。
 何にでも”鎌倉”が付いている。
 歴史あるものとして朽ちた感じを残し、変にこ綺麗にしていない。
 どこにいても江ノ電の遮断機の音が聞こえる。
 媚もしないし、無視もしない、地の人たちの観光客や新参商売人への
 距離の取り方が絶妙。 」
などなど・・・思いつくままに感想を言うと、
「住んでいたら、気づかないことばっかりな嬉しい感想。」
と居合わせたみなさんに賛同してもらえて、私の方こそ嬉しい。

c0108673_20221923.jpg


「どこに泊まっているの?」
「soba bar」って答えると、「あそこの店主、山形の人でね。うちもお酒卸しているんよ。」と。
「御成通りは、御用邸があったことから、宮家が訪れるたび「おなり〜 おなり〜と」
町中が賑わったことに由来すると教えていただく。

翌朝、シャッターが降りたお店の前で、ワンコと散歩に出てこられたおかあさんに遭遇。
「夜のイメージと違うでしょ?(^^) 鎌倉に来たら寄ってね。」
出会いは、旅の真髄。

c0108673_20283573.jpg


満室で泊まれなかった「ホテル・ニューカマクラ」
レストランがあれば食事をしたかったけど、オンリー・素泊まり。
c0108673_20551712.jpg

c0108673_2056850.jpg

c0108673_2056629.jpg

c0108673_21101831.jpg

c0108673_21101687.jpg

c0108673_21182218.jpg

c0108673_21182416.jpg

by mint_jam | 2017-07-20 23:52 | travel | Trackback

鎌倉紀行>>HOUSE YUIGAHAMA

c0108673_22405292.jpg


由比ヶ浜は、呑気さと洒落っ気が融合している。
提灯がぶら下がっているのに、オシャレさを感じる町って
どこか他にも存在するのだろうか。

大仏に会いに行く人の通りが多く、学生や外国人の団体が
次々と過ぎて行く。
アイスコーヒーを吸い込み、窓の外を眺める。
パラパラと雑誌をめくり、壁や床を見渡す。

c0108673_22412049.jpg

c0108673_2242923.jpg

c0108673_23203725.jpg


HOUSE YUIGAHAMA はデザイン会社が経営してるカフェで、設計室が
なんとなく見える造りになっている。
建材や塗装サンプルを、そうとは見せずに店内に張り巡らせていて
面白い。
改装欲の潜在意識に働きかけるサブミナル効果があるかもしれない。

c0108673_23144066.jpg

c0108673_23144292.jpg

c0108673_23144541.jpg

c0108673_231524.jpg

c0108673_23193183.jpg

c0108673_23272592.jpg


鎌倉には高い建物が少なく、貸しビルも少ないので、事務所を
点在させることになるのだという。
HOUSEは、魚屋さんだった店を改装しているし、
道を挟んだ向かいの自転車屋さんにも事務所スペースを借りている。
「魚文」を消しきっていないのは、町や人の暮らしの歴史を受け継いで
いるんだという気持ちを残したい現れなのかな。

スタッフが勧めてくれた向かいの鰻屋(いい匂い〜)にも、大仏を見に行く時間も
なくなってしまったけれど、それほど居心地がよかったってことやね。
鎌倉で出会った働く人たちは皆、楽しそうに見えたせいか、
神戸よりずっと、ポートランド化計画にふさわしい町に思えたのでした。

c0108673_2319125.jpg

by mint_jam | 2017-07-19 22:10 | travel | Trackback

鎌倉紀行>>材木座海岸

鎌倉旅で一番田舎(いなた)く、一番気に入ったのが材木座海岸。
手製のセパレーツの水着で泳ぎたい。

c0108673_2343817.jpg

c0108673_2334042.jpg

c0108673_234532.jpg

c0108673_2331291.jpg


結婚式の前撮りを幾度か目にした。
一生のうちの最も自己意志に満ちた結婚の記念を鎌倉の風景とともに
撮影したい。って、サイコー♪
c0108673_2374458.jpg


c0108673_23132195.jpg

c0108673_23132318.jpg

c0108673_2315113.jpg

c0108673_23145931.jpg

c0108673_23145646.jpg

c0108673_23145415.jpg

c0108673_23145293.jpg

c0108673_23145133.jpg


神戸も海の町だけど、鎌倉の海の方がより生活に密着していると思う。
永遠のサーファーボーイ&サーファーガールが似合う海。
明治時代からの歴史を背負った、浮かれていない感がしっくり。
c0108673_23172788.jpg

c0108673_23174132.jpg

by mint_jam | 2017-07-15 23:00 | travel | Trackback

鎌倉紀行>>材木座海岸へ

材木座海岸って不思議な名前。
材木座って何に由来しているんやろ?
座って楽市楽座の座?
由比ヶ浜から歩いたら30分くらいかな。

c0108673_2323497.jpg

c0108673_23232310.jpg

c0108673_23244996.jpg


眺めのいいお店が点在。
c0108673_23263681.jpg

c0108673_23263752.jpg


たばこ向かって左は対面販売、右は自動販売機。
c0108673_23263917.jpg


洗濯屋さん。
c0108673_23291681.jpg


何の提灯?
c0108673_23303638.jpg


c0108673_23303192.jpg

c0108673_2331341.jpg


オイチイチって?
検索したら、惣菜・ビール・ケータリングのお店やった。
c0108673_23332166.jpg


昭和なパン屋さん。
c0108673_23345962.jpg

c0108673_23464988.jpg

c0108673_23353047.jpg


c0108673_23465360.jpg


+++++
材木座wikiより
京都の堀川は平安時代末期より諸国から集まった木材の販売で賑わってきたが、南北朝時代頃より祇園社を本所とする左方・右方の2つの材木座が成立した。彼らは同社の神人の身分を得て丹波国や近江国、美濃国などの周辺の国々や遠く四国方面から入ってきた材木を独占的な販売権を有していた。
一方、奈良郊外の木津にも興福寺の寄人身分を獲得した木守たちが同様の座を組織していた。木津は伊賀国に近く、更に水運を経由して四国方面の材木が入ってきたため、同地を経由して奈良に入る材木を独占的に扱うことが出来た。更に奈良の地でも木津から入ってくる材木を扱う材木座が存在していた。
また、堺や鎌倉などの都市にも材木座が結成された。鎌倉市に現在も残る材木座海岸は鎌倉の材木座とつながりがあったという説がある。
by mint_jam | 2017-07-14 23:23 | travel | Trackback

鎌倉紀行>>朝ごはんとレンバイ

朝ごはんを食べに出かける。
c0108673_1973155.jpg


鎌倉市農協連即売所=通称「レンバイ」のすぐそばにある
KOBAKABA(コバカバ)で、卵(赤玉)かけご飯定食。
c0108673_195581.jpg

c0108673_197095.jpg


なんでレンバイって言うんやろ?と思っていたら、農協連即売所の略なのね。
珍しい野菜や、鎌倉(湘南)ブランドの野菜が豊富。
昭和3年から続いているという、朽ちた空気と朝の活気が魅力的。
近所の主婦に混じって、料理人が予約注文に来られているのも
いい感じ。
c0108673_1910865.jpg

c0108673_19111840.jpg

c0108673_19111611.jpg

c0108673_19111040.jpg

c0108673_1911864.jpg

c0108673_1911675.jpg


シャッターが降りた商店街を歩いていて気づいたのは、店前に植物を
置いている店が多いこと。
c0108673_19172823.jpg

c0108673_19173196.jpg

c0108673_19174033.jpg

c0108673_19174888.jpg

c0108673_19175350.jpg

c0108673_19232829.jpg

by mint_jam | 2017-07-13 23:43 | travel | Trackback

鎌倉紀行>>円覚寺@北鎌倉

北鎌倉って鎌倉からどれくらい(遠い)北にあるんやろう?
と思ったら、JRで一駅やった。
JR+江ノ電+湘南モノレール1日券700円は切符を買うのに並ばなくていいし
江ノ電1日券「のりおりくん」600円より、おトク。
時間があれば江ノ電、全駅乗降したい欲を満たせたな。

「鎌倉で観光と言えば、円覚寺だけど、改めてこないだ行ったら
やっぱりすごく良かった。」と、焼き鳥屋の店主が言っていたので
来てみたら、想像よりずっと広くてびっくり。

1282年、北条時宗によって建立。
モンゴル来襲時、戦いで亡くなった日本の武士はもちろん、敵のモンゴル人
も祀られているって、歴史で習ったっけ。

c0108673_23151096.jpg


図面も構造計算もないやろうに・・・。
木組みの素晴らしさを見入る。
c0108673_23151369.jpg


c0108673_2318415.jpg

c0108673_2318219.jpg

c0108673_23181349.jpg

c0108673_23181418.jpg

c0108673_23182273.jpg

c0108673_23182455.jpg

c0108673_23182661.jpg


不思議なことに、境内を歩いていると、質実剛健の気が満ち、鎌倉時代に
暮らしている気分になる。
c0108673_23183551.jpg

c0108673_23183747.jpg

c0108673_23183949.jpg


階段を登ると・・・。
c0108673_23251562.jpg


「当庵は非公開です
ここまでおあがりいただき恐縮でございますが
御海容を賜りますようお願い申し上げます」
格子から覗くと、心地よさげな庵なだけに、がっかり感が否めない。
私は、海のような広い心は持ち合わせていないぞ。

c0108673_23251636.jpg


c0108673_2333496.jpg

by mint_jam | 2017-07-09 23:13 | travel | Trackback

鎌倉紀行>>江ノ島が見えて来た♪@七里ヶ浜

c0108673_21511367.jpg


ハワイっぽいオッシャレなレストランがあるってガイドブックのC調言葉に騙され?!
七里ヶ浜へ。
シンコペーションで半音づつ下がっていく階段。
演劇ちっくなだな。
c0108673_21585236.jpg

c0108673_21584796.jpg

c0108673_21584596.jpg

c0108673_21584241.jpg

c0108673_2158405.jpg

c0108673_21583831.jpg


江ノ島が見えて来た。
今何時?
そうね だいたいね・・・。
サザンがデビューしたのは高1の時で、夜のヒットスタジオに出た次の朝、
教室ではサザンの話題で持ちきりやった。
意味不明な歌詞と得体知れない楽曲。
西宮市民会館でのアマチュアバンド大会のゲストに来たのね。
友達のおねえちゃんは、明星か平凡の記事にあった原坊の家に手紙を送ったら
返事が来た。って。
あれからほぼ40年やけど、胸騒ぎ世代のサザンLOVEは続き
江ノ島が見えて来ただけで、狂喜乱舞とはこれ如何に。
c0108673_21584447.jpg

c0108673_2212143.jpg

c0108673_2212849.jpg


ふむふむ、ハワイ感ね。
c0108673_2253245.jpg

c0108673_2252371.jpg

c0108673_2252432.jpg

c0108673_225299.jpg

c0108673_2252133.jpg

by mint_jam | 2017-07-08 21:43 | travel | Trackback

鎌倉紀行>>la maison ancienne(ラ・メゾン・アンシェンヌ)@極楽寺

こっちかなぁ、こっちのような気がするけど・・・。
ほどなくして、階段の麓にラ・メゾン・アンシェンヌは、こちら。
の案内を見付ける。
階段を随分と長く登ったけど、行き過ぎじゃない?
きっと来過ぎ。
自問自答して引き返す。
c0108673_2256109.jpg


見落とさないように丁寧にあたりを伺いながら登った階段を下ると、
あっ、あった。(^^;
c0108673_22572481.jpg


日本の古民家をヨーロッパの田舎風に設えたカフェ+雑貨の店という
触れ込みに偽りなし。
c0108673_2321621.jpg


爽やかな飲み心地のミント水(共飲み)。
c0108673_2322264.jpg

c0108673_2355865.jpg


厚く切った自家製の食パンにシチューを入れて焼いた看板メニュー
「ラヴィア・ラ・カンパーニュ」。
c0108673_2323032.jpg


天井のドライフラワーが印象的。
カメラ男子2人が、改造したように見えるカメラで、注文したスィーツを撮り始めた。
とても楽しそう。
c0108673_2373538.jpg

c0108673_237207.jpg

c0108673_2372296.jpg

c0108673_238610.jpg

c0108673_238836.jpg

c0108673_2385154.jpg


スタッフの方に、オーナー:ロシャン・シルバさんの服飾や飲食、アンテークや
暮らしへの思いを伺う。
阪急六甲にもお店があるんやって。
機会を見つけて行ってみよう。
c0108673_2384981.jpg

c0108673_2332623.jpg

c0108673_23384154.jpg

by mint_jam | 2017-07-07 22:51 | travel | Trackback

鎌倉紀行>>極楽寺

c0108673_2226419.jpg

鎌倉に行こうと決めて、映画「海街diary」を見返した。
4人姉妹が住んでいる極楽寺が、何もなさそうな、けどきっと好みの
町なんじゃないかと思って江ノ電を降りる。
トンネルを抜けると、そこは極楽寺だった。
c0108673_22341561.jpg

c0108673_2231938.jpg

c0108673_2237264.jpg

c0108673_22394820.jpg


極楽寺。
c0108673_22373766.jpg

c0108673_223738100.jpg

c0108673_22374045.jpg


c0108673_032035.jpg


電車と人が近いのは、嵐電や叡電@京都やトラム@リスボンだって同じなのに、
江ノ電は、特別惹かれる。
感じない人もいるかもしれないくらい少しだけ、哀愁の要素がある。
その配分の絶妙さが江ノ電沿線の魅力だと思う。
サザンの楽曲の魅力に通じる。
桑田さんが生み出す切なさの源は、この空気感やったんや。
c0108673_010277.jpg


駅置きのフリーペーパーに載っている、おすすめランチ特集にあった
店に行ってみようと記事を読み返すと、駅を出て道を下る・・・と書いて
あるけど、下る?って、この道でいいのかな?
しかも、併記地図、イラスト度高過ぎで、不案内な私には???。

・・・レトロ秘密基地・・・やって。
淡路屋さん@和田岬みたいな店かな?

c0108673_224113.jpg

c0108673_2241784.jpg

c0108673_2241565.jpg

c0108673_2241355.jpg

c0108673_03637.jpg

by mint_jam | 2017-07-06 22:26 | travel | Trackback

鎌倉紀行>>由比ヶ浜海岸

いくつもある湘南海岸のひとつ、由比ヶ浜海岸。
子供連れが多い。
カラッともしていないのに、西海岸っぽい印象なのは
サーファーが多いからかな。
駅から海岸の途中は住宅街で、外壁に貝殻が埋まっていたり
玄関先にサーフボードが立てかけてあって、漁師町じゃない
住みやすそうな海の町。
田舎でもなく、都会でもない。
駅前に大きなショッピングセンターがなくていいな、江ノ電。

c0108673_21125124.jpg

c0108673_21131293.jpg

c0108673_21131474.jpg


c0108673_21131543.jpg

c0108673_21135030.jpg

c0108673_21135265.jpg

c0108673_21135440.jpg

c0108673_21135686.jpg


c0108673_21143680.jpg

c0108673_21143837.jpg

c0108673_21144035.jpg

c0108673_21144258.jpg

c0108673_21152049.jpg

c0108673_21152264.jpg

c0108673_21152477.jpg

by mint_jam | 2017-07-04 21:12 | travel | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧