カテゴリ:f&b( 496 )

杏花村>>いつまでもあると思うことなかれ

c0108673_054687.jpg


トアロードX下山手通の西北角にあった、広東料理・杏花村の跡地が
更地になっていた。
しばらく立ち尽くし、厨房があった黒く焦げた壁を見据え
名物?!加里飯=カレーライスを思い出す。

最初に食べたのは学生時代、同級生と。
「何、このカレーライス!」
ルウはさらっと目で薄黄色、スパイス薄目。
具材は玉ねぎと豚肉。
不味くはないけど、食は広東にあり!に偽りあり、ちゃうん。(笑)

広東→香港→イギリス領→イギリス→東インド会社→インド→カレー→
食文化英国文化圏に拡散→香港→広東、の図式がグルグル。
こんなカレー、食べたことないーーー。が初めて食べた時の感想。
ところがその後、ユキさんち@与那国島のカレーを食べて、
わぁーーっ、この味、杏花村やん!!(@@)ってびっくりした。
沖縄と中国の食文化の相互往来がカレーにまで及んでいたとは。

最後に食べたのは、やはり同級生と。
2年ほど前の同級生たちが出るライブをvaritに見に行った時やった。

創業1945年。
中華街ではなく、異人館と居留地を結ぶトアロードの真ん中に店を
構えたのは、異人さん目当てだったのでしょうか。
by mint_jam | 2017-05-18 01:09 | f&b | Trackback

ワンダカレー@塩屋

c0108673_064273.jpg


塩屋に来ると、あの店にもこの店にも行きたいと思いながら
結局やっぱり、ワンダカレー。
それも、プレーンな、すじ肉with温泉卵。
c0108673_024385.jpg

c0108673_065570.jpg


細い坂道にへばりつくように建て込む住宅。
海と山の接近率が頭の中で一番かも。
c0108673_075698.jpg


厚揚げ売ってる細い路地の商店街を山側へ。
必買・ゆし豆腐もある田仲豆腐店。
c0108673_075476.jpg

c0108673_011751.jpg


30年前、塩屋に住みたいと思ったことがある。
塩屋と言えば、80年代の刷り込みが未だ消えず。
塩屋異人館倶楽部とウェザーリポートと大江千里さん。
いくつかの物件を見て回った。
当時の私には、葉山や鎌倉の心地よさと、長崎の出島のような異国感が
同居した町だった。
c0108673_012495.jpg

c0108673_0215774.jpg

c0108673_0222061.jpg

c0108673_022132.jpg

c0108673_17154697.jpg

c0108673_23394050.jpg


「こんにちは。」
小さな女の子の挨拶に0.001秒戸惑い「こんにちは!!」って、健康そうに
大きな声で返す。
今時のことやから、知らない人に話しかけないように。って指導されているんじゃ
ないの?
c0108673_17155520.jpg

by mint_jam | 2017-05-16 23:14 | f&b | Trackback

糀や DE 記者会見を

c0108673_2120186.jpg


ハルイチには行かなかったけど、「えっ、ほんまかいな?」と2度聞きするような
撮影に関する事象を当事者から教えてもらうが、メールでは機微が伝わらず、
その始終を見ていた友だちを誘って「糀や」@中崎町で質疑応答、記者会見開催。

写真撮影に関しては、一時期に比べて厳しくないような事前告知だった
にも関わらず、ステージにかぶりついてでもない位置から出演者を撮影していたら
いきなり主催者からカメラを取り上げられそうになり、挙句退場を言い渡されたという。
主催者の写真なんか撮っていないで音楽を聴けという趣旨は理解できる。
それなら退場ではなく、ひとまず喚起すればよかったのではないか。
その上、自分の演奏を撮影している人たちを咎めることなく、むしろ好意的なのは、
節操がない。
70年代から権力に反抗してきた(と思っていたけどそうじゃなかったのかも)
主催者が理不尽に権力を振りかざすなんて、残念なことやなぁ。

とうもろこしとクレソン、ツナの白和え。
しらすと塩玉ねぎ、ズッキーニ、竹輪、ミョウガの和風サラダ。
c0108673_229482.jpg


福井サーモンバジルソース。(おかわり、あり)
c0108673_22111449.jpg


まぐろハラモと塩玉ねぎの煮こごり。
c0108673_23441889.jpg


せせりと玉ねぎの味噌煮込み。
c0108673_23483576.jpg



きゅうりのぬか漬け。
c0108673_2233611.jpg


黒毛和牛ハッシュドビーフ。
c0108673_2252018.jpg


日本酒の品揃えに感服。
c0108673_22152827.jpg

c0108673_22152530.jpg


これもバックフォト。
c0108673_22163656.jpg


銘柄名に偽りなし。
山椒の瓶と韻を踏む”酔候”で酔って候。
c0108673_22131120.jpg


孔雀柄のネクタイで記者会見に臨んだ立ち飲み同行しよう会会長と
c0108673_22122641.jpg


どんだけ飲むねん!>>あるだけ〜♪の蜘蛛の巣会会員。
c0108673_2342502.jpg


件の主催者が飲みに来ているとは知らず、撃沈の私と別れた2人は天国に向かって
歩き出した。
c0108673_23164216.jpg


私たちはハルイチが好きだし、気持ちよく過ごしたい。
それは主催者だって同じだろう。
天国へろへろ掲示板への天国店主の投稿を反芻。
「春一の反省会とこれからの春一への希望がいろいろ出ました。
風太さん、参考になれば幸いです。」
c0108673_23165787.jpg

by mint_jam | 2017-05-15 23:35 | f&b | Trackback

ファーマーズ・マーケット@東遊園地

keep KOBE consumption。
EAT LOCAL KOBE、地域密着朝市:ファーマーズ・マーケット、LOVE♪
c0108673_2150061.jpg


必買の生食卵。
c0108673_21515071.jpg


季節、先取り、かき氷。
c0108673_2155242.jpg


たけのこの季節やね。
看板に偽りなし。
c0108673_221383.jpg


「騙されたと思って、食べて見て。」と言われて食べてみた生食かぶら。
騙されたと思って食べたけど、騙されてなかった。
絶品。
c0108673_2224297.jpg


こじんまりさが神戸らしくて、好き。
c0108673_21565675.jpg

c0108673_21503472.jpg

c0108673_21503989.jpg

c0108673_2158877.jpg

c0108673_2210236.jpg

c0108673_22175181.jpg

c0108673_22191334.jpg

c0108673_2219157.jpg


シュールな情景。
お犬様と花びら。
c0108673_22281787.jpg


赤ちゃんが乗っていない黒いベビーカー。
c0108673_2243669.jpg

by mint_jam | 2017-05-09 21:41 | f&b | Trackback

Bar ケネス@王子公園

ひっそりと佇むのがお似合いの、Bar「ケネス」
c0108673_0182546.jpg

c0108673_0315093.jpg


現代美術のミニマル美術館のようで、度数の高いアルコールをロックで
ゆっくり時間をかけていただきたくなる。
c0108673_0211664.jpg

c0108673_021830.jpg

c0108673_0211363.jpg

c0108673_021436.jpg

c0108673_0222874.jpg

c0108673_0223053.jpg


美術、音楽・・・精通しているものを削ぎ落とし研ぎ澄ませば
こんなBarになるのかしら。
c0108673_030526.jpg

c0108673_03087.jpg

c0108673_0302439.jpg

c0108673_0315250.jpg


トイレの水栓カランが、気を衒わないデザインで好感度大。
(^^)
c0108673_0315555.jpg


仙人に会いに訪れたいものです、いつかまた近いうちに・・・。
c0108673_0284290.jpg


そぼ降る雨、暗い夜道に彷徨う店主の名言。
「自尊心なんてのは、あれは他人のために使う言葉だよね。」
c0108673_0255361.jpg

by mint_jam | 2017-05-02 21:42 | f&b | Trackback

ポエム DE アイスコーヒー

c0108673_20172399.jpg


ポエムのアイスコーヒーを絶賛してる投稿をどこかで見て、けどそれが誰の投稿
だっかた思い出せずですが、教えてくれてありがとう。

ポエムは、漫画で埋め尽くされた壁を意に介せず
近所のおばちゃんが気軽に普段使い出来る、兵庫長田にありそうな喫茶店。

c0108673_0402752.jpg

この路地を利用する人って1日に何人いるんだろう。
ここに喫茶店があるってどれくらいの人が知っているんだろう。
ポエムはそんな路地にある。

ナポリタンは食べたことがあるから、オムライスにしてみる。
ピアノの旋律を分け入って、卵を攪拌する繊細な音や、フライパンに熱された
野太い音が小気味好く、店主と私だけがいる店内に響く。

ナポリタン同様、喫茶店の正統派の味と風格。
c0108673_20153435.jpg

c0108673_2015379.jpg


噂のアイスコーヒー。
(^^)
常連のおばちゃんがしゃべりながら入ってきた。
そして店主相手に一人芝居。
店主の合いの手も絶妙。
ええ感じや。
c0108673_20163224.jpg


c0108673_20165715.jpg

c0108673_2017127.jpg

c0108673_20171038.jpg

c0108673_20225198.jpg


守護グッズは、うなぎいぬ。
c0108673_2018448.jpg

by mint_jam | 2017-03-30 00:41 | f&b | Trackback

串かつ船越@水道筋商店街

c0108673_23553173.jpg


「私は行ったことも食べたこともない。」と妹が言う。
「そんなはずはない。」と兄たちが言う。

屋台同然の頃から、母が何十年も好んだ船越の串カツ。
初めて通された2階で、思い思いに好きなだけ注文する。

「ええっ、食べたことある。鳥肌立ったわ。この味、覚えている。」と妹が言う。
「せやろ?」と兄たちが言う。
自分が注文した串が何だったか、どれが何の串かもわからなくなり
目の前にある串を頬張る。
この光景を母は浮遊しながらほくそ笑んでいることだろう。
そう、私たちのすぐそばで。
c0108673_23552182.jpg

c0108673_004052.jpg


母と最後に来た日のことを思う。
食べ物が記憶の距離を埋める。

船越と灘温泉はセットやね。(^^)
c0108673_07719.jpg

c0108673_07141.jpg


阪神電車大石駅を北に向かえば、そこは水道筋商店街の東の端っこ。
c0108673_095522.jpg

by mint_jam | 2017-03-25 23:00 | f&b | Trackback

祝☆Bar DYLAN 15周年

c0108673_0154372.jpg

c0108673_0231641.jpg


開店時間は確か19時からだったはず・・・。
ところが下山手通から見える大きな窓にはディラン・マスターとお客さんらしき人影が。
周年だから早く開けはったのか、「いいですよー。」と言っていただく。
外は随分冷え冷えとして春はまだかな?だけど。着実に陽は長くなっている。

窓から見えたお客さんの横に座り、周年の特別価格でジントニックをいただく。
その方、なんともキュートなスーツ(上下お揃い柄のスエット)をお召しになって
いらっしゃる。
前にスライドギター用のボトルネックがあるから、ギタリストかしら?
c0108673_0245867.jpg


しばらくして私がその方を存じ上げないと察したマスターが、紹介してくださった。
「チキン・ジョージのオーナーさんです。」
えーーーーーっ。
チキンジョージと言えば学生の頃から、どれだけのミュージシャンの演奏を
見に行ったことだろう。
震災前の”第1期チキンジョージ”の頃は、お店の前にあった、ルーツに出てくる
チキンジョージ人形を何度愛でたことだろう。
あんな話やこんな話、ティンパンアレーのゲストが吉田美奈子さんだった時は
満員電車に乗っているような人いきれの中でライブを見たこととか、あんな話や
こんな話。
そしてインド旅も話まで。
c0108673_0394844.jpg


ケーキ、ごちそうさまでした。
c0108673_0411572.jpg


松本隆さんも来られるのかしら。
c0108673_0423845.jpg


19時になる。
照明が落とされ、ボブ・ディランが流れる。
c0108673_0451976.jpg

c0108673_0453429.jpg


私が吉田美奈子さんの話をしていたからだと思う。
流れてきたのは、美奈子さんの歌声。
満席のカウンター。
忙しくても、このさりげない気配りをされるからこそ
ディランを愛しているお客さんがおめでとうを伝えに訪れるのですね。
最初にホアマイさんが私が気に入りそうなお店と言って連れてきてくれたのは、
いつだったんだろう。
Bar DYLAN 15周年、おめでとうございます。
山内さんを心から尊敬しています。
楽しく気持ち良い夜をありがとうございました。
c0108673_0413445.jpg

c0108673_046520.jpg

c0108673_046675.jpg

c0108673_0475530.jpg

c0108673_0475826.jpg

by mint_jam | 2017-03-17 01:00 | f&b | Trackback

ワークショップ @写真家 :横木安良夫さんと撮り歩く中崎町 B面

おなか、すいたーーー。
ってことで、路地の奥にある中崎町にしては大バコのカフェ・バー マーブルへ。
タコライス DE 満腹ブラザーズ。
散歩はこれから。
c0108673_07464.jpg

c0108673_0293446.jpg
c0108673_025532.jpg

c0108673_0251372.jpg

c0108673_0252086.jpg

c0108673_0252519.jpg

c0108673_0253062.jpg

c0108673_0253561.jpg

c0108673_0254068.jpg

c0108673_0254515.jpg

c0108673_0291581.jpg

c0108673_0293762.jpg

by mint_jam | 2017-03-08 00:07 | f&b | Trackback

喫茶李青@河原町今出川

c0108673_0364397.jpg

さくらさんが水色の代車で連れて行ってくれたのは、 今出川下ル二筋目東入ル。
立地も佇まいも隠れ家っぽい韓国喫茶店。
さすが、ええお店を知ってはります。
品のいい調度品、照明のカサ代わりに掛けられたポジャギ。
大きなやかんが置かれたアラジンじゃないストーブ。
書籍、生け花、器・・・そして、スプーンやお箸にもこだわりを感じながら、
新鮮な有機野菜たっぷりピビンバを待つ。
わぁー、綺麗で美味しそう。
c0108673_0222443.jpg

c0108673_022810.jpg


辛さがツンツンしていないコチュジャンと混ぜ混ぜ。
ビビンバもチャンプルーの仲間ね。
セットの韓国伝統茶はいくつかあるうちから、ほんのり甘い棗茶を。
とろとろとまどろんでしまいそう。
c0108673_035506.jpg


「青」って漢字、本当は月じゃなく円なのです。
李青って、青い(若い)李(すもも)の意なのかな。
c0108673_0372349.jpg


愛用の京都の地図(エルマガジン社:アートを楽しむ京都の地図本2011)に
場所を記しておこうと出してきたら、行きたいと思たんやろね、マルが付いている。
(^^;
記事はこうだ。
伽耶琴(カヤグム)の音色の中、店主・鄭 玲姫さんが集めた白磁の壺などの
朝鮮美術品を眺めつつ、韓国伝統茶がいただける喫茶店・・・。

李青と対極にある素人料理(車窓から見学)の店・きよみ。
これはこれでどんな料理が出て来るのかそそられる。
c0108673_046359.jpg

by mint_jam | 2017-03-01 00:55 | f&b | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧