カテゴリ:art( 360 )

かくたみほ:MOIMOIそばにいる 刊行記念展@iibaGALLERY

c0108673_22325489.jpg


ビジュアル好きが講じてグラフィックの世界に入ったのち、写真家に転身した、
かくたみほさんの写真展。
今回の作品展の撮影地は、ライフワークとして撮り続けているフィンランド。
ロケ仕事をきっかけにライフワークとして訪れた四季折々を見入る、聞き入る。
本物を買って長く使う、中古品を贈り物するような非消費文化と
自然に逆らわない暮らしぶりは魅力的。

愛機:ハッセルブラッドで真四角に切り取ったサーミ族(最北緯度に住むトナカイ放牧民)の
暮らしや、湖水に反射する逆光、夏に出たオーロラが、ツボ。
自分で操作できないものを操作せず撮る快感が伝わってくる写真は、手焼きの色彩が
心地よい良い。

かくたさんからのお土産付きも嬉しく、ギャラリー・オーナー・伊庭さんの話の
持って行き方も流暢で、再びフィンランドを訪れることがあれば、北を目指そうと
思ったトークショウやった。

<かくたみほさんの金言>
写真集のページすべてにコメントがあるけれど、それは出版社の意向だそうで
「撮っているときは夢中で、言葉は浮かびません。言葉は後付けです。」

完全に真っ暗にならないフィンランドの夏の夜。
その物憂げな光が美しい。
moi!=hi!=ola!
c0108673_18212662.jpg


お土産にいただいたのは、Biokiaのドライビルベリー入りのmorisのMOIMOIサブレと
フィンランドの森で取れたベリーパウダー。
c0108673_21143051.jpg


+++++
かくたみほさんのコメント
+++++
c0108673_19231449.jpg


日本と似ているフィンランド。わかりやすい例だと靴を脱いで
生活するでしょうか。
大きなカメラをぶら下げて旅行者丸出しの私に、
道を案内してくれたり治安の良い・・・作品撮りしやすい国でした。
白夜と極夜の光と色の風景は美しく湖が鏡のようになる景色が好きです。
自然信仰の文化もあり、森や湖からの恵みに感謝して暮らす人々の
素朴な生き方にも共感を覚えました。
首都に暮らす人々も身近に群島や森があり、私も真似て長靴を
持参して森に入り、
火を囲むのがとても楽くて10年通っています。
すべて中判カメラで撮影してきたフィルムより手焼きプリントした
作品を展示します。
by mint_jam | 2017-05-21 23:29 | art | Trackback

初対面の人のスナップ@中崎町

初対面の人のスナップかポートレート。という課題に向けて
好きな服を着ている女子に声をかけて撮らせていただく。
プリンセスプリンセスの「ダイヤモンド」の
〜好きな服を着てるだけ 悪いことしてないよ〜
ってフレーズがすっごく好きで、そこだけよく口ずさむんだけど
2人を見ていたら、知らぬ間に口を付いて歌っていた。
c0108673_23435036.jpg

c0108673_005130.jpg


WARARAでナポリタン。
c0108673_041529.jpg

c0108673_0411019.jpg


ケーキは うてな喫茶店で食べようと珈琲も飲まずにお店を出たけど、満席。
チーズケーキモードを引きずって、散策。
c0108673_019573.jpg

c0108673_0443269.jpg

c0108673_0443955.jpg


トマソンやん♪
c0108673_044629.jpg

by mint_jam | 2017-05-20 23:35 | art | Trackback

糸川燿史さん「映像トークライブ」@ヴィクター

糸川耀史さんの写真展「PARIS 1973」開催中のヴィクターで
糸川さんの映像を見たり、アニメーション作家の植村泰之さんと
「私の制作の発想」というテーマで話されるのを伺う2時間。

ヴィクター、初詣。
アイコンとも言うべき、大きく活けられたユリと黒田征太郎さんの絵が描かれたコースター。
c0108673_2284995.jpg

c0108673_2285179.jpg


シリーズ「レモンセッケン#18」(主演:嘉門達夫さん)のロケ地のひとつが
ヴィクター。
店主の知子さんも出演されていて、ロケ地で見る映像というのは面白いもので、
映っているレモンのお酒が、同じ位置にあって、お客さんから大ウケ。
c0108673_21513838.jpg


有山じゅんじさんと上田正樹さんの「ぼちぼちいこか 08」や、光玄さんが初めて
天王寺動物園を訪れるレモンセッケンは見るたびに発見がある。
80年代にNHKの番組をされていたときの「天誅組滅亡の里」や、
初期のレモンセッケンは、計算され尽くしていなくて遊び心が
いっぱいあって、ワクワクする。
意味のないものを繋げていくことで、思わぬ何かが生まれる
ということを学ぶ。
c0108673_22522780.jpg


植村さんの会社は、アニメーションのキャラクターデザインで
実物を作り、映像にして、制作過程にまつわるお話と、実写に。
へーーー。ほぉーーー。
アニメーションはパラパラ漫画から脱しないからこそ
どれほどコンピュータ化が進んでも、根気がいるんだ。
植村さんのアニメキャラクラーたち。
c0108673_2223494.jpg

c0108673_2223360.jpg


映画「東京ダンシング!アフリカ」(糸川耀史監督の砂川正和さんのジャンベ
ドキュメンタリー)上映会のときもお元気そうだったけれど、この日も
興味深いお話してくださった。

スクリーンに絵を描いておられるのは貴地邦さん。
c0108673_21501858.jpg


狐の影絵は、みやこちゃん。(コン!)
c0108673_2520100.jpg


トークショーでは写真の話をされなかったので、終了後伺い感激しかり。
もうすぐ始まる糸川燿史写真展「大阪芸人ストリート」@10w gallery。
糸川燿史写真展「大阪芸人ストリート」”お笑い”が産湯やった私には
なんば花月、泣いてどうなるのか♪状態。
c0108673_21553838.jpg


俺の借金、ぜんぶでなんぼや♪

by mint_jam | 2017-05-19 23:04 | art | Trackback

サントリー山崎蒸溜所&山崎界隈

ひと樽、ひと樽に物語がある。
芳醇な香りと旨味は、樽それぞれ。
ブレンダーという職人への尊敬の念は果てしなく・・・。
c0108673_062421.jpg


c0108673_011774.jpg

c0108673_08526.jpg

c0108673_085848.jpg

c0108673_09411.jpg


ツアー内容ははシュッとしているし、有料やし、山崎グラスのお土産ないし。
しばらくご無沙汰している間に、工場見学のシステムが変わってたー。
c0108673_0161446.jpg


しびれるような香いっぱいの、琥珀色した飲み物。
誰もがご陽気になって、見学ツアー最後に訪れるお土産物コーナーで
散財してしまう、山崎ルンバ♪
c0108673_016156.jpg


毎日ブログを見ているけれど、会うのは何ヶ月かぶりの友だちが
掬い取った何かを掬い撮る。
c0108673_018544.jpg


お昼ご飯を食べようと西国街道をのんべんだらりんと歩く。
「トイレないけど、いいですか?」
「はぁ、いいですぅ。」
今までに京都で食べたお好み焼きにハズレナシ。
大阪人に対抗する気などサラサラないけれど、関西人ゆえお好み焼きを手中に
入れておきたいという複雑怪奇な京都人の思いがグルグル。
c0108673_02412100.jpg


山崎はいいとろこ。
c0108673_0253647.jpg

c0108673_0253876.jpg

c0108673_0255063.jpg

c0108673_0255869.jpg

c0108673_026310.jpg

c0108673_0311432.jpg

by mint_jam | 2017-05-14 23:47 | art | Trackback

 アーノルド・ニューマン回顧写真展@二条城

京都国際写真祭は、開催場所が京都各地に点在しているので、1日では
回り切れないけど、地図と時間を見比べて計画を立てて行くも良し、
行き当たりばったりも良し。

”マスタークラス −ポートレートの巨匠−”アーノルド・ニューマンが
撮影したポートレートが見たくて二条城へ。
会場は、二の丸御殿台所と東南隅櫓。
有名人をたくさん撮影している写真家なんですね。
被写体である有名人その方そのものより、被写体を魅力的に引き出すために
使われた背景(被写体が作った作品や仕事場など)との構図(調和)に
興味のベクトルが向く。
c0108673_020239.jpg
 
c0108673_0211063.jpg


例えば、ダリ(@アーノルド・ニューマン)。
ダリご本人が占める面積は少ないけれど、印象に残る写真だな。
機会があればアーノルド・ニューマンみたいにグラフィック的な構図で
作家を作品と一緒に撮ってみたい。
c0108673_16335451.jpg


ものすごく広い台所。
いったい何人分の料理を作っていたんやろう。
c0108673_10323150.jpg

c0108673_10323423.jpg


普段は非公開の東南隅櫓で、マリリンモンロー。
c0108673_0212326.jpg

アーノルド・ニューマン渾身の作品と思われる、マリリンの内面が滲み出る
至極個人的な1枚。
マリリンご本人は、この写真にどう感じておられたのだろう。
c0108673_10313559.jpg


コンタクトシート(画像一覧表)で選択してトリミング。
c0108673_16163036.jpg


いろんな言語が飛び交っている。
修学旅行で行くとこ、テキサス人の友達が大好きな場所ってくらいの認識やった二条城。
これほど世界的に著名な観光地とは、ソラシラナンダ。
ひとりひとりにどこから来られたか伺って、来城分析したい欲、もりもり。
c0108673_16252540.jpg

c0108673_16252666.jpg

c0108673_16252913.jpg


+++++
アーノルド・ニューマン 。
スタジオでの撮影が基本だった当時、被写体の住まいや仕事場に出向き、
仕事道具などとともに撮ることでモデルの個性を際立たせる方法論を確立した。
この展示は没後初の回顧展となるもの。
ウォーホルのポートレートと ウォーホルが手がけたBMWのアートカーが並ぶのも話題だ。

肖像写真の展示もあったアンディ・ウォホールがペイントしたBMW。
(BMWは「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」のメインスポンサーです。)
c0108673_10333493.jpg


+++++
二条城界隈でランチをしましょうね。
店名に惹かれたプラムクリークで、一食入魂:海老クリームコロッケ。
Plum Creekと言えば、大草原の小さな家でインガルス一家が住む
ウォールナット・グローブ近くにある小川の名前。
心を育ててくれた、私の大切な大切な故郷。
海老のプリプリの食感と風味が五感を刺激する。
美味♪
c0108673_042260.jpg

c0108673_04291.jpg


洋食なのに、スープじゃなくお味噌汁が付いていました。
そんな和洋折衷な二条城界隈で出会ったこの家も和洋折衷。
c0108673_20225052.jpg

by mint_jam | 2017-05-08 23:49 | art | Trackback

灘高架下OPEN FES B面@散歩しましょう高架下でも春日野道から王子公園まで♪

ボタンアコーディオンの演奏が始まりますよ。
c0108673_22293597.jpg

c0108673_22294663.jpg


どこに立ち入らせてもらっても、気持ちよく対応してくださって
このイベントを楽しんでおられるのがよくわかる。
5年ほど前にR不動産が提唱していた「神戸ポートランド計画」は、その後
進んでいるのかしら。
c0108673_22304890.jpg

c0108673_22311716.jpg

c0108673_22311254.jpg


灘の高架下らしい風景が続く。
c0108673_22362143.jpg

c0108673_22362292.jpg

c0108673_2232521.jpg

c0108673_22321825.jpg

c0108673_23153836.jpg


水道筋商店街はいつ来ても発見がある。
今回注目したのは、この2店。
c0108673_23235178.jpg

c0108673_2324367.jpg


さて、行きますか。
c0108673_23322422.jpg

c0108673_2319244.jpg

c0108673_23194651.jpg

by mint_jam | 2017-05-01 23:55 | art | Trackback

灘高架下OPEN FES A面@散歩しましょう高架下でも春日野道から王子公園まで♪

c0108673_20275848.jpg

阪急春日野道から王子公園までの高架下に会社や倉庫に混じって、点在している
独自性を持った工房やアトリエ、ギャラリー、雑貨屋など見応えあり、あり。
今日は朝から雨 嫌な天気やけど もうぼちぼち出かける時間♪
mpodには梅田からナンバまで がグルグル。
灘の高架下と言えば、今はなき猫屋猫吉と今も健在のギャラリー2001と神戸天昇堂から
情報が更新されていない私にとってはワクワクしっぱなしの「ものづくりストリート」を梯子。

黒鉄が美しいaizara's galleryにて。
c0108673_20374997.jpg

c0108673_20374620.jpg

c0108673_20374485.jpg


代表の山中さん。
c0108673_20371693.jpg

c0108673_20461589.jpg


ワインの瓶をオブジェに出来るコレ、欲しい。
c0108673_22141218.jpg


鉄、家具、革製品、額縁、雑貨・・・。
町に職人あり♪
c0108673_2042895.jpg

c0108673_2042998.jpg

c0108673_2042558.jpg

c0108673_2042388.jpg

c0108673_20425165.jpg

c0108673_20425262.jpg


空き区画を利用した飲食も魅力的♪
c0108673_22275390.jpg

c0108673_20501877.jpg


B面につづく・・・。
by mint_jam | 2017-04-30 22:32 | art | Trackback

wakkun作品展「小雨まじりの福井の雨」@ギャラリー デラ・パーチェ

福の種を蒔こう 幸せの種を 福の種を蒔こう あなたの心に♪
福の種は手から手へ、心から心へ。
wakkunの絵に込められたメッセージが心に深く染む。
c0108673_22223515.jpg


2017年、年始に逝去された日本でただひとりのポトゥ=インド式絵巻物を
自作・自演する東野健一さんから受け取ったバトンのような作品に胸が熱くなる。
wakkunと東野さんと交流の象徴となった狼、そして種。
そのバトンの片鱗をバームクーヘンの年輪のように、広がるほどに
大きく深く濃く感じる。
c0108673_22241973.jpg


3人ともメガネかけてるね。
いい写真だぁ。
c0108673_22583823.jpg


デラパーチェで一番好きな展示場所。
c0108673_22315345.jpg


c0108673_2254122.jpg

c0108673_22541853.jpg

c0108673_225464.jpg

c0108673_2310153.jpg


朝・昼・晩・・・そしてサイ。
c0108673_23101777.jpg


サイの文字がね、人が体操しているようにしか見えなくて・・・。’^^;
c0108673_22543265.jpg


ボクらは
そこに
存在するだけで
ステキ
なんや!!
c0108673_23151263.jpg

c0108673_2317285.jpg


存在はサイ。
c0108673_23173091.jpg

c0108673_22365511.jpg


wakkun、遅がけまで在廊してくれてありがとう。
素晴らしいメッセージバトンを含んだ作品を見せてくれてありがとう。
c0108673_22365677.jpg

by mint_jam | 2017-04-28 23:44 | art | Trackback

イシイアツコ銅版画展「personal reality sho2」@ギャラリーvie

イシイアツコさんの銅版画作品展の季節になりました。
c0108673_23432918.jpg


わぁ、なんだろう、今までの中で1番引っ掛かりがない。
オブラートに包まれた毒気がイシイさんの持ち味と思っていたけれど
どうしたことか、ストンと抜けて、すっと馴染む。
ほぼ年1作、作品をいただいているけれど、こんなにも持ち帰りたい候補の数が
多かったのは初めて。
それでも選ばれし1枚は、女の子、ギター、飛行機。というモチーフにすんなり決まった。

パリに住んでいるアツコさん、このたび観光地ともいえる地から閑静な地に
引っ越されたそうで、引越しにまつわるあれこれが大変で、今年は作品展が
出来ないんじゃないかとさえ思っておられたそう。
異国においては、どんなに長く暮らしていても、その国の慣習に直面すると
「ええっ、それって常識ですか?」
ってことばっかりなんやろうな。
「自分では意識していなかったけれど、心穏やかでいたいという気持ちが
作品に現れたのかも。」と。
「personal reality」と題された作品展に偽りなし。
c0108673_0192896.jpg

c0108673_0192652.jpg

c0108673_23435686.jpg

c0108673_2344799.jpg

by mint_jam | 2017-03-29 23:43 | art | Trackback

新宮晋の宇宙船@兵庫県立美術館”雨に乾杯Ⅱ”

c0108673_23563695.jpg

美術館屋内で新宮晋さんの作品展が開催されるとは。
黄色と青。
関空のフライング・モービルも黄色と青。
新宮さんの風と水の彫刻を兵庫県立美術館で。
風と水は生命体に寄り添い、エネルギーを生み、人の暮らしに寄り添う。
そんなことがよぎる展示。
新作だそうで、点数は少なく、どの作品も気持ち良く感じることが出来ました。
風がね、空調スリットから計算された風向量吹いているんだろうと思って
スタッフに質問したけど「秘密」なんだって。
「自然の風が吹いていると思って見てください。ってことですか?」って訊くと
そうなんだって。(^^;
c0108673_001387.jpg


母と同世代の新宮さん。
回顧展ではなく、近年作での展覧会とは!
発想衰えぬ精力の素晴らしさったら。
星の海。
仕事で撮影される方は、どんな絵を撮られるのだろう。
c0108673_045010.jpg


雨に乾杯Ⅱ@光の庭。
屋外に展示されている作品は写真を撮ってもいいんだって。
シャワーを浴びながら跳馬している・・・ように見えた。(^^;
A面からB面に移る時、初めて気持ちの滞りを感じなかった。
今後も光の庭、活用期待。
c0108673_06831.jpg

c0108673_061029.jpg

c0108673_061162.jpg

c0108673_062194.jpg

c0108673_062334.jpg

c0108673_063058.jpg

c0108673_063260.jpg

c0108673_065046.jpg

c0108673_17525733.jpg

c0108673_072938.jpg

c0108673_07578.jpg


新宮さんの常設作品、遥かなリズム。
c0108673_0144147.jpg

by mint_jam | 2017-03-27 23:56 | art | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧