<   2007年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Aはエイモス・ギャレットのA

c0108673_22322299.jpg
神戸ウィンターランドでエイモス・ギャレットのコンサート。
トムズ・キャビンの「聴かずに死ねるか!」シリーズです。

60歳をとっくに過ぎてるのに異国で移動しながら
5日も続けてライブをしたらきっと疲れてはるわ。
と思って行ったのだけれど、絶好調。
くちトロンボーンも受けていたし、歌も渋かったし
サービス精神を兼ね備えた職人的ギタリストのステージやった。
(ほんまに写真撮ってもよかったんやろうか・・・)

大きなエイモスの腕の中にいる赤いテレキャスターがキュート!
このテレキャスター。
「フェンダー・ジャパンのエスクワイア・カスタムの復刻モデルを
3ピックアップ改造したもの。
リアはオリジナル、ミドルはダンカンのクォーター・バウンドのストラトのピックアップ
フロントはフェンダーのレースセンサー」らしい。
ピックアップのことなど全くわからないのに
防備録を書いておきたくなるギターやった。

途中で何度もネックに「はー」と息をかけて
タオル?で拭いていたのは、何のためやろ。
ボーリングをする人がボールを拭くのを連想したけど
フレットの行き来をしやすく指を滑りやすくするためやろうか。

早い目に寝ているようやし宮崎では釣りをして楽しんだらしい。
日本中かなりあちこち行くようやから
各地でおしいもんを食べて帰って欲しいな。

c0108673_22475074.jpg

持ち込み品でも1点ならサインがもらえると書いてあったので
マリアマルダーの「ドーナツショップのウエイトレス」にサインをもらい
一緒に写真も撮ってもらった。(^^)

c0108673_22472660.jpg

縦書きにサイン!!
エイモスってデザインセンスのある人なんやなぁ。


+++++
アルファベットってABCD・・・って言う割には
「A」を(エイ)と発音する単語って少ないと思っていたら
ふむふむ・・・。
”A(エイ)は「AmosGarrett(エイモスギャレット)」のA(エイ)”
by mint_jam | 2007-05-26 22:59 | music | Trackback

芝川ビル

c0108673_23271384.jpg

淀屋橋界隈にはたくさん古いビルが残っているのだけれど
戦前、花嫁学校「芝蘭社家政学園」として使われていた芝川ビルもそのひとつ。

外観も内装もこだわりが随所に見られ建築好きには見所満載。
4階を継ぎ足して違法建築だったのを最近もとに戻したらしいです。

c0108673_23274597.jpg

ビルの中に入るとかなり温度が下がります。
エレベーターはなく階段の木製の手すりはピカピカ。

c0108673_23411854.jpg

仕事で訪れた事務所の天井。
暖炉や床のタイル、大層な装飾を施した廻り縁もそのまま残っていて
打ち合わせより内装が気になって仕方がありませんでした。
by mint_jam | 2007-05-22 23:43 | architecture | Trackback

1972年5月15日

1972年5月15日、アメリカ世から大和ぬ世になった沖縄。
その10年後、久米島に行ったとき
「今日は軍の練習があるから宿から出ないように。」と言われたけれど
状況は25年後の今も変わっていない。

c0108673_16195134.jpg

「アゼリア大正」で沖縄関連の催し
「基地!危地!奇地!で自治がなく」

佐渡山豊・新垣優子のトーク&ライブと
東海大学准教授・松島泰勝さんの講演「琉球の自治」

沖縄の経済についての話は興味深かった。
国からの補助があるがゆえに経済的に自立出来ないのかもしれない。
基地やリゾート地によって潤っている人がいるのも事実。
経済依存や開発の在り方について
グアムとパラオの開発を例に挙げていたのはわかりやすかった。

立場によって見方も変わるし
よい、悪いの基準も変わるし
沖縄に基地や産業廃棄物処理場を作ることに反対しても
自分が住むところに来るのは嫌な自分には
問題が大き過ぎるけど
機会があれば少しでも学んで心に留めておきたいと思う。


佐渡山さんが歌っては話し、優子ちゃんが歌っては話す。
という構成。
お二人は初対面だったそうだけど
優子ちゃんはいつも通り素直に話をしていたし
優子ちゃんが歌っている間
佐渡山さんはギターのボディで拍子をとったりして
とても楽しそうだった。

佐渡山豊さんの歌を聴くのは初めて。
主催の趣旨に合わせて沖縄関連の歌ばかりだったけれど
じっくり歌詞を聞き入ってしまう曲ばかりだった。
社会派のイメージあって気難しい人かと思っていたけど
すこぶる優しく明るいにぃにぃだった。

新垣優子ちゃんはレコーディング中のせいか
声に艶があって特に「月ぬ美しゃ」は、よかった。

c0108673_16201885.jpg

最後は先生も一緒に「安里屋ユンタ」や「てぃんさぐの花」(^^9
by mint_jam | 2007-05-20 16:23 | music | Trackback

COW BOOKS

c0108673_2322525.jpg

現「暮らしの手帖」編集長・松浦弥太郎がやっている移動古本屋「COW BOOKS」が
一乗寺の恵文社前にやってきた。

大橋歩さんの雑誌「アルネ」17号にCOW BOOKSが東京から地方に行って
本を販売している様子が詳しく載っていて
早く近くに来ないかなぁ。と心待ちにしていた。

効率よく収納されてはいるけれど
移動店だから車に積める本は限られている。
wakuwaku。
京都のお客さんに見て欲しい。と選んだ本はどんな本だろう。

c0108673_23193534.jpg

装丁が美しい本が多かった。
あれこれ手にとって見ているだけで時計の針が一周した。

c0108673_23324783.jpg


+++++
最近、読み始めた本はスティーブン・キングの「ドロレス・クレイボーン
慟哭の心理ミステリー・・・らしい。
by mint_jam | 2007-05-17 23:32 | book | Trackback

ディヴィッド、行かないでよ~

c0108673_23442751.jpg

ディヴィッド・T・ウォーカーは一時期よく聞いていたアルバムたちに
これでもか!っていうくらい名前がクレジットされていて
一体この人はどんな仕事の受け方をしてるんやろう?
と思うほどやった。

その頃はスタッフのコーネルデュプリーの方がずっと好きで
デヴィッド・Tは頼りないというか個性がないというか・・・。
バンド・オブ・プレジャー(山岸潤史、清水興、続木徹・ディヴィッドT・ジェイムズ・ギャドソン)
は何度もライブを見たけどやっぱり印象は変わらなかった。

それなのに今回、見に行こうとと思ったのは
東京公演を見た友達が
「インストなのにお客さんが”What’sGoing On”を歌っていた。」
とか
「今年は、Tower Of Powerを越えるライブパフォーマンスはないやろなと思っていたけど
いきなり、それに並ぶライブに出会ってしまった。」
などと日記に書いていたから。

東京公演の評判がよかったからかブルーノートは立ち見が出るほど。
弾き始めてすぐに楽しんで演奏しているのが伝わって来たし
お客さんは単にギターだけを聞きに来ているのではなく
楽曲の中のギターのグルーブを楽しんでいる感じ。

目立つことによって気持ちよくなるタイプではなく
誰かとセッションしたときに他の人の演奏を聞いて
自分のポジション(どこでどういう音を出すか)を決めて
それが楽曲としてうまく調和していることに
快感を感じるタイプのギタリストなんやと思う。

一番しびれた曲は”Loving You”
もっともっと聴いていたかった。
ピアニストがジョーサンプルやったらどんなによかったやろう。
などと思ったのでした。

David T. Walker (guitar)
Byron Miller (バイロン・ミラー bass)
Leon Ndugu Chancler(ンドゥグ・チャンスラー drums)
Clarence McDonald (クラレンス・マクドナルド Keyboards)
by mint_jam | 2007-05-15 23:48 | music | Trackback

神社の境内で小坂忠

c0108673_14353120.jpg

奈良県五條市御霊神社で鎮守の森コンサート

5月の風と美しい日本を感じながら五條へ。
大きな杜に抱かれた神社にいるとそれだけで神聖な気持ちになるから不思議。

地元のボランティアスタッフが運営していて
今年で17回を数えるらしいけど神社や地元の方の協力と理解があってこそ
これだけ長く続けてこられたんやろうな。

c0108673_14583537.jpg

地元のママさんコーラスに続いてペーニャ大ちゃんとその仲間たちの演奏。
今回初めて来られたという五條市長に「あの楽器は何ですか?」
と訊かれた。
モーリーさんの叩くカホーンのことやった。
「どこの楽器ですか?」
「たぶん南米の楽器だと思うのですが・・・。
木で作った箱で中には、くず弦とかを入れて
1箇所に穴を開けて共鳴させてて・・・」(汗)

c0108673_14545117.jpg

陽も落ちていよいよ小坂忠とまーさんスーパーセッションの登場。

小坂忠の名前など知らずに来られている「鎮守の森コンサート」ファンの
地元の方も多い。

ありがとう~さよならcolor~He comes with the glory
~機関車~HORO~・・・

忠さんは牧師さん。
ゴスペルも唄う。
神社でゴスペルも寛容に受け入れて下さった神主さんはすごいなぁ。
by mint_jam | 2007-05-13 15:04 | music | Trackback

うどん屋さんで小坂忠

c0108673_030236.jpg

小坂忠さんはいつ見てもかっこいい~~~♪
「東京も行きました!明日も行きます!」って言うたらハグしてくれはった。
トロケルチーズになりそう・・・。

c0108673_042710.jpg

+++++
・you've got a friend
・さよならcolor
・He comes with the glory
「今日は一部と二部があります。それでは一部の前に・・・」>忠さん
「え~~!一部の前に?!」>おきゃくさん
・機関車
・HORO
+++++
・Birthday
「忠さん、chuして~~」「忠さん、注意して」>お客さん
いくら関西やからって・・・べたべたやん・・・(mint心の突っ込み)
・夢を聞かせて
・夕方ラブ
・I believe in you
・アメイジング(ゴスペル)
・君はすばらしい
・セイリング
+++++
ティアズ・イン・ヘブン
What a Wonderful World

c0108673_055530.jpg

まーさんスーパーセッションのリズム隊
ベースは山本正明さんでドラムは今回も淺川ジュンさん。
メンバーはギター・仲豊夫さん、キーボード・新井まさみさん
スチールギター・長田’TACO'和承さん&P.A・泉卓爾さん。

忠さんを知ったきっかけが吉田美奈子がコーラスで参加してるアルバム
HORO」試聴出来ます。

キュ!と、まとまった音やった。
十分満足な音やったけど・・・
東京のギグを見てしまった私は「もっと!」「もっと!」と欲張りになってしまう。
それくらい東京のライブは素晴らしかったってことです。
by mint_jam | 2007-05-12 00:59 | music | Trackback

突然のお誘い

c0108673_21375362.jpg

細胞がビールで出来てる友だちに誘ってもらって
心斎橋の「うさぎや山本」で快飲。

正当派の友だちはエビスビール。
私は生ギネスは泡がまったりとクリーミー!
「いそっ子」という海草焼酎は少しぬるっ!

c0108673_21431640.jpg


食べるものも噂どおり美味しかった!!

かつおのたたき
豆いろいろかきあげ (写真)
桜えびと根三つ葉チヂミ
ゆで豚と野菜の生春巻き

いっぱい食べていっぱい飲んでたっぷりどっさりしゃべったら
はぁ~いい気分♪♪
by mint_jam | 2007-05-10 21:51 | f&b | Trackback

9th Waltz

c0108673_212431.jpg

南船場にあるライブハウス「ペーニャ」9周年のお誕生日会。
店主・大ちゃんと
ペーニャ大好き!音楽大好き!なお客さんの熱い思いに支えられて
10年目を迎えたペーニャ。

ハルイチが終わって行ったらちょうど「ペーニャ~ず」の演奏が始まるところやった。
75~85年くらいに流行った「ザ・ベストテン」な選曲で
メンバー全員が、なりきって演奏を楽しんでいるし
早替わりで衣装を変えたりして
耳で目で楽しめるこのバンド、初めて見るけど、私好みや~。

c0108673_22211529.jpg

ペーニャを支えているスタッフ。
ともちゃん・えりちゃん・あやのくん。
ともちゃんとえりちゃも「ペーニャ~ず」を楽しんでいる。
笑顔、笑顔、いい笑顔。(^^)

c0108673_2291892.jpg

中に入りきれないお客さんは外で飲んでいる。
お客さんの中には普段ペーニャで演奏してるミュージシャンもいっぱい。

店の中にいたお客さんはみんな歌って弾けていた。
~そうさY・M・C・A~
~憂鬱など吹き飛ばしてキミも元気だせよ~
by mint_jam | 2007-05-08 22:27 | music | Trackback

老いてこそROCK 老いてこそハルイチ

c0108673_214315.jpg

窓の外を見ながら「雨やなぁ。」
前売りチケット見ながら「買うたしなぁ。」
「行こうかなぁ・・・やめとこかなぁ・・・。」

迷っているところにたつやさんの効き目抜群の言葉が!
「雨やし座席空き放題やあ
去年友部さんが言ってた
(雨のハルイチは)音楽聞きに来るもんだけが来る日やな」

c0108673_22201319.jpg

勇造バンドは4曲。
朝からの雨を受けて♪マンゴシャワーラブレター
社会派・勇造さんらしく♪この国で列車を走らせる男たちの歌
新曲♪夢で会いたい
イントロを聴いたファンが「これを聞きに来たんや~」と声援
♪老いてこそROCK

c0108673_21533351.jpg

最終日の見どころは、すっかりお馴染みになった「ハンバート・ハンバート」。
バンドスタイルで、マンドリンの宮崎かっちゃんもゲストで参加♪

そこに次々と現れる大御所シンガーソングライター。
金森幸介♪旅の終わり
リクオ♪オールドシューズ
中川五郎♪父の日
大塚まさじ♪プカプカ
友部正人♪と、いとうたかお♪は・・・何を歌ってたっけ・・・。(><)
加川良との♪夜明け は特に聞き応えがあったなぁ。

ハンバートX2の持ち時間はかなり長かった。
贔屓し過ぎだとも思うけれど、きっと主催者のお二人は
ハンバートX2とフォーク大御所とのセッションが見てみたかったんだね。
1970年代に「春一番」を始めた時と同じ我侭を通していることが
ゴールデンウィークの予定をハルイチで埋め尽くしている人たちを
魅了しているんだと思う。

テルテル坊主が揺れるのもむなしく1日中雨やったけど
ヒポ仲間のゼリキャシ夫妻がテントを張ってくれていたおかげで
最後まで濡れずにすんだ。
餅つくモノは杵と臼。
持つべきモノはヒポ仲間。(^^9
by mint_jam | 2007-05-07 22:25 | music | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧