<   2009年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

フェンスの向こうの大阪

c0108673_22504851.jpg

見慣れた風景が目の前にある

フェンスの向こうの風景がそのまま心象風景になる

10年・・・12年・・・そして18年と
人と人との付き合いも
ウイスキーのように熟成するのだろうか
by mint_jam | 2009-10-31 23:32 | other | Trackback

サントリーな1日・・・ウイスキー編

山の緑の背景が美しい工場「山崎蒸留所」(since1923)に到着。
今回は有料イベント「オードブルを愉しむ山崎」に参加。
c0108673_0474598.jpg

まずは、ビール工場に続きこれまたサントリー・ラブ♪な方の案内で
ウイスキーの仕込み→発酵→蒸溜→熟成の工程を見学。

いろんな形をした蒸留釜
c0108673_0481412.jpg


樽で60種類以上の原酒を作っているんやって。
いい香り~~~~!!
ここで眠りたいよぉ・・・。(^^)zzz
c0108673_049461.jpg


そしていよいよ飲み方教室。
山崎10年、12年、18年&白州12年をストレートで飲み比べる。
初めて飲む18年・・・。
うぅ~~~ん・・・まろやか・・・。
とろけそう・・・。

~”マリアージュ”のお品書き~
手造りハム&黒豚ベーコン
チーズの味噌漬け
胡麻豆腐 わさび添え
c0108673_0513542.jpg

花野菜のデップ 
醤油豆 胡瓜の器に
鰤の照り焼き 白葱添え
一休こんぶ おにぎり
焼き柿
チョコレートジャム バケットとともに
c0108673_0502048.jpg


教わりながら作った水割りやソーダ割り(ハイボール)と一緒に食べると
美味し過ぎて友だちと来ていることを忘れ、しばし無言・・・。

最後は山崎の工場が目の前に見える”ラウンジさくら”で、まったり。
美味しい料理を前にして再び食欲を取り戻す。
c0108673_052531.jpg


サントリーな1日をたっぷりどっさり堪能。
ウイスキーの語源は、アイルランド語で「生命の水」の意。
伝授してもらったウイスキーのいただき方(サントリー流)。
復習しなくては。
by mint_jam | 2009-10-30 00:52 | f&b | Trackback

サントリーな1日・・・ビール編

魅惑のシングルモルトウイスキー。
その奥深さを教えてくれたkeikoちゃんとbrowneさんと
山崎蒸留所」に行こう♪ということになり
ご近所のカンチさんも誘ってGO!

せっかくなら「京都ビール工場」にも行こう♪ということになり
午前集合で工場見学→ザ・プレミアム・モルツの試飲会へ。

サントリー・ラブ♪なお姉さんの丁寧な説明からは
ビール職人の熱い思いやこだわりが伝わってきて
日本のビールを誇りに感じる。

見学が終わり、いよいよ1人3杯まで~の試飲タイム。
銘柄は”ザ・プムレミアム・モルツ”と”モルツ”

1杯目はザ・プムレミアム・モルツ。
グラスから透けて見える泡がふわふわ!!
色も美しい!!
c0108673_23592134.jpg


ひとくち・・・。
うひゃぁ~~~~~美味しい~~~~~!!
岩清水のよう・・・。
こんなに美味しいビールは初めて・・・かも・・・(絶句)

すべての飲み物の中で1番美味しいのは岩清水だと思うけれど
まさに、そんなビールや!!!(興奮)

”プレミアム”は作り込み過ぎ。
普通の”モルツ”の方が好き♪”>と飲みっぷりのよいkeikoちゃん
c0108673_23595563.jpg


”キッチンゆいかじ”でランチ。
c0108673_03640.jpg


サントリーを絶賛して、すぐにアサヒか!とツッコミつつ
いつ訪れても美しい「アサヒビール大山崎山荘美術館」へ。
c0108673_033568.jpg


c0108673_043558.jpg

英国気分に浸れる2階のカフェでゆったりコーヒーを飲みながら
モルトの世界に続くはずやったのに
面舵いっぱい!話題は全く別の方へ。
とどめはカンチさんの”ヒット発言”
面白過ぎてイスから転げそうになる。

伝授してもらった”泡とビールが3:7”になる注ぎ方。
復習しなくては。

続く・・・
by mint_jam | 2009-10-26 23:58 | f&b | Trackback

ホノカアボーイを200文字で薦める

会社の(というかグループの)社員向け広報誌におすすめの本について書いて~”
と頼まれた。

”原稿のお願い”を読むと
”読書の秋にちなみ、おすすめの1冊をご紹介いただき
おすすめの理由、その本にまつわるエピソードなどで構成し
社員の方々にも読書への関心を持っていただければ・・・。
で、文字数が200字程度・・・?!

お奨めの本は「ホノカア・ボーイ」とすぐに決まったのだけれど
書きたいことがいっぱいでワードで文字カウントをしていると
あっと言う間に200文字突破。

推敲しなくては・・・う~~~ん・・・。

困った、困った、こまどり姉妹。(><)
エッセイストって常にこういう状況なんやろうな。

200文字を少しオーバーしたけど提出。
c0108673_0263768.jpg

+++++
旅は自分と向き合う時間と自由な気持ちを与えてくれる。
「ホノカアボーイ」は、大学生の玲雄(レオ)が
旅で訪れた日本人移民の町、ホノカア(ハワイ島)で
映写技師として過ごした日々の物語。
チャーミングで料理上手なおばあちゃん、ビーさんと玲雄が紡ぐ
人間愛とも恋とも言いつかない交流を通して
言葉で伝えることの大切さや自分の居場所に気づかされる。
ビーさんが玲雄のために作るご馳走・・・
玲雄が上映する映画・・・
ホノカアに暮らす人々・・・
そのすべてが愛おしく、読めば心がひたひたしてくる。

吉田玲雄:著(幻冬舎文庫)
by mint_jam | 2009-10-25 00:34 | book | Trackback

「ろうそくいっぽん」と「世界一のパン―チェルシーバンズ物語」

c0108673_0162196.jpg

市居みか絵本原画展@「ギャラリーVie
「ろうそくいっぽん」と「魔女ドッコイショ・・」の絵本原画を中心に
水彩、アクリル、ガラス絵、版画の作品など。

市居みかちゃんの絵を見ていると
絵本が大好きだった子供の頃に戻れてしまうんだなぁ・・・。

既刊本の中に「世界一のパン―チェルシーバンズ物語」という
大人向けの絵本(箱に入っている!)がある。
信州・小布施町でパンとお菓子の店「小布施岩崎」を営む岩崎小弥太さん(85)が
60年ほど前から作り続けているパン”チェルシーバンズ”の物語で
絵はもちろんのこと、ルポを基にお話もみかちゃんが書いていて
いい仕事をしているなぁ。って思った。

正面に飾られた”にぎやかな森”というタイトルの絵は
朱に近い赤とドジャー・ブルーに近い青の2色だけで
他の作品と色のトーンが違っていて
今は、はっきりした色に反応してしまうせいか
いつまでも見ていたい絵だった。

その絵には赤丸が付いていた。
自分が気に入った絵を誰か他の人が買うほど気に入ってたいのだと思うと
とても嬉しい。(^^)


ギャラリーVieがある海岸ビルヂングは、趣があって
いつ行ってもわくわくする
c0108673_0205473.jpg


北からの穏やかな光が差し込む共同の炊事場
c0108673_0254158.jpg


新しいお店が出来たり、気に入っていたお店がなくなったり・・・
c0108673_0274863.jpg

by mint_jam | 2009-10-24 00:29 | art | Trackback

地上の花、天上の色

c0108673_01971.jpg

宮っ子には子供の頃から馴染み深い
大谷記念美術館」で始まった写真家:蜷川実花さんの回顧展的巡回個展。
待っていました!!
蜷川実花展~地上の花、天上の色~
c0108673_0195470.jpg


実花さんのテーマである花、旅、金魚、人物の写真に囲まれ
実花ワールドに抱きすくめられた感じ。

毒さえ持ち合わせている色のぶつかり合い。
絵画では表現できないpicture。
ひと目で実花さんの写真だとわかる色彩。
湧き出てくるイマジネーション。

色の編集はしていないらしいけれど
どうやったらこんなにパキっと撮れるのだろう。

初期のセルフポートレート(ヌード)を見たときから
ファンなのだけれど、今、改めて見てみると
ものすごく挑戦的な写真だな。

そこに書かれていたテキスト
~あの頃の私の心の中は、いつもざわざわイラついていた。
今あの頃の私に、少し嫉妬する私がいる~


美術館の美しい庭
c0108673_0211150.jpg

岡本太郎の”午後の日”
c0108673_0222234.jpg


開催中のチケットを前売り価格で販売している喫茶館ポプラも
香櫨園小学校も記憶の中のままだった
c0108673_028136.jpg

by mint_jam | 2009-10-22 00:35 | art | Trackback

1年分

c0108673_0205989.jpg

恒例になりつつある
勇造さんと仲くんの「音屋景気屋」ライブ。
年を重ねるごとに
いい音を吸い込んで心地よいハコになってきている。(^^)

今宵の勇造さんは演奏前から艶っぽい。
c0108673_2352568.jpg


勇造さんは仲くんがどんなに弾いても
歌えなくなることはないし
むしろ”もっと弾け~”って煽って
楽しんではる感じ。
客席からは可愛い声で”巧いなぁ~”
そして”トヨオ~、アイシテル~”と野太い声援が!(^^:
c0108673_23554526.jpg


去年の勇造ライブ@音屋景気屋でも
”1年分弾いてる~”って思ったのだけれど
今年も1年分弾いていた。>惚れ惚れ。

”さぁもういっぺん さぁもういっぺん”
仲くんも歌っている。
この場所は特別なんやろか?
c0108673_23561755.jpg

c0108673_23583612.jpg


1年分と言えば
子供の頃「がっちり買いまショウ」という素人が買い物ゲームをする番組の賞品に
”カレー(箱です)1年分”というのがあって
カレー1年分ってどれくらいやろ?って思っていたけど大人になった今も謎。

さくらさんのレポはこちら⇒「音屋景気屋
c0108673_044156.jpg

by mint_jam | 2009-10-20 23:56 | music | Trackback

キャンプだホイ>ガリバー旅行記・・・その2

あかやん提供の肉厚マツタケ11個をかけて
真剣勝負のビンゴ大会~♪
”ビンゴ~シュート!”で大活躍のアユとハル
c0108673_21162861.jpg


夜になると外は冷え冷え
”アルコール飲んで、あったまろ!”って
昼間っから飲んでるやん!!

ロッジに入って、ジャムセッション♪

タケQ+井山くんに囲まれて気持ちよさそうに歌うみーちゃん
c0108673_21171322.jpg


次に出てくるミュージシャンはチューニング中の様子
そんなちょっとした時間でさえも笑いの渦に変えてくれ井山くん
生恵幸子師匠の着物の所作までコピーしているゾンビを相手に
人生幸朗のぼやき漫才ネタで大爆笑
”このどろ亀!”
”おかあちゃん、ごめんちゃい”
c0108673_2204641.jpg


ハモったり、踊ったり、歌ったり、笑ったり、壊れたり・・・
c0108673_2215356.jpg


仲くんがオベーションを弾いている
c0108673_2244043.jpg


sighちゃんもバイオリンを取り出して・・・
c0108673_22104884.jpg


宴はまだ続いていたけれどオネムが入ったからお布団へGO!
熟睡
目を覚ましたら、もうみんなお布団を上げて活動していた
(@@)
c0108673_2222281.jpg


”ホイ”って漢字変換すると”宝飯”って出てくるんだね~。
美味しい食べ物と好きな音楽とお天気と・・・
なによりも一緒に遊んでくれた仲間に感謝!!

ガリバー村は、とっても素敵なところだった
ワニ夫妻、お世話になりました
ご馳走様でした&どうもありがとう♪

結局誰も使わなかった赤いドアが可愛いロッジの正面玄関(^^)
c0108673_22241176.jpg

by mint_jam | 2009-10-14 22:33 | travel | Trackback

キャンプだホイ♪@ガリバー旅行記・・・その1

ワニ家主催の”キャンプだホイ”
”場所が変わってもメンバー同じなメンバー総勢約30人が
滋賀県にある「ガリバー青少年旅行村」に集合♪

巨人のモニュメントに迎えられて早くもガリバー気分高揚
(^^)
秋晴れに恵まれた空を見上げたら琵琶湖みたい
”申し訳ないが気分がいい”ってこういう時間を言うのかしら・・・の始まり、始まり・・・
c0108673_140415.jpg


既に来ていた仲間はwelcomの挨拶代わりに”只今、お米待ちやねん~~~~”と

新潟から新米を持って来てくれるはずの「シオン」一行の到着がまだらしい
c0108673_130332.jpg

と、その時、シオン到着~♪
”来たぞ!来た!来た!!お米が来た~~~~!!!”
c0108673_0581924.jpg

新米やぁ(^^)

仲くんが作ったかぼちゃの1品やら
あかやん夫妻が提供のビッグな松茸やら猪肉やら
ゼリキャシ夫妻提供の茶美豚のベーコンやらを焼きながら
キャンプのハイライト”食の祭典”の開催を待つ
c0108673_1334081.jpg

c0108673_14432.jpg


”食の祭典”は、お題目にそくした料理を
エントリーした料理人が作って、食べたみんなが評して優勝者を決めるのだけれど
今回のお題目は”on the rice”
c0108673_132294.jpg


本わさびとお造りぶぶ漬け(たけQ)あり、リコピン&カルシウムたっぷりトマト+ジャコ(シーガン家)あり
新潟丼:筋子(シオン)あり、肉ごぼうすき焼き風(キャシー)あり、煮卵豚バラ(ワニ家:sighちゃん)あり
魚のすり身(ゾンビ夫妻)あり・・・
あ、忘れたらあかん・・ニラ入りカレー(ワニ家:井山くん)あり!!

新米が美味しくて”優勝はお米~!!”気分
c0108673_161348.jpg


どれもがon the rice”=どんぶりの枠を超えた自由な発想で甲乙付け難いぞ
結果は↓
c0108673_1434114.jpg


どれもこれも作り方、教えて~な味で
迷った、迷った、マヨネーズ(><)の末
mintはsighちゃんに入れた~。

番外編、かおりさんのお味噌汁も美味!!

優勝はキャシーのすきやき丼♪
審査委員長、仲くんによる心ある総評のあと
貰った時は嬉しいけど家に持って帰ると置き場に困ると評判(^^)のトロフィー授与
c0108673_1144181.jpg

後半に続く・・・
by mint_jam | 2009-10-14 01:26 | travel | Trackback

つよしゆうこ meets 中野真典

兵庫県庁近くにある「ギャラリー・サーカスサーカス」と
その近くにある「みみみ堂」(カレー屋さん)で
同時開催している銅版画家「つよしゆうこ*EXHIBITION」へ。

c0108673_0533658.jpg

「サーカスサーカス」は今までに見たことがある作品が多かったのだけれど
その中に大きな森の中を描いた銅版画があって
この絵はどこで見たんだろう・・・。と思い出そうとしていたら
「番画廊に連作で出していた。」と、つよぴは言った。
それは震災後程ない頃やった・・・。


2人で「みみみ堂」にいると画家の中野真典さんが
つよぴに会いに来られた。

初めてお会いする中野さん。
つよぴは東京まで個展を見に行くくらい
中野さんの作品が好きなのだそう。
(どんな絵を描くんやろ?)

寡黙だけれど、やりたいこと、好きなこと、好きなものがはっきりしていて
それが容姿(顔とか身に付けている物とか)に現れていて
”うわぁ~アーティストや~”って思った。

中野さんは、つよぴのカエルの作品(新作)を見ながら
「僕が絵本の編集者やったらすぐに絵本にするのに・・・。」
と言った。
好きな作家さんにそんな風に言われて
中野さんが買ってくれた絵本にサインするつよぴはとても幸せそうだった。
c0108673_046184.jpg


チキンカレーと野菜のカレーと魚のカレー。
3人で「みみみ」の美味しいカレーを食べた。
そしてワインを飲んだ。
c0108673_0474436.jpg


家族であっても
すべての側面を知っているわけじゃない。
本当はそんな風に思っていたんだ・・・。
と何年も経ってわかることもあるんだな。
と思ったり
お互いの作品に敬意を払えるっていいなぁ。
と思ったり
絵を描くということの深さを感じたりした。
c0108673_054599.jpg


次回の中野さんの作品展は見に行きたい!
by mint_jam | 2009-10-08 00:46 | art | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧