<   2010年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

twitter>>それでぼくは「つぶやき」をあつめて(5)

青空を駆けたいんです。
青空を。

<<11月のつぶやき>>

吉田美奈子さん
「夢の乱入者バンドスペシャル」@森ノ宮ではストーンズの「サティスファクション」を
「斎藤ノブ還暦ライブ」@渋谷では「夢で逢えたら」や「レインボー・シー・ライン」を歌ったそう
うぇ~~~~ん・・・聴きたかったよぉ~~~!!


「この商品を買った人はこんな商品も買っています」で
「パリの女」が「書物復権」によって再刷されていることを知る
古本屋さんでもオブジェ化(非売品)していたほどの絶版書
ずっと欲しかった1冊♪
奥付には「第2刷」と書いてある
「2版」じゃなく「2刷」ってとこに感じ入る


「一日の終わりに反省しない」
一日を振り返って反省なんかするとろくなことにならない
なぜなら単に疲れているからだ
さっさと寝るにかぎる
シンプルで気持ちいい!
>>「超訳 ニーチェの言葉」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)の懸案タイトルは
「明るいニーチェ」やったらしい


「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」
本来の企画やったキューバとマリの音楽家たちの共演アルバムが14年の時を経て遂に完成!!
HMVの記事 →  


ヒデマロさん作?! 
「晴飲雨呑」・・・先人に教えてあげたい四文字熟語や~


アメリカ古絵本屋「ファビュラス・オールド・ブック」で
グラフィック・デザイナー、ソウル・バスが絵を描いている希少な絵本
「アンリちゃんパリに行く」を見せてもらう
配色にリズム感があって、アンリちゃんがトコトコ歩いている様子がキュート!
初版は1962年♪


鯖ドン家@神戸で引っ越しパーティー
そのまま朝を迎える
広いリビングで本を読みながらふたりが起きてくるのを待つ
昨年オースティンで過ごしたサンクスギビングディと同じ光景
ターキーは食べなかったけれど食の収穫に感謝
心を豊かにしてくれる友だちにも感謝


「赤いきつねと緑のたぬき」
なんで赤のきつねと緑のたぬきじゃないの?
「赤」には「赤い」という形容詞があるのになんで「緑」には形容詞がないの?
そう言えば「紫」にも形容詞がないね
アメリカ人のドンに言われて初めて気付いた
ま、とりあえず歌おっか
「あ~かいきつねとみどりのたぬき」
c0108673_00166.jpg

by mint_jam | 2010-11-30 23:47 | twitter&いえるいえる | Trackback

廣川さんがやって来た ヤア!ヤア!ヤア!

「行けるかも。」
マレーシアに住んでいる廣川さんから出張で日本に行くから
関西で会えそう。と連絡をもらう。

一緒に行きたいところがいっぱいあってアレコレ迷うも
冷日本酒好きの廣川さんには灘のお酒を飲んでもらいたくて
「ライオン堂」@御影に行くことにする。

待ち合わせというか迎え撃ちというか。
ホテルの送迎バスの窓越しに廣川さんを見つけ
ブラウンさんそっちのけで、はしゃぐ。

「阪神に乗るのは初めだよ。」
「かんべむさしの「決戦 日本シリーズ」を思い出したよ。」
「甲子園ってドームになったんだっけ?」
などと言っているうちに御影に到着。
c0108673_23574471.jpg


「おかえりなさい。」とmintが言うと「”ようこそ”と言って。」と返される。
国籍は日本だけれど生活の拠点はマレーシア。って気持ちなんだね。

「また、おあずけ?」
と言いながら廣川さんも撮っている。
c0108673_2358970.jpg

メニューを見ながら次に飲むお酒を選ぶ。
日本酒の銘柄の横に地方の名前が書いてあるのやけど
「魚崎」「御影」に混じって「新在家」の文字発見。(←灘とか東灘でまとめていないんや!!)
c0108673_0141423.jpg

c0108673_0153830.jpg

c0108673_016242.jpg

c0108673_0162326.jpg


「mintの掲示板に”肉骨茶は生理痛にも効く”って書いたやろ?」
ほんま、何を書くねん!とbrowneさんとmintがあきれていたら
すかさずサバーイさんが
「勇造さんのマリファナって歌に”生理痛に効く”って歌詞があるよね。」
と。
あの書き込みには伏線があったんや。
「マリファナ」は聴いたことがないな。
~まだまだ聴いたことのない曲がある俺がいる~
(字余り)

目の前には濁り酒と雲丹と牡蠣。
c0108673_0173068.jpg

c0108673_09083.jpg

c0108673_094930.jpg

そして隣にはドン。
c0108673_01425.jpg


二軒目は片山さんも加わって「m's Bar」へ。
ターンテーブルには廣川さんが好きなライ・クーダーのアルバム「紫の峡谷」。
初対面だった本の作者と読者は、もっと話がしたかったやろうな。

楽しい時間は新幹線と同じくらいのスピードで過ぎていく。
c0108673_125334.jpg


廣川さんの日記 → 「ライオン堂」と「m’s Bar」
browneさんの日記 → 着物とたこ焼き♪
by mint_jam | 2010-11-28 23:55 | f&b | Trackback

鯖丼パーティ >> 「one for the road」の巻 

サバーイさんとドンの「神戸に引越して来たよパーティ」!

日本に住んでみよう!という嬉しい計画を聞いたのが1年前。
そしてそれは今年の夏、神戸で現実となったのだ。
(^^)
c0108673_22123893.jpg

残業してて随分と遅れて行ったら、みんなすっかり和んでいた。
栄さんの音頭で”カンパイ~!!”
c0108673_21562988.jpg

栄さん、su-yan、しのやん、サバーイさん、みーちゃん、みんみん、まゆ吉、mint
場所が変わってもメンバー一緒な私たちって「S」「M」率が高い~♪
c0108673_225851.jpg

c0108673_222113100.jpg

c0108673_22144481.jpg

「これ、美味しいで~」
着くなり、みんなが薦めてくれたトルティーヤスープ
c0108673_2131622.jpg

まだまだ美味しいものが出てきます
タイ風サラダ
c0108673_228885.jpg

「あ、ワカモレが来た!来た!!」
c0108673_22202833.jpg

トルティーヤにお肉を包むの?!
c0108673_2223127.jpg

お口まで運んでもらって小鳥になってる栄さん
c0108673_2242183.jpg

2ショットあれこれ
c0108673_2151515.jpg

c0108673_22312934.jpg

c0108673_21531314.jpg

c0108673_21534328.jpg

鍋ふり愛ちゃんが作ってくれた「鯖丼」
c0108673_215587.jpg

ドンに教えてもらった「one for the road」って言葉。
「別れを惜しんでもう1杯飲もう!帰る途中に酔いが醒めぬようにもう一杯飲もう!」
意味なんやって。
じゃぁ、one=cup of sake or a glass of whisky ね。
(^o^)

ドンとサバーイさんの暖かいおもてなしに感謝!!
ご馳走様でした!!

英語が話せるかどうかじゃなく話したいことがあるかどうかなんだよね。
みんなドンと話したいことがいっぱいあるのよ。
だからね、しばらくは神戸にいてね。
c0108673_22181270.jpg

su-yanの日記→「101124 サバドン宅でホームパーティー
browneさんの日記→「ONE FOR THE ROAD パーティー♪ 」
by mint_jam | 2010-11-27 21:36 | f&b | Trackback

こんぴらさん

c0108673_21572150.jpg

職場からちょっこし歩いて「こんぴらさん」に到着♪

来た、来た!!
c0108673_227434.jpg


天かす、おネギは入れ放題~
入れ放題 ヨレヒヒ~

わかめ と お揚げは別料金~
c0108673_21585121.jpg

by mint_jam | 2010-11-23 22:03 | f&b | Trackback

「ネパール大使館」は、となりの人間国宝さん

c0108673_23541122.jpg

関西TVの番組「よ~いドン!」の名物コーナー「となりの人間国宝さん」にツヨピが出た、
六甲界隈ロケ時に映っていた「神戸ネパール大使館」

自動車修理屋さん?の裏にあって(行け行けになっている)とってもそそられる”スチエーション”
青く塗られた外壁。
階段をちょっこし登って扉を開けたらそこはネパールか?!
(^^)

チキンカレーとベジタブルカレーの二種盛り。
クリーミーでスパイシー。
美味しいぞ!!
ナンもチキンティッカも美味しいぞ!!
c0108673_0114796.jpg


作ってはるのは「ポカラ」出身のネパール人。
今までいろんなインド系の国でカレーを食べたけど
ポカラでも食べたけど
こんなクリーミーなカレーは食べたことがないな。
しかもカレーのルーの味の差がわからない。>>同じなんかな?
(謎)

「となりの人間国宝さん」のステッカーが貼ってあったけど
お店のネパール人たちはこのステッカーが関西では自慢の逸品やということが
よくわかっていないようやった。
(笑)
by mint_jam | 2010-11-23 00:21 | f&b | Trackback

マン・レイ 無頓着、しかし無関心ではなく@国立国際美術館  

序章は「無題:マン」
青いセロファンにマジックでMan中央で横に分断された青いセロファンのハートマーク
その上に書かれた「man」の黒文字がお出迎え♪
c0108673_12225318.jpg


ヨーロッパを巡回した「Man Ray:Unconcerned But Not Indifferent」に
絵画作品や、オブジェ、デッサン、映像・・・。
70点の作品を加えて、たっぷりどっさり見応えありの展覧会。

会場はニューヨーク(1890-1921)・パリ1(1921-1940)・ロサンゼルス(1940-1951)
パリ2(1951-1976)の四つに区切ってあって
時代に沿ってマン・レイ作品(興味のあった物や技法)と人生(友だちや恋人)のストーリーが
感じられる興味深い展示。

自分で制作した作品の記録(撮った年・技法・素材等)した
「インデックス・カード」(会場にあったのは複製なので見放題)と称された「単語帳」を作っているのだけれど
なんだかお笑い芸人のネタ帳を見せてもらった感じ。

彼の写真は絵なのだ。
魅力的に感じた気持ちをどう写したいかがわかっている。
だからピントがぼけている写真でも作品として成立するんじゃないかと思った。

愛するキキの背中をバイオリンに見立て、二つの「f」を描いた「アングルのバイオリン」>>美しい。
c0108673_11514339.jpg

「リー・ミラーの脚と二人のミゼット」>>こんなん好きやな。
c0108673_1254034.jpg


写真は芸術じゃないと言われていた時代だったからか
マン・レイは「写真家」と呼ばれたくなかったらしい。
せやけど作品のほとんどが写真で
しかも自分で技法まで編み出したりしているのに何と呼んで欲しかったんかな?
例えば入国審査の時に出す書類の職業の欄には何て書いてたんやろ?
(謎)

技法、それは「ソラリゼーション」だったり「レイヨグラフ=フォトグラム」だったり
カラーの色彩定着技法だったり。

「白と黒」のイメージが強いマンレイだけど今回、初めてカラー写真を見た。
その作品たちは意外なほど、どれも小さい。
満足のいく色を出すために自ら色彩定着技法を編み出して撮った
「花を持つジュリエット」は貴賓があって神々しい。
c0108673_1222685.jpg


マン・レイはいろいろなジュリエットを撮っている。
それだけモチーフとしても魅力的やったってことやね。

ジュリエットがマン・レイが愛したアトリエでインタビューに答えている。
「マンレイは孤高に作品を作っていたけど私にはそばにいて欲しかったみたいね。」

Unconcerned But Not Indifferent
「無頓着、しかし無関心ではなく」
展覧会のタイトルになっているこの言葉は
マン・レイの墓碑銘に刻まれている言葉なんやって。

いっぱい恋愛してもなお恋愛して
「そばにいて欲しい」と思う女性と一緒のお墓に入って
幸せやったんやろな。
きっと。(^^)♪
by mint_jam | 2010-11-20 12:05 | art | Trackback

至福のホットケーキ

c0108673_23425838.jpg

「六甲八幡神社」のすぐ近くにある私たちのオアシス「月森」。
c0108673_2340784.jpg


誰の何の邪魔にもならない
けれど「月森」にいることを意識させてくれるバイエルの調べ。
カチカチと時を刻む窓辺のゼンマイ目覚まし時計。
c0108673_23465981.jpg


あちこちある本は自由に読んでいいのに
ブックカフェのテイストではなく、あくまでも喫茶店。
だからタバコも吸える。

こだわりが感じられるテーブルも椅子も本も食器。
そしてそれらが置かれた月森の透明な空気が大好き♪
c0108673_23445625.jpg


お客さんが帰ったらカップを引き丁寧に磨くようにテーブルを拭く店主が作る
ぽってり、ぶ厚いホットケーキは目の前に現れただけで幸せな気持ちになれる。

本当は2枚重ねが食べたかった。
2枚重ねにナイフを入れる時はとっても感動するもの。

「ネパール大使館」で、たっぷりカレーを食べたのに
おなか、いっぱいやのに
どうしても食べたくて「ホットケーキ」を頼んだ。
そんなわけで1枚だけ頼んだ。

バターを広げてメイプルシロップをどっさりかけてナイフを入れる。
至福のホットケーキ。
c0108673_23403591.jpg

c0108673_23405792.jpg

c0108673_23411540.jpg


ツヨピとの話は大笑いの連続。
そしてじわぁ~っと涙が溢れる感動的な話・・・。
二人で潤いを分かち合う。
c0108673_2341323.jpg


12/1(水)~23(木) つよしゆうこ EXHIBITION@「みみみ堂
by mint_jam | 2010-11-18 23:41 | f&b | Trackback

タケQの世界音楽紀行ライブ@飲むは「濱田屋」魚崎の酒屋

昨年に続いて今年もsu-yanのお誕生日に合わせて
「濱田屋」併設の「みみずくホール」でライブをやることに。
タケQにお願いしたら、快くOKしてくれた。
せっかく魚崎まで聴きにきてもらうのだから
いつもと違うタケQを見て欲しいと思い
「ワールドミュージックを演奏して!」と、リクエスト♪

タケQは以前ふたりで「ダウトサウンドバンド」という
Qちゃんいわく「似非ワールドミュージック」ユニットをやっていたことがあったそう。
ザディコのバンドは見たことがあるけど「ダウト・・・」は初めて!

前座「しのみん」(しのやん+みんと)で
あなたを愛して( 車英子&桑名シオン)とレイジーD(青木しげひさ)
を歌ったあと、タケQ登場!!

Qちゃん自作の中南米ザックリ地図で旅先で出会った音楽の話や
演奏曲を説明してくれるタケちゃん。
「どこにいるのが一番自分らしいのかと思いながら旅をしている。」と。
c0108673_22372431.jpg

タケちゃんはチャランゴ(南米の10弦楽器)
「これ、ケーナ(南米の縦笛)」とQちゃん。
「(小学校で習う)縦笛やん!」のツッコミに「ちゃう、これはケーナ!」と言い切るQちゃん。
(^^)
c0108673_22364986.jpg

「TEXMEX(テキサス・メキシコ)はアメリカ側の言い方で
メキシコ側ではMEXTEX(メキシコ・テキサスって言うんです。」とQちゃん。
関西では阪神巨人やけど関東では巨人阪神になるみたいなもんやね。
ハモりもバッチ・グー!!
c0108673_22355131.jpg

c0108673_2236558.jpg

中南米から海を越えてアイリッシュ。
そして旅から帰って日本で作ったタケちゃんのオリジナル曲へ。
c0108673_22563964.jpg


タケQ、リクエストに答えて音楽紀行溢れる演奏をしてくれてありがとう。
楽しかったぁ~!!
大満足やぁ~~~~!!

まゆ吉、毎回練習に付き合ってくれてありがとう。
c0108673_22552583.jpg

しのやん、ハードスケジュールの中、練習の時間を持ってくれてありがとう。
仲くん、PAをしてくれてありがとう。
c0108673_233076.jpg

いっちゃん、「MC=マイクセンター」笑える司会をありがとう。
みんみん、幹事役をありがとう。
濱田屋さん、無料でホールを貸してくださってありがとう。
c0108673_2305913.jpg

そして何より集まってくださった仲間たちに心から感謝!!
特に、つっち夫妻が岡山から来てくれたのは感激&感動♪
c0108673_2259451.jpg

c0108673_230692.jpg

周りのたくさんの仲間に支えられているんやなぁ。と、しみじみ思い返しています。
豊かな時間をどうもありがとう♪
お誕生日おめでとう♪やったsu-yanの日記→タケQ「濱田屋」ライブ
browneさんの日記→タケQ@濱田屋♪
c0108673_235273.jpg

by mint_jam | 2010-11-15 23:31 | music | Trackback

らいおん堂>>そら体重も増えるわ!

c0108673_2331967.jpg

立ち飲みLOVE♪なbrowneさんと鯖ドンと4人で、いざ「ライオン堂」へ。
廣川さんとお約束の合言葉?! 
”隣にはドン”
ドンは横に立ってはった(立ち飲みなので立って)アメリカに住んでいたことがあるという男性とお話。
こういうのが立ち飲みの面白いとこやね。
c0108673_23272128.jpg

さぁ~飲むぞ、食べるぞ、笑うぞ、泣くぞ(意味不明)!!
居合の写真とアイラ島の動画を見せっこするドンとbrowneさん。
ガールズトークの鯖とmint。
思えば、ドンの日本の立ち飲みデビューは「はながさ」@十三やったね。
あれからすっかり立ち飲みもお気に入り?!(^^)

アナゴと山芋の甘辛ダレ>>下に山芋が隠れているよ
c0108673_23181545.jpg

まぐろの中落ち&ウニwith韓国海苔>>海鮮も充実してる~
c0108673_23193418.jpg

ライオンキングサイズ ビフテキ>>このボリュームで380円!!
c0108673_23234377.jpg

ミスジ>>この夜の一番ヒット!!
「ミスジ」って肩肉の端っこで1頭から数百グラムしか取れないらしい。
美しく、そして美味しい♪
c0108673_2324231.jpg

ライオンカレーwithふかふかパン
c0108673_23242649.jpg

カレー風味のソーセージ
c0108673_2325757.jpg

栗とインゲンの卯の花>>鯖ちゃんが豆腐は知っているドンに「おから」を説明
c0108673_23253684.jpg

カキフライ
c0108673_23255315.jpg

赤貝の菊正宗蒸し>>贅沢~~~な東灘の味!!
c0108673_2327220.jpg

そして翌日・・・体重計に乗ったら音がなった。
壊れたのかと思って取り扱い説明書をみたら
前回測った時より”大幅”に体重が増えたら音がなるんやって。
確かに食べすぎやね。
反省・・・。
せやけどそんな音の鳴る機能なんか・・・いらんし・・・。
(><)
by mint_jam | 2010-11-11 23:57 | f&b | Trackback

まるでオースティンにいるようで・・・。

鯖ドン家にお邪魔~♪
櫻正宗の日本酒「鯉瀧」とトマトのサラダ、タイカレー・・・そしてラープ。
美味しい~♪>>タイにいるみたい。
c0108673_23584728.jpg

c0108673_2359685.jpg


ドン愛用の虎グッズ!
c0108673_005397.jpg


うちでは再生出来ない「勇造バンド@フジロック」のDVDを何度も見たあと
鯖ちゃんが借りた映画「ぼくの国パパの国」が始まったとたん睡魔に襲われ落ちてゆく・・・。
まるでオースティンにいるような居心地の良さ。
zzz
そして映画が終わる頃に復活!!(^^)

ドンが習っている居合道場「日本明倫会」の5年に一度の大会の写真を見せてもらう。
アメリカの数都市にも支部があってドンはオースティンでアメリカ人のマイク先生に居合を習っていた。

マイク先生の本職は私立高校の生物の先生で今回初めて日本に来られたそう。
一度も日本に来たことがなくアメリカで居合を習得して段を取って生徒に教えている先生がいるなんて!!
そしてそういう先生に居合を習おうとする生徒たちがいるなんて日本人としては不思議な感じ。

精神性の高い居合道だけど、ヨガと同じで随分流派があるらしく
チャンバラ的な道場もあるんやって。
「居合」のことなど何も知らない日本人はいっぱいいるよ。
と言うかほとんどの日本人は知らないと思う。
ドンから話を聞くたび感慨深くなる。

ドンが"i love cooking”と言ってタコ(タコス)とジャガイモのなんちゃらを作ってくれる。
ジャガイモを剥いているドン。
c0108673_073381.jpg

c0108673_041867.jpg

c0108673_043287.jpg


トルティーヤは無印のナンの素を使っての自家製。
ドンは似非って言うていたけど、かなり近似値。
美味しかった~♪
ただいまトルティーヤ、発酵中!!>>発酵の為にかずせているのはやっぱり虎グッズ。
c0108673_0104441.jpg

めちゃ旨!!
c0108673_045061.jpg


「大会」って英語で何ていうの?
ってドンに聞いたら「big meeting」やって。
大=Big 会=meeting
そのママやん!

オースティンに行ったのは去年の11月。
サンクス・ギヴィング・ディの頃。
あれから1年なんやなぁ・・・。
by mint_jam | 2010-11-10 00:04 | other | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧