<   2011年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

twitter>>それでぼくは「つぶやき」をあつめて(9)

青空を駆けたいんです。
青空を。

<<2011年3月のつぶやき>>


職場近くの「photo gallery Sai」で、「スイッチ」→「コヨーテ」の創刊者、新井敏記写真展。
町屋を改装した空間でインタビューアらしい新井視点の写真たちを独り占め。
至福のお昼休み!
c0108673_1415725.jpg



「ニコニコ動画」でシンディー・ローパーのライブを見ている。
座席指定!!
「2F左-1639番」やって!!
シンディ、カッコイイ!!
身に着けている白いマントは日本の国旗や!!
それにしても家にいながらネットでライブを無料で見ることが出来るやなんて、すごい時代やなぁ。


ロビー・ロバートソン、新譜を出すんや!!
http://www.429records.com/sites/429records/429details/d_robbierobertson.asp


日頃は残業をほとんど付けない同僚が
「残業を付けて残業代を義援金にする!」って言うのを聞いて
「イイネ!」と思った。
1995年のことを思い出してmintも自分に出来る事を考えよう。


「もとまち寄席」@恋雅亭。
17時30分開場やのに既に長蛇の列。
3月は、染丸一門から林家染左、ざこば一門から桂わかば、鶴瓶ちゃんの弟子笑福亭純瓶と続き
中トリは米朝一門から桂千朝。
ほんでもって本日の大トリは、笑福亭鶴瓶ちゃん!!
c0108673_14152331.jpg


イーグルスのライブに行ったロック好きな女友達に感想を聞いたら
「デスペラードを歌っているドンヘンリーが小林旭に見えた。」と。
ええっ~!
by mint_jam | 2011-03-31 14:17 | twitter&いえるいえる | Trackback

奇跡的に続いていると思うんですよ、ハルイチは

c0108673_23212832.jpg

「濱田屋」で打ち合わせ。
自然と震災の話になる。
何度も何度も何度も何度も泣きそうになる。

井山くんが言った。
「阪神大震災のとき、いろんなところから神戸に来て
たくさんのミュージシャンフリーライブを演ったけど
本当は地元のミュージシャンが有料ライブを演る=お金を落とす
ということの方が大切なんじゃないか。」とあの時に思った。と。

みんなが「m's Bar」に来てくれた。
話題はハルイチに流れた行った。
井山くんが言った。
「奇跡的に続いていると思うんですよ、ハルイチは。」

天国でアベちゃんは何を思っているのだろうか。
by mint_jam | 2011-03-29 23:44 | other | Trackback

あいつが死ぬはずがない

しのやんと「しのみん」の練習をした。
課題曲を決めただけやけど有意義な時間やった。

練習を見に来てくれたまゆ吉もギタレレを取り出し
3人で弾き語っていると気持ちが明るくなっていくのがわかる。

西岡恭蔵さんの「ジプシーソング」のコードが押さえられるコードばかりだと知って嬉しくなったけど歌うのは難しいな。

おなかがすいてきた。
3人で近所の立ち飲み屋「松屋商店」に行った。
少し遅かったからか既にアテのいくつかは白板から消されていた。
太田酒造の道潅とジャコ天、お造り、鳥皮塩焼き、ソーセージ。
テーブルがいっぱいになった。

しばらくすると男の人が入ってきた。
「嬉しいねん。」
とその人は言った。

東北に住んでいる学生時代の友人が生きていることがわかったのだそう。
何度も何度も連絡して、ようやく彼の奥さんから生きていることを知らされたという。
「あいつが死ぬはずがない。
阪神大震災の時、心配してここまで来てくれたあいつが死ぬはずがない。
嬉しいからご馳走する。」
とその人は初対面の私たちにお酒を振舞ってくれた。

1995年、96年、97年、2000年・・・。
毎日乗る電車の窓の向こう、流れる景色が変わっていくのを見続けてきた。
道路が整備され、空き地は駐車場になり、家が建ち替わり
今では何もなかったかのようにも見える。
けれどそうじゃない。
職場がゆらゆらフェリーに乗っているかのように揺れたあの日以来
95年に起きた事実と悲しかったことと感動したことが一気に押し返してきて
日常を埋め尽くしている。

「あいつが死ぬはずがない。」
何人もの人がきっと今もそう思っていると思う。

帰りがけに女の人がひとりで入ってきた。
お店の中が華やかになるのを感じた。
c0108673_23412185.jpg

by mint_jam | 2011-03-26 23:29 | other | Trackback

ハーブ&ドロシー

c0108673_1321187.jpg

ハーブ&ドロシーヴォーゲル夫妻は元・郵便局員と図書館司書。
ドロシーのお給料で生活をして、ハーブのお給料で現代アートを買うふたりのドキュメンタリー映画
ハーブ&ドロシー」。
監督は日本人女性@ニューヨークの佐々木芽生。

共存し共有する。
作家と話し、作品と話し、夫婦で話すことを楽しむ。
アートに注がれるシンプルで深い愛。

買う基準はミニマルアート。
市場価格価値ではなく自分たちが気に入ったもの。
給料で買えるもの、地下鉄やタクシーで持ち帰れないもの、アパートの部屋に入るもの。
そして高値がついても売らない。

膨大なコレクションを無償でナショナルギャラリーに寄贈した夫妻の言葉。
「自分たちが買い集めた作品はアメリカのアートの歴史、アメリカの宝!」

「ドロシーがいなければここまでこれなかった」と語るハーブ。
ハーブのアートを見る審美眼はお見事!だけれど
同じ価値観で生活が出来る(お金が使える)ドロシーにプロポーズして伴侶にしたことが
彼の最もお見事なところ!!

アートについて難しいことを語ろうとせず作家と対等でいる立ち居地にる
ハーブとドロシー。
触覚を信じて作品を選んできたあなたたちこそアメリカの宝!!

日本版の予告編→
アメリカ版の予告編→
by mint_jam | 2011-03-23 07:43 | movie | Trackback

甘酒

さくらさんの日記に酒粕で甘酒を作ったことが書いてあった。

「寒い彼の地の人たちに、暖かい甘酒を飲ませてあげたい。
ちょっとは酔わせてあげたい。」
と書いてあった。

冷蔵庫に頂き物の酒粕(若戎)があって「粕汁を作ろう。」と思っていたのだけれど
甘酒にすることにした。

柔らかい酒粕で小さくちぎってお水に付けておいたら2時間くらいでとろけ始めた。

火にかけてしばらくすると、ふつふつしてきた。
火をとめてジンジャージャムを入れた。

甘さも温かさも、ちょうどいい感じ。
「ちょうどいい」に出会うと穏やかな気持ちになる。
c0108673_22584210.jpg

by mint_jam | 2011-03-22 23:01 | f&b | Trackback

ワイン DE へべれけ女子会

恒例!!かわうそアルコールコレクション撲滅会におよばれ。
ワインと自家製果実酒を撲滅するために集まったのは
7人の侍のような?!7人の女子。

朝、「煮込みハンバーグが食べたい。」とかわうそさんにメールでつぶやいてみた。
だって、かわうそさんが作る煮込みハンバーグ、美味しいんだも~ん♪
そしたら、ちゃんとリクエストに答えてくれていた。
(嬉)
c0108673_0101392.jpg

ドライトマトとオリーブ >>ワインにピッタリ!
c0108673_0102583.jpg

あんずとしょうがと梅の果実酒。
c0108673_0303793.jpg

お昼過ぎからぼちぼちやっていたのでmintがお邪魔した頃にはすっかり温まって
いい感じになっていた。
c0108673_022477.jpg

c0108673_0221579.jpg

かわうそさんらしい、ご機嫌なBGM。
「これも木村充揮。どないナット・キング・コール」←誰がこんなベタなコピーを考えたんやろ?
と、言うか「これで、行こ!」って稟議にハンコ押したんは誰やねん。(笑)
c0108673_035719.jpg

チーフタンズ+ライクーダー。
アメリカがメキシコに攻め入ってメキシコだったテキサスをアメリカのものにした米墨戦争時代の
メキシコとアイリッシュのコラボレーション。
c0108673_0362621.jpg

かわうそ邸に来るといつも見入ってしまう家具調「キドカラー」。
「キド」って輝度のことだっけ?
c0108673_0433434.jpg

去年あたりから注目が集まっている春画の特集(芸術新潮)を学生のときのように
ドキドキしながら回し読み。
(^^)
c0108673_0443877.jpg

みんなとおしゃべりしていると、ゆっくり静かに気が紛れてゆく、晴れてゆく。
かわうそさん、ご馳走様でした!!
c0108673_0592118.jpg

by mint_jam | 2011-03-20 23:57 | f&b | Trackback

廣川コレクションと肉骨茶研究会@m's Bar・・・B面

c0108673_23294441.jpg

廣川さんからmintの携帯電話に「スカイプしよっ!」のメッセージが届く。
callすると、パソコンの画面には廣川さんが!!
マレーシアからm's Barに参加するために、スカイプ用のカメラを購入したのね!
(^^)
クアラルンプールと神戸。
国境も時差も超えてお互いの顔を見ながら無料で話せるなんて、すごい時代!!
パソコンのあっちとこっちでカメラを取り出して撮り合う。

m’s Barのために廣川さんは、コメント付きで選音源してくれたのだけれど
廣川コレクションで一番気になったのが、安田南。
「South」

店主mintに捧げましょう!
こんな風に煙草を吸って、お酒を呑むよーに!
ディランⅡの解散コンサートで見た安田南は、ほんとにカッコよかったよ!

安田南は「月曜日のユカ」の加賀まりこのイメージ。

生南(なまみなみ)を見てみたかった!
聴いてみたかった!!
「ディランⅡの解散コンサート」の音源は、音もだちにいただき聴かせてもらった。
c0108673_23224792.jpg


レコードはひとりで聴くのもいいけれど誰かと聴くもの大好き!!
勇造さんを通じて知り合った大切な友達、一緒に安田南を聴いてくれてありがとう!
重いのにレコードを持ってきてくれたブラウンさん、どうもありがとう!!
c0108673_2320346.jpg

c0108673_23554240.jpg

廣川さんに「カンチにこんなギターで「おっさんのブルーズ」を唄って欲しい。
とコメントされて、困った困った、こまどり姉妹のカンチさん。
(^^)
c0108673_23564829.jpg

c0108673_23555322.jpg


パソコンの向こうにいる廣川さんに向けてセッションが始まる。
3人とも、かがんで演奏してるん?!
←「ロバートジョンソンみたいやん!!」とつぶやいてみよう。
NORIのハープを聴いたからか廣川さんもハープを出してきて吹き出す。
意外と負けん気が強い?!
c0108673_2358304.jpg

by mint_jam | 2011-03-19 23:48 | m's Bar | Trackback

廣川コレクションと肉骨茶研究会@m's Bar・・・A面

マレーシアに住む廣川さんが、ブラウンさんに送りつけたお宝レコードたちを
廣川さんを知る友だちと一緒に聴きたい♪
マレーシア料理、肉骨茶(スペアリブ漢方おでん)を食べながら聴きたい♪
というわけで朝から阪急オアシスに買出しに行くも、スペアリブの入荷がなくしょんぼり・・・。
仕方なく薄切り豚肉で代用。
白菜、きのこ類各種、厚揚げ、湯葉、仕上げに乗っけるレタスなどをカゴに入れる。
材料を洗って切る。
あ!にんにくを買い忘れた!!
c0108673_2362589.jpg

マレーシアの漢方お土産物屋さんやスーパーマーケットで買ってきた肉骨茶の素、4種。
太陽おじさんブランド(右上)以外は見るのも初めて。
c0108673_232418.jpg

そのうち3つを使ってみる。
くこの実がふんだんに入っていて香りがとっても良く見た目も上等そう。
そしてやはり品の良いスープになる。
c0108673_2333636.jpg

定番?!太陽おじさんは香りも味も王道。
c0108673_2302328.jpg

プルーン風のものは何やろう?
c0108673_2312140.jpg

ブラウンさんにもらった中国醤油を入れると、まったりとした甘みが加わる。
オイスターソースと黒糖と塩を少し加える。
ま、こんなもん・・・かな。

「肉骨茶の素」考察
価格とパッケージのデザインと味は比例する。
c0108673_22504494.jpg

他にもいろいろな食べ物や飲み物が続々登場!!
さくらさんが作ってきてくれたオイルソウリー
c0108673_22494093.jpg

サバーイさんが作ってきてくれた、ヒヨコ豆のペーストと
ミャンマーの辛い和え物(料理名、失念)
c0108673_23111199.jpg

mintが作った緑豆のデザート(ココナツ味)
c0108673_22432198.jpg

上等で希少な茶色いお酒たち
c0108673_22443831.jpg

c0108673_2245915.jpg


そしてこのあとマレーシアから廣川さんも参加してくれることに!!
B面に続く。
by mint_jam | 2011-03-18 22:51 | m's Bar | Trackback

ヒデマロ+Qちゃん@「みの家」 こけら落としライブ

「3月11日は、あけといてね。」とだけ言われどんな企画があるのかな?と思っていたら
しばら~くして「”みの家”でヒデマロとQちゃんのライブをするから~」と。

「花園町」から長い商店街をずずずずずぅっと行く。
c0108673_2339273.jpg

駅まで迎えに来てくれたみんみんが「見てみ!」と教えてくれたのは
横断歩道の上に突如現れる何のための物なのか謎の円。
(昔、市電が通っていたとか?)
c0108673_23414632.jpg

水道筋商店街にある「な也」に行くときと同じくらい歩いたよ。
c0108673_2246193.jpg


ヒデマロ+Qちゃんのライブが「みの家」のこけら落とし!!
Qちゃん、ハープも絶好調♪
c0108673_22513652.jpg

ヒデマロさんのサウンドホールの住人は「Morris」
c0108673_22504047.jpg

Qちゃんのバイオリン、珍しく生(なま)!
c0108673_22505169.jpg


参加メンバーは気心の知れた音もだちたち。
上海一時帰りの郡ちゃんも来ていてサプライズ!!!!
c0108673_2332216.jpg

c0108673_2310389.jpg

c0108673_2344791.jpg

「しのやんのおしゃべりクッキング」?と思いきや
ヒデマロさんに促されて、突然しのやんコーナー~~~!
「憂歌団」の「胸が痛い」を熱唱。
みんなで「胸が痛い~胸が痛い^」のところを大合唱!
c0108673_2254827.jpg

「黄昏」も「星になる」も、言葉が心に入って来る。
ええ曲や・・・。
c0108673_22581858.jpg

「千ベロ」コース?!
ビール大瓶+鶏のから揚げ+肝の甘辛煮+白菜と豚肉の炊いたん
←肉三昧?!(^^:
そしてたけのこ、ポテトサラダ、ちぢみ、鶏骨付きもも肉などライブ中ずっと食べまくり~♪
とっても親しみが持てるマスターで、すっかり「みの家」ファンになっちゃった!!
美味しかったし、ゆっくり食べに来たいな。
c0108673_23125827.jpg

c0108673_238855.jpg

c0108673_2354102.jpg

by mint_jam | 2011-03-13 23:50 | music | Trackback

10年

東京から玉ちゃん(山口玉三郎)が来るというので会いに行く。
5年ぶりくらいかな?

仲くんとイタルさんも来ていて、ゆるぅ~く弾き遊びが始まる。
ミュージシャンって楽器で会話が出来るところが羨ましいな!

3月は青木さんが亡くなった月。
あれは2001年のことやった。
c0108673_2317870.jpg

「”レイジーD”演ろか。」とイタルさんが楽譜を探す。
c0108673_016187.jpg
 
「その曲、知らん。」と玉ちゃん。
青木さんと仲良しだった玉ちゃんが知らないのは意外やったけど
高校の頃に作った曲しか知らないらしい。
それでも知ってるかのように弾いていたのは、さすが!
仲くんは自ら「ベースを演る。」とステージにあがった。
c0108673_0151542.jpg

青木メドレー。
懐かしい曲たち。
青木の思い出話。
mintが知らない曲を玉ちゃんが歌ってくれた。
c0108673_0144489.jpg

「スリーブウォーク」を演奏する仲くんと玉ちゃん。
c0108673_23451587.jpg

玉ちゃんが連れて来た「アンクルジャム」@甲子園口で毎月歌っている濱田道子ちゃんがキャロルキングを歌う。
~君の友だち ~スマックウォーター・ジャック~
c0108673_23362925.jpg


+++++
10年・・・。
時々自分でもどうしようもない渦に巻かれる時もあるし
病気になったり、がっかりすることもあるけれど
友だちと楽しい時間を過ごしたり
お酒を飲んだり美味しいものを食べたりしながら
お気に入りの本や音楽、服や植物たちと一緒に暮らしている。

とってもおなかがすいていたから隣の「まほろば亭」から出前を取った。
ちゃんぽん、ものすごく美味しくて完食。
c0108673_0191636.jpg

どっかの隙間から私たちのことを見て、「いっひっひ~!」って笑っていそうやな。
c0108673_0185100.jpg

by mint_jam | 2011-03-09 23:20 | music | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧