<   2011年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

twitter>>それでぼくは「つぶやき」をあつめて(12)

青空を駆けたいんです。
青空を。

<<2011年6月のつぶやき>>

作りたい物が明確な人の作品は刺激的。
感性やセンスだけではない、芸術の切れっ端を感じて泣きそうになる。
ギャラリーコロールオーナー、堀江まどかさんの写真展「宝珠

同感!と思える「つぶやき」を読んでいて
「Lマガジン」の記事欄外に載っていた読者投稿コーナー「いえるいえる」を思い出した。
あれは30年前~

映画「ガイアシンフォニー地球交響曲」は地球の全ての生命体に対する龍村監督の思いが溢れている。
今から見るのは第七番。
自主上映場所は「ルナホール」@芦屋。アングラちっくな大きさと真っ黒な壁と天井が好きやなあ。

職場飲み会の二次会は福島の「福ろうじ」にあるスナックでカラオケ。
友達とは行かないような店やけど飲み放題、歌い放題、マスター手作りのアテ付き2000円で会社員にはバッチ・グー!
ゆえに同僚の出没率が高く会社の保養所と化している。

傘とレインシューズを新調したから、雨の日だってウキウキ!

お昼休み、忘れ物を取りに「mitoあ」さん@中津へ。
職場を13時5分に出て野田駅から阪神梅田。
地下鉄に乗り換えて中津へ。
既に30分経過で「がっちり買いましょう」的気分!
挨拶もそこそこに帰りは阪神梅田まで歩いて職場に戻ったら14時13分。
1時間10分の休憩時間、ギリギリセーフ!

山下達郎「Performance2011-2012」は
月平均10本ペースという過密スケジュールで11月から来年5月まで。
達郎の切抜きを下敷きに入れて勉強していた頃、神戸国際会館の1番前の席で
1曲目がLOVESPACE♪やったことを思い出す。
神戸で見たいな!!


+++++
金盃のビールケース
c0108673_016225.jpg

by mint_jam | 2011-06-30 23:12 | twitter&いえるいえる | Trackback

金盃 DE 乾杯 >>76年の歴史を感じながら・・・。

卵焼き ネギ入り
c0108673_2319682.jpg

ハモ天
c0108673_23195335.jpg

アジのお造り
c0108673_2322877.jpg

そら豆
c0108673_23232647.jpg

わたしたちの左隣に座った男性一人客は週に3回来ていた常連さん。
ナント!二宮から順番に神戸の飲み屋を全制覇中らしい。(@@)
c0108673_23511876.jpg

そんな彼の感動語録♪
「いい飲み屋はいろいろあるし酔いたいだけならそれなりの店もあるけど、ここ(金盃)が一番やと思う。」
一番やと思う理由を訊いてみたら
「ボクがひとりになりたそうやったらほっといてくれるし、ボクがしゃべりたかったら相手をしてくれる。
和めて味わえてひとりで来ても寂しくないとこかな。」
あれこれ写真を撮っているmintに「外からもこんな風に撮ってよ。」と指南してくれる。
「いい写真や・・・。最後にもう1回来られるかなぁ。」
c0108673_23463571.jpg

右隣に座った男性も一人客の常連さん。
左右ステレオ状態で飲み歩き談義に花が咲く。
「左の方からです。」は、ソーセージ。
c0108673_23423356.jpg

「右の方からです。」は、ちくわの素揚げ。
c0108673_23422036.jpg

「ジュリーはオリエンタルで芝居があるとき、よく来てくれるねん。サバ酢が好きやね。」とお父さん。
「ジュリーに閉店のこと言ってないの?言わなあかんやん。」と、左の常連さん。
c0108673_01336.jpg

「店長を撮って~。あ、また定位置でサボってる。(笑)」とスタッフの女の子。
「写真、嫌いやねん。」(笑)と店長。
「イケメンやのに何、言うてんの?」
c0108673_072222.jpg

「これ好きやねん。これも撮って!」>>感謝の心で商い中
お父さんや息子さん(店長:天ぷら担当)スタッフの女の子と話をするのは初めて!!
c0108673_1171560.jpg

この店、テレビが3台もあるやん!しかも別々の番組やし。
c0108673_140631.jpg

+++++
c0108673_1274591.jpg

76年にわたり皆様のご厚情をいただいて今日まで営業を続けて参りましたが・・・
6月30日を持ちまして閉店・・・。

「ちょっと一杯飲んで帰ろか」
そう思ったときに思い浮かぶ店であり続けて76年・・・。
お祖父ちゃんもお父さんも常連やった。なんてお客さんもいてはるんやろうなぁ。

「夏は天ぷら 冬はおでん」
ベタやけどベタがゆえに「せやなぁ。ちょっと寄っていこか。」と思わせるキャッチコピー。
チェーン店ではなく、さりとて地酒を並べ立て「どや!」と言うようなこともなく。
日本酒は地元の小さな酒蔵「泉正宗」。
c0108673_23165666.jpg

「金盃」の好きなところ。
照明が白熱色なので料理が美味しそうに見えて落ち着く。
ざわざわ、がちゃがちゃがBGMになって隣の人の会話が気にならない。
鯖酢が美味しい。
c0108673_3105235.jpg

76年間お疲れ様でした。
c0108673_1423197.jpg

c0108673_1334132.jpg

c0108673_2315440.jpg

by mint_jam | 2011-06-28 23:05 | f&b | Trackback

「金盃東店」>>座れるとこ

「何が食べたい? どんなとこがいい?」
せっかく三宮まで来てくれたんやし、まゆ吉が行ってみたいところに付き合うで~♪
の気持ちを込めて訊いたら
「ちょっとでもいいから座れるとこ。」と、まゆ吉。

「”どんなとこがいい?”の答えって
”パスタが食べたい”とか”ワインが飲みたい”とか”お洒落な店がいい”とかじゃないの?
座れるとこ。=立ち飲み以外って・・・(^^;」(大笑い)

「けどさぁ~私らさぁ~別に立ち飲みが好きなわけじゃないよね。」
「そうそう。好きな店が”たまたま”立ち飲み屋さんやったりするだけやんね。」(大笑い)
「椅子がある」のリクエストはクリアしてるし移転再開したら今と同じ空気は作れないやろうし
そうや!!「金盃」へGO!!

待ち合わせた阪急西改札口を降りたとこにあるマクドナルドまで戻って
山側に伸びるエログロありありな路地を入り一呼吸おいて暖簾をくぐる。
c0108673_025513.jpg

入り口に近いカウンターが空いている。
この席って冬は寒かったな。
c0108673_22592736.jpg

「アサヒとキリンとヱビス。 同じ値段やったらヱビスやんな。」(大笑い)
メニューを見ながら真顔になる。
一食入魂!!。(^^;
c0108673_364652.jpg

注文したアテはことごとく品切れ。
まだ8時前やのに。
すじ煮をアテに乾杯~♪
・・・続く。
c0108673_2104750.jpg

by mint_jam | 2011-06-28 22:53 | f&b | Trackback

女子の古本屋による女子の古本市

c0108673_025473.jpg

三宮でまゆ吉と待ち合わて「女子の古本屋による女子の古本市」@「海文堂書店」へGO!
「女子の古本屋」(岡崎武志著 ちくま文庫)刊行にからめたイベント。
岡崎さんのトークショウが終わったとろこというのもあってかな。
お客さんがいっぱい!>>大盛況 ☆♪☆ 

「震災チャリティ1冊100円コーナー」で
小林カツ代の「小林カツ代はこんなにいろいろ食べてきた」(文藝春秋)に呼ばれた気がして即購入。
c0108673_0575254.jpg

芳川紙業さんのダンボールX土屋美奈さんのオリジナル切り文字やモチーフ装飾がキュート!
c0108673_1193.jpg

トンカ書店、honeycomb BOOKS*、 CORENOZ、Fabulous OLD BOOKなど
元町にある御馴染みのお店や
ほんまに店主は女子なん?な店名や品揃えのお店や
雑誌などで店名だけは知っていて一度行ってみたいリストに入っているお店など
関西関東を中心に(沖縄から2店舗!)全国50店舗もの女子古書店が参加!
それにしても狭い元町に4軒も女子古書店があるってすごいこと!!
c0108673_142311.jpg

持ち主の手から離れ紙や印刷の質感、発刊時の空気を残しながら旅をしてきた本たち。
次は誰の感覚に入り込むのかな。
c0108673_144444.jpg

Fabulousウロコと3人で近くにある「ブッカート・カフェ」へ。
偶然に鯖丼亭でお会いした加那ちゃんのお弟子さんのご主人が経営しているお店です。
濃厚なニューヨークチーズケーキ withアイスクリーム。
c0108673_1291254.jpg

ソーダ水を見ると ~ソーダ水の中を貨物船が通る~ と歌ってしまうのはお約束?!
c0108673_1292653.jpg

現在地は、ここよ♪
c0108673_1385636.jpg


海を見に来ると ~「海が見たいわ。」と言い出したのは君の方さ~ と歌ってしまうのもお約束?!
c0108673_139589.jpg

c0108673_1401161.jpg

閉店間際の「リズム青果」で卵とネギを買って店じまいが早い元町商店街を東へ。
三宮まで戻る。
by mint_jam | 2011-06-26 01:35 | book | Trackback

立ち飲み DE 「明日につながる酒を呑む」

「新御堂筋倶楽部」(遠出編)を開催すると聞いて
正部員のブラウンさんとまゆ吉が乾杯を終えたところで部外者mint、またまた参加♪

開催地はお店の前に書かれた「明日につながる酒を呑む」というキャッチーなコピーが嬉しい
立ち飲み屋の「活力屋」さん。

デジカメを持ってきたのにメモリースティックを入れてくるのを忘れた~。
と、いうわけでケイタイでカシャ!

タイレッドカレーを注文したらグリーンカレーが出てきた。
レッドカレーを作るはずがグリーンカレーを作ってしまったらしい。
c0108673_0491623.jpg

c0108673_0492868.jpg

イカのスタシナ焼きを注文したらイカのスタミナ焼きが出てきた。
「シ」と「ミ」は見た目が似ている・・・かなり。
c0108673_05355100.jpg

串カツ盛り!盛り!!
c0108673_0573814.jpg

おなかすいてる~!
焼き飯と担担麺で迷って担担麺にする。の巻。
c0108673_121569.jpg


大将の秘蔵お宝品。
1971年にわいせつ容疑で裁判に至った雑誌「folk report うた うた うた」を見せてもらう。
わいせつの対象は中川五郎さんの小説とかピカソの絵とかジョンとヨーコの裸体写真とかで
定期購読していた人もチェックされたらしい。
可愛い良い時代やったんやなぁ。

山寺和正(中川五郎)作のフォーク小説「ふたりのラブジュース」は確かにタイトルからして
わいせつ極まりない小説をブラウンさんに読み聞かせてもらう。
「どこがフォーク小説やねん!」とツッコむことも忘れるほどの”ええ声~♪”に
「近所の公民館でおばあちゃんを相手に読み聞かせのボランティアしたら?」
と定年後の暮らしを提案してしまう、まゆ吉とmint。

特集は「岡林と高石を裸にする」。
表紙の裸のふたりのどっちが岡林さんでどっちが高石さん?
(^^)
c0108673_1161371.jpg

ところで、「わいせつ(猥褻)」って何?
「いたずらに性欲を興奮又は刺激させ、かつ普通人の正常な性的羞恥心を害し
善良な性的道義観念に反する」
ふ~ん・・・。

さてさて、今夜のお酒は明日につながったんやろうか?
c0108673_0383019.jpg

c0108673_1183222.jpg

by mint_jam | 2011-06-25 12:44 | f&b | Trackback

仙台を散歩しながら・・・昭和なレコード DE キャンドルナイト

c0108673_2183029.jpg

神戸のどこかでもらった「小さな街のせんだい散歩」のDMはがき(イラスト:佐藤ジュンコさん)に惹かれて
会期中に行けそうな日をチェック!

夜更けの中津商店街にひっそりとたたずむカフェと被服「mito あ」引き込まれる。
なにやろ、この万有引力の法則のような感じ。
c0108673_234490.jpg

仙台でいろんなイベントを企画している「小さな街」さんが紹介する作家さんやお店が中津に終結!
手作りの雑貨や
c0108673_254374.jpg

セレクト古本や
c0108673_251999.jpg

こけしあり
キナキナというこけしの原型のおしゃぶりのことを初めて知った。
c0108673_27385.jpg

仙台って透明感がある5月のような街。文化的レベルが高そう街。なイメージ。

ポータブルレコードプレイヤーからは原田真二が流れている♪
今夜は常連さんの酒盛り?
c0108673_1564794.jpg

「よかったら一緒に・・・」と誘ってもらった夏至の夜。
キャンドルの明かりが揺れる初めての場所で初めての人たちと
こんなのを聴いて育ってきた!って曲たちをレコードで聴く。
c0108673_154172.jpg

c0108673_1544032.jpg

c0108673_2492176.jpg

円広志に松崎しげる。
ルー・リードやノーランズ。
かとちゃんけんちゃんのヒゲのテーマ。
リンリンランランのインディアン人形に、つのだひろのメリー・ジェーン・・・。

mintがリクエストしたフィンガーファイブの「オキナワへ帰ろう」は
ジャクソン5の曲「インディアナへ帰ろう」のカバー曲やった!!
(^^)

ターンテーブル、フル回転!

『「ウエディング・ベル」ってボサノバやねんで!』
『シュガーの「ウエディング・ベル」のレーベルキュートやなぁ。』
『昔付き合っていた女(ひと)を自分の結婚式に呼んで一番後ろの席に座らせるかぁ?
ほんまに付き合ってたんかぁ?女の方が勝手に付き合っていたと思っていたでけとちゃうん?』
c0108673_1334517.jpg


楽しいことを自由に楽しんでいる人たちと過ごした夏至の夜。
よい出会いやったなぁ。
今回のイベントを企画したKBKさんのブログ「洒落てるやん」もチェックしよっと。

+++++
ボランティアで東北に通っているkeikoちゃんから貰ったお土産。
keikoちゃんは今週も東北に向かったんやね。
c0108673_1445423.jpg

by mint_jam | 2011-06-23 01:44 | art | Trackback

SAVVYを携えて栄町を歩く

今月号のSAVVYは神戸特集。
アメリカ古絵本屋@鯉川筋「ファビラス・オールド・ブック」のブログに載っている
モデルのチェルシー舞花ちゃん来店撮影の様子→

新しく出来たお店や入ったことがないお店。
地図を見ながら馴染んだ町を歩く。
観光客のように。
c0108673_23525514.jpg

表紙になっているのは路面に移転した雑貨屋さんの「vivo.VA」。
チェルシーちゃんと一緒に写っているのは阪神タイガースの外国人選手の息子さんらしい。
c0108673_043712.jpg

何軒かの店主を知っているお店で「シェブロン・カフェ系列のカフェ・モンタナにはもう行った?」と訊かれる。
「出来てすぐに行ったよ。さすがシェブロンさん!って感じのお店よね。」
c0108673_0134342.jpg

久しぶり~に栄町ビルヂングにある「RAI CAFE」でエビカレーを食べる。
美味しい~!
^^♪
c0108673_0295138.jpg

c0108673_030248.jpg

c0108673_0314077.jpg

c0108673_0315224.jpg

ここ数年で栄えを取り戻した栄町は何の予定も無い雨上がりの休日に
ワクワクしながら散歩出来る町。
c0108673_0362746.jpg

by mint_jam | 2011-06-21 23:55 | f&b | Trackback

スパイス唄あしび@鯖丼亭

鯖丼亭でテックスメックス&アジアンなスパイシー宴会。
c0108673_21172343.jpg

ウロコ夫妻と「辛い~ ^^; 旨い~ ^^v 辛い~ @@ 旨い~」を繰り返す。
c0108673_2119305.jpg

キッチンには、トムヤムクン(タイ)とトルティーヤスープ(メキシコ)
どっちがどっち?(笑)
c0108673_21264487.jpg

加那ちゃんも来たよ♪
c0108673_21422578.jpg

かげやんマジックに拍手!!
c0108673_21434147.jpg

鯖丼が作ってくれたスパイスたっぷりの美味しいお料理で
”おなかがいっぱいやぁ~。ご馳走さまぁ~!”になった頃
加那ちゃんが取り出したのは、組み立て式の三線!!
鯖ちゃんがオークションで落としたヤマハのギターを手に取るタケちゃん。
ギターのボディとはイメージが違う優しい音~!!
唄あしびが始まる。
(^^)♪
c0108673_21464752.jpg

かげやんのiphoneアプリでパーカッションをするQちゃん。
c0108673_21565064.jpg

加那ちゃんのお弟子さんの唄三線に合わせて菜箸のギザギザをギロ代わりにするドン。
c0108673_2211266.jpg

そしてドンも三線を弾いたりして。
c0108673_21451794.jpg


su-yanの芋焼酎リストには、まだ載っていなかった「吾唯足知」(われ ただ たるを しる)
”足る事を知る”=”心豊かに暮らせる”ということやって。
c0108673_21384181.jpg

by mint_jam | 2011-06-16 21:17 | f&b | Trackback

祝の島(ほうりのしま)

封切られた時は絵本作家、西村繁男さんの絵のポスターに惹かれて行こうとしていたのに
タイミングが合わなくて見に行けなかった「祝の島」。

穏やかな瀬戸内に浮かぶ原子力発電所の建設が決まった「祝島」(いわいじま)で
28年間、命をかけて原発に反対する島民のドキュメンタリー。

親の、その親の、そのまた親の・・・ずっとずっと太古の昔から
ここで生活を営んでこられたのは美しい海に回遊する魚たちのおかげ。
原発が建設されたら自然が壊され、健康を害するのに
それを想像出来ない原発賛成派と町議会で口論するとことから始まるのだけれど
見ているだけで胸が熱く痛くなって涙が溢れてくる。

「原発を誘致したらたくさんのお金が入ってくる。どうせわしらはもうすぐ死ぬ。」
今の自分のことしか考えられない賛成派。
自然への感謝の気持ちと、子供や孫にこの美しい海を受け渡す義務感を持った反対派。
どちらもほとんどが70歳を超えた方たち。

小さな島の中で、親戚や友だちが賛成派と反対派に分かれ
一時はお祭りさえ中断せざる終えなくなるほど分裂した島民同士。

魚を取る。
米を作る。
たったひとりの小学一年生の入学式をたくさんの島民が祝う。
それが祝島。

穏やかな風土で暮らしてきた穏やかな人たちが
原発反対デモを毎週行うことを日常に組み込まざるを得なくなったのは
原子力発電所なんていらないから。
島に来て欲しくないから。
ただそれだけ。

「原発に賛成するなら、命をかけて賛成しろ!私たちは命をかけて反対しているのだよ。」


+++++
「元町映画館」は東日本大震災の前に上映を決めていたのだそう。
今、このタイミングで見ることが出来てよかった。
きっと見ようとする気持ちのありようが違っていると思うから。
原発賛成派の人に見てもらいたい。

「ほんじつレディースディ」のイラストは朝野恵子ちゃん。
c0108673_18111399.jpg

by mint_jam | 2011-06-14 22:00 | movie | Trackback

「はながさ」は、鯖ドンが日本に帰ってくるたび一緒に行きたいお店なのだ

鯖ドンが日本に帰ってくるたび一緒に行きたいお店がいくつかあるけど「はながさ」もそのひとつ。
c0108673_2319577.jpg

現地集合~。
で、ちょっこし遅れて行ったら・・・飲ってる!飲ってる!!
(^^)
c0108673_23354538.jpg

「はながさ」に来たらコレ!!>>ブラウンさんとドンはゴーヤ酎ハイ DE 乾杯♪
c0108673_20451513.jpg

もずく天ぷら>>定番ね。
c0108673_20545126.jpg

塩辛(えっと・・・何の塩辛やったっけ?)
c0108673_20551933.jpg

ミミガー>>「1mmの薄さが美味しさの秘訣」とマスターからの1品♪
ニフェーデービル(ありがとう)
c0108673_20555978.jpg

にんじんシリシリ
c0108673_20561818.jpg

イベリコ豚の鉄板焼き>>さすがアメリカ人のドンは、ひとり1皿頼みたいモード。
c0108673_20575210.jpg

プチトマトの肉巻き>>新メニューかな?
c0108673_2058517.jpg

ナーベラー(へちま)チャンプルー
c0108673_23152728.jpg

シメは、沖縄そばのナポリタン
c0108673_23333764.jpg

OH! マスターが手にしているのは山羊刺~♪
c0108673_2317372.jpg

いつも暖かく迎えてくれるマスター。
「はながさ」で立ち飲みデビューしたドンは、今やすっかり常連さん。
大好きな沖縄料理とゴーヤ酎ハイ、そして泡盛「今帰仁」(なきじん)。
ハッピーな気分を胸に、鯖ドンが日本に帰ってくるたび一緒に行きたいお店ツアー?!は続く。
ヘブンヒルを経てジョークへ・・・。
そしてシンデレラ時間が近づき、現地解散する私たち。
c0108673_23395144.jpg

by mint_jam | 2011-06-12 23:55 | f&b | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧