<   2011年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

twitter>>それでぼくは「つぶやき」をあつめて(13)

青空を駆けたいんです。
青空を。

<<2011年7月のつぶやき>>

「ジョンレノン ニューヨーク」はiシアターセブンと神戸アートビレッジセンターで上映予定。
マーティン・スコセッシ監督ジョージ・ハリスンのドキュメンタリー映画「Living In The Material World」
日本ではDVDのみ発売。
やっぱりジョージはダークホースなんかなぁ。

民族と暮らしに密着した音楽があることと、世界中の楽曲にあるコブシのことと
大衆音楽の真実を教えてくれたのは中村とうようさん、あなたです。
ありがとう。
安らかに…。

「クーネル」最新号に永井宏さんが亡くなられた記事を見つけた。
光と詩と風と美術と海に漂い暮らしたロマンティストな永井さんは今年還暦。
遺作詩集のタイトルは「恋することについて答えを出そう」

映画「阪急電車」は、人から人へ良い波動が連鎖していくファンタジー。
阪急電車の音を聞きながら育った私には親近感があり過ぎてスクリーンの中にいる感じ。
北今津線(宝塚から西宮北口)沿線に暮らす人たちの片道15分のありふれた奇跡が心に染みる。

ナレーション・テロップ・音楽無しの「観察映画」想田和弘監督最新作『Peace』
7月30日(土)19:20回 上映後監督の舞台挨拶あり@第七芸術劇場

催涙雨の七夕。
雨だと織姫星と夏彦星は会えないって言うけれど
雲より星の方が上にあるから本当は会ってるんじゃないの?と夢のないことを考えていたんやけど
雨だと天の川の水かさが増して織姫が渡れないから夏彦に会えないんやね。
~今夜叶えたい願いはたったひとつ 会いたくて~ロマンチック! 

今までに訪れた一番好きな建築はル・コルビジェが母のために建てた「小さな家」。
横長窓からレマン湖を眺めて朝食を食べると想像するだけでうっとり。 
雑誌「ブルータス」最新号の特集はチャールズ・イームズ夫妻が暮らした私邸
写真を見るだけでうっとり。


>宮崎勝之さんRT
学生時代、現役クラブ員だった頃はマンドリンの練習がしたくてバイトはやらなかったし
遊びに誘われても断っていた。
時間がもったいなかったから。
お金が無くて1週間ご飯に塩をかけて食べてた事もあったが平気だった。

>りばていさんRT
リンゴ・スター孫娘が日本からデビュー ユーチューブで発掘された英バンド - MSN産経ニュース

>映画『ジョン・レノン,ニューヨーク』公式RT
映画「ジョン・レノン、ニューヨーク」は日本語字幕にもご注目を!
音楽評論家の大鷹俊一さんに監修していただきました。
マスコミ試写ではその字幕に対する賞賛のコメントも多数頂きました!
曲名や歌詞含めてジョン・レノンの言葉をより深く、ストレートに知り得る素晴らしい字幕となっています!

>ペーニャ大作さんRT
美人ギャル二人

>岩田由記夫さんRT
アーロン・ネヴィルのキャリア50周年記念作『チェンジ』を聴く。
ゴスペル、トラディショナル等、古典と言える名曲をカヴァーした原点回帰の作品だ。
60年、彼が初録音した時のプロデューサー、アラン・トゥーサンがピアノで全面参加。
魂が癒される渋いニューオリンズ・グランド・ミュージックです。

>圓山和幸さんRT
安田南と中平卓馬は昔つきあっていたのか。
中平卓馬の写真を知ったのは安田南のレコードジャケットからだった。
安田南のレコードジャケットは全て中平卓馬の撮影らしいが、全部最高だ。
sunnyの海の写真は何気ない風景なのにどうしようもなく惹かれる。

*RT=リツィート(自分以外の方のつぶやきを引用したつぶやき)
+++++
ベトナム料理「ワオン」@中崎町に飾ってあった葉っぱ。
c0108673_218247.jpg

by mint_jam | 2011-07-31 23:39 | twitter&いえるいえる | Trackback

中崎町4番出口を出たらそこはルーマニアやった

c0108673_23464147.jpg

昨年、ルーマニアでお世話になった谷崎聖子さんの展示会「トランシルヴァニア手芸の旅へ」
@「シロツメ舎

谷崎さんはトランシルヴァニア地方(ハンガリー&ルーマニア)に住んでる
トランシルヴァニア手芸の研究家。
ロマの村を訪れたり手工芸の素晴らしさも実体験させてもらえたのは谷崎さんのおかげ!!
ルーマニアに行ってからの偶然(必然?)の出会いやったけれど
こうして大阪で再会出来たのはものすごく嬉しい♪

にゃんこ印の刺繍糸。
日本で言うたら横田のダルマ糸
c0108673_23461428.jpg

素朴な刺繍から緻密な刺繍まであれこれ。
c0108673_2321952.jpg

c0108673_23292297.jpg

会場はたくさんの人で谷崎さんに話しかけるのもやっとだったけれど
旅友と3人でルーマニア話で盛り上がる。
谷崎さんのお母様はハワイアンキルトの講師でいらっしゃるのだけれど
今回はトランシルヴァニア刺繍のワークショップの講師をされていた。
この母にしてこの娘あり!な感じ。
何かひとつのことに精通しているって素晴らしいことやと思う。
c0108673_23212797.jpg

大好きな東京の下町、谷中界隈にありそうな「うてな喫茶店」
注文を受けてから豆をひいてくれる珈琲を飲む。
旅友はマイブームのミックスジュース。
旅の話は尽きることなく・・・。
c0108673_236586.jpg

中崎町の路地を散歩する。
2番出口から出た界隈は何度も散歩したことがあるのだけれど
4番出口界隈は初めて!
c0108673_2311347.jpg

ガーリッシュな雑貨屋さんで物色したり古本屋さんで沈没したりしていると
いつのまにはとっぷりと暮れていた。
「Editor's Barやって! 編集者バーってどんなバーやろ?
ウィスキーメインのバーみたいやね。」とつぶやいたら
c0108673_2238287.jpg
 
開け放した店の中から『「大人組」の編集をしてるんです。』と。
THE Whiskey World」のバックナンバー、食やお酒に関する本などもあるやん!
「ミントジュレップ」って競馬のケンタッキーダービーのオフィシャルカクテルなんやって。
by mint_jam | 2011-07-30 22:45 | art | Trackback

洋館 DE 音楽会>>中村まりの歌を聴く

「ロンサム・ストリングス&中村まり」がCD発売記念ツアー。
神戸は塩屋にある異人館「旧グッケンハイム邸」。
竣工は明治時代、貿易商が住んでいた英国植民地様式の建物なのだけれど
ここで演奏を聴くのは初めて!
c0108673_23834100.jpg

海はすぐそこ!!
潮風が気持ちよい庭に出て深呼吸をする。
c0108673_0552589.jpg

人が住んでいた暖かさを含んだ部屋にセッティングされた、たくさんの楽器やエフェクターたち。
開演時間には立ち見が出るほど。
c0108673_23324925.jpg

初めて中村まりの歌を聴いた時、こういう歌を歌う若い女性がいるんや!と嬉しさと驚きを感じた。
中村まりの「こういう歌を歌う」というのは、フォークやカントリー、ブルース、トラッドなどの
アメリカの源流音を歌う。ということなんやけど
こういう音楽に精通している人たちに媚びずに歌っているところが聴いていて心地よい。
ギターを弾きながら個性的かつ魅力的な声で歌う中村まりは
淡々としているようにも見えるし内省的にも見える。
ジョニミッチェルのようなカッコよさがある。
そして「ロンサムストリングス」の音の掌でのびのびと歌っている感じは孫悟空っぽかったりもする。

久しぶりに松永孝義さんのベースを聴いた。
「リングリンクス」を思い出して宮武希ちゃんの歌を聴いたときも
こういう歌を歌う若い女性がいるんや!と思ったことを思い出した。
あ、佐野遊穂ちゃんの歌を聴いたときもそうやったなぁ。

100年前のアメリカ・ノースカロライナ州でアメリカンミュージックのルーツ
アパラチアの民族音楽を採譜する女性を描いた映画「歌追い人(ソング・キャッチャー)」を
もう一度見たくなった。
by mint_jam | 2011-07-28 23:56 | music | Trackback

山陰道茶店「中村軒」>>うな茶とマンゴーかき氷

コフクまりちゃんから「中村軒」の「マンゴーかき氷」の話を聞いて早、6年。
「今年こそ」の念願叶って予定を入れていたその日の数日前、さくらさんから
「廣川さんがマレーシアから出張で帰国するからジョインしたいって言ってるよ。」と連絡が!!
朝、名古屋空港に着いて11時にJR桂川駅で待ち合わせ。
13時には「中村軒」を出発。という「嵐」(←ジャニーズのね)のようなスケジュール。

さくら、カンチご夫妻がお育ちになられた界隈を
さくら号の車窓より見学(詳細な説明あり)しながら一路「中村軒」へ。
老舗の風格に満ちた店構え。
c0108673_20212888.jpg

「氷」の文字が桂川の風に吹かれて。
c0108673_20214171.jpg

「ここでしか飲めない(持ち帰れないんやって)冷やしあめ」
冷やしあめの材料は天然水(井戸水)と中村軒で炊いた麦芽と擂った生姜。
アルコール度ゼロの生姜ビール?>>ゴクゴク。
c0108673_2037674.jpg

「うな茶」(うなぎ茶漬け)を激写する廣川さん。
c0108673_20523634.jpg

ぎゅぎゅっと煮込まれた鰻の佃煮が乗ったご飯にお茶をかけていただきます。
「食べるものから季節を感じることを大切に暮らしたい。」
そんな気持ちを込めて・・・「いただきます!」
c0108673_20585351.jpg

暑く食欲がない日にピッタリ♪
お代わりも出来ます。
c0108673_2059381.jpg

お茶瓶も風情があるなぁ。
c0108673_20591218.jpg

これが、噂の!そして念願の「マンゴーかき氷」>>足しマンゴーシロップ付き!!
c0108673_21114214.jpg

これがスキー場ならスイスイパラレルが滑れそうな、さくさく氷。
氷に染みこまないほど濃厚なシロップ♪
崩さないで食べたら押し寿司みたいに2層になっていることに気付いたよ!!
c0108673_21145815.jpg
 
廣川さんが食べたのは「ところてん」。
関東人の好みは二杯酢バージョン。
関西人は黒蜜の方が好きなんよ。
c0108673_21361369.jpg

さくらさんは「ちょっと一口宇治金時」>>白玉、美味しい~!!
c0108673_21233143.jpg

さくらさんとmintに会うために仕事までの限られた数時間で
名古屋空港から京都まで来てくれた廣川さん。
ほぼ日、お互いのHPを見合っているから久しぶり~な感じが少ないけど
実際に会って、おしゃべりして、食べて、そして笑い合える時間はいいな。
8月にタイで予定されている勇造ライブには、さくらさんも廣川さんも参加!
にぎやかになるんやろうなぁ・・・。
c0108673_21511560.jpg

by mint_jam | 2011-07-27 20:21 | f&b | Trackback

大阪天満の天神さん@鍼灸院 オギノ

ちっちゃいおっちゃんのショット・バーヘブンヒルの掲示板「天国通信」にオギノさんが書いてはった
天神祭のお誘い」に惹かれてお邪魔すると天国仲間がいっぱい♪

国際色豊か!!ブラウンさんだけじゃなくジョンさんも来てはった。(^^)
c0108673_238537.jpg

やっちゃんのキュートな浴衣の帯締めと帯留めに釘付け♪
c0108673_2319513.jpg

お誘い文(抜粋)
「天神祭の本宮では午後3時半より始まる陸渡御(りくとぎょ)を
当鍼灸院の出窓とベランダから見られます。
その距離は直近4メートルといったところでしょうか(2階ですので)。
陸渡御(りくとぎょ)は船渡御(ふなとぎょ)へと続く壮観な大行列とパフォーマンス。
天神さんから出発する、御神霊をお乗せする御鳳輦(ごほうれん)をはじめ
催太鼓、猿田彦、神鉾、地車と総勢3000人の大行列が当鍼灸院の目前を練り歩き
氏子による大集団の獅子舞、傘踊りなどを至近距離で見られます。」

大阪天満宮の正門の真ん前、50メートル南下したところにある「鍼灸院 オギノ」
ベランダから覗くと、わぁスゴイ!!お誘い文に偽りなし!!>>見たかったなぁ。
c0108673_2314745.jpg

by mint_jam | 2011-07-25 23:55 | other | Trackback

二宮で酔う>>藤原→さくらBar・・・サイドB

藤原で飲んだビールはサッポロ「赤星
焼酎は霧島酒造の「黒霧島」、そして沢の鶴の「夢酎」(むちゅう)。
赤星は震災で千葉工場が被災したため最近ようやく流通し始めたそう。

5時半には既に満席。
様子伺いの電話が鳴るたびに「今日はちょっと・・・」と断ってはる。
出張で来られていた方は「半年振り!」と嬉しそうに新幹線までの時間をくつろいでおられる。
ご夫婦で来られていたお客さん、近くでBarをされているというので行ってみることに。
藤原さんが地図を描いてくださった。

地図を片手に二宮神社のご神木を見上げ
c0108673_2353133.jpg

琴ノ緒公園でニャンコに会って
c0108673_2332142.jpg

暮れなずむ二宮商店街に紛れていると・・・。
c0108673_2381649.jpg

え~~~~!!
ここ?
と思うようなところにそのBarはあった。
「五木寛之か渡辺淳一のような人と来たいようなとこやね~。」と母。
「せやなぁ、村上春樹は、ちょっとちゃうなぁ。」(笑)
c0108673_23462416.jpg

「さかな家」に来て以来、二宮再発見!!
良いな、二宮♪
c0108673_23223210.jpg

by mint_jam | 2011-07-22 23:12 | Trackback

二宮で酔う>>藤原→さくらBar・・・サイドA

母のリクエストで「藤原」@二宮へ。
c0108673_03015.jpg

c0108673_23434537.jpg

丁寧な仕事。
幼い頃、おばあちゃんが作ってくれた優しく甘いおかずの味。
美味しいものを食べると、どうしてこんなに幸せになるのでしょう。
c0108673_23475862.jpg

鱧の子の卵とじ
c0108673_2340559.jpg

穴子の甘辛煮と肝
c0108673_2341641.jpg

わけぎぬた
c0108673_2346511.jpg

きずし盛り合わせ(鯖+鯛)
c0108673_23484099.jpg

竹の子とずいきの炊いたん
c0108673_23504544.jpg

蛸の子のことを海藤花(かいとうげ)って言うこと初めて知った。
初めて見たし初めて食べた。
c0108673_23533771.jpg

こんなんやで。と藤原さんが見せてくれた
c0108673_2358131.jpg

なんこつのつくね
c0108673_23594828.jpg

お刺身
c0108673_0381450.jpg

成田さんの切り絵は藤原ご夫妻のとってもいいとろが切り取られている。
c0108673_0731100.jpg

後半に続く・・・。
by mint_jam | 2011-07-22 00:29 | f&b | Trackback

法田勇虫 with FUNNY BALANCE Play Songs of SH vol.4

海の日、恒例!
チキンジョージでの法田勇虫 with FUNNY BALANCE ライブ。
c0108673_0221369.jpg

チキンジョージのプレオープンデザインのTシャツを着て行ったら受付の方に
「レセプションに来てくれはったんですね。」と声をかけらた。
きゃは、嬉しい~! チキンのこういうところが好きやなぁ。
c0108673_0354339.jpg

菖蒲田均さんが歌う浜田省吾!!
東京など遠方からのお客さんも含めて満席の客席は熱気ムンムン。
OH!!理屈抜きにカッコイイ♪
”ライブは見るもの”比率が高いmintは目がハート♪
c0108673_112288.jpg

c0108673_1866.jpg

浜省のバンドでギターを弾いてはった法田勇虫さんが今年も神戸に来てくれはりました。
冷静にバンドのサウンドを聞きながら演奏してはる姿が、さすがプロフェッショナル!!
「i phoneアプリで当時自分が演奏していたギターのフレーズをコピーした。」という勇虫さん。(笑)
リードギターはもちろんやけどカッティングもカッコイイ♪♪
c0108673_1103988.jpg

浜省バンドでベースを弾いてはった関雅夫さんがゲストとして登場。
ダブルベース、ね!
c0108673_2313831.jpg

c0108673_0524174.jpg

バンドって素晴らしい!!
見せる歌を聞かせてくれたFUNNY BALANCEのメンバーに拍手♪
c0108673_23173468.jpg

c0108673_132439.jpg

+++++
浜田省吾の「愛の世代の前に」は脱核の歌。
彼のお父様は被爆者で地球上から核兵器が根絶されない限り本当のラブ・ジェネレーション
(愛の世代)は訪れない」というメッセージが込められている。
by mint_jam | 2011-07-21 23:45 | music | Trackback

ビーさん祝☆還暦パーティ

c0108673_13223644.jpg

大好きなバンド「シェリフ」の元ドラマー、現パーカショニストの備瀬益男(ビーさん)さんの還暦パーティ@ペーニャ。
「ビーさん、お誕生日おめでとう!!」

まっすんとmoonさんがビーさんに気付かれないように準備してのサプライズパーティ。
真っ赤なTシャツに着替えてもらってゆるゆると宴が始まる。
祝☆還暦 「生きてるだけでまるもうけ」
c0108673_13243780.jpg

佐藤さんの祝辞で乾杯!
c0108673_13293638.jpg

アチャコさんが歌う。
c0108673_13301053.jpg

「そのTシャツ洗濯して縮んだら仲くんが還暦の時に使うから。」
と、まっすん。
北海道ツアーのため出席出来なかった仲くんからのお祝いメッセージを披露。
~たまには・・・こっそり・・・一曲でもいいからあのうねるようなドラムを聞いてみたい!!~
c0108673_13351791.jpg

徳田建さんが歌う。
c0108673_13321981.jpg

佐藤さんが歌う。ギターを弾くのは明石さん。
c0108673_13405083.jpg

70年代からのシェリフファン、いくやんからのお祝いメッセージ。
c0108673_1343524.jpg

同じく今年還暦を迎えられる神田商会の八木さんからのお祝いメッセージ。
c0108673_13472275.jpg

70年代からのシェリフファンの常海さんも嬉しそう。
c0108673_21325413.jpg

ビーさんゆかりの方たちのお話を聞いたり久しぶりにお会いする方と歓談したり。
60歳になるってどんな感覚なんやろ?
c0108673_22543183.jpg

宴が終わりお暇の挨拶をしに行ったら「あの曲が演りたいな。」とビーさん。
「あの曲ね!mintも聞きたいと思っててん!」
・・・あの曲・・・ビーさんと同じ曲を思っているはずやけどタイトルが出てこない・・・。
二人でまっすんに「あの曲・・・何やったっけ?」
申し訳ないが気分がいい
「それ!それ!」
ペーニャ大ちゃんがベースを弾いてまっすんと歌う。
みんなで歌う。
~抜けるような空が痛い 風がヒゲに遊んでいく 申し訳ないが気分がいい すべては此処ににつきるはず~
c0108673_22555252.jpg

~いつもより傍に来て 抱きしめて欲しい 今夜が永遠に 終わらないように~
結婚披露宴を思い起こさせるようなパーティやった。
今夜を永遠に♪ 
c0108673_2225482.jpg

by mint_jam | 2011-07-18 23:45 | music | Trackback

レイラ DE ディスコナイト

c0108673_1216358.jpg

「ディスコってどんなとこ?ディスコで踊ってみたい!」
ロックBar「レイラ」のスタッフ、80年代生まれのワカちゃんのリクエストを受けて
「レイラでディスコ大会をやろう!」ということになった。

ワカちゃんは「ディスコを知らない子供たち」なのね。
ディスコっていつ頃なくなったのかな?

選曲はソウル中心。
カウンターにはDJが入りテーブルも椅子も取り払ってダンスフロアとなったレイラに
シックのおしゃれフリークアース・ウインド&ファイヤーのセプテンバーが大音量で回る。
Do you wanna dance tonight?

誰もが壁の花になることなく楽しそうに踊っている。
踊っているとトランス状態になってくるから不思議。
音楽は麻薬やと感じたのはディスコやったことを思い出した。

80年代前半。
神戸で有名やったディスコは「KING & QUEEN」や「ヴィヴィアン・リー」やけど
他にもたくさんたくさんあった。
煙草もお酒も友だちの声も聞こえない大音量の音の渦に飲み込まれるものも苦手やったのに
新しい音との出会いを求めティエリー・ミュグレーの服を着て
カカオフィズやヴァイオレットフィズを飲んでニューウェイブで踊った。
あれから・・・30年も経ったんや・・・。

2回目があれば、また参加したいな。
by mint_jam | 2011-07-12 23:55 | music | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧