<   2012年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

twitter>>それでぼくは「つぶやき」をあつめて(19)

青空を駆けたいんです。
青空を。

<<2012年1月のつぶやき>>
努力が奇跡を生みますように・・・。
全国高校サッカー選手権に西宮市立西宮高校が創部62年目にして初戦。
http://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/0004716050.shtml


関空に到着。
乗り継ぎ時、荷物積み損なわれ…の巻。
バックパックの中はほとんどが衣類やし、家に送ってくれるならラッキー!と思ったのも束の間。
コートが!
コートが!
コートがないやん!
寒い〜。


ブラウンさんの真似をしてダッチオーブンでご飯を炊いてみた。
粒感みなぎる出来映え!
『蓋の裏側のトゲトゲが「魔法の鍋」の重要ポイント』なんやって。
食べ過ぎに注意やな。
c0108673_22525847.jpg

2012年の「初ライブ詣で」は、山下達郎@大阪。
ドキドキワクワク開演まで、あと3分。クラッカーの準備、オッケー!
さあ、東京から見に来た大好きな友だちと一緒に弾けるぞ。


<RT>・・・興味を持った誰かさんのつぶやき

日本が見下す国に、日本が忘れた大事なものがある。
原発もモンサントもTPPも体を張って反対し止めたフィリピン。
自国を守る意識が国民にも徹底(貧困層のため情報が行き渡らないことはあっても)。
いい給料の原発作業員でさえ、原発ないと生活苦しいのに、お金に魂を売らず反対運動へ転身。


1月17日をむかえ、17年前・・・神戸の地震を思い出し中。
当時、「現場と、他の地方との温度差」を感じて、ひんやりした気持ちになった。
しかし昨年3月の地震以後、「遠くにいると、こういう感じで、災害の実感がわかないものなのだ」と、
初めて知った。


津波で街の本屋さんがすべて流された岩手県大槌町。
「本屋のない街にはしたくない」と書店経験のない素人のご夫婦が開いた
「一頁堂(いっぺーじどう)」。ご夫婦の奮闘を伝えるルポを読み幸せな気持ちになる朝。
http://mainichi.jp/enta/book/news/20120118ddm015040118000c.html


レココレ・アーカイヴズ『日本のロック/ポップス』出来てきました。
早川義夫とジャックス、ユーミン、矢野顕子、吉田美奈子、遠藤賢司、大貫妙子、小坂忠、
URCの8つの特集で1500円。
『ミスリム』の表紙が目印です。
1/31発売!
http://pic.twitter.com/fRs8QZ8G
by mint_jam | 2012-01-31 01:41 | twitter&いえるいえる | Trackback

川は文化を隔て屋根は気候に寄り添う

学校で教えてもらった強く印象に残っていることのひとつに
「川は文化を隔て屋根は気候に寄り添う」というのがある。

江戸時代を勉強したときに出てきた「越すに越されぬ大井川」という言葉から
「昔は橋が架かった大きな川はほとんどなく川を渡るのは大変なことやったんやで。
せやから川と川の間でそれぞれ独自の文化が生まれ行き交うことなく発展したんや。
それは橋が架かった今でも(mintが学生の頃なので70年代やけど)かなり残っていて
(西宮で言えば)夙川と武庫川の間がひとつの文化なんやで。」
と先生は言った。

確かにそう。
市町村のくくりと文化のくくりには少しやけどズレがある。
武庫川を越えたら尼文化やし夙川を越えたら芦屋文化や。

そしで「合掌造り」を勉強したときのこと。
「合掌造りは屋根が急勾配やろ?それは少しでも雪を降ろすためやし
沖縄の庇が長いのは強い太陽の日差しから家の中を守るためなんやで。
屋根の勾配と庇の長さでその地の気候がわかるんや。」

+++++
「川で文化が変わる」を一番感じたのは震災のあとやった。
武庫川を越えたら平和な別世界が広がっていた。

会社に行くとき阪神電車で淀川を渡る。
この雄大な景色がとても好き。
淀川を渡りきったらそれまでぼんやりしていた頭が「大阪で仕事をする」モードに切り替わるのだ。

youtube>>淀川を越えたらそこは大阪やった
by mint_jam | 2012-01-30 23:57 | other | Trackback

「塩麹がいい。」と言っては買ってみたり

c0108673_2122872.jpg

ヒバリちゃんがお勧めしていたこともあって興味ありありやった話題の「塩麹」。
「金沢さんぽ味と技展」@阪急百貨店で買ってみた。

どう形容したらいいやろ?
見た目はお粥さん。
味は丸みがある塩の旨味が溶け込んだ甘酒のような。とでも言えばいいのかな。

大根を漬けてみた。
美味しい~!!
麹がデンプンを糖に、タンパク質をアミノ酸に変えて甘みと旨みを一体化させた想像を超える逸品♪
しかも、食材に付けて置いておくだけでいいなんてものぐさmintにピッタリの調味料や。

キューリ、トマト、キノコ、ゆで卵、アボカド・・・。
さぁ、いろんな食材を漬けてみよう。
豆腐を泡盛と一緒に漬けたら白豆腐よう?
お肉や魚を漬けて焼いたりドレッシングを作ったり。
ご飯を炊くときにも、おなじない程度に入れると美味しく炊けるんやって。

mintが買ったのは高澤醸造の「能登づくり塩こうじ 神子原米」
塩麹もお味噌みたいにメーカーによって味が随分と違うのかな?
岩塩でも出来るなら自家製に挑戦してみたい・・・。

>廣川さん
2月17日から 伊勢丹@クアラ・ルンプールでも出張販売の予定があるよ!
by mint_jam | 2012-01-30 00:15 | f&b | Trackback

山下達郎「Performance 2011-2012」@グランキューブ大阪

昨年11月に行ったので2回目。
「チケットがあるねんけど一緒に行かへん?」と東京に住んでいるえちみが誘ってくれた。

何をどう演るかわかっていても開演前はドキドキワクワク。

前回のツアーでは「レッツ・ダンス・ベイビー」を作詞した吉岡治さんが亡くなられたことをうけて
「吉岡治特集」 を演ったのだけれどフェスティバルホールがなくなり達郎が希望する
2~3000人規模の音楽ホールがないということで大阪公演がなかった。

そんな大阪のお客さんのために初披露。
~おもちゃのちゃちゃちゃ 天城超え 北酒場 さざんかの宿 命くれない 大阪しぐれ~
サプライズ!!

グランキューブの音響評判が悪いことを随分と気にしていたけれど
PAスタッフの技術を信用して大阪で演ることにしたのね。
「中野サンプラザなんて、もっと音響悪いよ。それでも中野で演るのは融通が利くから。」と。
>えぇ~!!そうなんや・・・。

次回のツアーは来年4月にフェスティバルホールが開業するのに合わせて始めるらしい。
還暦記念で全国60本とか?!
(^^)♪

一人多重録音アカペラを聴きながら達郎が教えてくれたたくさんのことを思う。
例えば好きなミュージシャンがいたら、その人が影響された音を聴いてみる。とか、そんなこと。

私たちの前の席に座っていたのはスーツ姿(会社員風)のお父さんと小学生高学年風の息子。
お父さん、アンコールが終わり「おやすみ~」と手を振りながら去っていく達郎に
「達郎~」と呼びかけながらいつまでも大きく手を振っていた。
息子に自分が好きなミュージシャンを見せたかったのやろうか。


ロビーに飾ってあった新譜「Ray Of Hope」のジャケットの絵に描かれている愛用のエフェクターたち。
c0108673_123262.jpg

MXR ディストーション
オーバードライブ
MAXOH
コーラス CE-3
T-Wah  TW-1
Dynamic Filter FT-2


+++++
急遽2人でお泊りすることに!
一緒に泊まるのは7年くらい前に行った箱根以来かな。

『最後に2人で一緒に見たライブは「てつ100%」@チキンジョージやったんちゃう?』とえちみが言った。
てつ100%は、チキンで演るたび見に行っていたね。
あれから25年かぁ・・・。

実年齢と自分の感覚がそぐわなくて居心地が悪いよね。
あと数年したら実年齢と寄り添えるかな。
c0108673_121438.jpg

グランキューブに行く前に見た、外観が出来つつあるフェス。
c0108673_133164.jpg

by mint_jam | 2012-01-29 01:04 | music | Trackback

Bar Layla  祝★4周年♪

心から、おめでとう~♪

mintの夢実現のBar、レイラに乾杯~。
c0108673_20165999.jpg

+++++
レイラさんのブログから転載。

本日1月21日でBar Laylaは4周年を迎えます。
日頃の皆様のご愛顧の賜物と感謝しております。
70年代の音にこだわり、これからも良い音探して、良い音聴きながら楽しく飲めるお店目指して頑張ります!
これからもどうぞよろしくお願いします。

本日1月21日(土)はno chargeで皆様のお越しをお待ちしております!
by mint_jam | 2012-01-21 23:44 | other | Trackback

新年会@はながさ

年始に『「はながさ」に隠れ(裏)メニューとして「ジューシーのオムライス」がある。』
という記事をmeetsで見て「食べたいなぁ・・・。」と思っていたところに
サバーイさんから「はながさ」へのお誘いが♪

集まったのは「チーム・クラスノ」のメンバー6人。
ちょっこし遅れて行ったら、もうみんないい感じになっていた。

はながさ、と言えばやっぱりゴーヤチュウハイね。
c0108673_23411364.jpg

お店からの1品。>>大将、いつもありがとうございます。
c0108673_2336547.jpg

席に着いて真っ先に注文したよ、ジューシーのオムライス。
ふわとろ卵をめくってみたら・・・。
c0108673_23363212.jpg

ふふふ、ジューシー。(沖縄の炊き込みご飯)
c0108673_23364422.jpg

これは定番ね、にんじんしりしり。
c0108673_2337999.jpg

話題あれこれ。
みんなでモルトウイスキーの聖地、アイラ島に行って蒸留所めぐり出来たら楽しいやろね。
定年したら主催するぞ、前期高齢者の社会見学!!
ピピ島もいいな。
前期高齢者のヌーディトビーチ!!
60歳になったらやりたいことがいっぱいあるから足腰を鍛えておかねば、立ち飲みで。
ブラウンさん、ご指導ご鞭撻今後ともよろしく!!(^^)
他にもいろいろ食べて、おなかポンポン。
イカ墨麺も食べて全員お歯黒に。
(^^)
c0108673_23394355.jpg

十三は興味深い。
まだまだ~ 行ってみたぁ~い店がある~♪
by mint_jam | 2012-01-20 23:12 | f&b | Trackback

第2回!すっぽんな夜@松屋酒店

ざっくり1年ぶりのすっぽん鍋会@松屋酒店。

11月に予約を入れたら1日1組限定ゆえ、空いている日が17日くらいしかなくて
決めた時は気が重かったのだけれど17日に友だちと美味しいものが
しかもこの魚崎で食べられるなんて幸せなことや♪と思い直す。

まずは日本酒割りの活血酒で乾杯♪
c0108673_2117452.jpg


コースは前回と同じかと思いきや生肝がないやん・・・。
生肝余波はすっぽんにも来ていたのか・・・。
c0108673_21171628.jpg

何の話からこうなったんか・・・。
「音読み+訓読みは重箱(じゅうばこ)読みなら反対(訓読み+音読み)は何って言うんやろう?」
???
検索!検索!
「湯桶(ゆとう)読みやって!」
「そんなん習った覚えないで。」
「”ゆとう”なんて言うかぁ~?”ゆおけ”やんなぁ。」
c0108673_21173982.jpg

宴もたけなわ。
やっちゃんが「コレ飲んどき!」とウコンをくれる。
かわうそさんが「お水・・・。」と言うと
「ビールで飲んだらええねん。どうせお酒飲むねんから一緒やん。」
う~~~~ん・・・さすが、やっちゃんは理論的やな。
(^^)

すっぽんのいろんな部位登場。
c0108673_2118088.jpg

c0108673_21183110.jpg

c0108673_2123275.jpg

松屋に来たら魚崎郷の日本酒、太田酒造の道潅がお約束。
c0108673_22261335.jpg

しのやんは「菊正宗」とネームが入った黒い酒器がお気に入り。
「これ、ええなぁ・・・。せやけど、この店、菊正宗は置いてないやん!」
「ほんまや~。」
しかも松屋の奥さん「この酒器は菊正宗資料館で売ってます。」って。
(^^;)
c0108673_21172427.jpg

1.1kgのすっぽん(写真は明日の出番を待っている同等品)を4人でわけわけ。
雑炊に行き着いた頃には、おなかポンポン。
あぁ、美味しい~♪
c0108673_21181581.jpg

<防備録>
コースは時価 16000円(1匹を4人で分けるので1人4000円)
活血酒
酢の物 えんがわ 肝 腸 もも肉 卵
すっぽんの茶碗蒸し
すっぽん鍋
雑炊
アルコールは別料金やけど立ち飲み価格

生肝の写真がある第1回目 → すっぽんな夜>>1日1組限定よ (^0^)
c0108673_21171628.jpg

by mint_jam | 2012-01-18 22:10 | f&b | Trackback

静かに祈ろう

c0108673_2321732.jpg

by mint_jam | 2012-01-17 05:46 | other | Trackback

タイ紀行・・・雑記、あれこれ

c0108673_1565123.jpg

2004年12月26日、津波は島を激しく潮の渦に飲み込んだ。
津波なんて言葉も存在も知らないから海から一気に潮が引いて行く様を「今日の海はどうしたんやろ?」って
不思議そうに興味深く見ていたらしい。
そして一気に満ちた大波は高台に逃げる。って発想のないピピの人たちと建物と船をさらったのだ。

今は島のいたるところに「TSUNAMI」の文字がある。
この道を使って逃げろ。だとか、山に登れ。だとか。
c0108673_263297.jpg

+++++
なんぼほど使うねん!と、ツッコミたくなるロティ用のコンデンスミルクの積み木。
コンデンスミルクは冷蔵庫いらず。
常温で置いていても大丈夫な砂糖入り牛乳の代用品。

バナナ・ロティ(パンケーキ)を買い食い。
「コンデンスミルク多め。」をカスタマイズ。
mintにとってはタイの味のひとつ。
初めてバンコクに来たときはカオサンに泊まった。
宿の近くに夜になったら出没する屋台の味が忘れられなくてタイに来たら必ず食べる。
c0108673_274241.jpg



+++++
サイアムパラゴン@バンコクのスーパーマーケットで見つけたミントソース。
ソースはジャムとも言えるよね。
何にどう使うのかわからなくて買わなかったんやけど買えばよかった。
そしたら共食いやったね!
c0108673_2234627.jpg



+++++
プーケット空港の2階にあるタイ航空経営のレストラン。
70年代の百貨店にあったレストランを彷彿させるテーブルと椅子と室内装飾。
プーケット風なんちゃらという焼き黄色麺とプーケット風センレック・ナム(汁河粉麺)を食べてみる。
何がプーケット風なんか謎やけど安心して食べられるオーソドックスな美味しさ♪
(^^)
c0108673_23391667.jpg

c0108673_23444334.jpg

c0108673_23445946.jpg


+++++
タイに住んでいる友だちがいる。
イケメンなんだな、これがまた。
幾度かタイを訪れ魅了され会社を辞めて移住した。
タイで設備系の会社を興しタイ人の従業員をかかえ現在に至る。

日本でも大きく報道された昨年の洪水で仕事が激減。
新たなクライアントを求めてアユタヤ以北に営業をかける日々だそう。
バンコクからアユタヤって日帰りツアーが組まれるほどの距離。
従業員のためにも。と、仕事を求めて車を走らせているのだという。

そんなこんなで今回はホテルのロビーで10分ほど会えただけ。
身体に気をつけて仕事をしてね。


+++++
サバーイさんのおかげで今回も楽しかったよ、バンコク。
ピピ島への交通手配もありがとう。
多謝。


+++++
c0108673_2333987.jpg

ピピ島はこんなとこ→
c0108673_2111785.jpg

by mint_jam | 2012-01-15 23:54 | travel | Trackback

タイ紀行・・・ヌーディストビーチで本を読む

トン・サイ・ベイの砂浜からロング・ビーチ砂浜までロング・テール・ボート(海上タクシー)で10分。
c0108673_22481768.jpg

ロング・ビーチはヌーディスト・ビーチ。
ビキニをはずしてガッツリおおらかに陽を浴びる欧米人女性たち。
c0108673_22454822.jpg

太陽の動きに合わせてデッキチェアを移動させてパラソルに逃げ込む。
キンキンに冷えたシン・ハーを片手に読書三昧。
井上荒野を3冊。
直木賞の「切羽へ」と2005年の作品「誰よりも美しい妻」と「しかたのない水」。
山本文緒の”落ちる”感に近いものはあるけど毒もリズムも物語の展開も山本文緒の方が好みやな。

凪いだ静かな海に時折響くロング・テール・ボートのエンジン音。
鳥のさえずり。
照りつける陽。
揺れるおっぱいの陰が通り過ぎる。

ひとくち残ったぬるいシン・ハー。
mpodにボブ・マーリーのノーウーマン ノークライが流れる。
c0108673_23371559.jpg

c0108673_2252318.jpg

c0108673_22551022.jpg

c0108673_22554746.jpg

c0108673_231492.jpg

c0108673_22595526.jpg

c0108673_2257790.jpg

c0108673_230654.jpg

by mint_jam | 2012-01-14 22:57 | travel | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧