<   2013年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

中山カホリ植物画展「植物図鑑2013」@ hitofushi

c0108673_831444.jpg

フォークソング部の後輩、中山カホリちゃんが描き貯めた山野草などの植物画。
鉛筆と水彩と墨の淡くグレイがかった緑の中の赤にハッとしたり、
パン!と種がはじける様子が目に留まる。

レトロなビルの公園に面した北側に窓がある、にっぽんに伝わる昔ながらの暮らしの道具や
和の歳時記などの伝統の情報を発信する雑貨屋さん
hitohushi」の色合いに寄り添っていて、しっくりといい感じ。

カホリちゃん絵を見ながら、小学生の頃にアコガレた偉人が牧野富太郎だったのに
今年も牧野植物園@高知 に行けなかったなぁ。と思い返す。

案内のDMに描かれているのは山枯れた月桃の実。
c0108673_2135379.jpg

月桃花は奄美や沖縄で咲いているのを見たことがあるけれど、実がなることは初めて知った。
種はこんなに大きいんや♪
カホリちゃん、発芽するといいね。
c0108673_21355986.jpg

by mint_jam | 2013-11-29 07:52 | art | Trackback

創作意欲が掻き立てられた夜。

c0108673_23314496.jpg

by mint_jam | 2013-11-28 23:36 | art | Trackback

道が庭・・・6>>燈篭もあるし。

c0108673_22434682.jpg

by mint_jam | 2013-11-27 22:44 | plants

いとしきエブリディ @ シネリーブル神戸

c0108673_23372513.jpg

英国・ノーフォークの小さな村に住む、ステファニー、ロバート、ショーン、カトリーナ
女の子2人と男の子2人、4人の子供がいる夫婦の日常。
夫・イアンは出所の見込みが立たないまま刑務所にいて、妻・カレンは昼夜働いて
お隣のお世話になりながら子供を育てている。
夫を愛している妻は、面会日に子供を連れて夫に会いに行く。
妻には子供たちとも仲の良い男友達がいる。
男友達は妻を愛し、心を支える。
夫は妻からその事実を聞かされ妻をなじる。
こんなに波乱に満ちた日常の心の機微を丁寧にキメ細やかに詩的に描いている。
淡々と・・・これでもかというくらい淡々と。

一番魅力的かつ興味深かったのは、カレンが4人の子供の母である前にイアンの女でいること。
これこそが、この家族の絆の根源なんやと深く思う。

マイケル・ウィンターボトム監督は、毎日(エブリディ)の積み重ねが
どれほど愛おしいかを描くために、この愛らしい実の兄妹4人を5年もかけて撮ったんやね。
だからまるでドキュメンタリーに見えるよ。
マイケル・ナイマンの音が、この映画のすべてを語っていて感情を増幅させる。
優しさに包まれたならきっと目に映るすべてのことがメッセージ。

いとしきエブリディ →
by mint_jam | 2013-11-27 00:01 | movie | Trackback

momoendo展 "A to Z" @ 2nd space

乙中通り@元町にある、ギャラリー2nd space
炭酸パックとチークを作るワークショップが縁で知り合った遠藤桃さんの彫金展。
作品に自由に触れて良くって、アジサイ付きの王冠も被らせてもらう。
c0108673_1758331.jpg

c0108673_1873511.jpg

c0108673_18121789.jpg

例えば「M」なら「moon」
c0108673_17454890.jpg

「T」なら「together」
c0108673_17472568.jpg

「G」なら「grow」と英大文字から始まる単語を作品にした”A to Z"が天井からユラユラ。
c0108673_17511063.jpg

彫金を始めるきっかけは最初は指輪が作りたくて、で、これを作ってどっぷりはまったんやって。
c0108673_18223287.jpg

「sky」の中に遠藤さん。
c0108673_1818961.jpg

お目当ての「m」のブローチは置いてなかったから、作ってもらうことにしたよ。
楽しみ♪
c0108673_18233014.jpg

by mint_jam | 2013-11-26 00:01 | art | Trackback

秋晴れモノラル

我が家の多肉ちゃん、絶賛紅葉中♪
c0108673_22362811.jpg

思い出はモノクローム 色を付けてくれ。
c0108673_22361316.jpg

by mint_jam | 2013-11-25 22:50 | plants | Trackback

エッセンシャルストア vol.8

c0108673_23573521.jpg

待っていました!! >> エッセンシャルストアvol.8 @ 野田。
始まったばかりの発展中な空間やというのに、空間そのものがスペインのインテリア雑誌
アパルトマント」や現代美術に通じるものがあって惚れ惚れ。
c0108673_10151.jpg

c0108673_0195744.jpg

c0108673_0205169.jpg

今回の注目は、20年程前に潰れた植物園で使われてた巨石をオブジェにした
地下室(実は1階)。
静なのに、とっても刺激的!!
c0108673_092875.jpg

c0108673_031524.jpg

c0108673_041974.jpg

c0108673_052866.jpg

c0108673_0101843.jpg

c0108673_0195894.jpg

c0108673_0295653.jpg

映画「ホノカアボーイ」に出て来るビーさん(倍賞千恵子)着ていそうな古着のヴェスト。
ビーさんくらいの年齢になったらハワイ島に行って可愛いく着こなしてみたいな。
(^^)
c0108673_08142.jpg

by mint_jam | 2013-11-25 00:12 | art | Trackback

一番何度も聴いたアルバムは何ですか?

せんばれちっくばんどの打ち上げ@スペインバル「エスパニョール ラ・ボデガ」で、
「一番何度も聴いたアルバムは何か?」の話題。
数えてはいないけれど、mintは1970年代に出会ったジャクソン・ブラウンの
レイト・フォー・ザ・スカイ。
そうでなければ、キャロル・キングのタペストリー か
ザ・バンドのセカンド(通称・ブラウン)じゃないかなと思う。
そんな話をしたあと、mpodではカシオペアのAsayake(朝焼け)がグルグル。
美味しくって、楽しくって、いっぱい食べて、いっぱい笑った。
せんばれのメンバーwith千足先生に心からありがとう♪

パエリアもアヒージョもどれも美味しかったけれど、初めて食べた枝つきオリーブのピクルス、
ゼッピン!!
c0108673_23531389.jpg

c0108673_23542619.jpg

c0108673_23262185.jpg

c0108673_23283333.jpg

c0108673_23293277.jpg

c0108673_23294828.jpg

c0108673_23332495.jpg

c0108673_23333958.jpg

by mint_jam | 2013-11-24 23:25 | f&b | Trackback

お好み焼き すえちゃん

KOBE*HEART」のHPの中にある「サポート」のページには
いくつかの知ってるお店と、いくつかの知らないお店があって、
知っているお店はどこも写真家・北畠健三さんのお気に入りの美味しいお店だから
知らないお店もきっと美味しいに違いない。
そう思って”行きたいリスト”に入れていた家から徒歩圏内の「すえちゃん」。
ええっ!!市営住宅の1階にあるの?!
扉を開けると、カウンターに椅子が8つ。
魔法のレストランのステッカーがいっぱい貼ってあって「ここは長田(区)?」な空気が
充満している。

「何入れる?」のおばちゃんの問いかけに、食べログで予習した「すじコンとジャガイモ」
に油カスも入れてもらうコトにする。
「それ、入れすぎやで。」とお客さんのおっちゃん。
やっぱり長田や・・・。(笑)
「入れすぎなことあらへんで。美味しいで。」のおばちゃんの言葉に後押しされて
焼いてもらう。
「写真、撮ってもいいですか?」って訊くと、おっちゃん すかさず
「ブログに載せるんか?」
やっぱり長田や・・・。
c0108673_0502317.jpg

焼きあがったお好み焼きの写真を撮っていたら扉の方から、なにやら人の気配。
「え~~~~!! 北畠さん!!」(@@)
電車に乗らないし・・・と完全スッピンで来たら・・・。(^^;
c0108673_134180.jpg

ぐはぁ~、美味しい♪
どこのなんていうソースなんやろ?
c0108673_102418.jpg

by mint_jam | 2013-11-22 02:07 | f&b | Trackback

東灘図書館

住吉川沿いに移転した住吉だんじり資料館併設の東灘図書館。
c0108673_111418.jpg

平日のお昼間でもたくさんの人が利用しているのは、いいなぁ。
絵本もいっぱいあって1日中でも居たいオアシスだぁ!!
借りる予定はないけれど、貸し出しカードを作ってもらった。
閉館後はポスト返却が出来るのもいいね。
c0108673_1234983.jpg

そしてこんなプロジェクトを知った。
読み終えた不要な書籍を送ることで、価格の査定を経た古書の買取金額相当をそのまま
図書館再建の費用として役立てることができる復興プロジェクト。
読み終わった本を送って、被災地・陸前高田市に図書館を創ろう!
by mint_jam | 2013-11-21 23:20 | book | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧