<   2014年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

それでぼくはつぶやきをあつめて(31)

1年以上、ほとんどログインしていなかったTwitter再開に連動して
「それでぼくはつぶやきをあつめて」も再開。


甲子園に向かう阪神電車。
キュートな小学生娘「えらい人やなあ。こういうのを通勤ラッシュって言うんやんなあ?」
ダンディーなパパ「何言うとんねん!こういうのをタイガースラッシュって言うんやがな。」


月曜日と金曜日を休肝日に制定。
金曜日は振り替えることもあるやろなぁ。とは思っていたけど、
1回目から金曜日を木曜日に振り替え決定。
振り替えるには早すぎる?!(^^)


有山じゅんじさんのブログによる「south to south」情報。
「10月くらいには、京阪神含めいろんな場所でライブ計画中です。」
c0108673_1381135.png



休日の御堂筋。オフィス街も安息。
c0108673_04144.jpg



パンチとアイパーって、どうちゃうの? 
c0108673_1355598.jpg



閉店したんやと思っていたアート・グラフィック系が充実している古書&雑貨の店
「コロンボ」と本町で再会!!
「5分で帰ります」の張り紙に偽りありやったけど、それもまたよし。
c0108673_1341688.jpg



2年前、4月18日を「Heart Of Goldの日」に制定した。
この歌の出だしは「I want to live」。
ニールヤングが好きだったけれど、活動的な彼女のことだからきっと
「孤独の旅路」じゃないはず。
桜が散り初めた3回忌。
Neil Young - Heart of Gold → YouTube


エアアジア。早割だと東京→大阪くらいの距離乗って運賃燃油代込みで
700円弱なのに受託手荷物代(別料金)が20kgまでで1000円強。
荷物より重いアタシは、荷物より安い?!


お財布、忘れた!けど大丈夫!
こんな時のために小銭も混ぜて職場2000円置いているもん。
学習能力の高い自分を自画自賛!


幸せに暮らせそう。>>「四ツ葉マンション」
c0108673_2153113.jpg



素晴らしきマンドリン弾き、宮崎勝之さんの突然の訃報に言葉を無くす。
検査結果を得てからたったの2週間。
千秋さんのお気持ちを思い、いたたまれない時間。
「エル・クンバンチェロ」宮崎さんと井山くんの演奏@ヒポポタマス → YouTube
by mint_jam | 2014-04-30 23:53 | twitter&いえるいえる | Trackback

和代先生、お元気で!

AratiYOGA道教室を主宰されている和代先生が、あと1週間で神戸を離れ、
サンフランシスコへ・・・。
そしてインドへ。
ガレージセール(と言ってもほとんど無料)をされるとのお知らせをいただき
旅立たれる前に会いに行く。

先生の教え方が好きで、声が好きで、特にマントラを唱える声が好きなのだ。
これからは先生が作られたヨガのアプリケーションをipadにダウンロードして、
おうちヨガを続けよう。
どうか、お元気で!

c0108673_23274474.jpg

by mint_jam | 2014-04-29 22:27 | other | Trackback

ショボショ 野田藤

慈郎さんに紹介していただいた写真家の高津吉則さんが、
「のだふじ祭り」で撮影された写真をフェイスブックに載せておられて
駅前でも咲いていることを知った。
長年”生活している”と言ってもいい町なのに季節も感じず、足早に通り過ぎるだけということに
自嘲しきり。

c0108673_2184190.jpg

咲いてる! 咲いてる!
ピンクもあるで。
c0108673_218154.jpg

花をつけていない棚もあるけど、このショボさが野田らしくて、ええわぁ〜。
ほんに、よう咲いたね〜。

c0108673_2163350.jpg

今にも雨が降り出しそうで「もう行かな!」と思ったその時、一瞬お日様が!
ふわりと風に揺れる様が舞子さんのかんざしのようで色っぽいな。
c0108673_2171247.jpg


+++++
野田と藤の関係について知ったのは、阪神の野田駅前にあるショッピングセンターの現場で。
竣工前、福島や野田の歴史に関わりが深い「藤」が英語で「ウイステリア」ということから
「ウイステ」という愛称に決まったのでした。

HPのだふじの会によると「200房確認」とある。
藤の花の単位って、ぶどうと同じ、房なのね。

c0108673_2162016.jpg

by mint_jam | 2014-04-28 23:51 | plants | Trackback

第3回 KOBE*HEART FOTO倶楽部

恒例の参加者が撮った写真を並べて
「どれが好きかな?」で始まる KOBE*HEART FOTO倶楽部。
今回のお題は「色」

c0108673_22502691.jpg

人気上位作品の発表と、すべての写真への講評。

<メモ>
白飛びは調整する
トリミングしてみる
カラーをモノクロにしてみる

+++++
「色」と言われても何を出していいかわからない。
わからないのは、先生や仲間に媚びて、気に入られそうな写真がどれか迷っているから。
こんなんじゃ、楽しくなくなるな〜。と思って、自分の気持ちが動いて撮った写真を出すことにした。
そしたら北畠校長先生が「写真が変わったね。僕もこれに1票入れたよ。」って
言ってくださったのが嬉しかった。
(^^)
この写真は大江ビルで撮ったこともあって「時よ」とタイトルを付けたのだけれど
KOBE*HEART FOTO倶楽部では、今のところ写真にタイトルを付けないことになっている。
無題の方が言葉に気持ちを持って行かれなくって、写真そのものを見る感性が
養われるような気がして、いいな。と思う。
by mint_jam | 2014-04-27 22:03 | art | Trackback

「久しぶり」

「久しぶり」ってどれくらい会っていないときに使うのかな?

今年に入ってからは会っていなくて、前にあっったのは冬より前で
もしかしたら夏だっかかもしれない友だちと2人で
もしかしたら21世紀になったばっかりの年に会ったのが最後だったかもしれない
友だちに会いに行く。

ギャラリー「グストハウス」@大倉山で浜上初子さんが仲間に声をかけての4人展。
久しぶりに会う浜上さんは、浜上さんのまんま。
会えなかった時間を埋め合う。とか懐かしい。とか、そういうことは微塵もなくて、
ユーモラスで、独創的で、可愛くって、創作意欲に溢れていて、
生活するという行為そのものが芸術家なところは相変わらずで。

インターネットに接続しなくても、繋がっている人とは繋がっているのだ。
昔も今も。

c0108673_22195791.jpg

by mint_jam | 2014-04-26 23:48 | other | Trackback

アンドレアス・グルスキー展@国立国際美術館

ベルリン行きを決めてから「ドイツ」ってだけで五感がピクピク。
アンドレアス・グルスキーって誰?(ごめんなさい!)状態やったけど
ドイツってだけで前売りチケットを買ってGO !
c0108673_2312347.jpg

白い壁に白くて丸みを帯びたガスレンジ(西洋のセパレート型コンロ台)に青い炎。
最初期の作品「ガスレンジ」(gas cooker)は、シンプルでミニマルでカッコ良い。
そしてそのあとに続くのは、たくさんの種類の商品が一目で目につくように整然と並べられた
コンビニエンスストアの陳列棚のような、あるいはミニチュア模型のような人工的とさえ
感じる「群」を描いた絵の数々。
そのどれもが活火山のごとく計り知れないエネルギーを放っていて
写真と絵画はどっちも英語だと「picture」で現されるけど、その理由を体現してる。
世界のあちこちで撮られたその写真は、どんな大きな作品であっても
どこにもここにもピントが合っていて、圧巻 !!

その中で異質やったのが、「バンコク」と題された数点。
チャオプラヤ川やそうなんやけど、あんなに何度も見ているチャオプラヤの初めて見る表情に、
ただただ時間を忘れて、見合う。

アンドレアス・グルスキー展@国立国際美術館 → *見どころ
by mint_jam | 2014-04-25 22:04 | art | Trackback

ラッピングにバキューーーン!!

目が合ったら見つめられて、そうしているうちに連れて帰りたくなっちゃった多肉ちゃん。
c0108673_21521676.jpg


「自分用です。」って言ったのに、150円か200円くらいの植物やのに、
しばらく奥に引っ込んだかと思うと、こんなキュートな お仕覆(しふく)を纏って
出て来たのです。

なるべく自分用のものは「簡易包装で。」とか「シールで。」ってお願いするんやけど
もうこのラッピングは素直に嬉しくて、バキューーーン!!
やられたぁ〜。@ アトリエ ヴィオネ(L'ATELIER DE VIONNET)
 
c0108673_2152193.jpg

by mint_jam | 2014-04-24 23:30 | plants | Trackback

アデルのボロネーゼ

映画「アデル、ブルーは熱い色」の中で、アデルの家庭(家族)を象徴するモチーフとして
ボロネーゼが出て来たせいで、無性にボロネーゼが食べたくなった。
それぞれ別々にこの映画を見た友だちは2人とも「あの映画のボロネーゼは
サイゼリアで出てきそうな」と表現していて、それは確かに的を得ているけれど
ずっと前に「E.H.BANK」で食べたボロネーゼを思い出してしまったmintは
海の方に向かって歩き出し、「PUSH RIGHT 右側を押す」と赤い文字で書かれた
ガラスの回転扉を押し開けたのでした。
c0108673_23295532.jpg

c0108673_2332397.jpg

c0108673_23295942.jpg

あぁ、それなのにボロネーゼはなく・・・。
なのでせめてトマト味のってことで。
(^旨^)
c0108673_23301226.jpg

by mint_jam | 2014-04-23 23:17 | f&b | Trackback

まだ会っていない君に「やあ」って言おう>>ドンカジョン個展@一期一会

「さて、個展の案内はがきになっているこの人たちはどっちを向いているでしょう?」
本物の絵を見たときは2人ともがドアの方を向いていると思ったけれど
きっと、その時々の気持ちのありようによって、その想像は変わるんやろうな。
そういう正解がないところが絵の面白いところやね。
c0108673_06418.jpg


神戸にいる頃から続けているWISHくんの活動が、「復興WISHプロジェクト」に発展し
NHkなどのマスメディアに大きく取り上げられているドン・カジョンくんの個展。
『まだ会っていない君に「やあ」って言おう』ってタイトルやし
もう何年も会っていない君(ドンくん)に「やあ」って言いたかったけれど、
在廊している日には行けず・・・。(涙)
11月にもやるそうやから、その時はきっと会いに行こう。
c0108673_05986.jpg


+++++
「復興WISHくん」
東日本大震災で、特に深刻な被害のあった岩手、宮城、福島を中心に、被災者の方から
お願い事を集め、そのお願い事を絵や詩にして、被災地で復興WISHくん展をして、
3月11日にそれぞれのポストにお送りするプロジェクトです。

手描きのWISHくんスプーンたち。
c0108673_1153380.jpg

by mint_jam | 2014-04-22 01:16 | art | Trackback

完全なる無彩色なんてどこにもないよね。

c0108673_21183159.jpg

by mint_jam | 2014-04-21 21:18 | other | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧