<   2015年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

どっぷり昭和町@昭和町。

c0108673_2221366.jpg


昭和の日にちなんだ昭和町〜文の里での地域イベント「どっぷり、昭和町。」。
10年続いているんやって!>>ソラシラナンダ。
せやけど、なんで昭和町にモーニング娘。みたいに「。」付けてるん?(謎)

素晴らしきはイベントマップ付きちらしの充実ぶりと、配布数の多さ。
昭和町駅のわかりやすいところにも置いてあって、あっぱれ。
地元の方が一見さんを温かく迎えていて同じ立ち位置でいられるのがいいね。
イベントはいくつもの場所にわかれているんだけど、それは十分歩ける距離なのと
学校あり、長屋あり、池あり、商店街あり、路地ありと、それはもう風景だけでも飽きる事なし。
おっちゃんもおばちゃんも大人も子供も老若男女住民全員”おばちゃん”の町。
どこを切り取っても昭和の残り香がぷんぷん。
全部を回りきれずで心から残念。

c0108673_22434512.jpg


これが噂の田辺寄席ね。
ええ家屋。
3公演とも完売やって。

c0108673_2241360.jpg


田辺寄席で見つけたオカンアートのトートバッグ。>>裏地のセンスが微妙。

c0108673_22412774.jpg


桃ケ池と股ケ池(←どんな名前やねん!)っていう小広い池では
レンコン植え付けのワークショップ。
池の周りはぐるっと屋台。
大阪緑化促進のバスがあったり、フェアトレード雑貨があったり。

c0108673_23265768.jpg


そして、イケてるライブが次々と。(池とイケてるを掛けてみた)
70年代後半〜80年代に三井雅弘(三井ぱん)が所属していたイタチ→トップスを彷彿とさせるハートフル・ファンクスでアース・ウインドウ&ファイヤー、なう。
トリは木村充揮さんやったけど、戻ってきたらものすごい人で(←そらそうやよね)唄を聞きつつ
泡泡退散。

c0108673_22433042.jpg


文の里商店街では、ゲームあり、紙芝居あり、マッサンあり。

c0108673_2239249.jpg

c0108673_22423497.jpg


昭和天皇が日本国に最も貢献したことは、自分の誕生日が天皇誕生日に引き続き
昭和の日とネーミングも新たに正規祝祭日になったことやね。
(^^)

作って接客してと、大活躍な和菓子屋の店主に惹かれ柏餅を買う。

c0108673_22303486.jpg

by mint_jam | 2015-04-30 22:38 | art | Trackback

こまひとみ+のまやすこ「昭和ポンチ展」@spin

c0108673_23273067.jpg


昭和の日に昭和町で、こまもの作家・こまひとみさんが想像した架空のお店の
マッチ箱や雑貨と純喫茶をはじめ昭和な町のふとした風景を切り取った
のまやすこさんの写真が繰り広げる、昭和な2人の「昭和ポンチ展」。

会場はこれまた何ともええ佇まいの昭南ビル。

c0108673_2330264.jpg

c0108673_23301940.jpg

c0108673_23301552.jpg

c0108673_23281149.jpg


c0108673_022461.jpg


「写真撮ってもいいよ。」と言ってもらったのに、こまちゃん作のブス可愛いこけしも
撮らずじまいのこまどり姉妹。
店内で5回かしかシャッターを押せなかったのは、のまさんの写真に気持ちが
埋もれてしまったから。
のまさんの写真は、実際にはとってもこっくりとした色彩で、それは例えて言うなら
山本リンダと山口百恵を2で割った感じ。
育った時代の文化を愛でる。
残り香を残す。
これまた写真なり。

c0108673_23325292.jpg


共同作品もあり〼(ます)よ。

c0108673_23314039.jpg


コースターと、のまさんの写真で作った栞と、サクマドロップをお土産にいただき(嬉)
4月29日(昭和の日)に地域が開催しているどっぷり、昭和町。を散策。

c0108673_23294895.jpg

by mint_jam | 2015-04-29 23:27 | art | Trackback

道が庭>>19  壁も庭

家屋はいたってフツーです。

c0108673_20563392.jpg


c0108673_20513324.jpg

by mint_jam | 2015-04-28 23:48 | plants | Trackback

45日間イタリア周遊@mio(ミーオ)

c0108673_217588.jpg


ほんのときどき行く聖天商店街にあるイタリア料理屋のスタッフから
「1ヶ月半、北から南まで食べ尽くしてきました。」と初めての海外旅行、ひとり旅の
お土産話を聞く。
料理の写真がほんまに全部食べたん?!とツッコミたくなるほど半端ない数。
昼も夜もコース料理を食べ、移動してまた食べを繰り返していたらしい。
圧巻。
「コレ何?」
初めて見る料理も多くて、郷土のマンマの味ここかしこにあり。

イタリアに行ったのは出張やったから、ほとんどの食事は現地のアテンドしてくださる方に
連れて行かれるところで食べたのだけれど、「ここどこですか?」な田舎(イナタ)い
食堂で食べたイカスミスパゲティが絶品で、今まで食べてたイカスミって何やったん?と
感動した。

お昼は2〜3時間かけてゆっくり食事をしたあとに休憩(シエスタ)を取るし
(休み時間撮り過ぎ・・・国はGNPには興味ないのか? ワインのアルコールを抜くためか?)
日本だとメイン料理としての扱いを受けているパスタは、お肉やお魚を食べる前の
腹ごなし的な位置づけやし、そのあとはデザートかと思いきやサラダやらチーズやら
出て来て、そら、太るわ状態。
スプーンを使うのはフォークだけでは上手に食べられない子供がすることと教えてもらったのも
イタリアでやった。


スタッフくんから聞いた興味深い話が2つ。
1、中高年はフルコースを食べるけど、若者は太る事を気にしてか、フルコースは食べずに
パスタで終わる。
ここでもまた伝統的な文化が失われつつあるのね。

2、本土からシチリア島には電車に乗ったままフェリーに乗って行く。
メッシーナ海峡の鉄道連絡船ね。

イタリアとスペインは再訪したい。
定年したら日本を北から南まで食べて食べて食べ尽くしたい。
食いしん坊、ばんざい♬
by mint_jam | 2015-04-27 23:05 | f&b | Trackback

谷崎聖子「イーラーショシュとビーズ刺繍」展@ONE PLUS 1 gallery

いつぞやのルーマニア旅は「アポなし突撃隣の晩ご飯」ちっくでエキサイティングやった。
タラフ・ドゥ・ハイドゥークスのメンバーが住んでいる村、クレジャニに行きたいけど、
どうやったら行けるのかと宿主に相談したら、連れて行ってくれる人がいる。という。
その方が紹介してくれたのが、トランシルヴァニア地方(ハンガリー&
ルーマニアにまたがる文化圏)の手仕事を愛してやまない谷崎聖子さん。
たくさんの人にトランシルヴァニアの手工芸を広めようとしてる谷崎さんの
日本では2度目の展示を見せてもらいに行って、久しぶり〜の再会。

会場にはトランシルヴァニアの村々で人間関係を築いて(←ここが重要なとこ)集めた
農村の暮らしに息づく素朴で堅実で思いや祈りがこもった文化がいっぱい。

先日、「世界の村で発見、こんなところに日本人」に登場して
トランシルヴァニアでの暮らしぶりが紹介された谷崎さん。
そのときにカティおばあちゃんとおばあちゃんが作るビーズ刺繍も紹介されていたんだけど
今回の展示ではそのカティおばあちゃんのビーズ刺繍も来日。
トランシルヴァニアで連れ行ってもらったいくつかのおうちで見た刺繍を思い出して
うっとり。

世界のあちこちで民族文化が失われつつある。
伝統的な事は、めんどうくさい事がいっぱい。
手を使ってちまちまやってる暇もないし、しんどいし、似たような工業品を安く買えばいいやん。
あか抜けない文様の意味何て知らなくても嫁に行ける。
そんな時代になったんやし、しゃぁないわ。と当地のご年配者が諦めかけても、
彼らの文化がどれくらい素晴らしいものであるかをあらゆる手段で訴えかけ、
残そうとする外国人がいる。

どうか谷崎さんの気持ちが通じてこの先もトランシルヴァニア地方の方々が
先人から受け継いだ伝統と技能を継承されますように・・・。


c0108673_21283730.jpg

c0108673_2129167.jpg

c0108673_2129858.jpg

c0108673_2134998.jpg



トランシルヴァニア西部、カロタセグに伝わる伝統刺繍「イーラーショシュ」。
太い赤、黒、青、白の単色のステッチと植物などをモチーフとした図案が特徴やね。

c0108673_21332931.jpg

c0108673_21335774.jpg

c0108673_21334454.jpg

c0108673_21343950.jpg

c0108673_21343326.jpg

by mint_jam | 2015-04-26 23:08 | art | Trackback

時間ですよ〜@普遍的風景。

境正章とみよちゃんと赤い風船。

もうじきあの、あの人が・・・・。

ここにいるのは昭和40年代な私。

c0108673_141213.jpg




ところがあっと言う間に平成の風景に巻かれる、なう。

c0108673_1574011.jpg



これも愛、たぶん愛、きっと愛、これもアリ、たぶんアリ、きっとアり♬
by mint_jam | 2015-04-25 01:04 | other | Trackback

道が庭>>18  ええなぁ、ホーロー鍋

窓越しに見つけたのは、オレンジいろの憎い奴な昭和なホーロー鍋。

c0108673_0533718.jpg

by mint_jam | 2015-04-24 00:45 | plants | Trackback

くりとぐら展@伊丹市立美術館

リアルタイムで何度も何度も何度も何度も手にして見て読んだ、ぐりとぐら。
オレンジ色の身に、赤と蒼。
待ちに待っていた中川&大村姉妹の軌跡を辿る。
保育士やった中川さんが絵本を作ろうと思ったのは目の前にいる子供たちを楽しませるため。
子供たちが楽しそうにしてるのを眺めるのが最高の幸せやってんて。
ミントのチキンスキン絵本は、ピーターラビットでも、リサとガスパールでもなく、ぐりとぐら。

c0108673_23572464.jpg


こんなとこにも、ぐりとぐら。

c0108673_23582110.jpg


福音書店が存在しなかったら、今のアタシはないね。は大げさにしても、それくらい
幼少時期に影響をもらった、ぐりとぐら。
雑誌オリーブと同じくら影響を受けました。
だって、大きな卵がやってきて、それでカステラうを作るねんで。


c0108673_015494.jpg


トラバターと発想がおんなじやん!
ライバルはチビクロサンボやそうでやけど、同格でしょ。(きっぱり)
そしてね、M敬愛する石井桃子さんの功績の大きさに感動しきり。

すべての来場者が出来る塗り絵。>>こういうのがいいね、

c0108673_00563.jpg


写真撮ってもいいよ、コーナーで。
大きな卵があったら、中からカラスが出て来るとかで展開しそうやのに。
カステラを作る。って発想・・・さすが中川先生!!
童心に戻って塗り絵、LOVE♬

ミント自画自賛の嫁入り道具はLP恐怖の頭脳改革@ELPと子供向け小説「いやいやえん」。
そんなわけで、入場した途端、気分あげあげ。

買い替え以外、必要ないものは購入しないという自らの掟を破って絵はがきを購入するの巻。

+++++
JR伊丹と阪急伊丹のクロスロードで見かけたのは、ぐりとぐらのポスターに寄り添う
ハルイチのちらし。
好きやわぁ、伊丹。

c0108673_104889.jpg

by mint_jam | 2015-04-23 23:43 | art | Trackback

陰陽談義@セブンストック

「フェイスブックって面白いん?」
と、登録していない友だちから訊かれる。
「ライブや個展、街の情報を得る。友だちの近況を知る。バンドのメンバー、写真仲間の
連絡帳として使う。
自分からの発信としては、例えばチィママナイトのお知らせをする。
あぁ・・・そうや、通勤の間とか、お昼休みの暇つぶしにも利用しているな。」
けど、面白いかと訊かれると、う〜〜〜〜ん・・・。
カマモリコウスケさんのノートは面白いけど、それは私の世界で友だちには?やから
深く言及せず。


鶴瓶新野のぬかるみの世界を聞いていた方なら「おじん。おばん談義」の類似と言えばすぐに
理解してくれると思う陰陽談義へ。

陰陽を分けるわかりやすい線引きは枯れた花を美しいと思って写真に撮るかどうか。
って結論に達する。
友だちは1000%に近いくらい陽。
だから陰の人を受け入れる器があるのね。
私は陽度85%。(主観です)
だから陰の人が陰オーラで近づいて来たら、来ないでくださいオーラを出して排除してしまう。

「あの人は、陰。あの人は陽やな。あの人は隠れ陰やで。」
カテゴリーに分けるのは面白い。
あっ! これは誰の悪口ではありませんから・・・。(念のため)

どんな状況で来ても裏切らない旨さに恐れ入ります@セブンストック。

c0108673_12522516.jpg

c0108673_12534356.jpg

c0108673_12595471.jpg

c0108673_130376.jpg

c0108673_1301262.jpg

c0108673_1302034.jpg

c0108673_1302731.jpg

c0108673_1303397.jpg

c0108673_1304132.jpg

by mint_jam | 2015-04-22 23:57 | f&b | Trackback

尼崎センタープールで多幸焼を食べたよ

浅田さんおススメはソースと醤油ハーフ&ハーフの多幸焼。
旨いぞ、醤油。
安いぞ、100円。

c0108673_0584636.jpg

c0108673_122995.jpg

c0108673_124140.jpg


おばんざいDE 万歳。

c0108673_0565943.jpg

c0108673_102463.jpg


天ぷらもあるでよ。

c0108673_0595354.jpg


粉もんもあるでよ。

c0108673_1251240.jpg


あべかわもあるでよ。

c0108673_15274.jpg


おばちゃんの笑顔もあるでよ。
c0108673_21485286.jpg



c0108673_1143195.jpg


今や、競艇業界もマークシート方式となり・・・。

c0108673_105928.jpg


3階にある鉄扉の奥に潜むエキサイティングルームってどんな部屋?
券を買った人たちが「行けーーーー! なにしとんねん! アホ、ボケ、カス」と
誰でも横山やすしになれる部屋やったりして。

c0108673_1195782.jpg

by mint_jam | 2015-04-21 00:27 | f&b | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧