<   2016年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

雨は手のひらにいっぱいさ@toiroあたり

雨は手のひらにいっぱいさ
そうさ、ぼくの心の中までも。
c0108673_0264851.jpg
c0108673_0242121.jpg

c0108673_0251879.jpg
c0108673_0245044.jpg

c0108673_0293942.jpg
c0108673_0265377.jpg

c0108673_027180.jpg

by mint_jam | 2016-05-31 23:47 | other | Trackback

ごちそうじかん「ピザパ☆」@toiro

c0108673_23305816.jpg


美味しいもんをみんなで買い出しに行って作って食べるのが楽しいのは
もちろんやけど、主催者、汐音屋 山崎ちひろちゃんと参加者の方の趣味志向が
刺激的で魅力的で、すっかり常連気分の「ごちそうじかん」。
メンバーは毎回違うのに、ベクトルは近似値。

今回のお題はピザ。
ビール片手にゆるゆるとつくりながら食べるピザパーティー♪
さてはてのトッピング。
アスパラ、なす、じゃがいも、エリンギ、玉葱、生ハム、ハーブ、魚介、しらす・・・。
チーズは必須。
c0108673_195542.jpg


あらかじめtoiroまりちゃんが仕込んでくれていたタネと、自分たちでこねるタネの
2種類をこねこね。
c0108673_151866.jpg

c0108673_1143830.jpg
c0108673_1213794.jpg


唯一の男子、生地をハート型に伸ばす。の巻。
c0108673_161565.jpg


トッピングー。
c0108673_1161715.jpg


さぁ、焼きますよー。
オーブンの見張り番はtoiroまりちゃん。
c0108673_1101398.jpg


ちひろちゃんが、マルメロさんで買ってきてくれたのは、「グリド甲州」という
霞黄色がかった白。
ワイナリーのお嬢さんである醸造家が作った賞も取っているワインだそう。
ホアマイさんが持って来てくれた植物をテーブルに飾って撮影タイム。
c0108673_1183554.jpg


焼けましたー。
c0108673_117762.jpg


焼けてからハーブをトッピングぅー。
コロコロするピザカッターを持ってくればよかった。(><)
c0108673_1192233.jpg


買い出しに行ったコープ山手のすぐ山側にある「うおくに商店」さんに立ち寄って
フェイスブック情報で気になっていた鬼毛のほうきと皮巻きのほうきを掃き比べを
させてもらう。
今からピザを作る。って話すと「これ、ピザに合うんですよ。」と、なんと、
一味ならぬ二味を提供してくださったのだ。
二味は唐辛子と山椒。
さすが、生山椒を販売されているだけあって、香りが立っている。
かけ過ぎに注意。>>美味しい〜。
二味って馴染みが薄いけど、ピザ専用スパイスとして売り出したら爆発的に売れそう。
c0108673_232777.jpg


もずくのお吸い物も、めちゃ旨。
c0108673_120108.jpg


美味しいー。
いったい何枚食べたんやろう。
c0108673_1215427.jpg


お店を終えて、おそがけに来られたクリュさんが持ってきてくれたワインもいただき、
どんだけ食べて飲むねん。←ツッコミby myself。
今回も、やりたいことを持っている方たちそれぞれの思いに触れることが出来た。
途中経過を楽しめるくらい幸せなことはない。
ちひろちゃん、参加者のみなさん、ありがとうございました。
c0108673_122195.jpg

by mint_jam | 2016-05-30 23:58 | f&b | Trackback

ファーマーズ・マーケット@東遊園地

曇り空が気持ちよい週末、今年初めて行くファーマーズ・マーケット。
旅先にいるような新鮮な気分で、いくつかの食材とお花を買う。

実は卵って半年くらいは持つんですよ。
へ〜〜〜〜。
神戸で一番新鮮な産みたての卵。
c0108673_2295156.jpg


アイス珈琲を飲みながら会場をひと回り。
c0108673_22163438.jpg


見せ方にも工夫があって、目にも楽しい有機栽培の野菜。
c0108673_2262749.jpg

c0108673_2263689.jpg


観賞用じゃなくちゃんと食べられるものを作っています。
c0108673_2264739.jpg


神戸にある醤油蔵の醤油。
c0108673_2272722.jpg


神戸は農家と生産者が近い。
これは農家に撮って大事なことなので神戸に農業をしに来た。
インタビューに答えてはるのを聞いて、へ〜〜〜〜。
c0108673_2271017.jpg

c0108673_2272195.jpg

c0108673_2273328.jpg

c0108673_2273968.jpg


c0108673_2274729.jpg

c0108673_227547.jpg



フラワーロードを彩る花壇を見るたび、榮 大郎さんの功績に感謝する。
c0108673_22575798.jpg

c0108673_22581289.jpg



+++++
神戸市のHPより
「食都 神戸」推進の一環として、消費者が生産者と交流できる場をつくるため、ファーマーズ・マーケットを開催します。神戸市内で生産されている季節の食材を販売する場としてだけでなく、飲食店とのコラボレーションで、販売している野菜の料理をその場で食べることができます。
 今回は、東遊園地パークマネジメント社会実験の一環として開催し、今後「地産地消」の魅力発信につなげていきます。
by mint_jam | 2016-05-29 00:38 | other | Trackback

第4土曜日のカレー@nanai cafe

カフェ・ハルのイベント情報で知ったnanai cafeのカレーが
とても美味しそうだったので、検索したら普段はケータリングをされているようで
実店舗での営業は月に1度なんやって。

c0108673_17154531.jpg

c0108673_17155434.jpg

c0108673_1716276.jpg


棚には旅の雑誌、トランジットと前身のニュートラル。
ガラス越しに見えるマフィンも美味しそう。

ヤングコーンと白瓜のカレーと鮭のココナツカレーのハーフ&ハーフ。
グリーンサラダ。
水菜と牛蒡の煮浸し。
有機玄米。
c0108673_17181187.jpg

c0108673_17181322.jpg


カレーはスパイススープと言うにふさわしく、優しさと刺激の兼ね合いが絶妙で
玄米はカレーを忘れて、これだけパクパク食べてしまいそうなくらい、もっちもち。

まだまだ食べられそうなので、バナナきび糖くるみマフィンとチャイもいただく。
こんなにもっちもちのマフィンを食べたの、初めて。
(^^0
c0108673_17283376.jpg

c0108673_17301182.jpg


nanai cafeに「食堂かたつむり」で感じた幸せの満ち方を感じる。
6月を最後に一旦店じまいされ、マクロビの勉強に旅立たれるという店主。
帰国後は通常営業しようかと考えておられるそう。
楽しみにしていましょうね。
c0108673_17415433.jpg

c0108673_17315584.jpg

by mint_jam | 2016-05-28 20:04 | f&b | Trackback

乗り越して柴島>>月はどっちに出ている

長堀橋から乗った地下鉄は阪急に乗り入れていて、気がついたら柴島(くにじま)。

SDカードに書き込まれていたのは酔っぱらって撮ったsomething。

c0108673_23452313.jpg

c0108673_002379.jpg

c0108673_23462559.jpg

c0108673_00962.jpg

c0108673_23571963.jpg

c0108673_2359971.jpg

c0108673_23572622.jpg

c0108673_23573388.jpg

c0108673_023563.jpg

by mint_jam | 2016-05-23 23:45 | other | Trackback

長堀ブリッジビルディング(.nbb)オープン記念パーティ

誘ってくれたのは、友だちの中でも最もチャーミングな女性のひとり。
お誘い案内文にソソラレて長堀橋へ。

会場となったそのビルは長堀橋駅から地上に上がってすぐのところにある
エレベーターなしの5階建。
改装前はなんてことない雑居ビルやったのかもしれないけど(事実未確認)
設計を生業とされていらっしゃるオーナーさんと画家の奥様のセンスがきらめく
築50年の長堀ブリッジビルディング(.nbb)
物件も一期一会なんやなぁ。
c0108673_21572967.jpg

c0108673_2118316.jpg


マルディグラのレイを首にかけてもらって入場。
久しぶりに会うと友だちはもとより、初対面の方とも自然な流れで歓談。
大阪の空に乾杯。
c0108673_21432658.jpg

c0108673_21165420.jpg


このところ写真に熱中するあまり、ほとんどライブに行っていなくて井山くんのブギウギ
ピアノの演奏を聴くのも久しぶり。
関西に私のアイドル、プロフェッサーロングヘアの楽曲を弾くピアニストがいることを
知り狂喜乱舞したのは20年以上前のこと。
井山くんのノリは針灸師のように音心のツボを気持ちよく押してくれる。
「あぁ、そこそこ。」(^^)
今夜聴かせてくれたのはマルディグラ・イン・ニューオリンズ
口笛はハーピストのネコはちさんが飛び入りで。
c0108673_2171337.jpg


さすが、盛り上げ上手な井山くん。
c0108673_21145654.jpg

c0108673_211521.jpg


ヴォーカリスト・藤崎京子さんもお仲間と。
c0108673_21134697.jpg

c0108673_2115153.jpg


いただいた日本酒が、”あっ!コレ、写真集飲み@ドゥラポでジャケ飲みした山中の酒店
のやつ”。(^^)
そしたらなんと、このラベル、オーナーの奥様、大山幸子さんが山中さんに依頼されて
描かれた絵のだそう。
縁は異なもの。
c0108673_21332129.jpg


共有部分も含めてすべてがギャラリーとアトリエになっていて、
いいなぁ、この空間。
c0108673_21214411.jpg

c0108673_2121466.jpg

c0108673_21435177.jpg


窓に向かって立つ。
c0108673_2124454.jpg


才ちゃん、誘ってくれてありがとう。
c0108673_21253374.jpg


+++++
「お誘い文」
華やかな大阪ビル群の中、大動脈 堺筋と長堀通りが交わる長堀橋に
長堀ブリッジビルディング(.nbb)が誕生します。
音楽ライブ、寄席や演芸、クッキングスクール、美術教室、作品展示会、
研修会、各種宴会、パーティ、同窓会など、皆様の創造感覚で自由に企画できる
複合的空間としてご利用いただけます。
この度は.nbbの出発を祝してブギウギパーティーを開催する運びとなりました。
飛び入りミュージシャン大歓迎、ニューオリンズ仕込みのブギウギピアニスト・
井山あきのりによるパフォーマンス&セッション・パーティー♪ニューヨーク帰りの
西容伸シェフのfoodとともに最高にファンキーな夜を!
by mint_jam | 2016-05-22 23:26 | art | Trackback

T.O.A.S.T アートマーケット @阪急うめだギャラリー

c0108673_21445498.jpg


T.O.A.S.T って。トライベッカ@ニューヨークで20年続いている、アーティスト
スタジオを巡り歩くツアー「T.O.A.S.T(Tribeca Open Artist Studio Tour)」
のことだそう。
へ〜〜〜〜〜。

ニューヨーク展に合わせて来日しはったCJコリンズさんによるシナ合板(?)への
ライブペインティング作品が、壁一面に。
重ね合わせた線の描き跡から自然からのエネルギーを感じる。
描いてはるとこ、見たかったな。
c0108673_21482028.jpg

c0108673_21443593.jpg

c0108673_21451062.jpg


c0108673_21494038.jpg

c0108673_21494273.jpg

c0108673_21495298.jpg

c0108673_2150187.jpg

c0108673_21583140.jpg


原岡容子さんの自嘲セルフポートレイト。
c0108673_21563870.jpg


ニューヨークは今まで行った中で一番ワクワクした街。
と緑がキラキラしていて、お金の心配をせず暮らせるなら住んでみたい。
1991年のトライベッカは駆け出しの芸術家が好みそうなシャレた地区やったけど
今はどんな風になっているんやろう。
c0108673_2149791.jpg




by mint_jam | 2016-05-21 23:17 | art | Trackback

「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密展」@伊丹市立美術館

世界巡回展「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密展」が伊丹にやってくるなんて。
(^嬉^)
黒いペンで描かれる細密画ともいうべきゴーリーの世界は、まさに真骨頂。
名翻訳家、柴田元幸さんの講演に参加するべく整理券を求めて早い目に行った
ものの、「今から並んでいただいても・・・。」とのアナウンス。
ダメ元で並んでみるも「整理券の配布は終了しました。」のアナウンスに撃沈。

気を取り直し昼食を食べに出掛けると、偶然にも横断歩道で
柴田”モンキー”元幸先生にお会いし、整理券が受け取れなく講演に
参加出来ない残念さをお伝えしたら「ごめんね。」って先生。
早く来て並ばなかった私のせいで、先生のせいじゃないのに・・・。

この展で改めて気付いたのは、飛び出す絵本をはじめとするゴーリーの
仕掛けの面白さと画家以外の仕事の幅の広さ。
装幀、絵本、物書き、舞台の美術、映画の脚本、テレビのアニメーションなどなど
いろんなことをやってのける多才な人ってこと。
そして、こんなにもたくさんゴーリーファンがいることも。

c0108673_23502164.jpg

c0108673_23505056.jpg

c0108673_2351116.jpg

c0108673_23511532.jpg

c0108673_23511746.jpg

c0108673_23513866.jpg

c0108673_23513932.jpg

by mint_jam | 2016-05-17 00:36 | Trackback

写真集飲み@ドゥラポ

c0108673_19501731.jpg

ロシンブックス(roshin books)とフロットサムブックス(flotsam books)主催のPND@ドゥラポへ。
PDNって何かと思ったら、photobooks and drinking=写真集飲み会やって。
へ〜〜〜〜。

写真集に特化した入場料500円のイベントってどんな人が来るのかなぁって想像が
つかずにいたけど、大盛況ぶりに嬉しくなる。
まずはこのイベントを教えてくれはった西山勲さんご夫妻のブースにご挨拶。
Studio Journal knockの完売号を見せていただく。
第1号のタイ、バンコクで出会ったアーティストの記事と写真。
タイということもあり、見る気持ちに意思がこもる。
(^^)
c0108673_20434410.jpg

c0108673_2121663.jpg


東京にあるとある居酒屋で写真集を回し見する飲みから発展したというPND。
有名な写真集もあるけど、私家版あるいはそれに準じた写真集も多く
紙質、印刷、手触り・・・その多種多様な数だけ作り手の思いに触れながら
1冊1冊手に取りながら見て歩く。

目にとまったのは、Katrin Streiecherの写真集。
写真もだけど「In Between」ってタイトルに惹かれる。
c0108673_20182257.jpg


もうひとつは、インターネット上で出版の記事を見て手に取って見てみたいと思っていた青幻舎(せいげんしゃ)による「LIVE 器と料理」。
写真を撮られたのは木村文吾さん。
料理写真によくある、良く撮るための細工(ドライアイスを使ったり、オイルを塗ったり)
は一切されていないのだという。
紙にも印刷にもこだわりがあって、好きだなぁ。
c0108673_20405228.jpg


トンボ付き原稿も公開。
c0108673_20403137.jpg


飲み会部門。
まずは山中酒の店で袋しぼりの日本酒をジャケ飲み。
c0108673_211407.jpg

c0108673_21131876.jpg

バイン・ミー(ベトナムのサンドウィッチ)や生ハムやビールなど。
c0108673_2114177.jpg

c0108673_21151916.jpg

c0108673_21164577.jpg


同時開催の桑原奈津子写真展 パンといっぴき
c0108673_19565937.jpg


貸しイベントスペース・ドゥラボ。
本町という場所柄アパレルのイベントが多いみたいやけど
写真集飲み会の会場にも似合っていた。
c0108673_21203548.jpg

c0108673_21203612.jpg

c0108673_21204086.jpg

by mint_jam | 2016-05-14 23:56 | book | Trackback

金子國義 ポラロイド展@air gallery

昨年3月に亡くなられた画家・金子國義さんのポラロイド展。
ポラロイド写真を多数撮ってはったことは、小宮山書店(神保町にある有名な
古本屋さん)で展情報で知って、女性表現の多彩さにうっとりしたのだけれど、
まさか関西で実物を見ることが出来るとは♪
三矢”air gallery”さん、開催ありがとうございます。
(^^)

昼間のair galleryは採光が入るので、それはそれで昼間に福原を歩くみたいな
感じで面白そうと想像しつつ夜に潜入。
その数に、ポラロイドで撮ったとは思えない色気に息をのむ。
東京とパリ、男と女、小悪魔と聖母、幻想と現実、粋と猥雑・・・。
対局するものを同時に兼ね備えたエロスは金子さんの美意識そのもの。

気に入った女性を撮る。とかエロス。とか、キーワードは類似していても
アラーキーとは対象物への迫り方が全く違うのは、金子さんの性の志向が
影響してるのだろうか。
c0108673_23294271.jpg


ルイス・キャロルが「不思議の国のアリス」なら、このポラロイド群は金子國義の
「不思議な国のエロス」だ。
c0108673_2324873.jpg

c0108673_23241829.jpg

c0108673_23263276.jpg

c0108673_2332524.jpg


絵描きの友だちとワインを飲んでまったり。
c0108673_2322361.jpg


どこにも行き直したくなくなって、パスタを作っていただく。
c0108673_23233833.jpg

c0108673_23244037.jpg

c0108673_23244773.jpg

c0108673_23314877.jpg


加藤和彦さんのアルバム「ベル・エキセントリック」(ジャケットの絵は金子さん・
ピアノは坂本龍一さん)に入っている、サティのJe Te Veux(ジュ・トゥ・ヴ)が
mpodに流れる休日前。


+++++
金子國義
ふしぎの国のアリスの挿絵を描いたことでも知られる日本の画家。
女性、ヌード、エロス、束縛をモチーフに高貴な頽廃とエロスを描く。
絵画の世界に留まらず、着物のデザインや写真など 幅広く活躍。
2015年3月16日、永眠。
by mint_jam | 2016-05-13 23:59 | art | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧