<   2017年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

バニラエア

限られた時間で旅をする旅人にとって飛行機は、ありがたぁ〜い公共交通機関。
長らく格安チケットが出なかった大阪ー奄美。
奄美空港は利用した経験があるし、奄美LOVEということもあり
バニラエアのスタッフと、自力でタラップを昇降できない搭乗者の
やりとりが頭から離れない。

それぞれの立場での任務や思いが伝わってきて、
どちらか一方の擁護や避難する思いには至らない。
けれど・・・。

”自力でタラップの昇降が難しい方を塔乗させる手助けサービスを
設けていない”ことについて。
飛行機を運行する会社として、車椅子の方が塔乗するのに必要な
”手助け”は、”サービス”なのか。
自力でタラップを昇降できない方に塔乗していただきにくい
奄美空港に就航することを決めたのなら、何故、同業他社の
対応を鑑み最善策を取ろうとしなかったのか。

価格を押さえるために、機内食やアルコールを有料にしてる
LCC。
けれど、例えばユニクロの服が安いからと言って、衣服として縫製が
ホチケているのはあかんやろ。みたいな話で、飛行機会社として
発券したお客様に当日になって「乗せられない。」と言うのは如何なものか。
発券=ご搭乗を心よりお待ちしています。ではないのか。

搭乗者を知能犯と批判する向きがあるけど、それを言うならバニラエアの方が
より知能犯ではないか。
それほど危険なことなら、空港カウンターで塔乗直前に拒否するのではなく、
発券する前に、自社の対応に同意を求めなかったのだろう。
「ここに書いてあるでしょ?」じゃなく。

クレームと取るか、一石を投じたと取るかはそれぞれとして、
お客様の貴重なご意見(今回は、ご行動)を受け、バニラエアが
今までのあり方を迅速に修正したなら何より。

JR福知山線脱線事故を受けて、各電鉄会社が答えたアンケートが
今もとても印象に残っている。
「御社では、運行時刻表と発車時刻のズレを、管理をどうしていますか?」
阪急、京阪、大阪市営地下鉄・・・・。
どの企業も内規を設けている。
そんな中、阪神電車の回答は「社内規定はなく、車掌に一任しています。」
やった。

そんなこんなで、内規はスタッフの想像力、臨機応変な対応思考を停止させる
と思ったのでした。

+++++
写真は本文とは関係ございません@葉山マリーナ
c0108673_1232518.jpg

by mint_jam | 2017-06-29 23:59 | travel | Trackback

エッセンシャルストアvol.15

安定した感じさえあるエッセンシャルストア。
インスタグラムでお知らせをしているそうだけど、見てないくて
フッと、次回はいつやろ?と検索したら、すっかり始まっていたのでした。
好物になったラー油と、自室で使いたいと思ったmade in Japanのトレイを購入。
言われも財産価値も、”さぁーどーなんでしょうね。”な物たち。
投資目的じゃなく、これ持ってるってすごいやろ!でもなく、そばに置いて
置きたい、あるいは大切な誰かに贈りたい、その物の価値は自分が決める。
それこそ、エッセンシャルストアの醍醐味。
今回も堪能。
c0108673_21543796.jpg

c0108673_21555153.jpg

c0108673_21544326.jpg

c0108673_21544791.jpg

c0108673_21555337.jpg


c0108673_21544950.jpg

c0108673_2156493.jpg

c0108673_21565191.jpg

c0108673_21565312.jpg

c0108673_21565589.jpg

c0108673_21565743.jpg

c0108673_21573577.jpg

c0108673_21573683.jpg

c0108673_21573810.jpg


c0108673_21574087.jpg

by mint_jam | 2017-06-29 22:19 | art | Trackback

鎌倉紀行>>あこがれの葉山

鎌倉に行くことがあったら、きっと葉山に行こうと
それはそれはずっとずっと思っていた。
御用邸があるくらいだから、きっと気候がいいのだろう。
人が人として住みやすい地域なんだろう。
ユーミンや山下達郎さんが思いを込めてコンサートをされたエメラルドプール。
ということで、どんなトコだろー?って興味が、夏が来るたび
頭の片隅でコトコトと音が鳴るのだった。

逗子まで電車、葉山マリーナまではバス。
日曜日には8時頃から朝市が開かれると、ほんの小さな記事を見つけ
早起きして出かける。
降車バス停は鐙摺。
なんて、読むの?
ここで待っていたらいいの?
逗子駅前のバスロータリーに居合わせた方に伺うと
テキパキとスマートフォンで検索して、あぶずりだとか何停留所目だとか
丁寧に教えてくださった。
不案内な旅先で心強いことと言ったら・・・感謝。
c0108673_21455581.jpg

8時過ぎ。
鐙摺でバスを降り、こっちかな・・・。って方向に歩いてみる。
遅かった?
行列の先は、名物のケーキの切れ端。
c0108673_21475520.jpg


今漁から戻りました。な、しらす丼と、今焼いて来ました。な、餃子。
美味しくって、嬉し泣く。
c0108673_21495797.jpg

c0108673_215055.jpg


c0108673_2153994.jpg

c0108673_21531064.jpg

c0108673_21531469.jpg

c0108673_21532416.jpg

c0108673_21532847.jpg


明治大学ヨット部やって。
c0108673_2154461.jpg


次回はきっと、ここで食べるぞ。
あぶずり食堂
c0108673_21551824.jpg


c0108673_21572486.jpg

c0108673_21571546.jpg

c0108673_2157142.jpg


1980年、山下達郎葉山マリーナコンサート。
達郎さんも若いな。
私も子供やったけどね。

by mint_jam | 2017-06-28 23:44 | travel | Trackback

鎌倉紀行>>鎌倉駅周辺

c0108673_17565939.jpg


珈琲が飲みたくて入った喫茶店は、鎌倉駅を出てすぐのところにある
創業50年のカフェ ロンディーノ。
プリンは売り切れていたので、ケーキをいただく。
ケーキも珈琲もめちゃ旨♪
観光客にも、常連さんとわけへだてない接客応対で居心地がいい。
鎌倉って観光客が多いせいか、観光で来られたのですか?でもなく
さりとて、四国の、お遍路さんの受け入れ体制ばっちりよ。でもなく
相手のペースを尊重して、ほっといてくれる感じが好き。
c0108673_1835936.jpg


路地を入ると、ニャン横丁。
置物?!(2度見)
c0108673_1845030.jpg

c0108673_18451620.jpg

c0108673_1845517.jpg

c0108673_18452974.jpg

c0108673_18453346.jpg

c0108673_19321580.jpg

c0108673_1935552.jpg


ガイドブックを見て行こうかと思ったお店。
店先まで行くと、ピンと来なくて、さてどうしよう。
目に止まった軍鶏の串焼き屋の”魂を揺さぶる銘酒揃い踏み”に賭けてみる。
c0108673_19294313.jpg

c0108673_19294592.jpg


阿武隈で放し飼いされた川俣軍鶏だって。
検索したら、戦国時代から食べられていたそうで、もともとは闘鶏用として、
シャムの国(タイ王国)から入ってきたんやって。
シャムから来たからシャモって言うの?
肝がね、めちゃ旨♪
c0108673_19215675.jpg


地元の方がお店の人と話している。
鎌倉の海岸が観光ポスターやガイドブックに”ビーチ”と表記されていることを
受けて、
「由比ヶ浜のこと、ビーチって、何、あれ?
誰もビーチなんて言ってないよね。
あれは海岸だよね。由比ヶ浜海岸。」
c0108673_19295545.jpg


そう言えば、サザンの歌も「チャコの海岸物語」やね。
と心の中でつぶやきながら、再注文したレバーを味わうのであった。
c0108673_19302210.jpg

by mint_jam | 2017-06-27 23:55 | travel | Trackback

鎌倉紀行>>鶴岡八幡宮と段葛

西口とは趣が異なる鎌倉駅の東口。
観光客の比率が高いのか、おみやげ物屋さんも多く、賑わい感、ありあり。
段葛(だんかずら)と呼ばれる参道。
c0108673_23195945.jpg

c0108673_23421770.jpg


ガイドブックを取り出すと、由緒ある鶴岡八幡宮に続く。とある。

お蕎麦、食べよっ。
c0108673_2343277.jpg


鎌倉ビール、飲もっ。
c0108673_23445932.jpg


わらび餅も美味しそうやった。
c0108673_2343434.jpg


せっかくやから行っとこか、と思ったことに懺悔。
神聖な空気と緑、広々とした敷地に自然信仰の気が漂う。
いい国作ろう鎌倉幕府。
c0108673_23413484.jpg


c0108673_23311336.jpg

c0108673_2331228.jpg

c0108673_23415056.jpg

c0108673_23313375.jpg

c0108673_23313550.jpg


おまけに鳩のお守りが付いてくる、鳩みくじ。
鎌倉と鳩ってどんな関係なん?
八幡宮を全国に移動するにあたって鳩が道案内をしたという逸話があるんやって。
ソラシラナンダ。
c0108673_23313939.jpg

c0108673_23314135.jpg

c0108673_23464776.jpg


鎌倉と言えば鳩サブレー。
頭から?
尻尾から?
秋刀魚とハトは、どっちから食べるか論議に花が咲く。
本店は京都で見かける老舗の和菓子屋さんみたいな店構え。
c0108673_21375047.jpg

c0108673_21362584.jpg

by mint_jam | 2017-06-26 23:35 | Trackback

五条上ル四条下ル河原町通西入ル@京都

京都といえば、赤バケツ。
京都土産の第1位に選ばれないのが不思議なくらい。
c0108673_034687.jpg


美しき、目を引く個人情報。
c0108673_21392714.jpg

c0108673_21494491.jpg


自転車も上ル 下ル。
c0108673_2150371.jpg


高瀬川沿いにある、「満室」アパート。
洗濯物干しにしては低すぎ、防犯にはアキアキすぎの
美術館で特別な絵の前にありそうな欄干。
意匠設計か?
c0108673_2154748.jpg

c0108673_2157269.jpg

c0108673_21572855.jpg

c0108673_2224563.jpg

c0108673_2224324.jpg

c0108673_2232678.jpg

c0108673_2232744.jpg


全室、リバー・ヴュー。
部屋からは高瀬川が見える。
c0108673_224860.jpg


上ルと下ルの交差点で、西に入ル。
c0108673_224544.jpg

by mint_jam | 2017-06-25 23:59 | travel | Trackback

石田食堂@京都中央卸売市場

いつのどんな媒体だっかた・・・・。
石田食堂の記事がずっと脳裏に残っていて、いつか・・・いつか・・・と食べに行く
機会を伺っていたらその時がやってきた。

6時から13時という営業時間。
ラストオーダー一歩手前に入店して、最後の客人?と思いきや
13時ギリギリに、和気藹々なおじいちゃん4名さま、ご入店。
いっぱい話し掛けられて、嫌な感じもなかったのでフツーに返答したけど
会計時にお店の方に「ごめんなさいね。」と言っていただき、恐縮しきり。
「豚皿」に惹かれつつ、ラーメン並を注文。
c0108673_21544498.jpg


魚に見立てられた「鰹」の文字にソソラレる。
c0108673_21544524.jpg

c0108673_21553066.jpg

c0108673_2155299.jpg

c0108673_21552854.jpg


小ラーメンの器には「いしだ」の文字が!!
c0108673_21554177.jpg


朝、6時からいただけるラーメンの優しい支那味に感きわまる。
あぁ・・・、今の京都の背脂ラーメンが置き去った味。
”何の変哲も無い”・・・これこそ変哲。
取り立てて言うべきこと。
無料の”ご自由にどうぞ”って、ゆで卵を投入。
ネギも多めに入れていただく。
至福♪
c0108673_2157955.jpg


店じまい、すべりこみ〜♪
c0108673_2202996.jpg

c0108673_2202994.jpg

c0108673_22453693.jpg


卸売市場の前にある交番の、渋い造り。
c0108673_2203257.jpg

by mint_jam | 2017-06-24 21:45 | f&b | Trackback

鎌倉紀行 >> 隣の紫陽花は蒼い@明月院

紫陽花が市民の花の市から、紫陽花と言えば、な鎌倉へ。
例年なら咲き誇っている時期だけど、日本古来の品種、姫紫陽花=
明月院ブルーは1部咲き。
紫陽花が市の花の神戸から、紫陽花を見に来るってね。(^^;
隣の紫陽花は蒼い。

ガイドブックに必ず載っている紫陽花風景。
c0108673_1525518.jpg


c0108673_2381864.jpg


c0108673_2384489.jpg


c0108673_2384068.jpg


c0108673_2394050.jpg


c0108673_2393956.jpg


c0108673_11312100.jpg


c0108673_1473074.jpg


c0108673_22244342.jpg


c0108673_149963.jpg


c0108673_1472895.jpg


c0108673_1472019.jpg


c0108673_22261184.jpg


シャクナゲは満開。
c0108673_2229506.jpg



+++++
参道に咲き誇る紫陽花は、こちら。
北鎌倉の超定番観光スポット、明月院@鎌倉トリップより転載。
by mint_jam | 2017-06-23 23:59 | travel | Trackback

道が庭>>33 Rの道なり@鎌倉

c0108673_21541166.jpg

by mint_jam | 2017-06-22 23:45 | plants | Trackback

鎌倉紀行>> 鎌倉へ

美山行きが未定延期になり、それならばと、牧野植物園、モネの庭、朝市、
高知美術館、沢田マンションなどなど長らく行ってみたいと思っている
高知について調べると、移動に時間がかかりそう。

旅先は、迷ったらやめる。
それならば、鎌倉はどうだろう。
迷ったあとに現れる行き先が、行く先なのだ。
小学校の夏休みに両親に連れて行ってもらった記憶は
奈良のよりかっこよく見えた大仏と、茅ヶ崎の海が
青じゃなかったこと。
泥色の海でなんて泳ぎたくなくて、がっかりしたこと。
湘南の海の色はいつも泥色なのだろうか。
それともあの日は雨か台風のあとで、たまたま濁っていただけだったのだろうか。

新幹線で新横浜へ。
在来線に乗り換えて横浜へ。
新横浜と横浜の間に5つくらい駅があるって、どーいうこと?
全国的に新付き駅と新なし駅の間は、ひと駅だと思い込んでいた。
だって、新大阪と大阪、新神戸と神戸三宮は、ひと駅だよ。

横浜で乗り換えて鎌倉へ。
西改札口を出て商店街を宿に向かう。
歩き始めてすぐ、いくつかのことに気付いて好みの町だと感じる。
都会じゃないけど、田舎じゃない。
コンビニエンスストアが、たくさんない。
背の高い建物がない。
店の前に花がある。
観光客がたくさんいるのに騒がしくない。

商店街で、どくだみの群生に会う。
歩きたくなる町やな。

c0108673_22175042.jpg

c0108673_22262820.jpg

c0108673_237278.jpg

c0108673_2372937.jpg

c0108673_2373162.jpg

c0108673_2373232.jpg


宿は、御成通りを抜けて右に曲がってすぐのはず。
c0108673_2311543.jpg


昔の阪神電車みたいな色合いやん、江ノ電のバス。
c0108673_231371.jpg


現店主で、何代目やろう。
c0108673_23285181.jpg



うわぁ、うなぎのいい匂い。
行き過ぎているような気がする。
いや、行き過ぎてるわ。
c0108673_23165577.jpg


古びた良さがある町やね。
c0108673_2318012.jpg


郵便局のシャッターに鎌倉マップ。
郵便業務と観光客への道案内の二毛作。
c0108673_2318283.jpg


ほいほい?
店名が主張しているほいほいの、夏に向けてのイチオシメニューは
鍋焼きうどん。
c0108673_2324665.jpg


フツウの店。
屋号の枕詞に偽りなし。
フツウ、それは漢字ではなく。
c0108673_23244359.jpg


c0108673_23373245.jpg


六地蔵まで戻って宿を探すけれど、見付けられず電話をかける。
「近くに何が見えますか?」
「アンティークショップがあります。」
「このあたりはアンティークショップがたくさんあるから・・・。」
前を何度も往復したのに気付かなかったのは、看板がないからね。
面白そうな宿に荷物を下ろす。
by mint_jam | 2017-06-21 21:31 | travel | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧