<   2017年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

兵庫県公館

c0108673_23594864.jpg

暑いので、冷を求めて公館に入る。
夏、ここに来ると、万博のカナダ館を思い出す。
それは1970年、暑い夏に並ばず入れた、ガラガラのカナダ館で
心ゆくまで涼んだ記憶が、ひっそりとした公館と連動するからなんだけど。
c0108673_010136.jpg


会議室の奥には、白髪一雄さんの”瑠璃変”。
c0108673_0195793.jpg


随所に絵や書、陶芸などが飾られている。
虫っぽい照明器具と鴨居玲さんの”コメット”。
c0108673_020767.jpg

c0108673_020142.jpg

c0108673_0203625.jpg


県花・ノジギクをイメージした照明器具。
c0108673_020373.jpg

c0108673_0204176.jpg


今年春頃2階で個展を開催していた中辻悦子さんの”残像 ひとのかたち”。
c0108673_020423.jpg


+++++
兵庫県公館は、明治35年(1902)年に兵庫県本庁舎として建設され、
永きにわたり県政の歩みを刻んできた歴史的文化遺産です。
昭和60年(1985)年に、迎賓館と県政資料館を併せ持つ
兵庫県公館として整備されてからは、内外からの賓客の接遇、
県政の重要な会議や式典に利用されるとともに、県政の歩みや
兵庫の姿などを紹介しています。
by mint_jam | 2017-07-28 23:21 | architecture | Trackback

植松奎二展「拡がる彫刻 熱き男たちによるドローイング」@BBプラザ美術館

重力は時空の幾何学、宙に浮かぶ石=フローティング・ストーン。
彫刻家植松奎二(けいじ)さんによる迫力ある素描が、ぽーん。
重力や磁力をテーマにした作品が、ところ広しと展示されていて
眺めのいい部屋。
平面から立体への変換に留まらず、立体から平面への変換とも言える展示は、
彫刻作家の頭の中を覗くようで面白い。

c0108673_2220451.jpg

c0108673_22202655.jpg

c0108673_22202913.jpg

c0108673_22203070.jpg

c0108673_222111100.jpg

c0108673_22211359.jpg

c0108673_22541332.jpg


「拡がる彫刻 熱き男たちによるドローイング」は、熱き男たちに選ばれた、
植松奎二さん(7月)、JUN TAMBAさん(8月)、榎忠さん(9月)が
彫刻が素描になりえるか、素描が彫刻になりえるかという共通のテーマに
臨む作品展。
缶バッジの共通券を買えば、期間中何度でも見に来られるのだけど
各作家に3種類づつ、9種類のデザインから選べるので愛着が持てて
いいね。
1番選ばれるのはどれやろ?
c0108673_22532041.jpg


8月も見に来よう。
c0108673_22552864.jpg

by mint_jam | 2017-07-27 22:18 | art | Trackback

レコード大会@m'Bar

m's Barで、レコード大会。
元・Bar Layla店主推奨レコードを解説付きで聴く。

Matthew MooreのThe Sport of Guessing
「ジョー・コッカーが歌った、スペース・キャプテンを作った人やねん。」
「マシュー、このジャケット、ガラスのニューヨークか?」
「ビリー・ジョエルの方があとやろ。」
c0108673_21174737.jpg

c0108673_21181749.jpg


レーベルが回る、美しき佇まいを眺め、近況交歓。
c0108673_21361982.jpg


Pamela Polland 1st。
ジェントル・ソウル→マッド・ドッグズ&イングリッシュメン→ソロ・デビューしたパメラ・ポランド。
ウエストコーストっぽくもあり、スワンプっぽくもあり。
ハスキーな歌声が、綺麗すぎない楽曲にぴったり。
c0108673_21401724.jpg

c0108673_21402080.jpg

c0108673_2147926.jpg


オールマン・ブラザーズ・バンド再結成メンバー、Warren Haynesの
2015年のアルバム、Ashes & Dust Feat. Railroad Earth。
レコードが手のひらに、ずしっとくる。
音圧高く作られているのね。
レイルロード・アース・・・検索したら、FUJI ROCKの出演したことのある
バイオリン、マンドリン、バンジョーにリズム隊という編成のジャム・グラス・バンドだって。
c0108673_22112374.jpg

c0108673_22113020.jpg

c0108673_22113549.jpg


Tracy NelsonのTIME IS ON MY SIDE。
ボビー・チャールズの奥さん、トレイシー・ネルソン。
参加ミュージシャンを見ると、ラリー・カールトン、ジェシ・エド・デイヴィス、ジム・ゴードン、
デヴィッド・フォスターなどなど。
R&B寄りの音で好みだぁ。
c0108673_22441273.jpg


アンコールは、クラプトン。
c0108673_22443710.jpg

c0108673_22444319.jpg


泡、完飲。
c0108673_2116594.jpg

by mint_jam | 2017-07-26 22:55 | music | Trackback

「写真家Robert Frankの魅力とプロジェクトの現代的意味」@ギャラリー島田

2週間前、台風で延期になった、ギャラリー島田の火曜サロン
「写真家Robert Frankの魅力」を再予約。
ロバートフランクの作品展@kiitoに向けての思いを
総合プロデューサー、インディペンデント・キュレーター・林寿美さんから
伺う。

昨年東京藝術大学の敷地にある美術館 陳列館1階、2階で行われた
Robert Frank: Books and Films, 1947-2016を見た林さんは
この感動を神戸でも、と思われたと言う。
展のタイトルは、Robert Frank: Books and Films, 1947-2017 in Kobe」展。
2017年に撮った写真も展示する意味を込めての2017。

この世界巡回展は、ロバート・フランクの写真集「The Americans」を出版している
STEIDL(シュタイデル)社を立ちあげた、世界で一番美しい本を作る男・
ゲルハルト・シュタイデルさんの企画・指揮による展示と
93歳、今尚現役、ロバート・フランクの最新作が早く見たい。

c0108673_23184245.jpg

c0108673_23212272.jpg


ギャラリー島田地下1階では、ミニアチュール神戸展 vol.17 わたしのかふか」
開催中。
元永定正+中辻悦子ご夫妻の愛娘・元永紅子さんのブルー作品。
好みだなぁ。
c0108673_23141179.jpg


偶然現地集合した3人で飲むは、酒肆(しゅし)大関。
ドーハン出勤と思しき男女が会計を終え立ち去った果て。
c0108673_22421589.jpg


とりとめのない、けど、たわいのある話。
有意義というのは大層やけど、こういう時間を大切にしたい。
SNS上のつきあいではなく。
c0108673_025354.jpg

c0108673_03439.jpg


c0108673_2322277.jpg


映画「Don't Blink ロバート・フランクの写した時代」


ドイツの出版社シュタイデルのドキュメンタリー映画「世界一美しい本を作る男」

by mint_jam | 2017-07-25 23:59 | art | Trackback

ムーニーwith 大矢貞男LIVE@5th street

c0108673_23415812.jpg


あれは80年代だった。
小山卓治さんのライブにTHE CONXのメンバーにムーニーさんはいた。
1970年代中期に活動していたバンド:シェリフが、アンクル・ムーニー・ジャグ・バンドで
活動されていたムーニーさんと交歓を持っていたことを教えてもらった。

ムーニーさんが関西の何ケ所かで演奏されるというので、ツアー最後の
大矢貞男さんとのライブに滑り込む。

レイジー・ボーン、ルート66、明るい表通りで、マイ・クリオールベルなどなど。
横浜でのジャグフェス(Yokohama Jug-Band Festival )の中心として、
1997年、シェリフ再始動の折り、シェリフのメンバーになった大矢貞男さん。
スキップ楽団や、自身のバンド:東京ホットクラブバンドで活動していた
80年代にムーニーさんの録音に参加するなど交流があった話などを
織り交ぜての演奏。
ザ・ビグッドのムーちゃんとイクりゃんも加わって華やかに。
ムーちゃんが弾くウォッシュタブベースがサタン・バイ。
c0108673_2138142.jpg


「バンドだなぁ。」
ムーニーさんのご満悦な笑顔。
斜交いに見据える大矢さんの不敵な”ふふふ”。

c0108673_21364724.jpg

c0108673_21381372.jpg


イクちゃんが会うたび大人っぽくなって行ってて、どうにも止まらない。
相当努力したんやろうな・・・。
ひらりと演っているかのように見せているけど、痛いくらいにわかる。
c0108673_21394418.jpg

c0108673_21394121.jpg

c0108673_21403159.jpg

c0108673_21484983.jpg

c0108673_2148523.jpg


ジャグも吹いて欲しかったけど、今宵はウォッシュタブで。
c0108673_21412610.jpg


先日、亡くなられたムッシュかまやつさんに思いを寄せて。
ティーンエイジ・ブギ♪、キーはDですよ。
>>「ヘイヘイホー」って与作は木を切る♪ですか?と突っ込んでおきましょ。

スキップ楽団の水谷さん。
青木しげひささんの葬儀の節はお世話になりました。
c0108673_21462232.jpg


お腹すいたー。
c0108673_21465762.jpg

c0108673_2147397.jpg


お約束の「猫は屋根」もあり。(^^)
この曲を聴くと、青木さんを思い出す。
さてはて、逸話多い人だったね。

ライブは楽しい。
友だちと一緒に聴けたらなおのこと。
ムーニーさんもまた、バンドマンなんやと思い返した夜でした。
c0108673_2149922.jpg


聴きたくなって♪(いくやんの真似)


c0108673_0155057.jpg

by mint_jam | 2017-07-24 23:36 | music | Trackback

百窓の半分ージョセフ・コーネルへのオマージュ展@ギャラリーAo

詩人・小野原教子さんと、カフェ・コリノズ店主・池田則子さん主宰の
百窓文庫による、海外も含め50人の作家からのコーネルへのオマージュ箱を
相楽園の北側まで坂を登って見に行く。
c0108673_22492272.jpg


暑さにくじけず、AOに辿り着くと・・・。
c0108673_22241847.jpg


コーネルと言えば草間弥生との交歓と箱というキーワードを思い浮かべるくらいで
どういう人だったのか。どういう作家なのかはずっと知らないままだったけど、
コーネルにとって箱=作品は、草間さんであり、子宮であり、帰る場所=居場所であり、
母親の不変の愛だったんじゃないかしら。
c0108673_2302545.jpg


トンカ書店の頓花さんが、本名で♪
鋭い本への偏愛が痛い。
c0108673_2245331.jpg


乙女なコリノズさんの作品。
c0108673_22453294.jpg


草間ちっくな作品に釘付け。
c0108673_2246987.jpg


今回の展のカタログを、旋風葉という折り方で豆本にした作品。
「誰でも作れますよ。」と促していただいたのにね。
時間があれば作ってみたかったー。
c0108673_22475081.jpg


海外作家の方が点数が多いのは、小野原さんが世界的規模で活動してはるからなんやろうね。
c0108673_22513320.jpg

c0108673_2253240.jpg


”あなたの箱をつくりませんか”
”お題はここから、気の向くままに選んでね。”
ここにあるパーツと箱を使って、あなたもコーネルになりましょう♪企画。
c0108673_22545258.jpg


ん、じゃぁ作ってみよっ。
四角の箱と丸い箱、そら丸やろ!と選んだら
「丸い箱を選ばれたのは、あなたが初めてです。」と。
>>(^^;
インスピレーションで選んだタイトルは、brings a massage.

c0108673_22561236.jpg

c0108673_22565966.jpg


+++++
c0108673_23123141.jpg


平松正子による新聞の記事。
箱の中にがらくた同然の収集物を詰め込み、独自の小宇宙を構築した米国の
アーティスト、ジョゼフ・コーネル(1903~72年)。
アカデミックな美術教育によらない自由な創作は、アウトサイダーアートの
先駆けともいわれる。今なお熱狂的なファンを持つコーネルへの
オマージュ展「百窓の半分」が15~23日、神戸市中央区山本通5の
ギャラリーAOで開かれる。
コーネルは米・ニューヨーク近郊でほぼ生涯を過ごし、孤立した環境で
アートを独学。仏文学や音楽、バレエなど多分野の芸術を好み、
前衛的な実験映画も制作した。
今展は、コーネル愛好家の池田則子さんが営むブックカフェ「コリノズ」
(神戸市中央区)と、詩人・小野原教子さんが主宰する古本プロジェクト
「百窓文庫」(同)が共同で企画。
「本」をテーマにした作品を、昨秋から広く国内外にメールで呼び掛けたところ、
日米のほか、英、仏、独、伊、スイス、ベルギー、アルゼンチンなどから50点が
寄せられた。
現代音楽作曲家の塩見允枝子(みえこ)さんや、日本の「具体美術」研究家として
知られるジョン・ヘルド・ジュニアさん(米)、ミュージシャンのモーマスさん(スコットランド)ら、
出品者の顔ぶれも多彩だ。
 作品は読書する女性の写真や雑誌の切り抜き、古本の背表紙などを木箱の中に
貼り合わせ、郷愁あふれる世界を形作っている。
小指の爪ほどの小さな豆本や、コーネルの親友だった美術家・草間彌生(やよい)さんを
思わせる水玉模様の箱もある。
 「何事にもとらわれない自由なコーネルに導かれ、出品者それぞれが創作を
楽しんでくれたみたい。
身近な品を再生させた作品は、これから物づくりを始めようとする人にも、
何かしらのきっかけになるはず」と小野原さん。

c0108673_23165779.jpg

by mint_jam | 2017-07-23 22:17 | art | Trackback

うらいまゆみさんの個展「すうじ」@toiro

c0108673_1141388.jpg

c0108673_23331489.jpg


白い壁にゆらめく すうじ。
c0108673_2330594.jpg


1点1点を丁寧に見ていくのも良し、風鈴がなびくのごとく空間の1部として
眺めるのもよし。
昨夏の「線画浪漫」を思い出しながら、ストレートのアイスコーヒーを飲む。
c0108673_23305445.jpg


目を凝らして見入った、針金日本。
彫刻家・植松奎二(けいじ)さんのドローイングを見たばかりだったせいで
「ドローング(あるいはエスキース)を描いてから作り始めるの?」って
尋ねると、「頭の中で考えるだけで描かない。」のだそう。
脳裏に見えたものをそのまま具現化できるって、選ばれし人なんだな。

c0108673_23311151.jpg

c0108673_23311368.jpg

c0108673_23312519.jpg


c0108673_0134314.jpg

選んだ数字は1962。
さて、部屋の前に飾って表札みたいにするか、身につけられるように
細工するか。
c0108673_22574778.jpg


誰にとっても身近な「すうじ」。
〜すうじをテーマに、現在地を考える〜
「すうじ」というお題目を提案したのは、toiroまりちゃん。
思いつかせてくれた、toiroの前身・cofuque cafe10周年のための
うらいちゃんからのお祝い作品を見せてもらう。
c0108673_22565244.jpg


c0108673_22544099.jpg


夏はすいかやね。
c0108673_0143396.jpg

by mint_jam | 2017-07-22 22:56 | art | Trackback

野良文字>>2 「くろぬま」@御成商店街

c0108673_21432728.jpg


鎌倉で一番印象に残ったのは、お寺でも海岸でも江ノ電でもなく
”くろぬま”。
鎌倉在住のみなさん、あまりにも”くろぬま”が日常に溶け込んでいるので
感覚が麻痺しているんじゃないですか?
訴えかけ度の高すぎる書体。
まるで三丁目の夕日のセットのような・・・。
c0108673_21514556.jpg

by mint_jam | 2017-07-21 21:42 | font | Trackback

鎌倉紀行>>角打ち”高崎屋本店” DE 憩う

c0108673_09344.jpg


御成商店街から見える引き戸が、角打ちに思えて
近づいてみると、やはりそうだ。
真昼間だというのに、ダークダックス状態。
角打ちの引き戸は、商店街にある高崎屋本店の勝手口なのね。
歴史、趣、店主の思いを感じる、家族経営の酒屋は
鎌倉の濱田屋の空気と連動。(^^)

c0108673_012666.jpg


「夜までやっていますからよかったら是非。」と声をかけていただき
夕刻に滑り込む。

どの日本酒にしようかと意気込んでいたら、常連さんに「ここは、ビールが美味しいよ。」
と促され、「とりあえず、ビール。」
で、常連さんは日本酒。(^^;
c0108673_20165241.jpg

c0108673_20164747.jpg

c0108673_20185393.jpg


「私ね、見合いで稲村からココに嫁いで来たんよ。ほら、ここ。
これ、実家。」
雑誌を見開き、娘時代に過ごした町を自慢してくださる。
c0108673_2024786.jpg


常連さんが持ち込んだソーセージの缶詰で話題沸騰♪
「鎌倉、どう?」
「行き止まりが多い。
 何にでも”鎌倉”が付いている。
 歴史あるものとして朽ちた感じを残し、変にこ綺麗にしていない。
 どこにいても江ノ電の遮断機の音が聞こえる。
 媚もしないし、無視もしない、地の人たちの観光客や新参商売人への
 距離の取り方が絶妙。 」
などなど・・・思いつくままに感想を言うと、
「住んでいたら、気づかないことばっかりな嬉しい感想。」
と居合わせたみなさんに賛同してもらえて、私の方こそ嬉しい。

c0108673_20221923.jpg


「どこに泊まっているの?」
「soba bar」って答えると、「あそこの店主、山形の人でね。うちもお酒卸しているんよ。」と。
「御成通りは、御用邸があったことから、宮家が訪れるたび「おなり〜 おなり〜と」
町中が賑わったことに由来すると教えていただく。

翌朝、シャッターが降りたお店の前で、ワンコと散歩に出てこられたおかあさんに遭遇。
「夜のイメージと違うでしょ?(^^) 鎌倉に来たら寄ってね。」
出会いは、旅の真髄。

c0108673_20283573.jpg


満室で泊まれなかった「ホテル・ニューカマクラ」
レストランがあれば食事をしたかったけど、オンリー・素泊まり。
c0108673_20551712.jpg

c0108673_2056850.jpg

c0108673_2056629.jpg

c0108673_21101831.jpg

c0108673_21101687.jpg

c0108673_21182218.jpg

c0108673_21182416.jpg

by mint_jam | 2017-07-20 23:52 | travel | Trackback

鎌倉紀行>>HOUSE YUIGAHAMA

c0108673_22405292.jpg


由比ヶ浜は、呑気さと洒落っ気が融合している。
提灯がぶら下がっているのに、オシャレさを感じる町って
どこか他にも存在するのだろうか。

大仏に会いに行く人の通りが多く、学生や外国人の団体が
次々と過ぎて行く。
アイスコーヒーを吸い込み、窓の外を眺める。
パラパラと雑誌をめくり、壁や床を見渡す。

c0108673_22412049.jpg

c0108673_2242923.jpg

c0108673_23203725.jpg


HOUSE YUIGAHAMA はデザイン会社が経営してるカフェで、設計室が
なんとなく見える造りになっている。
建材や塗装サンプルを、そうとは見せずに店内に張り巡らせていて
面白い。
改装欲の潜在意識に働きかけるサブミナル効果があるかもしれない。

c0108673_23144066.jpg

c0108673_23144292.jpg

c0108673_23144541.jpg

c0108673_231524.jpg

c0108673_23193183.jpg

c0108673_23272592.jpg


鎌倉には高い建物が少なく、貸しビルも少ないので、事務所を
点在させることになるのだという。
HOUSEは、魚屋さんだった店を改装しているし、
道を挟んだ向かいの自転車屋さんにも事務所スペースを借りている。
「魚文」を消しきっていないのは、町や人の暮らしの歴史を受け継いで
いるんだという気持ちを残したい現れなのかな。

スタッフが勧めてくれた向かいの鰻屋(いい匂い〜)にも、大仏を見に行く時間も
なくなってしまったけれど、それほど居心地がよかったってことやね。
鎌倉で出会った働く人たちは皆、楽しそうに見えたせいか、
神戸よりずっと、ポートランド化計画にふさわしい町に思えたのでした。

c0108673_2319125.jpg

by mint_jam | 2017-07-19 22:10 | travel | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧