みみみ堂

c0108673_0505952.jpg

”「みみみ堂」のカレーはどこよりも旨い。”
”1日に2回行く時もある。”
”チキンカレーが美味しいねん”

「みみみ堂」
「みみみ堂」
「みみみ堂」

wakkunが「みみみ堂」のカレーのことを
あまりにも美味しそうに話するから
我慢できずに早速、友だちを誘って食べに行った。

c0108673_0395291.jpg

美味しいーーーーー♪
辛すぎず奥行きのあるスパイスは時間をかけて混ざり合っている感じ。
丁寧に愛情を持って作っていることが伝わってくる。
薬味はうずら卵と酸っぱ過ぎないお漬物。
値段が手ごろなのもええなぁ。


c0108673_0463890.jpg

コーヒーカップはシンプルなデザインで手に持った時の感触が心地いい。(^^)
ミルクとスプーンの置き方、センスあるなぁ。

野菜だってお肉だって気持ちを込めて切ると美味しくなるんだよね。
反省。
# by mint_jam | 2007-10-18 00:58 | f&b | Trackback

緑の音

c0108673_0481958.jpg

初めて行くギャラリー、コロール・コローレ。
真っ白い四角い空間にhoamai井上浩恵さんの作品は展示されていた。

たくさんの苔むした苔玉。
苔玉と共存しているコスモス、ポトスなどなどさまざまな草や葉や花。
ヒカリとカゲ。
そのどれもがホママイさんそのものだ。


10周年を記念する作品展は心地良い冷たさと
無駄なモノを排除したミニマリズムで
新たなホアマイワールドを見せてくれた。

ナフシャやアンニュイでやっていた移動店。
浜上さん、きもとさん、かじきさんと一緒にやったハーモニー展。
ギャラリー心の作品展。
思い出はどっさりある。

会場では、まだ20世紀だった頃ホアマイの庭に集まっていた
たっくさんの友だちたちが次々とやってきて
偶然にも久しぶりに一同に会することが出来た。
時計の針が猛スピードで巻き返された。

誰も約束し合っていなかったのにみんなと会えたのは
きっときっとホアマイさんが作った苔玉の力だと思う。
植物の生命力に感動!!

ホアマイさんの苔玉&寄せ植えのこれからの10年が楽しみ。
c0108673_0484757.jpg

# by mint_jam | 2007-10-16 01:05 | plants | Trackback

ウロコの目

「気になってる店があるねん。」
と、笑いの視点が同類の友だち、ウロコが連れて行ってくれたところ。

c0108673_22511879.jpg

まずはモトコー2にあるプロレスグッズ屋「リングソウル」に隣接している
牛すじカレー屋。

カレーに付いてくるのは「サラダか牛乳」
サラダか・・・と言えばスープと思いきや牛乳やって。
プロレス→肉体強化→プロティン!ってことやろか。


c0108673_239256.jpg

続いて・・・口の中がカレー一色になったところで喫茶店でコーヒーでも。
というわけですぐ近くの「キャプテン・テリー  コーヒースタジアム」へ。

自動ドアを入ると階段を指して「お好きな席にどうぞ」と言われた。
階段を登ると講義室のように段々になった席が並んでいて
目の前にはガラス張りの部屋の中に焙煎の機械が
ドーーーーン。

木目調の内装とアメリカンチックなテリーのイラストの看板がミスマッチ。
「ほんでテリーって誰や?」
「社長が輝夫やからテリーなんとちゃう?」(未確認)

確かにスタジアム風で看板に偽りなしやけど・・・うぅ~~ん・・・。


c0108673_23502187.jpg

その後も笑えるスポットを探訪。
最後は花隈駐車場北側にある「ピッツア専科 ポパイ」。
「ピッツア専科」なのに「かきフライ定食」と「とんかつ定食」の看板はどう思う?


すぐそばでやっているホアマイさんの作品展に行くはずが
花隈突っ込みツアーをしているうちに3時間も経ってしまったのでした。
# by mint_jam | 2007-10-14 23:58 | other | Trackback

チェコ紀行・・・5

c0108673_1392674.jpg

日本でもそうだけどマンホールってデザインする必要などないのに
その土地を象徴するデザインが施されているのよね。

これは地区の紋章かな。


c0108673_1502553.jpg

11世紀頃に完成したプラハの旧市街広場。
ガイドブックによると”見どころ”のひとつ「ヤン・フス像」を見に行くと
改築中のようでカバーがかかっていた。

それを見た旅友は「残念やな。ところでヤン・フスって誰?」(笑)
キリスト教徒だったフスは15世紀のチェコにおける宗教改革の先駆者で
異端としてローマ教会に火あぶりの刑に処された
チェコ人が誇りに思っている人らしい。


c0108673_24192.jpg

15世紀に作られた天文時計。
”おじいさんの時計”だって百年しか動かなかったのに
何百年も動き続けてるなんてすごい!と思ったら
今は電動で動いてるんや。

上の時計は1年で一周
下の時計は1日にひと目盛り動くカレンダー時計なんやって。
# by mint_jam | 2007-10-12 02:11 | travel | Trackback

チェコ紀行・・・4

CGとは無縁の、背景は同じでキャラクターだけがカタカタ動くアニメーション。
古い絵本の、描き込み過ぎない線に褪せた色の絵。
ぽてっと手に馴染むマグカップ。
クルテクをはじめ、この2~3年で日本にたくさん入ってきた
チェコの絵本やアニメーション、雑貨を見て
チェコってどんなところなんやろ。と思っていた。


”世界で一番美しい町のひとつ”と言われている
チェスキー・クルムロフ

13世紀に出来たチェスキー・クルムロフ城は支配する当主が次々と変わり
16世紀に完成した城下町は近代化から取り残されたらしく
当時のまま残っていて、城の塔から見下ろしても
町の中を大きくS字形に蛇行しているヴルタヴァ川のほとりから見上げても
うっとり。

c0108673_21431526.jpg

実物と
c0108673_21435895.jpg

絵葉書になっているイラスト


c0108673_2145976.jpg

通学路の道路標識の絵も、ユーモラス!!
# by mint_jam | 2007-10-09 22:10 | travel | Trackback

チェコ紀行・・・3

[
c0108673_0475981.jpg
600代年のまま残っている町並みを見ながらいろんなデザインの石畳を歩く。

地下鉄の4階分くらいあるエスカレーターの速度の速さと
常にカチカチと大きな音を出し5秒で変わってしまう青信号を除いては
チェコは首都プラハでさえのんびりしている。


[意外なほど目に付くマクドナルド。
ヨーロッパ人はマグドが嫌いなんじゃなかったの。
「マクドナルドまで399m」って看板。
400mじゃくて399mなん?!(><)
なんかバーゲンでスカートが3990円って価格表示になってるみたいやな。


プラハに居る間は日本にも進出してる英国スーパー「TESCO」に毎日通った。
日本でも馴染みの野菜や果物でも大きさや形が違う。
ヨーグルトやチョコレートのパッケージのデザイン・・・。
デリカテッセンのメニュー・・・。
市場やコンビニ、スーパーマーケットに行くと
その地の暮らしがわかってとても楽しい。
何よりチェコのスーパーマケットで驚いたのはビールの種類の多さ。

c0108673_183267.jpg

宿の近くのコンビニで”レモン入り緑茶”を発見!!
東南アジアの緑茶のペットボトルは砂糖が入っていてそれにもびっくり(@@)したけど
え!緑茶にレモン?(@@)
# by mint_jam | 2007-10-09 00:08 | travel | Trackback

チェコ紀行・・・2

プラハに着くのが夜なので1泊目の宿だけ日本から
予約をしていくことにした。

駅に近くて安くて良さそうな
Sir Toby's Hostel」に予約のメールを入れると
すぐに予約確認の返事が来た。
空港からの行き方が細かく書いてあって感激!
インターネットってすごいもんやなぁ・・・。

一番安い1泊2000円くらいの部屋にしたけど
とてもキレイで快適。

共同キッチンに行ったら
オリーブオイルとニンニクのおいしそうな匂いであふれていた。
陽気なイタリア人がトマトを細かく刻んでパスタを作っていたのだ。
そうか・・・。
ソースがないときは刻みトマトで作ったらええんや。(^^)

c0108673_0303755.jpg

プルゼニュで泊まった宿のキッチン。
シンクを使うたびにイチイチ階段を登らなあかんやなんて?!
(@@)
しかも水栓カランの位置が上過ぎで水が、はねるってば~。
食器洗い機の横に立って食器を洗っている写真を撮ればよかった。
# by mint_jam | 2007-10-07 00:32 | travel | Trackback

チェコ紀行・・・1

c0108673_1292170.jpg
チェコはクラシック音楽が似合う。
夜毎教会や市民ホールで行われるクラシック室内音楽の演奏は
一流のコンサートが安く聴けて、しかも素晴らしいものばかり。(^^3

クラシック専門の洒落たCDショップ。
入ってすぐ目を惹くイラストに近づく。
お店の人に「チェコのポップスはありますか?」と尋ねると
気になって見入ってた
putumayo」(というレーベル)の
「WOMEN OF THE WORLD ACOUSTIC」を勧めてくれた。
チェコ以外にもフランス、ブラジル、カナダ、クリアチアなどなどいろんな国の
女性アーティストのアコースティックな演奏が入っているCDらしい。

え~っと・・・。
確かビデオやDVDは国によって方式が違うんだったよね。
CDはどうやったっけ?
と不安になり「このCDは日本でも聴けますか?」と訊たら
「大丈夫。」とビニールの袋を開けて盤を見せてくれた。
見た目は日本で聞いてるCDと一緒やけど・・・・うーーーーん・・・・どうなんやろ。

LPだって世界共通なんやからCDも世界共通やろ。
と半信半疑で買うことにしたら
オマケにputumayoの2007年プロモート用サンプルCDを付けてくれた。(^^)

「putumayo」ってレーベルは全く知らなかったけど
ワールドミュージックのレーベルみたい。
知らない音楽に出会うのも旅の楽しみ。

日本に戻ってかけてみたらちゃんと聴けた!
よく考えたら輸入盤には出入国についての規制なんて書いてないっか。(恥)
# by mint_jam | 2007-10-05 01:29 | travel | Trackback

南十字星

c0108673_1173058.jpg
珍しく他にお客さんがいなくてカウンターを挟んで
フィーリングカップル2対2状態。

バー・ディランはいつ行っても好みの音楽が流れている。
ベッドミドラーのアイ・シャル・ビー・リリースト
ダニーハサウェイのホワッツ・ゴーイング・オン・・・。

「ウッドストックっぽいもの」とリクエストしたら
ザ・バンドの南十字星をかけてくれた。

美味しい料理と愉快な友だち。
美味しいお酒とロックスピットを持った音楽。

9月は何をしていたのか思い出せないほど慌しかったけど
休暇を目前に元気回復。(^^)
# by mint_jam | 2007-09-24 01:20 | music | Trackback

普通の生活

c0108673_2335226.jpg

「普通の生活」って何やろ?と考えるきっかけをもらった。

自分や家族、友だちが病気になったら
普通にしていられることに改めて感謝するもんやな。

朝起きて支度して駅まで走って電車に乗って会社に行って
朝礼が済んだら仕事始めてお昼になったらメシ行って
(悲しいけどランチじゃなくメシなのです)
午後からも仕事して嬉しいことがあったりひぇ~なことがあったりして夕方になって
残業する日やライブに行く日や友だちと会う日や
定時に帰ってTVを見たり雑誌に載ってたレシピで料理を作ったり
洗濯や掃除をする日がある・・・。


昔「ぬかるみの世界」で自分が死んだら誰が来て泣いてくれるか。
ってことが話題になって
新野せんせも鶴瓶ちゃんも具体的に芸人さんたちの名前を出して
「○○は来て泣いてくれるわ。」などと想像話に花を咲かせていた。


お通夜に集まってくれた人たちの空気が
生きていた時そのままのそこにあるってええなぁ。と思う。
自分もそうありたいもんや。

心身ともに健康で身の丈に合った暮らしが出来たらそれが何より。
と思うこの頃。
# by mint_jam | 2007-09-20 00:10 | other | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧