鎌倉紀行>>由比ヶ浜海岸

いくつもある湘南海岸のひとつ、由比ヶ浜海岸。
子供連れが多い。
カラッともしていないのに、西海岸っぽい印象なのは
サーファーが多いからかな。
駅から海岸の途中は住宅街で、外壁に貝殻が埋まっていたり
玄関先にサーフボードが立てかけてあって、漁師町じゃない
住みやすそうな海の町。
田舎でもなく、都会でもない。
駅前に大きなショッピングセンターがなくていいな、江ノ電。

c0108673_21125124.jpg

c0108673_21131293.jpg

c0108673_21131474.jpg


c0108673_21131543.jpg

c0108673_21135030.jpg

c0108673_21135265.jpg

c0108673_21135440.jpg

c0108673_21135686.jpg


c0108673_21143680.jpg

c0108673_21143837.jpg

c0108673_21144035.jpg

c0108673_21144258.jpg

c0108673_21152049.jpg

c0108673_21152264.jpg

c0108673_21152477.jpg

# by mint_jam | 2017-07-04 21:12 | travel | Trackback

野良文字>>1 「オシャレ」@由比ヶ浜

オシャレな店のオシャレな野良文字。
窓に、壁に、サンプルのような試し貼りっぽい統一感のなさが、
返って目を引く効果を狙った、斬新なアイディアか。
c0108673_22594455.jpg

# by mint_jam | 2017-07-03 22:56 | font | Trackback

鎌倉紀行>>Hostel YUIGAHAMA+SOBA BAR B面

朝7時前。
夜更けの喧騒が嘘のような静けさ。
c0108673_21184236.jpg

Hostel YUIGAHAMAに併設されたSOBA BAR、山形出身の店主が心を込めて作る
「つったい肉そば」が名物。
郷土料理の旨さに感動。
with朝酒、昼酒OKよ。
c0108673_21243965.jpg


c0108673_21253223.jpg

c0108673_21252222.jpg

c0108673_21315975.jpg


朝食は食べなかったけど、美味しそうでしたよ。
c0108673_21313668.jpg


隣に居合わせた山形出身、東京在住の方の話が面白くて、きき耳ずきん、なう。
「山形県に帰ったら、自分の銀行口座が使えなくて、調べたら合併やら閉鎖やらを経て
元ネタを探るのも一苦労。」
「山形県って人口が110万人ほどらしいんだけど、県ごと福島市に吸収された
方がいいかも。」
関東は東北出身の方が多いけど、この話題、リアルやなぁ。
c0108673_21474214.jpg


いい出会いやった。
次に鎌倉に行ったら、きっとここで朝食を食べよう。
SOBA BAR DE 朝食を。
c0108673_214757100.jpg

c0108673_2147598.jpg

c0108673_22424970.jpg

# by mint_jam | 2017-07-02 21:17 | travel | Trackback

鎌倉紀行>>Hostel YUIGAHAMA+SOBA BAR A面

鎌倉に行くことがあったら泊まりたいと思っていた「ホテル・ニューカマクラ
(映画「おと な り」のロケ地)を検索したら、満室。
”ここを検索した人はここも検索しています”の宿も満室、数珠繋ぎ。
思い立ったのが遅すぎたかぁ。
と、その次に検索したホステルは空き室はなかったけど、ベッドに空きが
あって、けど、鎌倉でドミトリーっていうのも・・・。、駅から10分くらい歩くのか。
と思ったけれど、前庭の感じの良さや蕎麦BARに惹かれ(と言っても、行くまでは
Hostel YUIGAHAMA+SOBA BARが何なのかわかっていませんでしたが。)
予約する。

事前に写真で”らくだ”を見ていたのに、気づかず前を通り過ぎてしまったのは
ホステルの看板がないからでした。
デザイン事務所が、自社がリノベーションしたホステルを運営していると
知って、なるほど。と。
蕎麦BAR部分は、店主にスペースを貸しているのだけれど、店は朝から
夜まで賑わっていて、宿泊者との垣根がない。

日中の様子。
c0108673_20213816.jpg


夜の様子。
c0108673_2047593.jpg


ドミトリーの部屋には2段ベッドが4つ。
c0108673_20581720.jpg

c0108673_2237172.jpg


広ぉーい、シャワー部屋。
c0108673_22382221.jpg


無印良品のシャンプー、初めて使ったけど、いい感じ。
バスタオルを持って来ていなかったので、借りた。
国内旅行でドミトリーに泊まるのって、いつぶりやろ?
c0108673_2238202.jpg


同室の2人とは、顔を合わさないままだったけれど
ビールを飲みに共有スペースに行ったら、「自転車で旅をしています。
明日は三浦半島に向かいます。」という、クアラルンプールで駐在経験ありの
男子と、「ベルリンから来ました。」という、おっちゃんがいた。
c0108673_21113043.jpg


自分はジョン・レノンに似ていると思っている、自称”ジョン”は
西ベルリン人で、英語と、すこしばかりの日本語を話す。
日本にハマったきっかけが屋久島で入った温泉だったそうで
「日本の温泉は癒される。」と日本語で言った。
「ドイツにも温泉、あるやん。」と言うと、「ドイツの温泉はくつろげない。」のだそう。
確かに私もいくつかの国で効能が書かれた温泉に入ったけれど
水着を着ているせいで温水プールみたいで、くつろぎ感はないね。
しかも、水着に硫黄臭が付着する場合さえある。
四国の温泉の話をするジョンは、とても幸せそう。
「日本に住んじゃえば〜。町おこしをしている温泉宿で住み込みとか。」

「ベルリンに行ったこと、あるよ。ベルリンの壁があんなに低いとか、2重構造に
なっていたとか、目の当たりにして初めて知ったよ。」と、書きかけで
放置したままのベルリン紀行のいくつかをipadで見てもらう。
アンペルマンの投稿に「壁が崩壊して初めてアンペルマンの信号機を見たとき、
何じゃこりゃ。と思った。」とジョンは失笑した。
西と東は、数日滞在した者でも感じるほど、空気が違う。
元通りひとつの国に戻ったって、離れていた間の文化や価値観が違いすぎて
お互いに複雑な思いがあるのだろうな。と想像した鎌倉の夜でした。
c0108673_21395031.jpg

# by mint_jam | 2017-07-01 23:47 | travel | Trackback

バニラエア

限られた時間で旅をする旅人にとって飛行機は、ありがたぁ〜い公共交通機関。
長らく格安チケットが出なかった大阪ー奄美。
奄美空港は利用した経験があるし、奄美LOVEということもあり
バニラエアのスタッフと、自力でタラップを昇降できない搭乗者の
やりとりが頭から離れない。

それぞれの立場での任務や思いが伝わってきて、
どちらか一方の擁護や避難する思いには至らない。
けれど・・・。

”自力でタラップの昇降が難しい方を塔乗させる手助けサービスを
設けていない”ことについて。
飛行機を運行する会社として、車椅子の方が塔乗するのに必要な
”手助け”は、”サービス”なのか。
自力でタラップを昇降できない方に塔乗していただきにくい
奄美空港に就航することを決めたのなら、何故、同業他社の
対応を鑑み最善策を取ろうとしなかったのか。

価格を押さえるために、機内食やアルコールを有料にしてる
LCC。
けれど、例えばユニクロの服が安いからと言って、衣服として縫製が
ホチケているのはあかんやろ。みたいな話で、飛行機会社として
発券したお客様に当日になって「乗せられない。」と言うのは如何なものか。
発券=ご搭乗を心よりお待ちしています。ではないのか。

搭乗者を知能犯と批判する向きがあるけど、それを言うならバニラエアの方が
より知能犯ではないか。
それほど危険なことなら、空港カウンターで塔乗直前に拒否するのではなく、
発券する前に、自社の対応に同意を求めなかったのだろう。
「ここに書いてあるでしょ?」じゃなく。

クレームと取るか、一石を投じたと取るかはそれぞれとして、
お客様の貴重なご意見(今回は、ご行動)を受け、バニラエアが
今までのあり方を迅速に修正したなら何より。

JR福知山線脱線事故を受けて、各電鉄会社が答えたアンケートが
今もとても印象に残っている。
「御社では、運行時刻表と発車時刻のズレを、管理をどうしていますか?」
阪急、京阪、大阪市営地下鉄・・・・。
どの企業も内規を設けている。
そんな中、阪神電車の回答は「社内規定はなく、車掌に一任しています。」
やった。

そんなこんなで、内規はスタッフの想像力、臨機応変な対応思考を停止させる
と思ったのでした。

+++++
写真は本文とは関係ございません@葉山マリーナ
c0108673_1232518.jpg

# by mint_jam | 2017-06-29 23:59 | travel | Trackback

エッセンシャルストアvol.15

安定した感じさえあるエッセンシャルストア。
インスタグラムでお知らせをしているそうだけど、見てないくて
フッと、次回はいつやろ?と検索したら、すっかり始まっていたのでした。
好物になったラー油と、自室で使いたいと思ったmade in Japanのトレイを購入。
言われも財産価値も、”さぁーどーなんでしょうね。”な物たち。
投資目的じゃなく、これ持ってるってすごいやろ!でもなく、そばに置いて
置きたい、あるいは大切な誰かに贈りたい、その物の価値は自分が決める。
それこそ、エッセンシャルストアの醍醐味。
今回も堪能。
c0108673_21543796.jpg

c0108673_21555153.jpg

c0108673_21544326.jpg

c0108673_21544791.jpg

c0108673_21555337.jpg


c0108673_21544950.jpg

c0108673_2156493.jpg

c0108673_21565191.jpg

c0108673_21565312.jpg

c0108673_21565589.jpg

c0108673_21565743.jpg

c0108673_21573577.jpg

c0108673_21573683.jpg

c0108673_21573810.jpg


c0108673_21574087.jpg

# by mint_jam | 2017-06-29 22:19 | art | Trackback

鎌倉紀行>>あこがれの葉山

鎌倉に行くことがあったら、きっと葉山に行こうと
それはそれはずっとずっと思っていた。
御用邸があるくらいだから、きっと気候がいいのだろう。
人が人として住みやすい地域なんだろう。
ユーミンや山下達郎さんが思いを込めてコンサートをされたエメラルドプール。
ということで、どんなトコだろー?って興味が、夏が来るたび
頭の片隅でコトコトと音が鳴るのだった。

逗子まで電車、葉山マリーナまではバス。
日曜日には8時頃から朝市が開かれると、ほんの小さな記事を見つけ
早起きして出かける。
降車バス停は鐙摺。
なんて、読むの?
ここで待っていたらいいの?
逗子駅前のバスロータリーに居合わせた方に伺うと
テキパキとスマートフォンで検索して、あぶずりだとか何停留所目だとか
丁寧に教えてくださった。
不案内な旅先で心強いことと言ったら・・・感謝。
c0108673_21455581.jpg

8時過ぎ。
鐙摺でバスを降り、こっちかな・・・。って方向に歩いてみる。
遅かった?
行列の先は、名物のケーキの切れ端。
c0108673_21475520.jpg


今漁から戻りました。な、しらす丼と、今焼いて来ました。な、餃子。
美味しくって、嬉し泣く。
c0108673_21495797.jpg

c0108673_215055.jpg


c0108673_2153994.jpg

c0108673_21531064.jpg

c0108673_21531469.jpg

c0108673_21532416.jpg

c0108673_21532847.jpg


明治大学ヨット部やって。
c0108673_2154461.jpg


次回はきっと、ここで食べるぞ。
あぶずり食堂
c0108673_21551824.jpg


c0108673_21572486.jpg

c0108673_21571546.jpg

c0108673_2157142.jpg


1980年、山下達郎葉山マリーナコンサート。
達郎さんも若いな。
私も子供やったけどね。

# by mint_jam | 2017-06-28 23:44 | travel | Trackback

鎌倉紀行>>鎌倉駅周辺

c0108673_17565939.jpg


珈琲が飲みたくて入った喫茶店は、鎌倉駅を出てすぐのところにある
創業50年のカフェ ロンディーノ。
プリンは売り切れていたので、ケーキをいただく。
ケーキも珈琲もめちゃ旨♪
観光客にも、常連さんとわけへだてない接客応対で居心地がいい。
鎌倉って観光客が多いせいか、観光で来られたのですか?でもなく
さりとて、四国の、お遍路さんの受け入れ体制ばっちりよ。でもなく
相手のペースを尊重して、ほっといてくれる感じが好き。
c0108673_1835936.jpg


路地を入ると、ニャン横丁。
置物?!(2度見)
c0108673_1845030.jpg

c0108673_18451620.jpg

c0108673_1845517.jpg

c0108673_18452974.jpg

c0108673_18453346.jpg

c0108673_19321580.jpg

c0108673_1935552.jpg


ガイドブックを見て行こうかと思ったお店。
店先まで行くと、ピンと来なくて、さてどうしよう。
目に止まった軍鶏の串焼き屋の”魂を揺さぶる銘酒揃い踏み”に賭けてみる。
c0108673_19294313.jpg

c0108673_19294592.jpg


阿武隈で放し飼いされた川俣軍鶏だって。
検索したら、戦国時代から食べられていたそうで、もともとは闘鶏用として、
シャムの国(タイ王国)から入ってきたんやって。
シャムから来たからシャモって言うの?
肝がね、めちゃ旨♪
c0108673_19215675.jpg


地元の方がお店の人と話している。
鎌倉の海岸が観光ポスターやガイドブックに”ビーチ”と表記されていることを
受けて、
「由比ヶ浜のこと、ビーチって、何、あれ?
誰もビーチなんて言ってないよね。
あれは海岸だよね。由比ヶ浜海岸。」
c0108673_19295545.jpg


そう言えば、サザンの歌も「チャコの海岸物語」やね。
と心の中でつぶやきながら、再注文したレバーを味わうのであった。
c0108673_19302210.jpg

# by mint_jam | 2017-06-27 23:55 | travel | Trackback

鎌倉紀行>>鶴岡八幡宮と段葛

西口とは趣が異なる鎌倉駅の東口。
観光客の比率が高いのか、おみやげ物屋さんも多く、賑わい感、ありあり。
段葛(だんかずら)と呼ばれる参道。
c0108673_23195945.jpg

c0108673_23421770.jpg


ガイドブックを取り出すと、由緒ある鶴岡八幡宮に続く。とある。

お蕎麦、食べよっ。
c0108673_2343277.jpg


鎌倉ビール、飲もっ。
c0108673_23445932.jpg


わらび餅も美味しそうやった。
c0108673_2343434.jpg


せっかくやから行っとこか、と思ったことに懺悔。
神聖な空気と緑、広々とした敷地に自然信仰の気が漂う。
いい国作ろう鎌倉幕府。
c0108673_23413484.jpg


c0108673_23311336.jpg

c0108673_2331228.jpg

c0108673_23415056.jpg

c0108673_23313375.jpg

c0108673_23313550.jpg


おまけに鳩のお守りが付いてくる、鳩みくじ。
鎌倉と鳩ってどんな関係なん?
八幡宮を全国に移動するにあたって鳩が道案内をしたという逸話があるんやって。
ソラシラナンダ。
c0108673_23313939.jpg

c0108673_23314135.jpg

c0108673_23464776.jpg


鎌倉と言えば鳩サブレー。
頭から?
尻尾から?
秋刀魚とハトは、どっちから食べるか論議に花が咲く。
本店は京都で見かける老舗の和菓子屋さんみたいな店構え。
c0108673_21375047.jpg

c0108673_21362584.jpg

# by mint_jam | 2017-06-26 23:35 | Trackback

五条上ル四条下ル河原町通西入ル@京都

京都といえば、赤バケツ。
京都土産の第1位に選ばれないのが不思議なくらい。
c0108673_034687.jpg


美しき、目を引く個人情報。
c0108673_21392714.jpg

c0108673_21494491.jpg


自転車も上ル 下ル。
c0108673_2150371.jpg


高瀬川沿いにある、「満室」アパート。
洗濯物干しにしては低すぎ、防犯にはアキアキすぎの
美術館で特別な絵の前にありそうな欄干。
意匠設計か?
c0108673_2154748.jpg

c0108673_2157269.jpg

c0108673_21572855.jpg

c0108673_2224563.jpg

c0108673_2224324.jpg

c0108673_2232678.jpg

c0108673_2232744.jpg


全室、リバー・ヴュー。
部屋からは高瀬川が見える。
c0108673_224860.jpg


上ルと下ルの交差点で、西に入ル。
c0108673_224544.jpg

# by mint_jam | 2017-06-25 23:59 | travel | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧