Bar ケネス@王子公園

ひっそりと佇むのがお似合いの、Bar「ケネス」
c0108673_0182546.jpg

c0108673_0315093.jpg


現代美術のミニマル美術館のようで、度数の高いアルコールをロックで
ゆっくり時間をかけていただきたくなる。
c0108673_0211664.jpg

c0108673_021830.jpg

c0108673_0211363.jpg

c0108673_021436.jpg

c0108673_0222874.jpg

c0108673_0223053.jpg


美術、音楽・・・精通しているものを削ぎ落とし研ぎ澄ませば
こんなBarになるのかしら。
c0108673_030526.jpg

c0108673_03087.jpg

c0108673_0302439.jpg

c0108673_0315250.jpg


トイレの水栓カランが、気を衒わないデザインで好感度大。
(^^)
c0108673_0315555.jpg


仙人に会いに訪れたいものです、いつかまた近いうちに・・・。
c0108673_0284290.jpg


そぼ降る雨、暗い夜道に彷徨う店主の名言。
「自尊心なんてのは、あれは他人のために使う言葉だよね。」
c0108673_0255361.jpg

# by mint_jam | 2017-05-02 21:42 | f&b | Trackback

灘高架下OPEN FES B面@散歩しましょう高架下でも春日野道から王子公園まで♪

ボタンアコーディオンの演奏が始まりますよ。
c0108673_22293597.jpg

c0108673_22294663.jpg


どこに立ち入らせてもらっても、気持ちよく対応してくださって
このイベントを楽しんでおられるのがよくわかる。
5年ほど前にR不動産が提唱していた「神戸ポートランド計画」は、その後
進んでいるのかしら。
c0108673_22304890.jpg

c0108673_22311716.jpg

c0108673_22311254.jpg


灘の高架下らしい風景が続く。
c0108673_22362143.jpg

c0108673_22362292.jpg

c0108673_2232521.jpg

c0108673_22321825.jpg

c0108673_23153836.jpg


水道筋商店街はいつ来ても発見がある。
今回注目したのは、この2店。
c0108673_23235178.jpg

c0108673_2324367.jpg


さて、行きますか。
c0108673_23322422.jpg

c0108673_2319244.jpg

c0108673_23194651.jpg

# by mint_jam | 2017-05-01 23:55 | art | Trackback

灘高架下OPEN FES A面@散歩しましょう高架下でも春日野道から王子公園まで♪

c0108673_20275848.jpg

阪急春日野道から王子公園までの高架下に会社や倉庫に混じって、点在している
独自性を持った工房やアトリエ、ギャラリー、雑貨屋など見応えあり、あり。
今日は朝から雨 嫌な天気やけど もうぼちぼち出かける時間♪
mpodには梅田からナンバまで がグルグル。
灘の高架下と言えば、今はなき猫屋猫吉と今も健在のギャラリー2001と神戸天昇堂から
情報が更新されていない私にとってはワクワクしっぱなしの「ものづくりストリート」を梯子。

黒鉄が美しいaizara's galleryにて。
c0108673_20374997.jpg

c0108673_20374620.jpg

c0108673_20374485.jpg


代表の山中さん。
c0108673_20371693.jpg

c0108673_20461589.jpg


ワインの瓶をオブジェに出来るコレ、欲しい。
c0108673_22141218.jpg


鉄、家具、革製品、額縁、雑貨・・・。
町に職人あり♪
c0108673_2042895.jpg

c0108673_2042998.jpg

c0108673_2042558.jpg

c0108673_2042388.jpg

c0108673_20425165.jpg

c0108673_20425262.jpg


空き区画を利用した飲食も魅力的♪
c0108673_22275390.jpg

c0108673_20501877.jpg


B面につづく・・・。
# by mint_jam | 2017-04-30 22:32 | art | Trackback

夜桜通り抜け@王子動物園

4人は夕方から水道筋商店街にある居酒屋のカウンターに並んで飲んでいた。
このあと4人で王子動物園の桜の通り抜けに行くものと思い込んでいた私は
他の3人が桜を必須行程に入れていないことを感じ、「通り抜けは行かないの?」
と水を向けた。
すると「オレ、動物キライやねん。」と。
動物がキライな人はいくらでもいるだろうけど、彼の他に「キライ。」と言った人のことを
思い出せない。
動物がキライというだけで、人間性を揶揄されることもあるだろうに
「好きじゃない。」ではなく、「キライ。」と素直に言ったことに好感を持ち
くすっと笑った。

霧と雨の美しさに魅せられながら、3人で入場制限の列に並ぶ。
c0108673_235306.jpg

c0108673_22393437.jpg


c0108673_22591022.jpg

c0108673_2301550.jpg

c0108673_2301711.jpg


パンダまんじゅうや桜ソフトクリームを食べたり、桜の写真を撮ったり。
来年このタイミングで神戸にいたら、是非とも動物に出会わない王子公園を
通り抜けて欲しい。という気持ちを込めて、動物には出会わないルート設定だった
ことを彼に伝えた。
c0108673_2303552.jpg

c0108673_2303747.jpg

c0108673_2313959.jpg

c0108673_231376.jpg

c0108673_2315040.jpg

c0108673_23283117.jpg

c0108673_2315297.jpg

c0108673_2321100.jpg

c0108673_2322686.jpg

c0108673_2322544.jpg

# by mint_jam | 2017-04-29 23:37 | plants | Trackback

wakkun作品展「小雨まじりの福井の雨」@ギャラリー デラ・パーチェ

福の種を蒔こう 幸せの種を 福の種を蒔こう あなたの心に♪
福の種は手から手へ、心から心へ。
wakkunの絵に込められたメッセージが心に深く染む。
c0108673_22223515.jpg


2017年、年始に逝去された日本でただひとりのポトゥ=インド式絵巻物を
自作・自演する東野健一さんから受け取ったバトンのような作品に胸が熱くなる。
wakkunと東野さんと交流の象徴となった狼、そして種。
そのバトンの片鱗をバームクーヘンの年輪のように、広がるほどに
大きく深く濃く感じる。
c0108673_22241973.jpg


3人ともメガネかけてるね。
いい写真だぁ。
c0108673_22583823.jpg


デラパーチェで一番好きな展示場所。
c0108673_22315345.jpg


c0108673_2254122.jpg

c0108673_22541853.jpg

c0108673_225464.jpg

c0108673_2310153.jpg


朝・昼・晩・・・そしてサイ。
c0108673_23101777.jpg


サイの文字がね、人が体操しているようにしか見えなくて・・・。’^^;
c0108673_22543265.jpg


ボクらは
そこに
存在するだけで
ステキ
なんや!!
c0108673_23151263.jpg

c0108673_2317285.jpg


存在はサイ。
c0108673_23173091.jpg

c0108673_22365511.jpg


wakkun、遅がけまで在廊してくれてありがとう。
素晴らしいメッセージバトンを含んだ作品を見せてくれてありがとう。
c0108673_22365677.jpg

# by mint_jam | 2017-04-28 23:44 | art | Trackback

フィリピン紀行>>路上に眠り、夜を舞う

c0108673_21273323.jpg


昼。
路上生活者は風景の一部と言っても過言ではないこの町で、港に近い
コンテナが積まれた殺風景な歩道の脇で、ひとり眠っている。
ダンボールではなく簡易ベッドだ。
全荷物と思われるショッキングピンクのデイバッグが、演劇の小道具に感じられた。
現実なのに、演劇のひとこまを見ているように思えたのは、少女の無防備さゆえ
だったのだろうか。
c0108673_23313421.jpg


夜。
中央分離帯がある、6車線の大きな通り。
上半身はあちこちに穴が開き、肌が見える白いカットソー。
下半身は太ももが透けて見える薄い化繊のロングスカート。
不安定な服装で体をくねらせ、ゆっくり大きく踊っている。
足元にはセミダブルベッドほどの大きさのダンボールが敷かれ
その四辺は10cmほど立ち上がっているが、布団らしき布はない。
彼女は、なぜ人通りの多い薄暗闇で踊っているのか。
男を誘っているのか。
それとも他に目的があるのか。
c0108673_084366.jpg


商店街を歩いていて声をかけられたとき、一瞬身構えた。
1人が声をかけ、それに気を取られている間にもう1人がカバンの中の
ものを盗む手口かと思った。
ところが彼は、私がバンダナを落としたことを教えてくれたのだった。

マニラの宿をチェックアウトしたのは9時50分を過ぎていた。
宿から徒歩1分のところにあるリムジンバスのバス停で10時の出発を待っていた。
もう出発というそのとき、見覚えのある宿のスタッフが座席にいる私を見つけ
バッテリーチャージャーを大きく翳した。
「サラマートゥ サラハット(どうもありがとう)♪」
チェックアウトしてすぐに、部屋を点検してくれたのだ。
これからどんな乗り物に乗って、どこに向かうかなんて、誰にも言って
いなかったのに、急いで宿を出た様子から、10時発のリムジンバスに
乗るじゃないか?と推測してくれたのだろう。
もし彼女が機転を利かしてくれていなければ、危うくカメラは無用の
重い荷物となっていたに違いない。

ヘドロ色の海と、肺の奥まで壊れそうな排気ガス。
美しい夕陽と、星降る夜。
世界中からダイバーが集まる美しい海と、椰子の葉がたなびく長閑な村。
高層ビル群と、高級住宅街。
バラック群と、窓ガラスがない家。
穴の空いたTシャツと、市場にあふれる新鮮な食材。
連れて帰りたいほど美味しい焼き鳥と、ココナツジュース。
キティちゃんと、ノラ犬と首に鈴を付けた飼い猫。
町を往来する変顔ジプニーと、乗り合わせた人たちのくったくない表情。
c0108673_23264114.jpg

c0108673_22293034.jpg

c0108673_23234110.jpg

c0108673_22445748.jpg


フィリピンで治安の悪さを感じなかったのは、幸運だった。
何人もの親切な世話焼きさんに助けられた。
貧しいの基準は何なのだろう。
国民総所得 (GNI=Gross National Income)= 国内総生産+海外からの
所得の純取得の合計か。
貧乏な人とは、少ししか物を持っていない人ではなく、無限の欲があり、
いくらあっても満足しない人のことだ。
ホセ・ムヒカ元・世界一貧しい大統領@ウルグアイがおっしゃる、「無限の欲があって
いくらあっても満足しないことだとしたら、フィリピンで暮らす多くの人たちを
貧しいと言えるだろうか。
そんなことを考えながら、絶品の焼き鳥を頬張り最後の夜を過ごす。
c0108673_094942.jpg

c0108673_095142.jpg


全27話:完。
# by mint_jam | 2017-04-27 20:31 | travel | Trackback

フィリピン紀行>>行列が出来る職人さん、いい仕事 してますね。

「何をやってはるんですか?」
何人もの列の先にいるおっちゃん。
刃物研ぎ師さんなんですね。
ウイリアムは本名?それとも屋号ですか?
c0108673_933268.jpg


手に手に何本ものハサミや包丁を、中には理髪店の店主と思しきお客さんも。
c0108673_20543786.jpg


路面店といえば、エルメスやルイ・ヴィトンを思い浮かべるけど
職人の路面店、カッコイイな。
c0108673_20543466.jpg


ケイタイ修理屋のおにいちゃんトコにもお客さんがいっぱい。
c0108673_2172227.jpg

c0108673_2172320.jpg


料理人の周りにもたくさんのお客さん。
c0108673_23141527.jpg

c0108673_23143128.jpg



大きな交差点にあるビルの外壁がRになっている。
植民地の名残なんやろうか???
建築好きは、興味深々。
c0108673_21102941.jpg

c0108673_21105445.jpg

c0108673_21144317.jpg

c0108673_2115358.jpg


信号のふもとには物乞いの人がいるんだけど、こんなトコじゃぁ立ち止まりにくいし
目立たないから移動した方がいいんじゃないですか。
c0108673_21105790.jpg


レゴみたい。
c0108673_21102570.jpg


マクドナルドの赤と黄色の韻を踏んでいるジプニーやぁ。
c0108673_21191160.jpg

# by mint_jam | 2017-04-26 23:58 | travel | Trackback

フィリピン紀行>>みんな大好き、ジョリー・ビー

c0108673_21243431.jpg


Jollie beeってよく見かけるけど、ファミリーレストラン?
気にはなるけどフィリピンに来てまで行くとこでもなさそうな・・・。
ところがジョリー・ビーは、世界有数のファスト・チェーン:マクドナルドを押しのける
売り上げを誇る人気店。
フィリピンの外食界のママの味と言っても過言でないほどと知る。

それは食べなくてはいけません。(小枝探偵風に)
朝マック的、朝ジョリー・ビーの人気メニューは、フランクフルト&
ガーリックライス&目玉焼き。
この組み合わせがフィリピン人の心を鷲掴み?!笑
注文したのは夜の人気メニュー、ミートソースとフライドチキン。
フィリピン人がこよなく愛するバナナ入りのケチャップ味が想像通りの甘さで、
ビヨオオオオーーーん。
この店は幹線に面していることもあり、ドライブスルーも完備され、注文するのにも
並ぶ人気ぶり。
c0108673_21332090.jpg


これは別の日に食べた、フィリピン料理・カレカレ。
カレーじゃなくて、勢された雄牛の尻尾の煮込み。
c0108673_21433860.jpg


ビールも飲みましたよ。
c0108673_21561712.jpg


ハロハロ(フィリピンの氷菓アラモード)のデータがなくなった?!(悲)ので
アイスクリームを。
c0108673_21445045.jpg


パパイヤは大好きな果物だし、好みでお客さんがかけている黒い液体にも
興味があって買ってみる。
お醤油かと思ったら黒酢やね。
フィリピンでは発酵したパパイヤ(漬物?!)もたくさんいただいた。
パパイヤは東南アジアでは一般的な果物やけど、お酢で食べたのは初めて。
c0108673_22161657.jpg

c0108673_2216183.jpg


マンゴも大好き。
kg売りだけど食べられないし「1つ欲しい。」って言ったらくれはった。
ごちそうさま。
c0108673_22315848.jpg


朝食支度中@セブの宿。
7時から10時まで、忙殺され続けるもなにのその、懸命に働くスタッフ女子。
c0108673_21581462.jpg


ある日の朝食。
お米好きの国民ゆえ、パン食はほぼ外国人。
バターとジャムは申告制。
容器からほじほししてパンに置いてくれるバターが可愛い。
c0108673_2205451.jpg


ジョリー・ビーの愛されキャラクター&ロゴ。
c0108673_22403167.jpg

# by mint_jam | 2017-04-25 22:41 | travel | Trackback

フィリピン紀行>>ノスタルジックな食堂

ボホール島〜バングラオ島があまりに田舎(いなた)良すぎて泊まりたかったけれど
明日帰国するから、泣く泣くタクビララン港でセブに帰る切符を買い、港使用税を払う。
出航までにはまだ時間があるから、近くにある高床式の食堂に行ってみる。
c0108673_21235471.jpg


お店の中に入ると、がらぁーーーーーん。
閉店時間が過ぎたのか、お客さんの代わりに長く伸びた夕陽がテーブルを席巻している。
c0108673_2129494.jpg


ハワイ島やマウイ島にある食堂と重なる風景に埋もれる。
c0108673_2129629.jpg

c0108673_21333145.jpg

c0108673_21333999.jpg

c0108673_21412679.jpg

c0108673_21334845.jpg


何、一点を見つめてるの?
c0108673_21341143.jpg


スマートフォンに国境なし。
21世紀の象徴やぁ。
c0108673_21345025.jpg


小学生の頃に高床式住居や正倉院について習ってからずっと、高床式に憧れている。
ずっとずっと前のことやけど、タイの田舎で高床式で過ごす機会をみつけたときの
感動ったら。
c0108673_21363716.jpg

c0108673_21363989.jpg

c0108673_21414323.jpg

c0108673_21414562.jpg


港に戻って船に乗る。
来た時より上等な船。
バタバタバタ。
「これ、何? 鶏?」
「そう、けど食べる鶏じゃなく、フィリピン名物・闘鶏の鶏。」
だから一羽づつカゴに入っているのね。
c0108673_21453778.jpg


セブシティのおうちに帰ろう。
c0108673_2146420.jpg

# by mint_jam | 2017-04-24 22:13 | travel | Trackback

フィリピン紀行>>ママ、ごはんまだ?

台所だけの独立した建屋で黙々と炊事をするお母さんと出会う。
お邪魔したのは洗い物が終わる頃。
一青妙原作、白羽弥仁監督の映画「ママ、ごはんまだ?」を彷彿させる情景に
台湾料理ではないけれど、アジアの片隅という共通の湿度を感じる。
簡素だけど殺風景じゃない。
きれいに片付けられた台所が気持ち良い。
c0108673_19234120.jpg


美味しい料理を作るのとキッチンの豪華さは比例せず。
得意料理な何なんやろう。
(^^)
c0108673_22531420.jpg

c0108673_22532758.jpg

c0108673_22554014.jpg

c0108673_22535825.jpg

c0108673_2253596.jpg

c0108673_22534619.jpg

c0108673_19244436.jpg


高床式住居。
c0108673_2305967.jpg


台所がある別棟。
c0108673_2257110.jpg


どこからどこまでが自分ちの土地なんやろ?
c0108673_22534416.jpg


プール・バーもあるし、地主さん?
c0108673_19241948.jpg


京都のお寺と同じくらい犬の歩き隙もないくらい、教会が点在。
c0108673_2354392.jpg


あっ、飛行機。
c0108673_238594.jpg


橋を渡るとボホール島だった。
c0108673_239097.jpg

# by mint_jam | 2017-04-23 23:15 | travel | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧