榎忠さんの作品と対峙する>>特集「類は友を呼ぶ」@兵庫県立美術館

県美プレミアム。
館外作品による小企画「M氏コレクションによるJ・J・グランヴィル」及び
館蔵品による特集「類は友を呼ぶ」で榎忠さんの作品2点。
大きなエネルギーの集積に圧倒される喜び。

c0108673_0171195.jpg

c0108673_0175115.jpg

c0108673_018117.jpg

c0108673_0184046.jpg

c0108673_0191782.jpg

c0108673_0195296.jpg

c0108673_021311.jpg

c0108673_0242599.jpg

c0108673_0243090.jpg

c0108673_026228.jpg

c0108673_02673.jpg

c0108673_0265356.jpg

c0108673_0265615.jpg

c0108673_028382.jpg

c0108673_0284023.jpg

# by mint_jam | 2019-01-14 23:59 | art | Trackback

抜け出す勇気@KIITO

「抜け出す勇気」

c0108673_206038.jpg

c0108673_2061050.jpg


松岡賢太郎さん@トリトングラフィックス主宰のトークイベント「抜け出す勇気」@KIITO。
コメンテーターは、横浪修さんと西山勲さん。
西山さんったら憧れの横浪さんを目の前に、パソコンに入ってる写真をドヤ顔で見せながら
「こんなにあなたの仕事を研究分析してきました。」に始まり
ゲストであることを忘れ、すっかりインタビュアーになっているのが面白い。

100children/" target="_blank">100 childrenの制作にまつわる思いのあれこれ。
横浪さんは写真で稼いだお金を作品を作ることに注いでいるとおっしゃった。
ファッション&広告写真家の横浪さんと自分の作品を作る横浪さん。
どちらも横浪さんのワーク(仕事)だけれど
「クライアントがいて、アートディレクターがいて、絵は決まっていて
ただシャッターを押すだけな写真はボクの写真じゃない。」と。
ファッション写真に込める機知。
作品を作り続けることにこだわる姿勢が伝わてくる。

c0108673_20523161.jpg

c0108673_20523947.jpg

c0108673_20592845.jpg


希望者が素材となり、横浪さんに撮影してもらう。
c0108673_210025.jpg

c0108673_20595865.jpg

c0108673_20595928.jpg

c0108673_210025.jpg


演劇の一場面のようなヒトコマ。
c0108673_2113119.jpg


c0108673_2114471.jpg

c0108673_2114625.jpg


久しぶりにマミさんと話す機会を得る。
”抜け出す勇気”を携えた両手を広げ、世界中のアチコチを旅しながら
雑誌を作り出版し続けている西山夫妻への敬意と憧れは
私の心の宝物。

西山さんからイベント情報をいただいて、すぐに参加表明したものの、既に満席。
そこで諦めたのは、以前、西山さんの既に満席になっていたトークショウの主催者に
「立ち見でもいいから参加させて欲しい。」と食い下がったけれど
聞き入れてもらえなかった経験があるから。
しかも神戸市が絡んでいるイベントなんて杓子定規に断られるだけと
思い込んでいた。
そんな私に友だちは「私は、電話したよ。行けるって。
だからミントさんも電話してみて。」と。

「抜け出す勇気」は、誰でも持てる。
抜け出せるかどうかは別にして。
c0108673_2053093.jpg

c0108673_2053976.jpg


+++++
『写真家として生き残るため、何が必要と思ったのか?』
デジタルカメラやフィルムカメラを問わず、様々な技法を使って撮影を行い独特な雰囲気のある写真を撮影しファッション誌や広告など幅広い分野で活躍する横浪修氏と、世界中を旅しながら現地のアーティストの日常を綴る「STUDIO JOURNAL KNOCK」を発刊している西山勲氏のお二人をお迎えし、写真家として生き残るため必要なマインドや技術。独創的な作品づくりやメディア立ち上げに至った経緯などをお話いただきます。また、写真やデザインの未来についてお二人の考えを伺います。
# by mint_jam | 2019-01-13 21:12 | art | Trackback

元旦の北新地

c0108673_2338547.jpg


元旦午前11時過ぎの北新地。
人の気配を感じない店並。
袖看板を見上げ、いくつかの店名を読んでみる。
なんで、これにしたんやろ?なものから、やる気あるんか?なものまでいろいろ。
書体も面白い。
c0108673_2347113.jpg

c0108673_2347949.jpg


ダーリンビル。
c0108673_23471334.jpg

c0108673_23483421.jpg

c0108673_23481691.jpg

c0108673_23481425.jpg

c0108673_23555369.jpg

c0108673_23503084.jpg

c0108673_23503224.jpg


露 天神社(通称:お初天神)で初詣。
c0108673_23541734.jpg

c0108673_235424100.jpg

c0108673_23542646.jpg

c0108673_23543460.jpg


壱信の初詣は、また今度。
c0108673_23564079.jpg

# by mint_jam | 2019-01-02 23:37 | other | Trackback

ゆく年くる年2018−2019

あけましておめでとうございます。
2018年はたっぷり働き、どっさり勉強した1年だった。
勉強に勤しみ年を越すことになるというのは想定外やった。

予定表に書いた数々のライブは ほぼ行けなかったけど、
恒例吉例「ぼたん鍋カナモリコウスケディナーショウ」@一会庵、
大好きなまっすんの「増田俊郎64歳お祝いライブ」@チキンジョージは
奇跡的に参加できた。
歌姫吉田美奈子さんの歌唱にベクトルのピントをピシッと合わせた
八木のぶおさん+小島良喜さんの演奏は、卓ちゃんのPA技と相まり
太く、渋く私の背骨を揺さぶった。
神がかった八木さんのハープの息使いや音色、空気感。

ギャラリーに足を運び、作品と作家に出会う。
恒例のイシイアツコ展@ギャラリーvieではパリ内で引っ越したばかりのご本人に
今年も会えた。
敬愛する榎忠さんの個展@島田ギャラリー「MADE IN KOBE」は
生前回顧展のようやった。

映画「ボヘミアンラプソディ」は感動しきり。
「万引き家族」「サーミの血」「日日是好日」「スリービルボード」の感想は
今も心底で発酵中。

年末は恒例の唄あしびwith12月生まれのお友達の誕生日会@濱田屋
友達夫婦が営むアメリカ古絵本屋ファビュラス・オールド・ブックの周年祭
タイムトリップ神戸NOW@神戸新聞総合出版センターの出版記念パーティでは
どこで買ったん?なお客さんのオシャレ服飾に胸、高鳴る。
表紙を飾っている81歳のマダムが往年のディスコナンバーで艶やかに
踊る姿に釘付け。

7月に行ったマルタ共和国旅は有意義やった。
11月に行った尾道旅も、1月に行ったタイ旅も、心に残る旅やった。
来年は東京に行くぞ。

後輩主催の練習公開ライブで演奏したり、写真展(グループ展)で写真を
展示したり・・・。
水鏡に映った自分を直視し、反省する良い機会。

「抜け出す勇気」@KIITOで聞いた横浪修さんの「(商業)写真を撮って得たお金で
自分の写真(作品)を撮る」という話は興味深かった。

やりたかったのに、出来なかったコト。
行きたかったのに、行けなかったトコ。
2018年に出会った(紹介してもらった)方達。
2018年のTO DOリストから2019年に持ち越すアレコレ。

年末に指南していただく機会があり
愛機Dfのレンズを50mmから35mmに付け替えた。
さて、2019年はどんな写真を撮るのだろう。
# by mint_jam | 2019-01-01 00:00 | other | Trackback

サヴィニャック展@兵庫県立美術館

c0108673_8133026.jpg


サヴィニャックのポスター巡回展。
サブタイトルは〜パリにかけたポスターの魔法〜

モノやコトの訴求の仕方が、ユーモアたっぷり。
ひねっているのに、印象に残るポスター。
手描きの風合いの絵にも色彩にも、ワクワクさせられっぱなし。

軍休暇中に結婚したそうやけど、復員出来てよかった。
会場内には案内係をする”サヴィニャック”たちがいて
会場外には写真撮影できる”サヴィニャック”たちがいる。
広告の芸に満たされ、ポスターの魔法にかかり、エレベータを使わず
写真を取りながら階段を降りたのでした。
c0108673_8595030.jpg

c0108673_953069.jpg

c0108673_94348.jpg


こんなトコにも。
c0108673_90916.jpg


こんなトコにも。
c0108673_903942.jpg


c0108673_942910.jpg

c0108673_943170.jpg

c0108673_943374.jpg

c0108673_993176.jpg


豊島園のプールのポスターに描かれている豚。
c0108673_943658.jpg


顔出しも出来ます。
c0108673_910219.jpg


c0108673_9101989.jpg

c0108673_9112274.jpg

# by mint_jam | 2018-12-25 08:13 | art | Trackback

でべらの季節

”日本遺産のまち尾道”の市役所観光課主催のサイトに写真を投稿したら、
入賞したので住所を知らせてくれたら特産品を送ります。とお知らせがあり、
何が来るのか楽しみにしていたら・・・。
来た!来た!!
尾道って、いちじくも特産品なのね。
(^^)
c0108673_23344042.jpg


平成30年度第3回おのみと写心散歩

写真は、商店街にある店(食堂だったかな)の軒先で撮ったコレ。
c0108673_23383713.jpg

# by mint_jam | 2018-12-21 23:40 | art | Trackback

太田朋作品展「のこりもの〜ぼくのなかにのこってゆくもの。」@ギャラリーvie

c0108673_23453971.jpg


太田朋ちゃんの個展。
エレベーターを降りたら、OH wakkunやん。
(^^)
相談に乗ってもらったり、人やお店を紹介してもらったり。
c0108673_23472826.jpg


いままでの朋ちゃんの作品と違う空気が流れている。
絵と言葉。
言葉と絵。
朋ちゃんは在廊していなかったけれど、居合わせたお客さんとしばし交流。
c0108673_081685.jpg


居合わせたおひとり、津波江里子さんが、fruits cafe saita! saita!で
写真個展「そのあわいを描く」をされていると伺い、西元町まで歩く。

でもその前に・・・。
ロッグキャビンで日替わりランチ。
c0108673_0331181.jpg


西元町から電車に乗る。
いつ駅の椅子が取り変えられたの?
朋ちゃんの作品展の余韻ふたたび。
西元町駅の、あの昭和カラフルな椅子は、ぼくの中にのこっていくもののひとつだ。
c0108673_010146.jpg

c0108673_0263786.jpg

# by mint_jam | 2018-12-12 23:47 | art | Trackback

USUI MIWA銅版画展@喫茶 朔望

個人店主の珈琲が美味しくて小さくてひとりで行っても居心地のいい、喫茶 朔望
USUI MIWAさんの銅版画展。
USUIさんの版画は、どれもこれも連れて帰りたいほど好み。
朔望はカフェだけど、ギャラリースペースがあるので(展示開催時だけかも)
お客さんを気にせず、作品を見ることができるのはいいね。
c0108673_18532288.jpg

c0108673_19482798.jpg


c0108673_1846061.jpg

c0108673_18491147.jpg

c0108673_1849166.jpg

c0108673_18492181.jpg

c0108673_1985017.jpg

# by mint_jam | 2018-12-11 19:51 | art | Trackback

シュトレンの季節@Ashiya HIMIKO

12月・・・。

あるときは、ヨガインストラクター
あるときは、タイマッサージセラピスト@Baan Wan Swai バーン ワン スワイ
あるときは、焼き菓子製造家。
あるときは、ニャンコ好きなスマイリスト。
12月は、そんなヒミちゃんコトAshiya HIMIKOさん手作りシュトレンの季節。

努力家で未来に向かっているヒミちゃんの言動には
刺激を受けっぱなし。

お酒好きなヒミちゃんが作るだけあって、ワインにもとてもよく合う。
ミント好みの濃ゆいコーヒーにも。
毎日少しづつ切って、25日を待つ。
今年も美味しくいただくね。
c0108673_18111351.jpg

c0108673_18111076.jpg

c0108673_1811622.jpg

# by mint_jam | 2018-12-10 18:30 | f&b | Trackback

XS Max

9年使ったアマダナの携帯電話が、いよいよアカン状態になったので
旅先での便利さを思い描き、スマートフォンに機種変更。

「流行っている。」とか「よく売れている。」からではなく
「あなたに似合うと思う。」とか「私(店主)は気に入っているの。」と
勧めてもらうと嬉しいし興味が湧く。

栄町界隈で見つけた洋服屋で、カーデガンとスカートを試着。
40半ばで亡くなったニットデザイナーが遺した作品(商品)なのだそう。

すぐ先の店で開催中の展示会に立ち寄る。
コートを着るのを忘れるほど暖かい冬の始まり。

c0108673_21552332.jpg

# by mint_jam | 2018-11-29 22:04 | other | Trackback