写真家 ソール・ライター展、でもその前に

城下町の風情がほんのり残るJR伊丹〜阪急伊丹界隈。
伊丹市立美術館で開催中の、写真家ソール・ライター展へ。
午後に行われる講演会まで時間があるので、近所の立ち飲み屋
丸美で昼酒。
いくつか折りたたみの椅子が置いてあって、座って飲んではる人もいる。
界隈には何軒か立ち飲み屋さんが点在しているのは、白雪のお膝元やからかな。

アサヒ生ビールはアサヒのジョッキ、キリン生ビールはキリンのジョッキに注ぐ
こだわりぶりに驚かされ、日本酒白雪はどんなコップに入って出て来るかと
期待したら、アサヒビルのグラスやった。
c0108673_23562653.jpg

c0108673_23565381.jpg


ソール・ライター風に撮ろうとしてみる。(笑)
c0108673_23565517.jpg


クロスロードカフェの店先でアイリッシュのジグ。
もっと聞いていたかったけど時間切れ。
c0108673_23573435.jpg


ソール・ライターの写真は、これ。
c0108673_7503243.jpg

# by mint_jam | 2018-04-20 23:56 | art | Trackback

トラベラー まだ見ぬ地を踏むために@国立国際美術館

国立国際美術館、開館40周年記念の特別展。
「トラベラー まだ見ぬ地を踏むために」って、私のために
あるようなタイトルやん。

万国博美術館を活用した美術館ということもあってか、万博の桜の柄を
置いて日焼けさせた榎忠さんのお腹が写った写真の展示もある。
ハンガリーに半刈で行く、あの有名な
「多層の海」@地下3階展示室
「時をとらえる」@地下2階展示室
そして1階には、榎忠さんの大砲が鎮座。
c0108673_23163252.jpg

c0108673_23164742.jpg


新作も含めて、それぞれの作家が”旅”をした時間に生まれた
インスタレーション、映像、絵画、写真が並ぶ。
質量ともに充実していて、いつの間にか3時間が経って閉館の17時。
案内の用紙はあるものの、展示物に作家名がない(数字のみの表記)のは、
あなたの目の前にある作品を何にも囚われず、自由に感じて欲しいという
ことなのか。
音声ガイダンスとして貸し出される、カリン・ザンダーの「見せる:国立国際美術館の
コレクションを巡るオーディオ・ツアー」もアート作品で、しかも見る人たちの
旅の軸になっているという趣向。

在日の方なのか、観光で関西に来られ、たまたま何かで情報を得たのか
欧米人カップルを何組も見かけた。
国立国際美術館は、いつ訪れても殺風景で空虚な気持ちにさせられる。
それで今回もやはり同じように感じたのだけれど、地下2階も使っての
展示は、とても有意義。

中でも心を持って行かれたのが、監視員が歌う、ティノ・セーガルの
〜You know, you know . This is propaganda〜(これがプロパガンダ)。
不定期に館内に響く、美しい術(すべ)。

ジャネット・カーディフとジョージ・ビュレス・ミラーの「大阪シンフォニー」は
iphoneを手に持ち人数制限のある薄暗く細長い路地のような一角に入場すると、
ヘッドフォンから街のざわめきのような音が聞こえ隠れする、体験型アートで
面白かったな。

写真OKのコーナー。
ロバート・ラウシェンバーグの「至点」(1968)。
テキサス生まれなのね。(^^)
c0108673_046663.jpg

c0108673_046452.jpg


大竹伸朗さんの時憶。
c0108673_191364.jpg

c0108673_192475.jpg

c0108673_19469.jpg

c0108673_185756.jpg

c0108673_0574174.jpg

c0108673_20563120.jpg

c0108673_21143768.jpg

c0108673_21143393.jpg

c0108673_21142639.jpg

c0108673_21205682.jpg

c0108673_2121367.jpg


国立国際美術館 開館40周年記念展「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」 作家インタビュー 大竹伸朗
# by mint_jam | 2018-04-20 01:17 | art | Trackback

KOBE*HEART FOTO倶楽部写真展「SCENE 2018」のお知らせ

c0108673_22193951.jpg


仲間に入れてもらっているKOBE*HEART FOTO倶楽部が
主催する写真展に参加します。
私はミャンマー(ビルマ)で撮った写真を1枚展示させていただきます。
新開地のお近くにお立ち寄りになった方はもちろんのこと
わざわざお越しの上、ご高覧いただけたら嬉しく存じます。

「日時」
2018年5月2日(水)から6日(日)
10時から19時(最終日の6日は15時まで)
会期中無休
入場無料
「会場」
KAVC 神戸アートビレッジセンター
兵庫県 神戸市兵庫区新開地5丁目3番14号
(最寄り駅は神戸高速鉄道・新開地駅あるいはJR・神戸駅)
電話:078-512-5500
http://kavc.or.jp/
私の在廊日時は6日(金)10:00から15:00

快く案内はがきを置いてくださった神戸元町にある、Bar・ムーンライト。
いつもいつもありがとうございます。
c0108673_22361135.jpg

c0108673_22361571.jpg


ジュークボックスには、ただいま お唄:月亭可朝〜借金のタンゴ〜
c0108673_22361270.jpg

c0108673_22361329.jpg

c0108673_22361679.jpg


+++++
Bar・ムーンライト
兵庫県神戸市中央区栄町通2-2-12 ヨーコービル 1F
10月は24日火曜日のみ お休みです。
神戸市中央区栄町通2-2-12 ヨーコービル1F
078-333-1067
ノーチャージ、キャシュ・オン・デリバリー
月〜金 17:00 - 25:00 (ラストオーダー24:30)
土&日 14:00〜25:00 (ラストオーダー24:30)
# by mint_jam | 2018-04-18 22:40 | art | Trackback

@みんぱく

頭飾りいろいろ。
c0108673_0474730.jpg

c0108673_0483543.jpg

c0108673_0484548.jpg

c0108673_049472.jpg

c0108673_0451853.jpg

c0108673_0451697.jpg

c0108673_0451564.jpg


頭乗せ。
頭と荷物の間に小ぶりの布をくるっと巻いたものを緩衝材として
頭と荷物の間に乗せているのは見たことあるけど
ドーナツ型の緩衝材は、荷物が安定しそうでいいね。
彼女達の体幹って、キリッとしているんやろうな。
c0108673_048137.jpg


俳句の先生の一句と私の落描き。
c0108673_0501529.jpg


酒幕(チュクマ)=宿屋を兼ねた居酒屋。
朝鮮半島の伝統社会において、旅人が飲食や宿泊をする施設であり、
情報交換の場でもあったチュクマの再現も興味深い。
c0108673_0493486.jpg


友だち達とミュージアムショップで物色していたら、スタッフの方に
「なかなか(うちの民族的な服飾が)こんなに似合う方ばかりというのは
珍しいです。」というような声かけをいただいたんやけど、確かにそうやね。
私もアフリカンバティックのワイドパンツを買いましたよ。
(^^)

みんぱくと言えば、な風景。
c0108673_0502545.jpg

# by mint_jam | 2018-04-17 00:54 | art | Trackback

ひろがることによって逆に根にかえっていく@万博公園

太陽の塔のエスキースが何枚か展示されている通路を通って
胎内に誘われる。
その最も初期の絵には「ひろがることによって逆に根にかえっていく
1967.06.01」との走り書き。
これはまだ太陽の塔に取り掛かる前。
プロデューサーを引き受けることをこばみつつも
構想が沸き上がっていた頃なのかな。

万博公園ってムーミン谷みたい。
c0108673_1103830.jpg


屋台で買ったワンカップ(増量210ml)の熱燗と焼きそばで
葉桜花見。
c0108673_111529.jpg

c0108673_1145461.jpg


きゃぁ、なおみんの美脚。
c0108673_1153256.jpg


前川國男設計のEXPO'70パビリオン(旧鉄鋼館)に潜入。
c0108673_117412.jpg

c0108673_117215.jpg

c0108673_22584495.jpg

c0108673_1171341.jpg

c0108673_2342761.jpg

c0108673_23111958.jpg


ゲスト参加してくださった俳句の先生に、私たちがやっている
fotosen(写真&川柳)の話をする。
言葉と写真。
写真とタイトル。
しっくりくる”何か”に行き着くまであきらめないことやね。
c0108673_23113131.jpg


菊桃やぁ。
c0108673_23203639.jpg


「5時に駅で。」
一旦解散、みんぱくに向かう。
c0108673_23214070.jpg


帰りに残ったメンバーで食べた焼き鳥。
c0108673_2336301.jpg

# by mint_jam | 2018-04-15 23:57 | other | Trackback

太陽の塔内部公開、ありがとう チーム太郎

まるで、タイムカプセルを開けた感覚。
c0108673_013686.jpg


1970年。
小2女子は、両親と梅田から千里中央を経て万博会場へ。
大勢の大人に埋もれ 、暑さによれながら、太陽の塔の周りに
並んで、並んで、ようやく入場。
冷房や、冷房、涼しいぞ!
閑散とした薄暗い空間に、1本の樹と長いエスカレーター。
樹にまとわりつく生き物のオブジェに何の興味も湧かず。
子供ながらに太陽の塔がアジア初の万博の最も重要な
パビリオンであることは知っているし、岡本太郎が特別な才能を持った
芸樹家ってことも刷り込まれている。
だからここは感動する場面だ。
けれど・・・。
何、コレ?
大きく裏切られた期待を胸にエスカレーターを登る。
つまんなぁー。
それでも私は外に出たくなかった。
ずっと太陽の塔の中にいたかった。
だって涼しいんだもん。
そんなわけで、太陽の塔の内部って汗がひく気持ち良さ以外
好意的な印象がないまま現在に至っていた。

2018年。
再び太陽の塔の内部に入る機会を得る。
大阪市営地下鉄は大阪メトロになり、エキスポランドは閉園
したけれど、太陽の塔は健在。
48年前と同じように両手を広げ、迎えて入れてくれた。
太陽の塔のエスキース(下絵)や1970年代当時、地下にあった
「地底の太陽」(復元)を見ながら奥ヘと誘導される。
わぁぁ、すごいやん!
「生命の樹」ってこんなんやったんや!!
デザインと実益(BGM=黛敏郎作曲の「生命の讃歌)をより良く聞かせる)
を兼ねた、シンフォニーホールのようなデコボコした「智のひだ」と名付けられた
赤い壁も、素晴らしい。

樹の根の方からてっぺんに向かって、原生類、三葉虫、魚類、両生類、
はちゅう類、哺乳類続く。
当時はオブジェが動いていたそうで(覚えていない)、オブジェに付いていた
動かすための”頭脳”が残っているものもある。
オブジェの全ての生命体は実在する(した)もので、
改めて見ると、その躍動感や生命の歴史にめちゃくちゃ感動。

最上階に着くと、なんですか、コレ!!
くり抜きの左手に、太い巨大な枠が色鮮やかに奥に吸い込まれるように伸びている。
まるで宇宙戦艦ヤマトに乗っているよう。
1970年代当時は、これが空中展示場から出口へと続いていたのだそう。
あぁ、未来の進歩の世界に吸い込まれたい。

耐震補強を機に内壁を20cm増し、エスカレーターは階段に
取り替えられている。
子供の頃、大きく感じたものが大人になってみると
こんなに小さかった?って思うものだけれど
太陽の塔は違った。
外から想像するより広く感じる。
その広さは、内径が狭くなっているにも関わらず、子供の頃に
感じた空間感と、さほど変わらない。
これって、太郎マジック?!

岡本太郎は明治生まれ。
フランスに住んでいたので戦争には行っていないと思っていたら
30代で出征してはるんやね。
生きてはったら、この感動をお伝えしたい。

新しいものを生み出すことに価値観を置く。
技術革新によって、設計図を具現化する。
万博って、素晴らしい文化偉業や。
よくぞ太陽の塔を完成させてくれたこと。
チーム太郎に惜しみない拍手を。

太陽は人間生命の根元だ。惜しみなく光りと熱をふりそそぐ、この神聖な核。
われわれは猛烈な祭りによって太陽と交歓し、 その燃えるエネルギーに答える。
内部の写真撮影は不可やったけど、感動の記憶は心のSDカードに記録。

いないいない、
c0108673_0373271.jpg


ばぁー。
c0108673_2240833.jpg


後ろの顔(黒い太陽)って、平面やと思い込んでいたけど
鼻の高さがあって、立体になっている。
そして素材は、信楽焼のレンガタイル。
c0108673_016220.jpg

c0108673_016069.jpg

c0108673_22392537.jpg


迷子テントのイラストが可愛い。
c0108673_0352854.jpg


猫背の塔。
c0108673_0361348.jpg

c0108673_0373087.jpg


そびえ立つタワー。
c0108673_2135973.jpg


撤去も移設もせず、残していてくれて、ありがとう。
再生してくれて、ありがとう。
c0108673_214121.jpg

# by mint_jam | 2018-04-12 22:18 | architecture | Trackback

Parade Of Foolsグループ展オープニングパーティ@ギャラリーうえまち


出展している友だちから招待状をもらって、詳細を把握しないまま行ってみる。
ドアを開けると、ニューヨークの片隅にある溜まり場のよう。
共通語は英語、国籍も年齢も性別も不問。
何を思って作品を作っているかが、輪をを広げるきっかけ。
国境を超えて日本に住み、交わり、現す人たちの感覚に触れる。

川瀬典子さんの作品は長さ3mの写真が2枚。
カッコイイ!!
c0108673_23535991.jpg

被写体ご本人。
c0108673_23382826.jpg

典ちゃんが被写体になっている作品。
c0108673_23565630.jpg


グランドフール賞、及びヴァージンフール賞の発表。
じゃじゃじゃやじゃやぁーーーーん。
c0108673_23573299.jpg

c0108673_23572931.jpg

c0108673_23572479.jpg

c0108673_23573024.jpg

c0108673_23572651.jpg

c0108673_23584100.jpg

c0108673_00020718.jpg


私が気に入った作品。
基準は、時間に関わらず自分の目に入ったときに心地よいかどうか。
何かしら小さな刺激を与えてくれるかどうか。
c0108673_00021172.jpg


1位は音楽で表現されたポートレート。
c0108673_00034911.jpg

c0108673_00035156.jpg

c0108673_00145439.jpg


誰もが好きな服を着ている。
これこそアートとの連動だ。
c0108673_00301820.jpg

Parade Of Foolsって、どういう意味なん?
>中世ヨーロッパ時代のエンタテーナーのFool/Jester「宮廷道化師」が
このタイトルのインスピレーションです。
ちなみに“Parade of Fools”のFoolの意味は「愚か者」という意味では有りません。
参加アーティスト達がアートでお互いを楽しめるイベントになる様、
このイベントネームに決めました。

絵、写真、音楽・・・表現方法自由なポートレートのグループ展って何?
>これはアーティスト同士が向き合ってポートレートを創作するグループショウで、
それぞれのポートレート相手は今年1月に開かれる抽選会で決まります。
抽選方法は、参加アーティスト全員のネームプレートが入った帽子の中から
各自拾い上げて選んだアーティストがポートレート相手です。
例えばAさんはBさんを、BさんはCさんのポートレートを、そしてくじを引く
最後のアーティストがAさんを相手モデルにポートレートを創ります。
アーティスト達は決まったモデル自身の個性を発見すべく、それぞれが再会して
コミュニケーションをとりながら創作します。
大切なのはモデルになるアーティストの特徴を上手く発見する事。
ちょっと携帯で写真を撮ったりするだけでは判らない様な個性です。

# by mint_jam | 2018-04-09 00:00 | art | Trackback

ホアマイさんの苔玉展示販売@yuni神戸路面店

yuni神戸路面店1周年記念イベントとして、ホアマイさんの苔玉展示販売。
手のひらに乗る苔玉が20個。
溶け込んで、けどふらっと立ち寄ったどのお客様が目に留められる。
キラッ!
多店舗化店だけど、若ぁーい店長のマニュアル化していない接客。
マーケティング戦略は、年齢軸ではなく暮らし志向軸。
この1年、何度か通ったのに気付かなかった。

服と苔玉。
c0108673_0263938.jpg

c0108673_042443.jpg

c0108673_0424891.jpg

c0108673_0514337.jpg

c0108673_0515457.jpg

c0108673_052354.jpg

c0108673_052739.jpg

c0108673_0521599.jpg

c0108673_0521957.jpg

c0108673_0522475.jpg

c0108673_0522852.jpg

c0108673_0584070.jpg

c0108673_0584427.jpg

c0108673_103731.jpg

c0108673_123819.jpg

# by mint_jam | 2018-04-08 01:04 | plants | Trackback

第2回ナイトマーケット@旧居留地

神戸旧居留地、大丸神戸店の東と南を歩行者天国にして開催された
ナイトマーケット。
南京町にほど近いけど、イベント名は夜市ではなく”ナイトマーケット”。
ラグジュアリーブランドのウィンドウや趣のある旧居留地らしいビルを借景に
地元で多店舗化していない店が、洒落た出で立ちでブースを連ねる。
c0108673_0233737.jpg

c0108673_0585488.jpg

c0108673_19137.jpg

c0108673_19483.jpg

c0108673_19684.jpg


80歳を超えた女性が、古着を胸に当てておられたり、
c0108673_0265635.jpg


苔玉のようなものを素揚げしていたり。
これ、何やったんやろ。
列が長すぎたので諦めたけど、食べてみたかった。
c0108673_0294139.jpg

c0108673_029424.jpg


食べ試したいものがいっぱい。
c0108673_183899.jpg

c0108673_0364080.jpg

c0108673_121875.jpg


本物のパンをくり抜いて作った照明器具や
c0108673_0342160.jpg


アーティステッィクな古本や、zine.
c0108673_113351.jpg


皮小物に
c0108673_143091.jpg


エルメスの旗がなびく。
うぅ〜ん・・・神戸やね〜。
c0108673_1133130.jpg

# by mint_jam | 2018-04-01 00:23 | other | Trackback

そうだ、京都へ行こう>>勧修寺@小野・・・B面

シャボン玉のような桜。
c0108673_22472096.jpg


勧修寺(かしゅうじ)の庭園は、氷室の池を中心に周囲の山を借景に取り入れた
池泉庭園で、約2万m2もある平安の遺構。
c0108673_2315232.jpg

c0108673_23231689.jpg


ところが、庭園を散策しようと歩き始めると、「この先行かれるのはご自由ですが
大いに危険」の看板が!!
さて、どうする?
c0108673_23144763.jpg


自由なら行くでしょう。
平安時代には、毎年1月2日に、この池に張った氷を宮中に献上し
氷の厚さでその年の五穀豊凶を占ったということらしいけど
お正月に「今年は凶作」って言われたら、お百姓さんはやる気失くすんじゃないの?
占いは、当たるも八卦、当たらぬも八卦。
”行く”を選んでよかった。
よい眺め。
c0108673_2395537.jpg


この亀はなんでしょう?
c0108673_2321853.jpg


遂に「きけん」の看板が!!
c0108673_2322115.jpg


JR東海のCM起用記念?!に重要文化財の書院を特別に公開された住職。
写真も撮り放題という太っ腹ぶり。
入母屋、杮(こけら)葺の江戸初期書院造の典型建築。

「上段の間」に造り付けられているのは、勧修寺棚と呼ばれる違い棚。
c0108673_23285112.jpg


床の間には江戸前中期の絵師、土佐光成の筆による「龍田川紅葉図」
c0108673_23303783.jpg

c0108673_2331031.jpg

c0108673_23305685.jpg


次の間には、宮廷絵所預を務めた土佐光起の筆による「近江八景」
c0108673_2334128.jpg

c0108673_2334475.jpg


〜さざれ石の巌となりて苔のむすまで〜
オモイコンダラ、今更ですが、「いわおとなりて」って、岩音鳴りてじゃなかったのね。
ソラシラナンダ。
八千代の感触や、いかに。
c0108673_21523930.jpg


大型観光バスも来ていたけれど、CMに起用されたにしては、観光客密度が
少ないのは、京都市街地から離れているせいか、世界遺産の醍醐寺に行って
時間があれば行こうかくらいの人が多いからか。

山科川添いの桜が、これまた長閑。
いくつもの花が咲き誇る川には橋からでもはっきり見とれるほどの魚がいて、
子供達は大はしゃぎ。
c0108673_23344478.jpg

# by mint_jam | 2018-03-29 23:51 | plants | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧