バスク紀行・・・サンセバスチャンへGO!

ビルバオ空港から出て右側にビルバオ市街行きのバス停を見つけて、ほっ!
運行は30分間隔くらいかなぁ。と思っているとサンセバスチャン行きのバスの時刻表と運賃の張り紙が!!
そして70セントのところにマーカー。
スペイン語はわからへんけどお釣りはないから70セントを用意してね。ってこと?
c0108673_21523926.jpg

「バス、もうすぐ来るしビルバオはやめてサンセバスチャンに行こうか。」
「せやね。」
あっさり予定変更して、サンセバスチャンへGO!

カフェ・コン・レイチェ(カフェ=コーヒー コン=with レイチェ=牛乳)とジャガイモのオムレツが乗った
ピンチョスで出発するまでに20分くらいを過ごす。

初ピンショス、美味しい!!
「空港でこれだけ美味しいんやったら町に行ったらもっと美味しいで~。」
期待に胸を膨らませてバスに乗る。

ビルバオ空港09:45発→サンセバスチャン長距離バス発着バス停着10:50分

長距離バス発着所から旧市街へは26番or28番の循環バスで。
バス停はアマラホテル(AMARA HOTEL)を背にAvda.de Sancho El Sabioを渡ったところ。
屋根に停車するバスの番号が書いてあるのでcheck it out!!

さてはて28番のバスに乗ったのはいいけど、どこで降りたらいいの?
窓の外の景色を見ながら旧市街(Centro)に入ったな。と感じるも、どこで降りたいのかわからへん。
(><)
と、そこに救世主現る!!
年配のスペイン語が話せる日本人。
彼に教えてもらって旧市街にあるインフォメーションセンター(観光案内所)前のバス停で降りる。
ほっ♪

インフォメーションセンターで地図をもらって旧市街を歩くとホステルがたくさんあって、ほっ♪
目についた「Umore ona bi」にチェックイン。
c0108673_3162265.jpg

19€
San Jerónimo, 14 2º - Dcha.20003 San Sebastián
c0108673_3163755.jpg

さぁ、町に繰り出そう。
何を食べよう。
わくわく。

+++++
ピンチョ(複数形はピンショス)=串の意。 スペイン語:pinchos  バスク語: pintxos
タパ(複数形はタパス)の一種。
フランスパンの上に食材を串や楊枝で留めていたことに由来。
串なし、パンなしのピンチョスも有り。
主にバール:Barでワインやビールのアテとして食べる軽い食べ物。
ひとつ1.5~2.5€

宿情報:トリップアドバイザー→
トラックバックURL : https://mintjam.exblog.jp/tb/17000453
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mint_jam | 2011-10-21 23:51 | travel | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧