フルーツフルな日々


by mint_jam
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

宮城紀行>>かじかの森工房と自家焙煎珈琲店 ippo

車を降りて胸いっぱいに草いきれを吸い込む。
c0108673_143569.jpg

清流と
c0108673_147153.jpg

高い空。
c0108673_1472790.jpg

登米に移り住んでからずっと「一緒に行きたい!!」と言ってくれていた「自家焙煎珈琲店 ippo」。
ようやく念願が叶う。
(^^)
沢田としきさんが亡くなる前に病室で描いて下さった看板は守り神。
c0108673_20482378.jpg

橋を渡ると古民家を改装したご自宅と工房。
c0108673_20552844.jpg

あたりに生息するカジカ蛙にちなんで「かじかの森工房」と名づけられた工房で
お父さんは江戸独楽を作ってはる。
c0108673_16244911.jpg

江戸独楽の妙技に目が丸くなる。
サーカスを見ているみたいや。
c0108673_16272490.jpg

雪にうずもれている風景や薪が焚かれ暖に憩う東北の冬を想う。
c0108673_16364525.jpg

c0108673_16403589.jpg

c0108673_16413698.jpg

「リクエストしたら高田渡さん仕込のギターで唄ってくれるかも?」
昨年の秋、2人がippoでの勇造ライブを聴きにきていたのとmintが勇造ファンということで
「歌いながら夜を往け」と「帰郷 (キヨシとタカシ)」>>ふさわしい選曲!
アンコール(早っ! 笑) は「満月の夕べ」。
c0108673_2028343.jpg

ご両親が好きな関西フォークを自分のものにして唄っているippoくん
珈琲にも、ここでの暮らしにもしっかり自分の意思を持っていて素敵♪
「この店とippoくんに出会って登米でやっていけるかも。と思った。」と言っていたきもとさんの気持ちが
mintの心をゆっくりと通り抜けた。
c0108673_20342444.jpg

続く・・・。
トラックバックURL : https://mintjam.exblog.jp/tb/18263578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mint_jam | 2012-07-24 20:46 | travel | Trackback