フルーツフルな日々


by mint_jam
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

鈴木茂とハックルバック with 吉田美奈子@ビルボードライブ大阪

c0108673_19441482.jpg


ハックルバックの演奏をライブで聴ける日が来るなんて。
しかも吉田美奈子さんと共演やなんて。

1975年、24歳でリトルフィート、タワー・オブ・パワー、サンタナ、
スライ&ザ・ファミリーストーンなどのメンバーたちとロサンゼルスで
録音したファーストソロアルバム「BAND WAGON」(名盤です)の
再現ライブには行けなかったけど、今回は大阪公演があって
とても嬉しい。

ドラマーは上原“ユカリ”裕さんと発表されていたのに
ステージにはドラムセットが2つ。
林敏明さんも出演されることになり、亡くなったキーボードの
佐藤博さん以外はオリジナルメンバーが揃って演奏。

茂さんまで1mくらいだよー。
演奏魂がロックだなぁ。
派手な演奏はしないんだけど、ロックオーラを放っていて
ストラトキャスターを弾いている姿がめちゃくちゃチャーミング。
歌モノのギターワークが、アンサンブルとして洗練されていて渋い。

美奈子さんが参加なら、佐藤博さんが作った「朝は君に」と
「レインボー・シー・ライン」を歌ってくれるはず。との思いが届いた。
「中西くんは佐藤くんの完コピ出来るからなぁ。」と嬉しそうな茂さん。
その上、「アップル・ロッカー」まで、ライブ盤「MINAKOⅡ」の
アレンジでファンキーに演奏され、美奈子ファン、泣いて喜ぶの巻。

ハックルバックはバンドとしては長続きしなかったし、解散には
楽しくないこともあったんだろうけど、オリジナルメンバーが
集まって、40年前の曲を現在進行形で演奏しているのを
見せて聴かせてもらえた幸せに酔う。

演奏終了後、音の残照。
c0108673_2156341.jpg

c0108673_21562564.jpg

c0108673_21565787.jpg

c0108673_2157383.jpg

c0108673_2157548.jpg

c0108673_2158781.jpg


「砂の女」も「100ワットの恋人」などの詩を書いてはる松本隆さんが
来られていた。
開演までの時間を過ごそうと入ったカフェの通りに面した席で
お茶を飲んではる姿を見つけて2度見する。
(^^)

+++++
1975年、鈴木茂の1stアルバム『BAND WAGON』発売に合わせて
結成され刹那ながらも強烈なインパクト残し解散した幻のバンド
“鈴木茂とハックルバック”が今年1年限定、特別編成で復活!
メンバーには鈴木茂のほか、オリジナルメンバーであるベースの
田中章弘、そして キーボーディストには故 佐藤博に代わり中西康晴、
ドラマーには村八分、シュガーベイブなど伝説のバンドで活躍した
上原“ユカリ”裕が参加。

さらには今回70年代から高い音楽性で一線を画してきた孤高の
ヴォーカリスト吉田美 奈子がコーラス&ヴォーカルとして登場。
この豪華メンバーで繰り広げられる幻のセッションを見逃すわけには
いかない。
【メンバー】
鈴木茂(Guitar,Vocals)、田中章弘(Bass)、
中西康晴(Keyboards)、上原“ユカリ”裕 (Drums)、
吉田美奈子(Chorus&Vocals)
トラックバックURL : https://mintjam.exblog.jp/tb/25922719
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mint_jam | 2016-08-22 23:42 | music | Trackback