中野真典展「海も空も」@ギャラリーヴィー

c0108673_0381244.jpg


vieでは初めての個展の中野真典さん。
南森町が勤務地だった頃から、しばしば訪れていたギャラリー・セルフ・ソウで、
その何年かのちに移転した京都のセルフソウで作品を見せてもらっていた。
プロフィールを見返すと、初個展が2007年だって。
20周年ですね、おめでとうございます。

案内ハガキには、20日から22日の3日間、ギャラリーで公開制作をする、とあり
初日の2時だと、描き始めたばかりかな? 夕方に行った方がいいかも。
とりあえず覗いてみようとvieの扉をあけるとびっくり。

「ええっ、早くも完成?!それとも3日間で何枚も描くの?」
「今、描いているのを途中で塗りつぶしてしまうかもしれない。わからないです。
けど以前6日間描くというのをやったら、途中でもうこれ以上描けないところまで
行ってしまったので、今回は3日間にしました。」

中野さんが描く姿を見るのは初めて。
もの静かで飄々としている印象を持ってた中野さんの身体からエネルギーが
立ち込め、鳥肌が立つ。
「身体で描いてはるんですね。」
「そうですね。頭じゃなく。」

c0108673_233145.jpg

c0108673_2331776.jpg

c0108673_23351865.jpg

c0108673_2332925.jpg

c0108673_23313813.jpg


絵の具を置いて、絵の印象を受け止める。
さて・・・。
描いているところを誰かに見られていることは、絵に影響するのだろうか。
c0108673_23375726.jpg

c0108673_23382444.jpg


靴を履き替え、再び絵と向き合う中野さん。
c0108673_23485182.jpg


何を描こうとしているの?
静に秘めた動?
死に秘めた生?
時間を追うごとに力強さが増す。
c0108673_2349072.jpg

c0108673_2349250.jpg


いったん、休憩。
c0108673_23491323.jpg


新刊絵本「ほんとだもん」(高山なおみ文・中野真典絵/BL出版)の原画も全点展示されていた。
展示作品は見せてもらったのに、ライブペインティングに圧倒されて
キヲクに留められなかった。
こんなこともあるんやね。
完成作品が見たいけど、それは機会があればってことで。
今回は高山なおみさんにお会いできなかったけれど、それもまた、ってことで。

c0108673_23514314.jpg

c0108673_23584164.jpg

c0108673_23585394.jpg

トラックバックURL : https://mintjam.exblog.jp/tb/26759954
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mint_jam | 2017-06-20 22:58 | art | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧