ミャンマー(ビルマ)紀行>>ヤンゴン・カフェ事情

モーニングは何時まで?!
c0108673_21371119.jpg


10年以上前の記憶を辿ると、イリーの看板を出している店をひとつ見つけた
以外に、欧米の観光客が好みそうな造りの洒落たカフェには出会わなかった
けれど、今は香港カフェやベトナムカフェなどいくつも出来ていて、
そういう店の客単価は日本での相場とさほど変わらないので
ヤンゴンに暮らす人たちがお茶をするカフェは、もっぱら屋台や中華カフェ。

中華カフェは、店先で中華まんを蒸していることが多く
テーブルには、お菓子やパンなどが置いてあって
食べた分だけ支払うというルール。
c0108673_21535265.jpg

c0108673_21534496.jpg

c0108673_21533124.jpg

c0108673_21532879.jpg


道端にある水飲み場。(無料)
c0108673_2221212.jpg

c0108673_2221485.jpg


ガイドブックで見つけた洒落たカフェでランチを注文したら
味も盛り付けも洗練され過ぎていた。
c0108673_2275973.jpg

c0108673_2275881.jpg

c0108673_2275634.jpg


集中豪雨から逃れるために入ったカフェで、隣り合わせた女子は
バルセロナから来たのだそう。
「タイ、マレーシア、シンガポールは、発展してしまって面白くない。」
彼女がミャンマーを旅先に選んだ理由に、共感する。
と同時に、そう思うことへの罪悪感も拭えない。
c0108673_2283963.jpg

c0108673_2284111.jpg


1901年に建てられた、サマセット・モームゆかりの宿としても有名な高級ホテル
ザ・ストランド・ヤンゴンのカフェ。
ハイ・ティは時間外だったので、ジントニックを。
c0108673_22352583.jpg


子供の頃のかき氷のシロップみたいな嘘モンの色の飲み物。
絶対体に悪いでー。
c0108673_23441094.jpg


街角カフェ。
庶民が飲んでいるのは、インスタントコーヒーミックス。
挽いた粉(なので溶けない)とクリープと大量の砂糖入りで粉は沈殿している。
ミャンマーって英国文化圏やからコーヒーより紅茶かと思いきや
シャンやマンダレーではコーヒーを作っているし、コーヒーを飲んでいる人の方が
多い印象。
インスタントコーヒーは結構美味しいやん!から、何ですか、コレ?!なものまで、
幅広く愛飲されている。
c0108673_22415111.jpg


開けっぴろげなミャンマーの喫茶店では、”まちぶせ”なんてないわね。

トラックバックURL : https://mintjam.exblog.jp/tb/29527426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mint_jam | 2018-05-29 21:36 | travel | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る