2009年 03月 04日 ( 1 )

白雪温酒場

mintが今までに一番感動した居酒屋「白雪温酒場」」の話をsu-yanにしたら
「行きたい~♪」と言うてくれたので、10年ぶりに訪れることに。

どの居酒屋にもない湿度と暗さ加減
メニューがない初めての客への不案内さと
年季の入ったチロリと魚の旨さが記憶の中にあった。

c0108673_2338233.jpg

エレベーターに乗って安治川トンネル(安治川の地下80m)を歩いて抜けて行く。
そう、この店は道中から既に感動があるのだ。
c0108673_2339129.jpg



少しドキドキしながら扉をあける。
カウンターから向かって左手、煮物担当のおかあちゃんの姿も
向かって右手、出汁巻き担当のおとうちゃんの姿もなく
厨房の真ん中に息子さんだけが立っていた。

c0108673_23252243.jpg

店は明るくなっていた(蛍光灯のカバーをはずしただけ>店主:談)けれど
魚(特にナマコ!!)は相変わらず旨かったし
チロリはさらに年季を増していた。

時間(とき)は流れる。
変わるものもあるし変わらないものもある。
by mint_jam | 2009-03-04 23:40 | f&b | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧