フルーツフルな日々


by mint_jam

2017年 08月 14日 ( 1 )

初めてバンコクに来たのは5月だった。
夕方になると決まって雨が大量に降る。
「5月は暑気でこんなに雨は降らないのに、最近の気候はおかしいんだよね。」
宿のスタッフの言葉を気にも止めなかったけれど、気象変異は25年以上前から
始まっていたのだった。

SIAM(サイアム)は渋谷のような街。
出来た時は、誰がこの商業施設にルイヴィトンを買いに来るんやろ?
と思った駅直結のサイアムパラゴン。
出来た時は、こんなに乗降者が少なかったら廃線になるんちゃう?
と思ったBTS(バンコク・スカイトレイン)。
今や観光客をしのぎ、バンコクっ子で溢れている。

常宿付近の気付き。
下を向いて歩こうを歌うことを余儀なくされていた、セブンイレブンからの
デコボコ道がレンガタイル貼りになっている。
何年も工事をしていた商業施設が完成し、仮設店舗だった
マンゴ・タンゴが入居している。
ワンコ蕎麦屋のような、1杯18バーツの麺屋が出来ている。
屋台は撤去され、小綺麗さに拍車がかかるサイアムだけど
Food +Plus」(フードプラス)は、健在なり。

「それはちゃうやろ!」とツッコまれるのを覚悟で言いましょう。
フードプラスは、屋根付き屋台博物館。
取り残された田舎(いなた)さに、阪神百貨店の裏(南)にあった
元・青線地区(丸伊飯店などがあった場所です)を思い出す。
c0108673_21102084.jpg

c0108673_2110197.jpg

c0108673_21345664.jpg

c0108673_2111576.jpg


屋台 in 屋台・・・。
c0108673_21215213.jpg


ぶっかけ飯=カオゲーン。
c0108673_21111317.jpg

c0108673_21111054.jpg

c0108673_21111284.jpg

c0108673_21525019.jpg

c0108673_21372723.jpg

c0108673_21111551.jpg


ラインチタイムは何時まで?
かきこむ姿が愛おしい。
c0108673_2123699.jpg


見た目たこ焼き。
パンダンの葉(バイトゥーイ)+ミルク+米粉+薄力粉+砂糖を混ぜ合わせて焼いた
カノムクロックは、フードプラスを出てすぐ。
色鮮やかな緑は売り切れ必至。
口角に広がるパンダンの香りにうっとり。
c0108673_21211221.jpg


こちらはプレーン。
c0108673_21243065.jpg


活気と混沌。
シュッとしていないサイアム、健在なり。
c0108673_21331434.jpg

by mint_jam | 2017-08-14 23:59 | Trackback