2018年 05月 28日 ( 1 )

ミャンマー(ビルマ)紀行>>屈託のある笑顔

c0108673_0411972.jpg


子供は環境によってどうにでも変わるということを
悲しいほど学習してきた私は、生きるための優先順位のため
就学させてもらえず働く子供たちの屈託ある笑顔に目を伏せる。

魅力的な容姿の女の子と目が合う。
小学校の前で同世代の子供たちをお客に駄菓子を売っている。
今までこんな場面に幾度出会ったことだろう。
学校の内と外を分ける柵が、檻に見える。
どっちが檻の内なのか、外なのか・・・。
貧しさから学校に行けない子供と制服を着ている子供。
勉強時間が労働時間という悲しい現実。
c0108673_0385692.jpg

c0108673_0391369.jpg

c0108673_0391584.jpg

c0108673_0391860.jpg

c0108673_0391981.jpg

c0108673_041360.jpg


”あの頃”ヤンゴンにあった、チェー(ベトナムのスィーツ)の屋台を探す。
c0108673_0473272.jpg

c0108673_0473437.jpg

コレ、ほんまに美味しいんよねー。
パンはなくてもいいと思うけど。
着いてすぐは、お腹を気にして屋台で氷モノを食べるのは我慢するんやけど
あっと言う間に現地民になって、食べちゃうんよね。
c0108673_0473675.jpg


軽く食べたくなって、良さげな麺屋に入ると奥の壁に、アウンサンスーチーさんの
肖像写真が飾られていた。
c0108673_0505377.jpg

c0108673_0505515.jpg

c0108673_051767.jpg

c0108673_0511256.jpg


公にインターネット受信が可能になっていることに
ビルマの歴史を感じる。
c0108673_054162.jpg

by mint_jam | 2018-05-28 00:38 | travel | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧