カテゴリ:art( 396 )

ソール・ライターと1950年代アメリカ文化@伊丹市立美術館

ソール・ライター展開催中に2つの講演会を聞く。

ひとつは、アメリカ文学研究者・翻訳家である柴田元幸さんによる
「ソール・ライターと1950年代アメリカ文化」と題した講演会。
会場は2階の展示室。
サラウンデッド バイ ソール・ライターの写真たちという至福の状況。
伊丹美術館では、エドワード・ゴーリー展に続く、2回目の講演。
「呼んでいただいて嬉しい。」と喜ぶ柴田さん。

ソール・ライターは1923年生まれ、ロバート・フランクは1924年生まれ。
ともに大正生まれだ。
ふたりに共通するのは、動かないこと。
詩人・リチャード・ブローティガンや、絵本作家のエドワード・ゴーリーも
アッサンブラージュの箱作家・ジュセフ・コーネルも動かない人だった。

アメリカの民の哲学は、自分が一番大事ということである。
誰もが自分が世界をコントロールする意識を持っているが、彼らは違った。
1950年代のアメリカは、ネクタイはこうあるべき、女はこうあるべきなどなど
文化の王道”型”が決まっていた。
裏を返せば、型にはまれない人が息苦しい時代、物が脆弱していった
ビートニクの時代だ。
それは、ジャック・ケルアックがロバート・フランクの写真集「アメリカンズ」の序文を
飾ってることにも現れている。

ソール・ライターの代表作「アーリー・カラー」と「アメリカンズ」が撮影されたのは
ほぼ同時期だが、フランクの作品の主役は、帽子を被っている人、靴を履いている人など
写っている人であるのに対し、ライターの作品の主役は帽子や靴。
ソール・ライターは、人間の内面には興味がない=人間の内面に特権化しない。
それは中心を外した構図にも現れている。
鏡、霧、雨、雪、ドア、バス、傘・・・生涯愛したソームズ。
作品から感じる静かさと優しさは、あざとさがなく、ニューヨークの忙しさとも
相容れない。


もうひとつは、ソール・ライター財団創始者&ディレクター:マーギット・アーブさん
ご夫妻による講演。

画家になりたかったソール・ライターは、生涯、絵を描き続けた。
まるで日記のように。

ソールは、日本美術の影響を受けている。
3000冊の蔵書の中には、葛飾北斎、歌川広重といった浮世絵関連の本が
たくさんあり、かなり興味を持っていたことが伺える。

写真と言えば白黒だった時代に、「アーリー・カラー」としていち早く
カラー写真を世に出した。
お金がなかったから、期限切れのフィルムを格安で買って使っていたのか
現像しそびれてしばらくほっていたからか・・・。
ソール・ライターの写真の独特の色の理由は、そういうことにある。
今も現像していないフィルムがたくさん残っているが、現像するすべがない
ので、財団としては、それが非常に残念だ。

兵役を不適合を理由に免れたのは、おそらくユダヤ教のラビ(有識指導者)だった
お父さんの意向だろう。

+++++
覚書として・・・。
+++++
by mint_jam | 2018-05-18 23:07 | art | Trackback

フィルム映画のしくみを知ろう!「追悼特別展 高倉健」関連イベント@大谷記念美術館

写真も映像も、すっかりフィルムからデジタルに移行したように見受けるけれど
フィルムや現像に関わるあれこれは、廃番にしないで欲しい。
電球やレコードの針もね。

大谷記念美術館で開催されている高倉健追悼特別展では、健さんが出演した
映画が何本も上映されている。
その大半が35mmフィルムで撮影されたことに関連してのワークショップに参加する。
講師は元町映画館支配人の林さん。
c0108673_0381377.jpg


フィルムの話。
フィルムには感光膜が塗布されている膜面(表)とベース面(裏)がある。
上映中にフィルムが切れたら、スプライサーで直す。
昔の映画で上映中に”雨”が降るのは、フィルムとフィルムを繋げて
1本にするときに付いてしまう傷。
オープニング部分や、フィルムの切れ目に多く見られる。

スプライサー。
c0108673_0401619.jpg


フィルムサイズの紹介。
8mm
c0108673_2342786.jpg


16mm
c0108673_2342256.jpg


35mm
c0108673_23424882.jpg


70mmもあるけど、フィルムが高いし、専用の映写機が必要なので、アイマックスなどでしか
上映できない。
だいたい2時間程度の映画1本だと、15〜20分ほどが1巻、1缶に入っているのが
6〜8缶コンテナに入って劇場に来るんだけど、20〜30kgくらいあるから
映写技師は力持ちでなきゃ出来ない。

フィルムが燃える話。
初期に使われていたナイトレートフィルムは、可燃性である、硝酸が原材料の
セルロイドで出来ている。
1950年代頃からは、アセテートを原材料にしたフィルムが出回ったが
劣化しやすく切れやすく、ポリエスターフィルムが主流となり、’56年デビューの健さん出演の
映画も、ポリエスターフィルムで撮影されていた。
フィルムに強い光を当てて、1秒に24コマのスピードで回して映し出すのだが
一瞬でも止まると燃えるし、湿度・温度管理が行き届いていないと
ビネガーシンドローム(フィルムから酸っぱい匂いがしてくる)現象が起きる。

c0108673_032495.jpg

さて、いよいよ”透明のフィルムに絵を描いて、100年前の映写機にセットして上映する”
フィルム映画の仕組みを知るワークショップの始まり。
4人づつの班それぞれにお題目が渡され、4人で1つの作品を作るのだけれど
私の班のお題は「風船」。
まずは誰が何番目を描くか順番を決める。
そして、流れが不自然にならないように、1番の人と2番の人、2番の人と3番の人・・・
と、繋ぎ目の絵を確認し合う。

ひとり50コマ。
4人で200コマ。
無声映画だけど、ストーリーはあった方がいいよね。
というわけで「旅する風船」を提案。
風船がいろんな場所を飛ぶイメージをパラパラ漫画っぽく
用紙に下絵を描いて、いざ本番。
風船と背景をフィルムにマジックで描く。
黙々と描き進め、なんとか時間内に4人で1本の作品が出来上がる。

4人それぞれが描いたフィルムの終わりのひとコマと初めのひとコマを、
専用の透明度が高いテープでつなぎ合わせる。
スプライサーって、こうして使うのね。
c0108673_0424068.jpg

c0108673_0424290.jpg

c0108673_0424444.jpg

c0108673_0424659.jpg

c0108673_044149.jpg


この日のためにおもちゃ映画ミュージアムから貸してもらったという
映写機にセットして、手回しで上映。
c0108673_0433310.jpg

c0108673_0502749.jpg


他の班のお題は、海・花・雨だった。
みなさん初対面なのに、どの班の作品もクオリティが高い。
私たちの班の「風船」も、ストーリーの流れも絵の流れも違和感なく
良い出来。
滑らかな動きにしたければ、少しずつずらして描けば良いし
ポンポンポンと激しく動かしたければ、ひとコマずつ絵の位置を変えれば良い。

カタカタカタカタ・・・。
チェコアニメのような素朴さ。
手回しで映し出される映像が可愛い。
上映はあっと言う間に終わった。
アニメーション制作の大変さをほんのほんのすこぉーーーしだけど
わかったよ。

c0108673_152823.jpg

横尾忠則&森山大道の高倉健をモチーフにした作品。
生涯で205本の映画に出演した健さんの映像上映。
健さん所蔵の台本やスチール写真など。
膨大で時間切れ、全部は見切れず。
健さんって、大きな耳してはるね。
c0108673_153025.jpg

by mint_jam | 2018-05-13 23:42 | art | Trackback

写真展 SCENE2018@アートビレッジセンター

c0108673_23211311.jpg


SCENE2018@アートビレッジセンターは、閉展いたしました。
ご来場いただいたみなさま、気にかけてくださった友人知人のみなさま、
KAVCのスタッフのみなさま、仲間のみなさま、ありがとうございました。

タイトル:gaze
コメント:@Myanmar(Burma)
c0108673_046375.jpg


ある朝、インレー湖畔の宿の近くを散歩していたら
扉全開のレストランの床を箒で床を掃く彼は、立ち止まり
怪訝そうに私を凝視した。

私にとって旅をして歩く面白さは、そこに暮らす人々の様子を見ることにある。
再びレストランを再訪して、彼は女店主の甥っ子だということと、
”インレー湖に来たら、ここ(ラッキースターレストラン)で、これ
(バナナフラワーサラダやヨーグルトなど)を食べよう”とネット上で
情報共有されている有名店だと教えてもらった。

ミャンマー旅の象徴のひとつだったこの写真を、仲間の写真と一緒に
たくさんの方達に見てもらえて嬉しかった。

c0108673_047185.jpg

c0108673_047216.jpg

c0108673_0473082.jpg

c0108673_0474034.jpg

c0108673_0474221.jpg

c0108673_0474966.jpg

c0108673_047519.jpg


c0108673_048287.jpg

c0108673_0481077.jpg

c0108673_0481537.jpg


ごちそうさま。
c0108673_0493127.jpg

c0108673_049289.jpg

c0108673_0482349.jpg

by mint_jam | 2018-05-08 23:33 | art | Trackback

搬入だよ、グループ写真展

c0108673_21175356.jpg


参加者の写真をすべて床に置いて、旅、モノクロ、日常のスナップ、自然など
ゆるくカテゴリーに分けてみる。
カテゴリーの中で縦横、大小を考慮しながら流れる順番を決め
前後のカテゴリーとの繋がりが、なめらかであるように入れ替えてみたり。
写真を展示する壁の位置が決まったら、写真の縦軸の真ん中を芯にして
壁に貼っていく。

c0108673_21294737.jpg

c0108673_2345082.jpg

c0108673_2364282.jpg

c0108673_2364732.jpg

c0108673_237274.jpg

c0108673_23132151.jpg

c0108673_2318714.jpg

c0108673_23175730.jpg

c0108673_2318218.jpg

c0108673_2318997.jpg


いっぺん食べてみたいと思っていた中華屋へ。
c0108673_1145052.jpg

c0108673_1145174.jpg

c0108673_1145488.jpg


神戸のB面=新開地。
5月2日(水)から5月6日(日)まで。(会期中無休)
11時から19時(最終日5月6日は15時まで)
5月6日は、11時から15時まで受付におります。
KOBE*HEART FOTO倶楽部写真展「SCENE 2018」
@神戸アートビレッジセンターKAVCギャラリー(078-512-5500)

c0108673_1155587.jpg

by mint_jam | 2018-04-30 21:15 | art | Trackback

ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展@伊丹市立美術館

雨、雪、帽子、傘(特に赤い傘)、信号。床屋。
主題が何なのかわかりにくかったり、フレーム in フレームだったり、
上から見下ろす構図だったり、写り込みを多用したり、縦位置が多かったり。
ニューヨーカーって、世界一の都会っ子なのに、
その中でもアートな地区に住んでいたのに、写真も本人も、いささかもっさり。
けど、惹かれるんだなぁ・・・。
c0108673_20385979.jpg


写真を見る人への写真家からの贈り物は、日常で見逃されている美を
時々提示することだ。
とか
肝心なのは何を手に入れるかじゃなくて何を捨てるかなんだ。
とか、
名声に興味がないと言いながら、ツィッターにつぶやくように
写真の間(はざま)にコドバを散りばめている。
誰かに聞いて欲しいのか、それとも自分に向けて言っているのか。

「私が写真を撮るのは自宅の周辺だ。
神秘的なことは馴染み深い場所で起きると思っている。
なにも、世界の裏側まで行く必要はないんだ。」
なんて言って、工事現場の板の隙間から身近な世界を覗くのね。
c0108673_0464514.jpg


「雨粒に包まれた窓のほうが
わたしにとっては
有名人の写真よりもおもしろい」
c0108673_20404975.jpg


広重、北斎、歌麿、宗達、尾形光琳といった
日本の美術に興味があり、本も多数所蔵していたという。
縦位置写真は襖絵や掛け軸になぞっているのか。
c0108673_20391919.jpg


ニューヨークの瞽女?!
ソール・ライターの写真って、赤い傘の登場率が高いけど、
ニューヨーカーって赤い傘が好きなん?
c0108673_2137633.jpg


1923年生まれのソール・ライターは、徴兵されていない。
理由はなく「(兵士)不適合」と記された、小さな公的書類が
展示されている。
ソールはなぜ、この紙切れを手元に残していたのだろう。
戦時中、アメリカも日本と同様、戦地に行かない(行けない)男性は
不国民のレッテルを貼られていたのでないだろうか。
そんな疑問を、マーギットさん(ソール・ライター財団法人ディレクター)に
尋ねると、「彼の父はユダヤ教の聖職者ラビとして、相当な権力者だったので
戦争に行かなくていいように手を回したのではないかと思う。」と。

*写真はすべて、ソール・ライターの作品です。
by mint_jam | 2018-04-24 22:24 | art | Trackback

写真家 ソール・ライター展、でもその前に

城下町の風情がほんのり残るJR伊丹〜阪急伊丹界隈。
伊丹市立美術館で開催中の、写真家ソール・ライター展へ。
午後に行われる講演会まで時間があるので、近所の立ち飲み屋
丸美で昼酒。
いくつか折りたたみの椅子が置いてあって、座って飲んではる人もいる。
界隈には何軒か立ち飲み屋さんが点在しているのは、白雪のお膝元やからかな。

アサヒ生ビールはアサヒのジョッキ、キリン生ビールはキリンのジョッキに注ぐ
こだわりぶりに驚かされ、日本酒白雪はどんなコップに入って出て来るかと
期待したら、アサヒビルのグラスやった。
c0108673_23562653.jpg

c0108673_23565381.jpg


ソール・ライター風に撮ろうとしてみる。(笑)
c0108673_23565517.jpg


クロスロードカフェの店先でアイリッシュのジグ。
もっと聞いていたかったけど時間切れ。
c0108673_23573435.jpg


ソール・ライターの写真は、これ。
c0108673_7503243.jpg

by mint_jam | 2018-04-23 23:56 | art | Trackback

トラベラー まだ見ぬ地を踏むために@国立国際美術館

国立国際美術館、開館40周年記念の特別展。
「トラベラー まだ見ぬ地を踏むために」って、私のために
あるようなタイトルやん。

万国博美術館を活用した美術館ということもあってか、万博の桜の柄を
置いて日焼けさせた榎忠さんのお腹が写った写真の展示もある。
ハンガリーに半刈で行く、あの有名な
「多層の海」@地下3階展示室
「時をとらえる」@地下2階展示室
そして1階には、榎忠さんの大砲が鎮座。
c0108673_23163252.jpg

c0108673_23164742.jpg


新作も含めて、それぞれの作家が”旅”をした時間に生まれた
インスタレーション、映像、絵画、写真が並ぶ。
質量ともに充実していて、いつの間にか3時間が経って閉館の17時。
案内の用紙はあるものの、展示物に作家名がない(数字のみの表記)のは、
あなたの目の前にある作品を何にも囚われず、自由に感じて欲しいという
ことなのか。
音声ガイダンスとして貸し出される、カリン・ザンダーの「見せる:国立国際美術館の
コレクションを巡るオーディオ・ツアー」もアート作品で、しかも見る人たちの
旅の軸になっているという趣向。

在日の方なのか、観光で関西に来られ、たまたま何かで情報を得たのか
欧米人カップルを何組も見かけた。
国立国際美術館は、いつ訪れても殺風景で空虚な気持ちにさせられる。
それで今回もやはり同じように感じたのだけれど、地下2階も使っての
展示は、とても有意義。

中でも心を持って行かれたのが、監視員が歌う、ティノ・セーガルの
〜You know, you know . This is propaganda〜(これがプロパガンダ)。
不定期に館内に響く、美しい術(すべ)。

ジャネット・カーディフとジョージ・ビュレス・ミラーの「大阪シンフォニー」は
iphoneを手に持ち人数制限のある薄暗く細長い路地のような一角に入場すると、
ヘッドフォンから街のざわめきのような音が聞こえ隠れする、体験型アートで
面白かったな。

写真OKのコーナー。
ロバート・ラウシェンバーグの「至点」(1968)。
テキサス生まれなのね。(^^)
c0108673_046663.jpg

c0108673_046452.jpg


大竹伸朗さんの時憶。
c0108673_191364.jpg

c0108673_192475.jpg

c0108673_19469.jpg

c0108673_185756.jpg

c0108673_0574174.jpg

c0108673_20563120.jpg

c0108673_21143768.jpg

c0108673_21143393.jpg

c0108673_21142639.jpg

c0108673_21205682.jpg

c0108673_2121367.jpg


国立国際美術館 開館40周年記念展「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」 作家インタビュー 大竹伸朗
by mint_jam | 2018-04-20 01:17 | art | Trackback

KOBE*HEART FOTO倶楽部写真展「SCENE 2018」のお知らせ

c0108673_22193951.jpg


仲間に入れてもらっているKOBE*HEART FOTO倶楽部が
主催する写真展に参加します。
私はミャンマー(ビルマ)で撮った写真を1枚展示させていただきます。
新開地のお近くにお立ち寄りになった方はもちろんのこと
わざわざお越しの上、ご高覧いただけたら嬉しく存じます。

「日時」
2018年5月2日(水)から6日(日)
10時から19時(最終日の6日は15時まで)
会期中無休
入場無料
「会場」
KAVC 神戸アートビレッジセンター
兵庫県 神戸市兵庫区新開地5丁目3番14号
(最寄り駅は神戸高速鉄道・新開地駅あるいはJR・神戸駅)
電話:078-512-5500
http://kavc.or.jp/
私の在廊日時は6日(金)10:00から15:00

快く案内はがきを置いてくださった神戸元町にある、Bar・ムーンライト。
いつもいつもありがとうございます。
c0108673_22361135.jpg

c0108673_22361571.jpg


ジュークボックスには、ただいま お唄:月亭可朝〜借金のタンゴ〜
c0108673_22361270.jpg

c0108673_22361329.jpg

c0108673_22361679.jpg


+++++
Bar・ムーンライト
兵庫県神戸市中央区栄町通2-2-12 ヨーコービル 1F
10月は24日火曜日のみ お休みです。
神戸市中央区栄町通2-2-12 ヨーコービル1F
078-333-1067
ノーチャージ、キャシュ・オン・デリバリー
月〜金 17:00 - 25:00 (ラストオーダー24:30)
土&日 14:00〜25:00 (ラストオーダー24:30)
by mint_jam | 2018-04-18 22:40 | art | Trackback

@みんぱく

頭飾りいろいろ。
c0108673_0474730.jpg

c0108673_0483543.jpg

c0108673_0484548.jpg

c0108673_049472.jpg

c0108673_0451853.jpg

c0108673_0451697.jpg

c0108673_0451564.jpg


頭乗せ。
頭と荷物の間に小ぶりの布をくるっと巻いたものを緩衝材として
頭と荷物の間に乗せているのは見たことあるけど
ドーナツ型の緩衝材は、荷物が安定しそうでいいね。
彼女達の体幹って、キリッとしているんやろうな。
c0108673_048137.jpg


俳句の先生の一句と私の落描き。
c0108673_0501529.jpg


酒幕(チュクマ)=宿屋を兼ねた居酒屋。
朝鮮半島の伝統社会において、旅人が飲食や宿泊をする施設であり、
情報交換の場でもあったチュクマの再現も興味深い。
c0108673_0493486.jpg


友だち達とミュージアムショップで物色していたら、スタッフの方に
「なかなか(うちの民族的な服飾が)こんなに似合う方ばかりというのは
珍しいです。」というような声かけをいただいたんやけど、確かにそうやね。
私もアフリカンバティックのワイドパンツを買いましたよ。
(^^)

みんぱくと言えば、な風景。
c0108673_0502545.jpg

by mint_jam | 2018-04-17 00:54 | art | Trackback

Parade Of Foolsグループ展オープニングパーティ@ギャラリーうえまち


出展している友だちから招待状をもらって、詳細を把握しないまま行ってみる。
ドアを開けると、ニューヨークの片隅にある溜まり場のよう。
共通語は英語、国籍も年齢も性別も不問。
何を思って作品を作っているかが、輪をを広げるきっかけ。
国境を超えて日本に住み、交わり、現す人たちの感覚に触れる。

川瀬典子さんの作品は長さ3mの写真が2枚。
カッコイイ!!
c0108673_23535991.jpg

被写体ご本人。
c0108673_23382826.jpg

典ちゃんが被写体になっている作品。
c0108673_23565630.jpg


グランドフール賞、及びヴァージンフール賞の発表。
じゃじゃじゃやじゃやぁーーーーん。
c0108673_23573299.jpg

c0108673_23572931.jpg

c0108673_23572479.jpg

c0108673_23573024.jpg

c0108673_23572651.jpg

c0108673_23584100.jpg

c0108673_00020718.jpg


私が気に入った作品。
基準は、時間に関わらず自分の目に入ったときに心地よいかどうか。
何かしら小さな刺激を与えてくれるかどうか。
c0108673_00021172.jpg


1位は音楽で表現されたポートレート。
c0108673_00034911.jpg

c0108673_00035156.jpg

c0108673_00145439.jpg


誰もが好きな服を着ている。
これこそアートとの連動だ。
c0108673_00301820.jpg

Parade Of Foolsって、どういう意味なん?
>中世ヨーロッパ時代のエンタテーナーのFool/Jester「宮廷道化師」が
このタイトルのインスピレーションです。
ちなみに“Parade of Fools”のFoolの意味は「愚か者」という意味では有りません。
参加アーティスト達がアートでお互いを楽しめるイベントになる様、
このイベントネームに決めました。

絵、写真、音楽・・・表現方法自由なポートレートのグループ展って何?
>これはアーティスト同士が向き合ってポートレートを創作するグループショウで、
それぞれのポートレート相手は今年1月に開かれる抽選会で決まります。
抽選方法は、参加アーティスト全員のネームプレートが入った帽子の中から
各自拾い上げて選んだアーティストがポートレート相手です。
例えばAさんはBさんを、BさんはCさんのポートレートを、そしてくじを引く
最後のアーティストがAさんを相手モデルにポートレートを創ります。
アーティスト達は決まったモデル自身の個性を発見すべく、それぞれが再会して
コミュニケーションをとりながら創作します。
大切なのはモデルになるアーティストの特徴を上手く発見する事。
ちょっと携帯で写真を撮ったりするだけでは判らない様な個性です。

by mint_jam | 2018-04-09 00:00 | art | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧