カテゴリ:art( 402 )

生誕150年 横山大観展@京都国立近代美術館

横山大観と言えば、日本画の中でもっとも有名な(名前を知られている)
画家のひとりだけど、美術館で見たことはなく、人となりも生きた時代も
知らない。
これまでに見た絵がさほど好みではなく、関心が薄かったけれど
「絵画から学ぶ写真美。」
というタイトルの会を企画してくださる方の呼びかけで
横山大観の絵を学生の頃から時代を追ってどっさり鑑賞。

c0108673_23591068.jpg

c0108673_2359394.jpg


見終わってから待ち合わせて、ワインを飲みながら感想を話し合う。
これがこの企画の醍醐味。

1868に生まれ、1958に没。
亡くなりはったの、89歳やって、長生きしはったんや。
戦後もご存命やったとは。
もっと昔の人やと思っていた。
3回結婚してはるけど。2回とも死別で子供も100日咳で亡くしてはるんや。
喜怒哀楽がはっきりした人やってんね。
私が知っている、好みじゃない大観の絵って、朦朧体(輪郭ぼんやり)って言うんや。
けど、いくつもの違った画風で描いてはるんやね。
しかもかなり前衛的で実験的で斬新。
ピカソっぽい、とも言える?

「東京の方が、ずっと見せ方が良かった。」と独りごちながら
通り抜けられるご婦人。
「夜桜」や「紅葉」を見ながら、「どんだけ絵の具使(つこ)とんねん!」と
ツッコンでいる日本画に精通していそうなおっちゃん。

私はと言うと
雲、人里、川、霧、瀧、水郷、大江・・・。
連続する風景。
上野動物園のランラン・カンカンを見るような感じで見た
40メートル超=日本一長い水墨絵巻「生々流転」(1/3部分)が
思いの外心に留まった。
自然と人、季節と人生、1日の流れが網羅されていて吸い込まれる。

集中豪雨から抜け出した@カワカフェ
c0108673_0164785.jpg

c0108673_0124660.jpg

c0108673_0125550.jpg

c0108673_0131386.jpg

c0108673_013215.jpg

c0108673_0145295.jpg

c0108673_0144659.jpg

c0108673_013286.jpg


+++++
京都国立近代美術館HPより転載。
横山大観(1868-1958)の生誕150年、没後60年を記念し、回顧展を開催します。 東京美術学校に学んだ大観は、師の岡倉天心とともに同校を去り、日本美術院を設立。新時代における新たな絵画の創出を目指しました。西洋からさまざまなものが押し寄せる時代の中、日本の絵画の伝統的な技法を継承しつつ、時に改変を試みました。また主題についても従来の型から抜け出し注目を集めました。やがてこうした手法はさらに広がりを見せ、自在な画風と深い精神性をそなえた数々の大作を生み出しました。 本展では、《生々流転》(重要文化財、会期中巻き替えあり)や《夜桜》《紅葉》(いずれも展示期間は7月1日まで)をはじめとする代表作に、新出作品や習作などの資料をあわせて展示します。
by mint_jam | 2018-07-03 23:18 | art | Trackback

榎忠展 「MADE IN KOBE」@ギャラリー島田

榎忠展 「MADE IN KOBE」

c0108673_758518.jpg

c0108673_7585436.jpg

c0108673_8049.jpg

c0108673_80677.jpg

c0108673_80813.jpg

c0108673_801787.jpg

c0108673_802958.jpg

c0108673_802047.jpg

c0108673_804242.jpg

c0108673_80436.jpg

c0108673_804494.jpg

c0108673_805542.jpg

c0108673_805320.jpg

c0108673_81438.jpg

c0108673_812031.jpg

by mint_jam | 2018-06-23 07:58 | art | Trackback

GR meet大阪@w cafe

GRとの付き合いは長い。
いつだっかのハルイチ(祝☆春一番コンサート)で、シバさん=三橋乙揶さんが
当時まだフィルムのGRを持ってはって、壊れやすいけど愛すべきカメラですよねー。と
客席でGR愛を交わしたした。
長らくNikonのFM2とFujiのティアラ、GRを使っていて
デジタルカメラには食指が動かなかったけれど、デジタルになったGRが
フェルム時代の容姿を踏襲していて、飛びついた。

何度か修理してⅣに買い替えた。
1cm接写可能なGRⅣは、動画も撮れる優れもの。

GR・LOVE=GRistファンの集い、「GR meet 大阪」に参加させていただく。
糸井重さんやタモリさんの影響もあるのか、芸能人にもGRユーザーは多い。
ダメなとこがあるのも含めて人間っぽいカメラ。
デザイン(見た目)も大好き。
c0108673_1712229.jpg


ゲストスピーカーは、写真家:内田ユキオさん、菅原一剛さん、横木安良夫さん。
ほぼ日イトイ新聞を読んでいる私には親近感が湧く、菅原一剛(いちごう)さん。
c0108673_1718786.jpg


「毎日空を撮っている。けど空だけ撮るのではなく・・・。」
確かにどの写真も地と空の両方が映っている。
「写真家にとって、光の動きはとても重要なのに、いつのまにか
昨日の天気も思い出せない自分に、あるとき気付いた。」
光は波動の一部。
紫は速くて、赤は遅い。
回る光。
光の粒子。
撮り続けることで見えてくることがある。

GRの機能の中にある「インターバル・タイマー」の魅力を大いに語ってくださった
内田ユキオさん。
GR愛たっぷりの語り口に引き込まれ・・・。
「GRを持っている方が、手ぶらより楽しい。」
「カメラがあることで発見がある。」
「GRは撮り手にいいフィードバックを与えるカメラだ。」
インターバル・タイマーとは、を直伝していただく。
c0108673_17443046.jpg


巨匠 横木安良夫さん。
2次会では写真を見ていただいて、アドバイスをいただきました。
(^^)
c0108673_1815523.jpg

c0108673_181532.jpg


ユーザーからの質問コーナー。
「AF(オートフォーカス)が遅い時の対処法は?」
答え「ありません。」
ええっ!! ないんや。(><)
潔い答えや。
c0108673_17392585.jpg


マニアックGRクイズ。
「デジタルになってから1番売れたシリーズは何でしょう?」
c0108673_1863757.jpg

私が「GRⅣ」って答えたら、間違ったのに、「GRⅣ」って答えた友だち。(^^)
答えは、GRⅢ。やって。

RICOH GRと言えばな、野口智弘さん。
c0108673_21102426.jpg


野口さんが私のGRで撮りはった、接写1cm。
c0108673_21102671.jpg


「新機種は是非とも接写1cmを復活させて欲しい。」って要望したら
固体撮像素子(イメージセンサー)がaps-cサイズだと、接写1cmはムリなんだって。

c0108673_21132794.jpg

GR公式HPより。
GR meet 大阪レポートです! (あらいた)

@2次会
c0108673_22353833.jpg

c0108673_21111320.jpg

c0108673_21111611.jpg

c0108673_21111849.jpg


撮った記憶のない消火器。(^^;
c0108673_21215062.jpg

by mint_jam | 2018-06-18 16:50 | art | Trackback

河井寛次郎記念館B面

暮らしが仕事 仕事が暮らし。
「用の美」を信条に、焼き物だけではなく、木彫、金工、竹製品など作品は
多岐にわたる。
英国のスリップウェア(Slipware)や李朝陶器、日本の民藝を収集研究し
民衆的工藝=民藝を世に広めようと努めた寛次郎。
「後から美が追ってくるような仕事をしよう。」
その言葉に偽りなし。
c0108673_2185298.jpg

c0108673_219486.jpg

c0108673_2195849.jpg

c0108673_2110214.jpg

c0108673_21105112.jpg

c0108673_2113435.jpg


風が通る。
話が弾む。
c0108673_22301475.jpg


中庭の丸い石の逸話。
新築祝いに石灯篭をプレゼントしようとした松江中学の同級生に
「それなら丸い石が欲しい。」と島根・大根島の石をもらい
自分で好きな場所に転がしていた。
いい話やなぁ。
c0108673_2126150.jpg


この猫、カード立て(可愛かった!)として販売されていた。
c0108673_21403651.jpg


家族団欒の場所。
河井家は来客が絶えなかったのだそう。
c0108673_2205934.jpg


屋敷まるごと河井寛次郎、そんな記念館。
藤棚の下で仕事をするのが好きだったそうなので、再訪するなら
藤が咲き誇る時期かな。
c0108673_21121463.jpg

c0108673_211156100.jpg

c0108673_21115893.jpg

c0108673_2112423.jpg

by mint_jam | 2018-06-11 22:16 | art | Trackback

河井寛次郎記念館A面

書は版画家の棟方志功、制作は、木漆芸家の黒田辰秋。
という曰くの看板。
c0108673_19474017.jpg


行ってみたいと思いながら後回しにし続けてきた河井寛次郎記念館
松本の民藝の趣がある寛次郎のこだわりが詰まった自宅は、四条河原町から
歩ける距離の住宅街にある。
中庭を囲むように配された、2階建ての母屋、陶房、登り窯、素焼窯、茶室・・・。
自分で設計して、棟梁のお兄ちゃん(お父さんも棟梁)に建ててもらったんだって。
c0108673_19571235.jpg


寛次郎が25歳頃に作った初期の作品。
c0108673_19572190.jpg


試し焼きの群が可愛い。
c0108673_19581719.jpg


「国家安康」の金が鋳造されたという町名「五条坂鐘鋳町」と
側を流れる音羽川にちなんで「鐘渓窯(しょうけいよう)」と名付けられた
登り窯。
c0108673_195940100.jpg

c0108673_201057.jpg

c0108673_201488.jpg

c0108673_2015167.jpg

c0108673_20226.jpg

c0108673_20223698.jpg

c0108673_20223885.jpg

c0108673_20282410.jpg

c0108673_2028711.jpg


c0108673_20284659.jpg

河井寛次郎物語。
「生活の中で使うために作られた器は、作為がなく、なんと健康的な
美しさを持っているのだろう。」
戦争時は窯に火が入れられなかったけれど、たくさんの文章や言葉を
生み出し、戦後はますます自由奔放な造形作品を作った寛次郎でした。
c0108673_20471645.jpg

by mint_jam | 2018-06-10 20:59 | art | Trackback

きもとさちこさんのうつわ

c0108673_22284687.jpg


作陶:きもとさちこ

「うつわ」というお題をいただき、撮りたいと思ったのが、
きもとさちこさんが作った器。

在りし日のナフシャでの作品展では、いつだって、ほぼ完売だった。
きもとさんの作品を愛で、新作を楽しみにしていた人たちは
きっと今も、きもとさんが作った器を日常邸に使っていると思う。

私もそのひとり。
ある時は珈琲、ある時は焼酎のお湯割。
ある時はカフェオレ。

使ったらすぐに洗って水気を拭いて乾かして・・・。
釉薬の加減でカビが生える可能性があるらしく
ひと手間かかるんだけど、日常的に使っている。
ころんとした出で立ちは、手に馴染み、飾っても美しい。
by mint_jam | 2018-06-08 22:27 | art | Trackback

ソール・ライターと1950年代アメリカ文化@伊丹市立美術館

ソール・ライター展開催中に2つの講演会を聞く。

ひとつは、アメリカ文学研究者・翻訳家である柴田元幸さんによる
「ソール・ライターと1950年代アメリカ文化」と題した講演会。
会場は2階の展示室。
サラウンデッド バイ ソール・ライターの写真たちという至福の状況。
伊丹美術館では、エドワード・ゴーリー展に続く、2回目の講演。
「呼んでいただいて嬉しい。」と喜ぶ柴田さん。

ソール・ライターは1923年生まれ、ロバート・フランクは1924年生まれ。
ともに大正生まれだ。
ふたりに共通するのは、動かないこと。
詩人・リチャード・ブローティガンや、絵本作家のエドワード・ゴーリーも
アッサンブラージュの箱作家・ジュセフ・コーネルも動かない人だった。

アメリカの民の哲学は、自分が一番大事ということである。
誰もが自分が世界をコントロールする意識を持っているが、彼らは違った。
1950年代のアメリカは、ネクタイはこうあるべき、女はこうあるべきなどなど
文化の王道”型”が決まっていた。
裏を返せば、型にはまれない人が息苦しい時代、物が脆弱していった
ビートニクの時代だ。
それは、ジャック・ケルアックがロバート・フランクの写真集「アメリカンズ」の序文を
飾ってることにも現れている。

ソール・ライターの代表作「アーリー・カラー」と「アメリカンズ」が撮影されたのは
ほぼ同時期だが、フランクの作品の主役は、帽子を被っている人、靴を履いている人など
写っている人であるのに対し、ライターの作品の主役は帽子や靴。
ソール・ライターは、人間の内面には興味がない=人間の内面に特権化しない。
それは中心を外した構図にも現れている。
鏡、霧、雨、雪、ドア、バス、傘・・・生涯愛したソームズ。
作品から感じる静かさと優しさは、あざとさがなく、ニューヨークの忙しさとも
相容れない。


もうひとつは、ソール・ライター財団創始者&ディレクター:マーギット・アーブさん
ご夫妻による講演。

画家になりたかったソール・ライターは、生涯、絵を描き続けた。
まるで日記のように。

ソールは、日本美術の影響を受けている。
3000冊の蔵書の中には、葛飾北斎、歌川広重といった浮世絵関連の本が
たくさんあり、かなり興味を持っていたことが伺える。

写真と言えば白黒だった時代に、「アーリー・カラー」としていち早く
カラー写真を世に出した。
お金がなかったから、期限切れのフィルムを格安で買って使っていたのか
現像しそびれてしばらくほっていたからか・・・。
ソール・ライターの写真の独特の色の理由は、そういうことにある。
今も現像していないフィルムがたくさん残っているが、現像するすべがない
ので、財団としては、それが非常に残念だ。

兵役を不適合を理由に免れたのは、おそらくユダヤ教のラビ(有識指導者)だった
お父さんの意向だろう。

+++++
覚書として・・・。
+++++
by mint_jam | 2018-05-18 23:07 | art | Trackback

フィルム映画のしくみを知ろう!「追悼特別展 高倉健」関連イベント@大谷記念美術館

写真も映像も、すっかりフィルムからデジタルに移行したように見受けるけれど
フィルムや現像に関わるあれこれは、廃番にしないで欲しい。
電球やレコードの針もね。

大谷記念美術館で開催されている高倉健追悼特別展では、健さんが出演した
映画が何本も上映されている。
その大半が35mmフィルムで撮影されたことに関連してのワークショップに参加する。
講師は元町映画館支配人の林さん。
c0108673_0381377.jpg


フィルムの話。
フィルムには感光膜が塗布されている膜面(表)とベース面(裏)がある。
上映中にフィルムが切れたら、スプライサーで直す。
昔の映画で上映中に”雨”が降るのは、フィルムとフィルムを繋げて
1本にするときに付いてしまう傷。
オープニング部分や、フィルムの切れ目に多く見られる。

スプライサー。
c0108673_0401619.jpg


フィルムサイズの紹介。
8mm
c0108673_2342786.jpg


16mm
c0108673_2342256.jpg


35mm
c0108673_23424882.jpg


70mmもあるけど、フィルムが高いし、専用の映写機が必要なので、アイマックスなどでしか
上映できない。
だいたい2時間程度の映画1本だと、15〜20分ほどが1巻、1缶に入っているのが
6〜8缶コンテナに入って劇場に来るんだけど、20〜30kgくらいあるから
映写技師は力持ちでなきゃ出来ない。

フィルムが燃える話。
初期に使われていたナイトレートフィルムは、可燃性である、硝酸が原材料の
セルロイドで出来ている。
1950年代頃からは、アセテートを原材料にしたフィルムが出回ったが
劣化しやすく切れやすく、ポリエスターフィルムが主流となり、’56年デビューの健さん出演の
映画も、ポリエスターフィルムで撮影されていた。
フィルムに強い光を当てて、1秒に24コマのスピードで回して映し出すのだが
一瞬でも止まると燃えるし、湿度・温度管理が行き届いていないと
ビネガーシンドローム(フィルムから酸っぱい匂いがしてくる)現象が起きる。

c0108673_032495.jpg

さて、いよいよ”透明のフィルムに絵を描いて、100年前の映写機にセットして上映する”
フィルム映画の仕組みを知るワークショップの始まり。
4人づつの班それぞれにお題目が渡され、4人で1つの作品を作るのだけれど
私の班のお題は「風船」。
まずは誰が何番目を描くか順番を決める。
そして、流れが不自然にならないように、1番の人と2番の人、2番の人と3番の人・・・
と、繋ぎ目の絵を確認し合う。

ひとり50コマ。
4人で200コマ。
無声映画だけど、ストーリーはあった方がいいよね。
というわけで「旅する風船」を提案。
風船がいろんな場所を飛ぶイメージをパラパラ漫画っぽく
用紙に下絵を描いて、いざ本番。
風船と背景をフィルムにマジックで描く。
黙々と描き進め、なんとか時間内に4人で1本の作品が出来上がる。

4人それぞれが描いたフィルムの終わりのひとコマと初めのひとコマを、
専用の透明度が高いテープでつなぎ合わせる。
スプライサーって、こうして使うのね。
c0108673_0424068.jpg

c0108673_0424290.jpg

c0108673_0424444.jpg

c0108673_0424659.jpg

c0108673_044149.jpg


この日のためにおもちゃ映画ミュージアムから貸してもらったという
映写機にセットして、手回しで上映。
c0108673_0433310.jpg

c0108673_0502749.jpg


他の班のお題は、海・花・雨だった。
みなさん初対面なのに、どの班の作品もクオリティが高い。
私たちの班の「風船」も、ストーリーの流れも絵の流れも違和感なく
良い出来。
滑らかな動きにしたければ、少しずつずらして描けば良いし
ポンポンポンと激しく動かしたければ、ひとコマずつ絵の位置を変えれば良い。

カタカタカタカタ・・・。
チェコアニメのような素朴さ。
手回しで映し出される映像が可愛い。
上映はあっと言う間に終わった。
アニメーション制作の大変さをほんのほんのすこぉーーーしだけど
わかったよ。

c0108673_152823.jpg

横尾忠則&森山大道の高倉健をモチーフにした作品。
生涯で205本の映画に出演した健さんの映像上映。
健さん所蔵の台本やスチール写真など。
膨大で時間切れ、全部は見切れず。
健さんって、大きな耳してはるね。
c0108673_153025.jpg

by mint_jam | 2018-05-13 23:42 | art | Trackback

写真展 SCENE2018@アートビレッジセンター

c0108673_23211311.jpg


SCENE2018@アートビレッジセンターは、閉展いたしました。
ご来場いただいたみなさま、気にかけてくださった友人知人のみなさま、
KAVCのスタッフのみなさま、仲間のみなさま、ありがとうございました。

タイトル:gaze
コメント:@Myanmar(Burma)
c0108673_046375.jpg


ある朝、インレー湖畔の宿の近くを散歩していたら
扉全開のレストランの床を箒で床を掃く彼は、立ち止まり
怪訝そうに私を凝視した。

私にとって旅をして歩く面白さは、そこに暮らす人々の様子を見ることにある。
再びレストランを再訪して、彼は女店主の甥っ子だということと、
”インレー湖に来たら、ここ(ラッキースターレストラン)で、これ
(バナナフラワーサラダやヨーグルトなど)を食べよう”とネット上で
情報共有されている有名店だと教えてもらった。

ミャンマー旅の象徴のひとつだったこの写真を、仲間の写真と一緒に
たくさんの方達に見てもらえて嬉しかった。

c0108673_047185.jpg

c0108673_047216.jpg

c0108673_0473082.jpg

c0108673_0474034.jpg

c0108673_0474221.jpg

c0108673_0474966.jpg

c0108673_047519.jpg


c0108673_048287.jpg

c0108673_0481077.jpg

c0108673_0481537.jpg


ごちそうさま。
c0108673_0493127.jpg

c0108673_049289.jpg

c0108673_0482349.jpg

by mint_jam | 2018-05-08 23:33 | art | Trackback

搬入だよ、グループ写真展

c0108673_21175356.jpg


参加者の写真をすべて床に置いて、旅、モノクロ、日常のスナップ、自然など
ゆるくカテゴリーに分けてみる。
カテゴリーの中で縦横、大小を考慮しながら流れる順番を決め
前後のカテゴリーとの繋がりが、なめらかであるように入れ替えてみたり。
写真を展示する壁の位置が決まったら、写真の縦軸の真ん中を芯にして
壁に貼っていく。

c0108673_21294737.jpg

c0108673_2345082.jpg

c0108673_2364282.jpg

c0108673_2364732.jpg

c0108673_237274.jpg

c0108673_23132151.jpg

c0108673_2318714.jpg

c0108673_23175730.jpg

c0108673_2318218.jpg

c0108673_2318997.jpg


いっぺん食べてみたいと思っていた中華屋へ。
c0108673_1145052.jpg

c0108673_1145174.jpg

c0108673_1145488.jpg


神戸のB面=新開地。
5月2日(水)から5月6日(日)まで。(会期中無休)
11時から19時(最終日5月6日は15時まで)
5月6日は、11時から15時まで受付におります。
KOBE*HEART FOTO倶楽部写真展「SCENE 2018」
@神戸アートビレッジセンターKAVCギャラリー(078-512-5500)

c0108673_1155587.jpg

by mint_jam | 2018-04-30 21:15 | art | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧