カテゴリ:other( 327 )

結婚式

c0108673_2241334.jpg

c0108673_22412456.jpg

c0108673_22412852.jpg

c0108673_22415317.jpg

c0108673_22415552.jpg

c0108673_2242398.jpg

c0108673_2242693.jpg


おめでとうーーーーー。
c0108673_22421435.jpg


ブーケトス。
弧を描いたブーケを、新郎新婦に指名された男性が受け止める。
そして、彼女をそばに呼び寄せて人前プロポーズ。
受付をしてくれていたふたりやね。
おめでとうーーーーー。
c0108673_22505044.jpg


披露宴。
赤ちゃんの頃からの卵アレルギーが今も続いている新婦は
栄養士として、保育園で働いている。
ファーストバイトは新婦が作ったちらし寿司で。
美味しい料理をいただきながら、感動の波が寄せては返し
嬉し涙が溢れる。
c0108673_237444.jpg

c0108673_2374881.jpg

c0108673_2375155.jpg

c0108673_238023.jpg


ディズニー好きの新婦のお色直しは、ディズニーのキャラクターなんだって。
c0108673_23145680.jpg



by mint_jam | 2018-04-22 23:05 | other | Trackback

ひろがることによって逆に根にかえっていく@万博公園

太陽の塔のエスキースが何枚か展示されている通路を通って
胎内に誘われる。
その最も初期の絵には「ひろがることによって逆に根にかえっていく
1967.06.01」と走り書き。
これはまだ太陽の塔に取り掛かる前。
プロデューサーを引き受けることをこばみつつも
構想が沸き上がっていた頃なのかな。

万博公園ってムーミン谷みたい。
c0108673_1103830.jpg


屋台で買ったワンカップ(増量210ml)の熱燗と焼きそばで
葉桜花見。
c0108673_111529.jpg

c0108673_1145461.jpg


きゃぁ、なおみんの美脚。
c0108673_1153256.jpg


前川國男設計のEXPO'70パビリオン(旧鉄鋼館)に潜入。
c0108673_117412.jpg

c0108673_117215.jpg

c0108673_22584495.jpg

c0108673_1171341.jpg

c0108673_2342761.jpg

c0108673_23111958.jpg


ゲスト参加してくださった俳句の先生に、私たちがやっている
fotosen(写真&川柳)の話をする。
言葉と写真。
写真とタイトル。
しっくりくる”何か”に行き着くまであきらめないことやね。
c0108673_23113131.jpg


菊桃やぁ。
c0108673_23203639.jpg


「5時に駅で。」
一旦解散、みんぱくに向かう。
c0108673_23214070.jpg


帰りに残ったメンバーで食べた焼き鳥。
c0108673_2336301.jpg

by mint_jam | 2018-04-15 23:57 | other | Trackback

第2回ナイトマーケット@旧居留地

神戸旧居留地、大丸神戸店の東と南を歩行者天国にして開催された
ナイトマーケット。
南京町にほど近いけど、イベント名は夜市ではなく”ナイトマーケット”。
ラグジュアリーブランドのウィンドウや趣のある旧居留地らしいビルを借景に
地元で多店舗化していない店が、洒落た出で立ちでブースを連ねる。
c0108673_0233737.jpg

c0108673_0585488.jpg

c0108673_19137.jpg

c0108673_19483.jpg

c0108673_19684.jpg


80歳を超えた女性が、古着を胸に当てておられたり、
c0108673_0265635.jpg


苔玉のようなものを素揚げしていたり。
これ、何やったんやろ。
列が長すぎたので諦めたけど、食べてみたかった。
c0108673_0294139.jpg

c0108673_029424.jpg


食べ試したいものがいっぱい。
c0108673_183899.jpg

c0108673_0364080.jpg

c0108673_121875.jpg


本物のパンをくり抜いて作った照明器具や
c0108673_0342160.jpg


アーティステッィクな古本や、zine.
c0108673_113351.jpg


皮小物に
c0108673_143091.jpg


エルメスの旗がなびく。
うぅ〜ん・・・神戸やね〜。
c0108673_1133130.jpg

by mint_jam | 2018-04-01 00:23 | other | Trackback

マルーン

マルーンと一緒に育った感、あり・あり。
娘を嫁がせる母親の気持ちって、どんなもん?

c0108673_044535.jpg

by mint_jam | 2018-03-20 00:04 | other | Trackback

still・・・母の一周忌に寄せて

c0108673_2110789.jpg


c0108673_2110303.jpg


c0108673_21103122.jpg


2017年10月7日(土)から15日(日)までKOBE*HEART FOTO倶楽部写真展
「SCENE 2017」@アートビレッジセンターで組写真(3枚)を展示させてもらいました。

江井ヶ島。
時間は13時半前後です。
母が入院するホスピスを訪れる前に山陽電車を途中下車して
江井ヶ島の海を見に行きました。
早春の柔らかい陽射しにキラキラ光る水面に、鳥が群れをなしてたゆたゆと
寄り添っていました。
私は幾許も無い母の命に海を重ね、南に向かって立ち尽くしたのでした。

母はすっかりむくんでいたけれど、私が持ち帰る洗濯物の指示をしたあと
「そこにお菓子があるから。」と個包装されたお菓子を指しました。
私が袋を手で開けようとすると「手で開けたら中身が袋の中で
ボロボロになるからハサミで開けなさい。」と言うので、ハサミを使って
封を切りました。

15時にお医者さんや看護師さんといくつかの重要な話をして
母の病室に戻ると、「洗面所のタオルをピンクのに取り替えて。」と言われました。
タオルバーにかかった清潔なタオルを見て
「いいねぇ、綺麗やねぇ。」と目を細めて笑ったので
「ほんまに綺麗やねぇ。可愛いねぇ。ピンクはええねぇ。」
と返答しながら、誰にも気兼ねせず好みのタオルを使える個室に入れて
良かったと心の底から思いました。

余命4ヶ月と聞かされてからの4ヶ月間、私は母からさまざまな指示を
受け、私は感情を排し粛々と業務をこなしました。
その中には自分の葬式の式次第もありました。
連絡する先や送辞をお願いする方の名前、主旨が克明に記されたノートを渡されました。
「ママが死んだらね、明石版でいいから神戸新聞に載せて欲しいねん。
ほら、ママ、神戸新聞に載ったコトあるやろ?あの時の記者にお願いしたら
載せてくれると思うねん。」
>>・・・。それはないと思うで。(苦笑)
そう思ったものの、母の望みを叶えるのが嫁のミッションとの思いにかられ
友人に尽力いただき、母の希望は叶ったのでした。

生前母は、ワードで書いた日記を10日に1度、メールに添付して送って
くれていました。
パソコンが達者で、ワード技術は私より優れていました。
天満天神繁昌亭や風月堂恋雅亭に落語を聞きに行くだけにとどまらず
晩年は丸々亭おはぎとして高座で落語を演じたり、公民館などで
読み聞かせをし、世界中で開催されているTEDにも出演するなど
多忙な日々を送っている様で、各所で生き生きと交流する様子が綴られていました。

私の感受性を面白がってくれていたようで、このブログを「よく見る」と名付けた
ファイルに登録して読んでくれていて、「こないだ書いていた店、美味しそうやん。」
などと感想を伝えてくれました。
余命宣告を受けたのち子供を持てなかった私に「もし子供がいたら
どんなに面白い子供やったやろうね。」と、自分の息子にではなく嫁の私に言ったのが
なんとも母らしいと思いました。

関係性を重視するなら義母と表記すべきですが、気持ちに添って書くなら母なのです。
母は3人の子供たちに「ママ」と呼ばれていたのですが
もうすぐ姑になる人に、嫁の私にはどう呼んで欲しいか訊きました。
すると「ママ」という答えが返ってきました。
このエピソードを話すと「そうやったっけ?忘れたわ。けど、次男の嫁も長女の夫も
”お義母さん”って呼ぶね。」と笑って言いました。

「もう帰るの?」
母がそんなことを言うのは初めてでした。
もうそう長くないとわかってはいたのに、今日持って帰る洗濯物は
3日後に持ってくる、あともう1度会えると信じていたのでしょう
「またすぐ来るからね。」と母の元を去りました。

江井ヶ島で写真を撮った12時間後、母は生死をさまよい
帰らぬ人となり、洗いざらしの洗濯物は、その主を失い
途方に暮れ、うろたえ、泣き崩れたのでした。

ファンであり、友人であったマーちゃん(平尾昌晃さん)にもう1度会いたい?
連絡してみる?と訊くと、首を横に振ったのは意外でした。
母が逝った4ヶ月後にマーちゃんは亡くなられました。
平尾事務所から届いたお別れ会の案内を仏壇に備え、母の代わりに
youTubeで華やかな歌によるお別れの宴を見ました。

母は最後の最期に私に教訓を述べました。
それは実の母が娘に語るような内容でした。
あの日食べたお菓子が何だったのか、いくら思い出そうとしても思い出せません。
一緒に食べた最後の食べ物が思い出せないなんて・・・。
こんなにたくさん思い出すことがあるというのに。
by mint_jam | 2018-03-08 21:09 | other | Trackback

be myself, be me

c0108673_2230362.jpg


元旦は、ベイ・シェラトンで美味しい中華を食べて、たくさん笑った。

ほぼ日5年手帳を書き始めた。

10年ぶりに、三が日を休んだ。

これからの5年間と、5年後の自分を突きつけられた。

今年もカナモリコウスケ牡丹鍋ディナーショーに参加した。

イラストレーターの國本りかちゃんが参加している漫画展@茶屋町画廊を見に行った。

iMac&Air Macの不具合で、いくつもの写真データが失くなった。(涙)

姪っ子から結婚式の招待状が届いた。

帰国されたアリヨ’有吉須美人”さんのライブ@磔磔、ファビュラス🎵

抽選で当たった麺ロード@三宮の300円券で、山神山人のラーメンを食す。

卵焼き器を新調した。

藤田嗣治 本のしごと展は、今までに見たどの藤田展より心に刻まれた。

敬愛している写真家からサイン入りの写真をいただいた。

20年ぶりに受験勉強みたいなことをした。

twitterに、学生時代に聴いた音にまつわる思い出をちょっこしアップロードし始めた。

薄っすらと雪が積った。

かに道楽本店で、カニしゃぶを食べた。

還暦を目前に亡くなった何人かの友だちのことを思った。

自分らしくありたいけれど、自分自身を十分に自己分析出来ず、
思い倦ねる日々だった。

そんな1月と2月の1/3が過ぎた。

c0108673_23365187.jpg

by mint_jam | 2018-02-12 22:26 | other | Trackback

感謝を込めて

見に来てくださって、ありがとうございます。
12月に変わった環境の余波に伴い、1月はブログの更新を休みます。
気が向けば2月に会いに来てね。

+++++
写真はニャウンシェ@ビルマで泊まった部屋。
終わっていると思っていた雨季が明けていなかったようで
叩きつける集中豪雨、そして停電。
学習済みの”懐中電灯とお湯を入れた水筒は常に側に”は
覚えていたけど、電源を入れたまま充電していたipadは
部屋に戻ったら放電していた。
まだまだ学習途上の”旅の空の下”。
c0108673_11585982.jpg

by mint_jam | 2018-01-01 00:00 | other | Trackback

「ファビュラス・オールド・ブック」17周年おめでとう♪

「ファビュラス・オールド・ブック」17周年おめでとう♪
毎年楽しみにしている、アメリカ古絵本屋「Fabulous OLD BOOK」の創業日会。
今年も集まれる人が集まれる時間に集まってお祝い。
最近できたパン屋やおにぎり屋の逸品など、”どや!”な飲食品が持ち込まれ、
店主夫妻が用意してくれた、ガラナやケンターキーやケーキもあり、
昭和なBGMもあり、ほろ泣き場面もありの宴やった。

c0108673_2152066.jpg

c0108673_2153211.jpg

c0108673_21552145.jpg


「可愛いやん、福田利之さんのイラストみたい。」
って言ったら、福田さんのイラストのワンピースやって。
福田さんグッズ、増えているんやね。
c0108673_21552487.jpg

c0108673_21552657.jpg

c0108673_21555254.jpg

c0108673_21555415.jpg

c0108673_21555471.jpg

c0108673_21555725.jpg

c0108673_21564481.jpg

c0108673_21564636.jpg

c0108673_2214152.jpg

c0108673_2213982.jpg

c0108673_2156517.jpg
c0108673_21564884.jpg

by mint_jam | 2017-12-23 23:48 | other | Trackback

夏の終わりに

c0108673_229650.jpg

c0108673_2293840.jpg

c0108673_2293728.jpg

by mint_jam | 2017-08-28 23:22 | other | Trackback

みなとこうべ海上花火大会

ビルの屋上から花火を見たよ。
上の方に上がった花火が綺麗に見えた。

c0108673_0253227.jpg

c0108673_019138.jpg

c0108673_0255916.jpg

c0108673_026228.jpg

c0108673_026267.jpg

c0108673_026575.jpg

c0108673_026550.jpg

c0108673_026752.jpg

c0108673_026127.jpg

c0108673_0262249.jpg

c0108673_026959.jpg

by mint_jam | 2017-08-05 23:17 | other | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧