カテゴリ:plants( 93 )

道が庭>>34京都:宮川町

c0108673_22115818.jpg

by mint_jam | 2018-06-13 21:47 | plants | Trackback

トット・シーンズ@栄町乙仲通り店

c0108673_23403110.jpg


多肉の魅力は、ぷにゅっとした肉厚な葉の可愛らしさ、そしてなんと言っても
水やりが1〜2週間に1回で良いという逞しさにある。
日本語の、またお会いしましょう。ごきげんよう。のオランダ語
「Tot ziens(トッツィンツ)」を店名した、多肉植物&さぼてんwith植物に合う
いい具合に朽ちかけた雑貨などを扱っているトット・シーンズ
突然の閉店のお知らせに驚く。

ある日、乙仲通りにある古いビル(和栄ビル別館)の2階の奥に見つけた多肉屋は
不定営業で、行っても閉まっていることが多かったけれど
多肉の種類も多く、増やし方や土や砂のこと、紅葉する多肉のことなど
いろいろ教えてもらえるワンダーランドだった。

あれから10年ほど経ち、当時は多肉(セダム)の本もほとんどなく、
店主でさえ「名前がわからないんですよねー。」と言っていたけれど
今では、情報も多肉ファンも増えて、多くの多肉に名前が添えられている。

急遽決まった、ビルの取り壊しに伴っての閉店とのこと。
夏頃には近くで再開する予定らしい。
Tot ziens、また会いましょう。
降って湧いた充電期間を楽しんでね、となりの人間国宝さん。


c0108673_2314122.jpg

c0108673_2314325.jpg

c0108673_2315230.jpg

c0108673_2315427.jpg

c0108673_232236.jpg

c0108673_2322531.jpg

c0108673_2323491.jpg

c0108673_2323989.jpg

c0108673_2324455.jpg

c0108673_2324841.jpg

c0108673_2325311.jpg

c0108673_232582.jpg

c0108673_233262.jpg

c0108673_233794.jpg

by mint_jam | 2018-05-09 23:10 | plants | Trackback

ホアマイさんの苔玉展示販売@yuni神戸路面店

yuni神戸路面店1周年記念イベントとして、ホアマイさんの苔玉展示販売。
手のひらに乗る苔玉が20個。
溶け込んで、けどふらっと立ち寄ったどのお客様が目に留められる。
キラッ!
多店舗化店だけど、若ぁーい店長のマニュアル化していない接客。
マーケティング戦略は、年齢軸ではなく暮らし志向軸。
この1年、何度か通ったのに気付かなかった。

服と苔玉。
c0108673_0263938.jpg

c0108673_042443.jpg

c0108673_0424891.jpg

c0108673_0514337.jpg

c0108673_0515457.jpg

c0108673_052354.jpg

c0108673_052739.jpg

c0108673_0521599.jpg

c0108673_0521957.jpg

c0108673_0522475.jpg

c0108673_0522852.jpg

c0108673_0584070.jpg

c0108673_0584427.jpg

c0108673_103731.jpg

c0108673_123819.jpg

by mint_jam | 2018-04-08 01:04 | plants | Trackback

そうだ、京都へ行こう>>勧修寺@小野・・・B面

シャボン玉のような桜。
c0108673_22472096.jpg


勧修寺(かしゅうじ)の庭園は、氷室の池を中心に周囲の山を借景に取り入れた
池泉庭園で、約2万m2もある平安の遺構。
c0108673_2315232.jpg

c0108673_23231689.jpg


ところが、庭園を散策しようと歩き始めると、「この先行かれるのはご自由ですが
大いに危険」の看板が!!
さて、どうする?
c0108673_23144763.jpg


自由なら行くでしょう。
平安時代には、毎年1月2日に、この池に張った氷を宮中に献上し
氷の厚さでその年の五穀豊凶を占ったということらしいけど
お正月に「今年は凶作」って言われたら、お百姓さんはやる気失くすんじゃないの?
占いは、当たるも八卦、当たらぬも八卦。
”行く”を選んでよかった。
よい眺め。
c0108673_2395537.jpg


この亀はなんでしょう?
c0108673_2321853.jpg


遂に「きけん」の看板が!!
c0108673_2322115.jpg


JR東海のCM起用記念?!に重要文化財の書院を特別に公開された住職。
写真も撮り放題という太っ腹ぶり。
入母屋、杮(こけら)葺の江戸初期書院造の典型建築。

「上段の間」に造り付けられているのは、勧修寺棚と呼ばれる違い棚。
c0108673_23285112.jpg


床の間には江戸前中期の絵師、土佐光成の筆による「龍田川紅葉図」
c0108673_23303783.jpg

c0108673_2331031.jpg

c0108673_23305685.jpg


次の間には、宮廷絵所預を務めた土佐光起の筆による「近江八景」
c0108673_2334128.jpg

c0108673_2334475.jpg


〜さざれ石の巌となりて苔のむすまで〜
オモイコンダラ、今更ですが、「いわおとなりて」って、岩音鳴りてじゃなかったのね。
ソラシラナンダ。
八千代の感触や、いかに。
c0108673_21523930.jpg


大型観光バスも来ていたけれど、CMに起用されたにしては、観光客密度が
少ないのは、京都市街地から離れているせいか、世界遺産の醍醐寺に行って
時間があれば行こうかくらいの人が多いからか。

山科川添いの桜が、これまた長閑。
いくつもの花が咲き誇る川には橋からでもはっきり見とれるほどの魚がいて、
子供達は大はしゃぎ。
c0108673_23344478.jpg

by mint_jam | 2018-03-29 23:51 | plants | Trackback

そうだ、京都へ行こう>>勧修寺@小野・・・A面

c0108673_0405012.jpg


今年の花見は、勧修寺と決めていた。
今まで訪れたことがなく、かつ、有名過ぎない桜の名所というキーワードに
引っかかった勧修寺は、真言宗山階派の大本山。
JR山科から地下鉄で小野へ。
醍醐天皇が母、藤原胤子の菩提を弔うために900年に建立したんやって。

4月8日前後に行く予定やったけど、今年は桜の開花が早まって
既に満開と知り、慌てて出向く。

山門に至る参道の両側には、白壁&しだれ桜が絵になるやん。
白とショッキングピンクの対比が、まるで地中海のブーゲンビリアのよう。
c0108673_059473.jpg

c0108673_059247.jpg

c0108673_059082.jpg

c0108673_0585720.jpg

c0108673_155922.jpg


山門をくぐると、長閑な庭園。
c0108673_112248.jpg

c0108673_123350.jpg

c0108673_1231037.jpg

c0108673_1234260.jpg

c0108673_123403.jpg

c0108673_1233765.jpg

c0108673_1255938.jpg

c0108673_1332046.jpg


勧修寺は今年のJR東海の”そうだ、京都に行こう”のCMに起用されたんやって。
ソラシラナンダ。
c0108673_1183772.jpg

by mint_jam | 2018-03-29 00:40 | plants | Trackback

春咲小紅@中山観音寺

梅を撮ろうと中山観音寺に集まったら、0.5分咲き。(^^;
けど、会いたかった友だちに会ってしゃべって、美味しいものをどっさり食べたから
それで十分。
c0108673_04152.jpg


安産祈願のお寺とあって、赤ちゃん連れや妊婦さんがご家族とお参りに
来られていて、境内は生命のエネルギーと、暖かな気持ちに溢れている。
c0108673_03825.jpg

c0108673_038767.jpg

c0108673_0441652.jpg

c0108673_0443457.jpg


青い塔。
c0108673_056229.jpg

c0108673_057713.jpg

c0108673_0571393.jpg

c0108673_0481487.jpg


蓮根、油揚げ、雪菜、ぎんなん、くこの実、
いっぱいの幸せが詰まったもち米の蓮ご飯をいただく。
蓮の葉っぱに包まれ、ほくほく。
c0108673_0282315.jpg


いい香り。
c0108673_0282410.jpg


蓮ご飯に見えた椿。
c0108673_0301433.jpg


シュールな造花。
c0108673_0471491.jpg


あっ、咲いてる??
c0108673_0335474.jpg

c0108673_10787.jpg

by mint_jam | 2018-03-03 23:59 | plants | Trackback

道が庭>>34@犬山

c0108673_1122625.jpg

by mint_jam | 2017-09-12 01:12 | plants | Trackback

いけばな新進作家展2017@大丸心斎橋店

未生流中山文甫会の華道家・髙木寛甫さんに、会場内の作品を
解説してもらう。
今回もまた、これって華道なの?から、基本に沿った作品まで
変化に富んだ生け花に魅了される。

寛甫さんの作品。
c0108673_03587.jpg


門外漢ゆえ、的を得た感想は湧いてこないんやけど、長年華道に邁進している
友だちの作品を見せてもらうことは、とっても刺激的。
もし家に床の間があったら飾りたいかどうか、色や形のバランスがいいかどうか
基準はそんな感じ。
好みやなぁと思った作品は、緑の具合が心地よい。
c0108673_050352.jpg

c0108673_050457.jpg

by mint_jam | 2017-09-04 23:33 | plants | Trackback

道が庭>>33 Rの道なり@鎌倉

c0108673_21541166.jpg

by mint_jam | 2017-06-22 23:45 | plants | Trackback

道が庭>>32微妙なメルヘン

c0108673_2114956.jpg

by mint_jam | 2017-06-13 21:13 | plants | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧