<   2018年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

生誕150年 横山大観展@京都国立近代美術館

横山大観と言えば、日本画の中でもっとも有名な(名前を知られている)
画家のひとりだけど、美術館で見たことはなく、人となりも生きた時代も
知らない。
これまでに見た絵がさほど好みではなく、関心が薄かったけれど
「絵画から学ぶ写真美。」
というタイトルの会を企画してくださる方の呼びかけで
横山大観の絵を学生の頃から時代を追ってどっさり鑑賞。

c0108673_23591068.jpg

c0108673_2359394.jpg


見終わってから待ち合わせて、ワインを飲みながら感想を話し合う。
これがこの企画の醍醐味。

1868に生まれ、1958に没。
亡くなりはったの、89歳やって、長生きしはったんや。
戦後もご存命やったとは。
もっと昔の人やと思っていた。
3回結婚してはるけど。2回とも死別で子供も100日咳で亡くしてはるんや。
喜怒哀楽がはっきりした人やってんね。
私が知っている、好みじゃない大観の絵って、朦朧体(輪郭ぼんやり)って言うんや。
けど、いくつもの違った画風で描いてはるんやね。
しかもかなり前衛的で実験的で斬新。
ピカソっぽい、とも言える?

「東京の方が、ずっと見せ方が良かった。」と独りごちながら
通り抜けられるご婦人。
「夜桜」や「紅葉」を見ながら、「どんだけ絵の具使(つこ)とんねん!」と
ツッコンでいる日本画に精通していそうなおっちゃん。

私はと言うと
雲、人里、川、霧、瀧、水郷、大江・・・。
連続する風景。
上野動物園のランラン・カンカンを見るような感じで見た
40メートル超=日本一長い水墨絵巻「生々流転」(1/3部分)が
思いの外心に留まった。
自然と人、季節と人生、1日の流れが網羅されていて吸い込まれる。

集中豪雨から抜け出した@カワカフェ
c0108673_0164785.jpg

c0108673_0124660.jpg

c0108673_0125550.jpg

c0108673_0131386.jpg

c0108673_013215.jpg

c0108673_0145295.jpg

c0108673_0144659.jpg

c0108673_013286.jpg


+++++
京都国立近代美術館HPより転載。
横山大観(1868-1958)の生誕150年、没後60年を記念し、回顧展を開催します。 東京美術学校に学んだ大観は、師の岡倉天心とともに同校を去り、日本美術院を設立。新時代における新たな絵画の創出を目指しました。西洋からさまざまなものが押し寄せる時代の中、日本の絵画の伝統的な技法を継承しつつ、時に改変を試みました。また主題についても従来の型から抜け出し注目を集めました。やがてこうした手法はさらに広がりを見せ、自在な画風と深い精神性をそなえた数々の大作を生み出しました。 本展では、《生々流転》(重要文化財、会期中巻き替えあり)や《夜桜》《紅葉》(いずれも展示期間は7月1日まで)をはじめとする代表作に、新出作品や習作などの資料をあわせて展示します。
by mint_jam | 2018-07-03 23:18 | art | Trackback

フォーwith333(バーバーバー)@アシアの料理たけふさ

c0108673_23285130.jpg


アジアな赤。
私たちが通されたのは、トルコの民家に設えられたようなソファ席。
c0108673_23322025.jpg

c0108673_23322217.jpg

c0108673_23324244.jpg


サザエさーんは愉快だなぁーーーーー。トン! な感じ。
c0108673_2339029.jpg


九条ねぎの看板。
c0108673_2332434.jpg


入道雲と古いビル。
c0108673_23344833.jpg

c0108673_23345041.jpg

c0108673_23345393.jpg


みな月を買い食い。
c0108673_019795.jpg

by mint_jam | 2018-07-02 23:28 | travel | Trackback

新聞原稿の託送

阪急電車に名残る@託送ボックス」。
なんですか? コレ?
c0108673_21133239.jpg


「新聞原稿」のボックスは、阪急梅田駅にもあって、ここに新聞の原稿を入れておいたら、
運転士が原稿運び、バイク便で新聞社の大阪本社(支社)に送られるんやって。
このインターネット時代の今も現役とは。

僕が入社した頃は日常的に使っていた。と
新聞社に勤める友だちが言った。
彼が3ー4号車がおすすめと誘ってくれた「京とれいん」。
外装だけのラッピングカーじゃなく、車内の設が特別仕様。
運賃は同じななら、乗ってみなくてはいけません。
3−4号車は、4人半個室風。
広々としていて、小さなテーブルがあり、スーツケースを持ち運ぶ旅行者も周りを気にせず
足元に置ける仕様。
町家の土間風イメージの床、畳の座面と背もたれが”京”気分を揚げてくれる。

5−6号車の「麻の葉シート座席」
c0108673_21411992.jpg


c0108673_2144137.jpg

by mint_jam | 2018-07-01 21:02 | other | Trackback

フルーツフルな日々


by mint_jam
プロフィールを見る
画像一覧